ニュース

2019年、AIの発展が人事の働き方に革命を起こす理由とは?

本記事では、人事の仕事にAIの技術どのようなメリットをもたらすかを具体的な事例も含めご紹介します。一方で、少なからずリスクが存在することも事実です。そのようなリスクを踏まえた上で、どのようなアクションを取れば良いかも合わせてご紹介します。 本記事を御社の人事へのAI導入のご検討にお役立てください。 AIの急速な普及 人工知能(AI)の急速な発展が及ぼす社会への影響は日々大きくなっているようです。実際に英国でAI技術を開発している企業が急成長していることから、ロンドンは「AIの首都」と呼ばれています。一般の人々が利用できるものからビジネスの現場で利用するものまで、幅広い分野でAIは急速に普及しているのです。実際に、Amazon Echoやそれに付随するAlexaシステムのような家庭用機器の登場によって、AIが一般の人々の生活に浸透して来ています。 また、AIはビジネスの現場にも大きな影響を与えています。 PwCの報告によると、AIの発展により世界のGDPは2030年までに14%増加する見込みがあるとされているのです。そのため、今日の企業はAI技術を積極的に採用し先行優位性を獲得しようと奮闘しています。この傾向は人事の働き方にも大きな影響を与えていて、2018年のHarvey Nash HR調査では、4人に1人以上(26%)の人事が会社の人員配置計画においてAIを利用していることが明らかになりました。この割合は対前年比+9%の急上昇という驚くべき普及速度です。 AIが人事に及ぼすメリット 人事におけるAI導入がもたらす可能性が大きいことは明らかです。 多くの事例が存在する中で、JPモルガンの人事へのAIの活用事例はAIがどれだけ効果的であるかを明確に示しています。 JPモルガンでは、1年分の法的契約を確認する業務に従来は約処理することを可能にしたのです。これによって人事の業務は飛躍的に改善されたことでしょう。以下では、人事の大きな役割である採用活動と人員配置業務に関したAIの活用メリットをご紹介します。 採用業務におけるメリット ForbesとPeople Mattersの両企業は、採用業務においてどのようにAIが活用できるかを探求しています。AIを活用することによって、低価値の管理業務を効果的に処理し、無意識の偏見を減らし、採用プロセスを合理化することで時間を捻出することの可能性を探っています。そして、捻出した時間を人事担当者がより戦略的かつ創造的な業務に割くことができるようになるのです。 確かに、CXO Todayを執筆しているShella ConsultantsのCEOであるKapil Guptaは、今日の採用における最大の課題は、顧客のための優れた才能の獲得、ならびに履歴書やその他のリソースの選別という長期にわたる作業であると認識しています。採用プロセスへのAIの導入は、採用業務において明らかに前向きな動きであり、組織にとってより効率的な採用プロセスにつながるでしょう。 人員配置業務におけるメリット AIは面倒な単純作業をこなすことが出来るだけではありません。 Business Standardによって報告されているように、IBMのAIツール「Watson」の研究事例では、新入社員と既存の社員の相性を、個人的なスキルセットと同様にAIが識別し、最適な役割を担うようにする人員配置をする方法について説明しています。 McKinsey Global Instituteが報告しているように、このことは企業の生産性向上につながると大いに期待されているのです。 AIが人間を凌駕する? AIの可能性は明らかに大きいですが、AI技術に関する理解が不足していると相応のリスクが生じます。米国を拠点とするOracleとYoung Enterprise UKの両方が実施した調査では、企業がテクノロジーを効果的に活用できないことによって生じる悪影響について従業員がどのように恐れているかが示されています。 6月のPersonnel Todayは、調査参加者は自分の専門性がAIに代替されることによって、適切なトレーニングを受けることが出来ないことを恐れていると報告しました。さらに、この調査では人々が自ら進んでAIロボットに仕えて、命令を受けるだろうということも発見しました。 このターミネーター風の未来像は、AI技術に対する理解の欠如と、厳密な一連の倫理観を念頭に置いてAIを開発する明白な必要性の欠如から生じてしまっています。AIが人間を凌駕するリスクも考えなければいけないのです。 テクノロジーを如何に活用するかが鍵 近年、日本でもよく耳にする人材確保の課題を考慮すると、人事の採用業務において、採用プロセス内で上記のようなAIテクノロジーを活用することで大きなメリットを得られることは明らかです。さらに、人事のみに限らずすべての分野でAI技術の活用に関して改善の余地がたくさんあります。 特に、人事においてAIの進歩によって利用できる機会は非常に豊富です。採用業務における生産性の向上からより優れた人材の獲得まで、AIは人事の世界において重要な発展となることが予測されます。 また、今後の会社経営にはAIの活用が必要不可欠になることが予想されます。そのため、人事と企業の経営者はAIテクノロジーの利点および組織の機能を向上させるために、テクノロジーをどのように活用できるかを考慮することが鍵となってくるでしょう。 まとめ 人事のAI導入にあたって、メリットだけでなくリスクが存在することは事実です。一方で、人材確保が課題となっている今、採用業務をはじめとする会社経営における重要な業務にはAIの活用が必要不可欠になることが予想されます。本記事を読んでいただき少しでも弊社にご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にご相談ください。日本のAIアドバイザーがすぐに対応させていただきます。

Event: What is Offshore Development?

