「デジタル化」は企業が成長するためには必要不可欠なものになりつつあることは、近年の各企業の動向から明らかです。ところが、日本企業のデジタル化への対応は、グローバル企業と比較するとかなり遅れていると言えます。その理由は何処にあるのでしょうか?

本記事では、テクノロジーが進化し続ける現代で、日本でデジタル化が遅れている理由をご紹介します。さらに、デジタル化の遅れに対する対処法や企業企業の成功パターンについても合わせてご紹介します。

 

日本でデジタル化が遅れている理由とは?

なぜ欧米企業と比較して、日本ではデジタル化が遅れているのでしょうか。特に、大手企業の基幹システムは旧時代的なシステムから脱却できておらず、クラウドシステムが普及する今でも社内の古びれたシステムに依存しているのです。

その答えは、「デジタル化がなぜ必要なのか?」への理解の不足にあります。以前は、デジタル化に頼らなくてもビジネスを持続することは出来ていたかもしれません。人口が減少に向かう中で、より「生産性」や「業務効率化」が必要性を企業が感じ始めたのは最近のことです。

そのため、日本でデジタル化を推し進めるためには、なぜデジタル化が必要なのかということを理解した上で、実際にどう進めれば良いのか理解し、実行することが重要なのです。

 

デジタル化の遅れへの対処法とは?

デジタル化は現代に存在する企業にとって至上命題となっており、すぐに導入しなければ取り残されてしまうでしょう。上記のような理由に基づくデジタル化の遅れに対して、すべての企業が施すべき対処法は以下の3つになります。

1. 自社にとってのデジタル化の意義を明確化させる

デジタル化とは、実験と変化への扉を開くということです。効果的なデジタル戦略を採用するために、企業は失敗の可能性を受け入れなくてはなりません。デジタル化の導入を図る意義を明確化した上で、それを達成するために失敗を乗り越える覚悟が必要となります。

2. デジタル化に対して企業上層部を積極化させる

デジタル化には会社のあらゆるレベル、特に経営陣の献身的な努力が必要です。デジタルへのスムーズな移行には当然時間がひつようです。さらには、クリエイティビティと革新性が求められます。

3. デジタル化に対する社内全体の意見に傾ける

デジタル化に対するフィードバックを受け入れ、適応し、前進することから始めましょう。チームのデジタル知識を過小評価しないでください。テクノロジーがどのようにビジネスの改善に役立つかチームで話し合う時間を持つことが重要です。そして、デジタル化に対する改善やフィードバックにはオープンであってください。それによって従業員はテクノロジーの知識を共有することに前向きに考えるようになるでしょう。

 

デジタル化に取り組む企業の成功パターンとは?

本節ではより実践的に、どのようにデジタル化を成功させるのかということについてご紹介します。実際にデジタル化に取り組み、成功させてきた企業が取り組んだことには実は成功パターンがあったのです。結論から述べると、デジタル化に成功した企業は、全てを社内で取り組もうとはせず、コンサルタントや第三者からの指導を受けていることが分かりました。

デジタル化の困難さとは?

デジタル化には新しいプロセスやスキルが必要なのはもちろんのこと、企業文化の全体的な見直しが求められます。 経済活動において製品などのプロダクトの商流はデジタル化の影響を受け変化しています。

その中で、コアビジネス戦略を再評価し、製品の販売からサービスの提供に変化した企業もあります。例えば、輸送サービスを提供することになった元自動車会社、またコンテンツの購読を提供する元ソフトウェア販売会社などが挙げられます。その結果、直販からデジタル化へ舵を切ったビジネスの収益は拡大し、顧客のロイヤリティも高まっています。

デジタル化による社内文化の変化はそれぞれの企業のミッションさえも揺るがすものかもしれません。その為、経営陣は会社のミッションや産業界での位置付けのみならず、持続可能なビジネスモデルなど、既存の仕組み全てをデジタル化の導入の際に見直す必要があるのです。

デジタル化の成功パターンとは?

株主、取締役、幹部、そして末端の従業員全ての協力はデジタル化を成功させるために欠かせません。デジタルへの理解と戦略は会社全体で必要であり、全ての従業員によってサポートされなければなりません。

そのため、どの企業の経営幹部チームもデジタル化に対して肯定的になりデジタル化から生まれた新しい社内文化に彼ら自身がどっぷり浸かるべきです。それがやがて会社全体に浸透していくのです。 デジタル化は時間を要し、費用もかかるため、社内だけで行うのは多くの企業にとって難しいものです。

その中で、デジタル化に成功してきた企業は、コンサルタントや第三者からの指導を受けて、上記のようなデジタル化の困難さを和らげることで、デジタル化を推進してきたのです。必要によってはデジタル化のための第三者アドバイスだけでなく、社内のデジタル化を最適化するために外部組織に依頼することも重要となってきます。

 

私たちNashTechはより詳細なデジタル化の導入方法に関して以下の記事をご紹介しています。是非、ご参照下さい。

合わせて読みたい:デジタル企業経営のすすめ〜3つのメリットと導入方法

 

まとめ

デジタル化は今までにないスピードで進化しています。デジタル化によってビジネスモデルや企業経営理論、経営デザインの在り方は見直されつつあるのです。

デジタル化による戦略的パートナーシップを形成することが、企業の成長を決定すると言っても過言では無いのです。 デジタルは世界を変え続け、現在までの変化は直線で表すことはできない程、急激なものです。

スマートフォンはもはや単なるデバイスではありません。スマートフォンが革命の可能性を秘めている今、デジタル技術の進歩がビジネスにとって何を意味するのか改めて考えることが重要です。

また、私たちNashTech Japanはデジタル化についてより基本的なことについてまとめた記事もご紹介しています。

合わせて読みたい:デジタル化とは?|今更聞けないデジタル化とその成功要因

本記事を読んで、弊社にご興味をお持ち頂けたらこちらまでご連絡ください。御社のデジタル時代への船出を最大限サポート致します。