今話題の「オフショア開発」とは? 日本市場の最新事例ご紹介―顧客管理システム/ブロックチェーンの応用 Featuring some of the latest case studies in Japan market in CRM / Blockchain solutions. Come and join our event at JAPAN Tokyo-Kyobashi WeWork. Date: 10th April 2019 Time: 18:00-20:00 Place: Ginza Line “Kyobashi” Tokyo Square Garden 14F WeWork, 3-1-1 Kyobashi , Chuo-ku, Tokyo 104-0031 JAPAN Feel free contact Mari Tanaka by email,… Read more »

NashTechの「価値主導型ビジネス」形成する3つの要素とは?

文化や価値観は、技術者がデジタルの変革や革新について悩むのと同じくらい頻繁に役員会や人事部門を悩ませている言葉です。文化や価値観という言葉は素晴らしいように聞こえるかもしれません。そして、それらの言葉の可能性はあなたのビジネスに関していくつかの興味深い事実を明確にすることが出来ます。一方で、あなたがそれらを実行しない限り、現実は単なる言葉やアイデア以上のものにはならないでしょう。 この1年で、NashTechは価値主導型ビジネスへの変革を遂げました。私たちは、会社の運営方法や提供サービス、そして会社を従業員たちをよく見ながら、多くの魂を探しました。改めてNashTechの価値を記事でご紹介するとともに、最後には動画でご紹介したいと思います。 NashTechの「価値主導型ビジネス」形成する3つの要素とは? クライアントとの会話、自己評価、そして振り返りを通じて、組織として最も重要な行動や価値観を特定しました。以下に、それぞれの価値観とその実践方法について紹介します。 1. クライアントとの強い関係 私たちのクライアントは、私たちのビジネスの中核を成すものです。顧客中心のビジネスとして、私たちは彼らの成功に情熱を注いでおり、彼らのビジョンを達成するために彼らと協力しています。 クライアントとの強い関係をどのように実践するか 新しいプロジェクトの開始時には、会社、協力している人々、プロジェクトの目的、そしてそれらを達成するためにテクノロジーが果たす役割について理解するために、かなりの時間を費やしています。 すべてのプロジェクトを通して、クライアントとの親密な関係を保つことで、いつでもクライアントは何が行われているのかを確認でき、懸念や改善の可能性について可能な限り早い段階で気付くことができます。 クライアントとの強い関係をがビジネスにもたらす利益 システム設計者(TA)やアナリスト、エンジニア、テスターをクライアントと密に連携させることで、非常に多くのソフトウェア開発プロジェクトで発生する問題を大幅に軽減できます。誰もがプロセスと方法論、そしてそれらの必要性を理解しています。 機能的な利点を超えて、クライアントとの関係を評価することは各プロジェクトに強い主体性をもたらします。私たちのクライアントは、私たちが彼らのビジョンを実現する手助けをしてくれることを信じています。そして、私たちは個人的にもプロフェッショナルとしてもクライアントの成功を見たいと考えています。 2. 敏捷性と適応性 技術は急速に進歩を続けています。言い換えれば、私たちのクライアントが変化する需要と機会に合わせて変化し、適応する必要があるかもしれないことを意味します。最高の経験と結果を提供するために、私たちの実践とプロセスに固執してはいけません。 敏捷性と適応性をどのように実践するか AGILE方法論に基づいた独自の一連の実践と手法がありますが、すべての組織が異なり、万能な開発に対するアプローチがあるわけではないことを理解しています。 一部の顧客は私たちの手法を利用することを好むかもしれません。しかし、私たちは自分たちのチームが顧客の開発チームと可能な限り境目無く統合して、彼らに最適なアプローチを確立し改良することを勧めます。 敏捷性と適応性がビジネスにもたらす利益 スピード、相乗効果、そして信頼がここでの際立った利点です。クライアントの開発プラクティスにすばやく適応する柔軟性と能力があるのです。さらに、チームのスピードを上げることで最小限の休息時間を作ることが出来ます。クライアントの仕様に合わせて作業が行われることをクライアントは知っているので、頑固さの欠如とオープン性は相乗効果と信頼を築きます。 3. 継続的改善 ソフトウェアソリューションプロバイダーとして、クライアントのために私たち自身が利用する技術とその応用についての理解と習熟に日々努めています。 継続的改善をどのように実践するか あなたがベトナムに行ったことがない限り、特に技術の分野において継続的な改善の価値を説明することは困難です。ハノイやホーチミンなどのハイテク都市では、最高の仕事をめぐる競争が激しくなっています。 NashTechでは、国内トップ3のハイテク企業の1つとして、最高の人材のみを採用しています。私たちから彼らへの約束は2つあります。1つ目は、世界中の素晴らしいクライアントと一緒に仕事をする機会です。2つ目は、彼らがトップであり続けることを実現するための明確な学習と開発プログラムです。 継続的改善がビジネスにもたらす利益 最高の才能を引き付けることに加えて、既存のスキルを深め、新しいスキルを開発することへの取り組みは、クライアントに最高の品質を提供し、将来の彼らの技術を証明できる新しい技術を提案することが出来ます。 全体として、あらゆる段階のビジネスにおいて、組織として私たちにとって最も重要な価値観を確立し、私たちが行うすべてのことにおいてその価値観を促進することで、NashTech全​​体にわたって目的意識とまとまりが確立されています。 2000人以上の従業員を抱えるグローバル企業になることは簡単なことではありません。 私たちがどのような企業であるか、また一緒に仕事をすることがどのようなものかをより良く理解するために、最近作成したビデオをチェックしてください。

変更管理

IT技術導入における変更管理を成功させるための5つのプロセス

本記事では、IT技術導入における変更管理を成功させる方法を5つのプロセスに分けてご紹介します。また、そもそも変更管理って何?なぜ必要なの?という疑問への答えも合わせてご紹介します。本記事が、御社のIT技術導入における変更管理の参考になれば幸いです。 ITにおける変更管理とは? 変更管理とは、企業が新しいITサービスを導入し新しい仕組みへの変更を管理することを意味し、IT運用管理プロセスの中でも最も重要なプロセスの1つです。変更管理によって、ITサービスへの変更作業に伴うリスクを最小限に抑えながら、変更業務の生産性を向上させることが出来るのです。 変更管理の必要性とは? 多くの場合、IT技術の変更作業は、あるプロトコルを別のプロトコルに切り替え、新しいシステムを挿入するという単純なものと誤認されています。実際には、企業でのITサービスの変更は複数の段階で起こるのです。その段階というのは技術的なものというよりもむしろ文化的なものです。つまり、新しいIT技術に変更することに比べて、変更を実行することによって従業員の必要な行動を変化させることははるかに難しいのです。 このような場合に必要となってくるのが変更管理です。 すべての業界でITのベストプラクティスを推進することを約束している独立機関であるInnovation Value Institute(IVI)によると、ITは「一定の断絶に苦しんでいました」。多くの場合、IT部門は「バリューセンターではなくコストセンター」と見なされています。文化的には、ITは受け入れ難いのです。 過去10年間の技術の進歩の急速なペースを考えると、これは特別驚くべきことではありません。 ITプロフェッショナルは常に学び、適応しています。革新的な技術が現れたとき、従来の確実な解決策というのは、ほとんど意味をなさなくなるからです。以下では、具体的にどのように変更管理をさせていくかをご紹介します。 変更管理を成功させるための5つのプロセス IT技術の変更管理に対する最善のアプローチについてはまだ研究している最中ですが、これまでのところ効果的であることが実証されているアプローチを発見しました。そのようなIT技術の変更管理を成功させるために有効なアプローチを、5つのプロセスに分けてご紹介します。 1. 変更の所要時間を理解する まず、変更にかかる所要時間を理解することが大事になります。ビジネスで変化(変更)を起こすにあたって、あなたがそれに対する時間を確保することは不可欠です。同時に変更に対する、客観的で現実的な目標を掲げることも必要となります。明確な目標がない変更に対して、所要時間を理解することは不可能であり、所要時間の明確でない変更が実行される可能性は高くありません。 そして、この目標を上級管理職の心の中で長期戦略として位置付けるのです。この際に、目標に対して変更を急がないように注意することが重要です。 2. 変化の文化的影響を理解する IT技術を変更することによって、企業の文化にどのような影響を与えるか理解しなければなりません。例えば以下のような質問に答えることができる必要があるでしょう。提案された変更は、フロントラインの変更にどのように影響しますか?それはワークフローにどのような変更を与えますか?誰が何を再設定する必要がありますか?誰が誰ともっと密接に協力しなければなりませんか? 文化は組織の原動力の中心です。それを台無しにすると、あなたの評判を脅かす以上の危険を冒すことになります。変更の文化的影響を理解することは、IT技術の変更それ自体と同じくらい重要です。 3. 計画、計画そして計画 IT技術を変化させていく上で、様々な要素を計画する必要があります。まず、技術的な変更を計画します。そして、人、組織および物流の変化を計画します。あなたが変更を実行する間、組織の変化する部分に共通する性質を意識し続けることが重要となるでしょう。 また、立てられた計画は実行するべきです。そして、元の計画を参照し実行を通して計画を更新していきます。 そうすることで、本当の意味であなたのチームが所有する、生き生きとした、十分に文書化された計画へと落とし込まれていきます。 4. 研修計画を設計する IT技術の変更が定着するのであれば、社員に対する研修計画を設計することはほぼ確実に必要になります。熟練した社員と、新しい技術の採用をチームにIT技術の変更を支持してもらうためにどのような解決策がありますか? 様々な人々のために様々な解決策を必要とするでしょう。中には、トレーナー養成コースが必要な場合があります。その際、内部もしくは外部のトレーニングのどちらを提供しますか?オンラインでできますか?それはオンラインで行われるべきですか?それとも対話型のワークショップがもっと適切でしょうか? 研修計画を設計し社員の不安を取り除いてあげることで、本質的に会社に必要な変更を社員が支持してくれるようになります。 5. 変化が起きている間にそれをサポートする準備をする IT技術の変化は簡単には実行されず、さらにその変更スピードを上げると、社員は技術が変化していく間サポートを必要とします。そのため、変化が起きている間チームを実質的にサポートする準備をすることが求められます。 ここでは、顔、名前、そして評判が重要です。一部の人にとって、変化は(ビジネスの)神の手によるものだと感じるかもしれませんが、私たち全員が私たちを導いてくれる「誰か」を必要としています。 まとめ 「全てを知るのではなく、すべてを学びなさい」 Satya Nadella(現Microsoftの最高責任者)の言葉は子供たちの教育に関して述べられたものですが、ビジネス界は彼の言葉の真意を十分に理解することができていません。しかし、変更管理に関するNashTechの経験を要約する為にこれ以上の引用はありません。変更管理を成功させるためには、プロセスを知るだけではなく、そのプロセスを実践を通して学ぶことが重要です。 また、本記事を読んで少しでも弊社にご興味をお持ちいただけましたら、こちらまでお気軽にお問い合わせください。日本の変更管理アドバイザーがすぐに対応させていただきます。

【2019年予測】人工知能(AI)今後の展望|機械学習とディープラーニングの発展から紐解く

近年では、AIによる音声認識を利用したスピーカーの代表であるAmazon Echoの登場や自動運転技術など様々な新しい技術が注目を集めています。これらのAI技術発展の核となっているのが、機械学習とディープラーニングです。 本記事では、人工知能(AI)技術が今後どのような展望を遂げるのか?ということを機械学習とディープラーニングの発展から紐解いていきます。 機械学習とディープラーニングの違いをヨーロッパ発の最新事例と共にご紹介し、2019年以降どのようにAI技術が発展していき、あなた達の生活をどのように変えていくかという予測も合わせてご紹介します。 機械学習とディープラーニングの違いとは? ディープラーニングは機械学習を発展させたもので、機械学習とは明確に異なります。しかし、その違いを説明できる人は実際のところ少ないのではないでしょうか? 以下、機械学習とディープラーニングそれぞれに関して具体的にご紹介します。 今さら聞けない、機械学習とは? 「機械学習」という用語は1959年にIBMで働いていたArthur Samuelによって、コンピューターがデータから学習しデータを予測する方法を記述するために生まれました。機械学習とは、その名の通り「学習する機械」という意味を持っていて、機械学習の特徴は大きく2つあります。 1つ目は法則化です。機械がデータから反復学習をすることである事象(コト・モノ)の「特徴」をつかみ法則化することが出来ます。そして、2つ目は自動化です。事象の特徴をつかんで法則化できた状態を自動化し、以降の再現性を作ることが出来るのです。 今さら聞けない、ディープラーニングとは? 一方、ディープラーニングとは機械学習アルゴリズムとビッグデータを組み合わせ得られる技術のことを言います。ディープラーニングは日本語で「深層学習」と呼ばれ、機械学習と比べてより深い「層」の学習が出来るのです。 具体的には、機械に入力されたビッグデータの「どこに目を付ければ」どのような特徴を法則化出来るかということも機械自身で学習することが出来ます。ディープラーニングの活用事例として、NashTechが提供している世界最大のe-コマースプロバイダーの1つに対する画像処理サービスをご紹介します。 NashTechが開発したディープラーニングサービスでは、検索されたキーワードを画像と紐付けるために「タグ」付けすることが出来るのです。毎月4千万から6千万の画像に対して、色、対象物の種類、大きさなどの目をつけるべきポイントを機械自身で判断をしてキーワードのタグ付けをしています。今後NashTechの画像処理技術は、動画を通して物や人や事象を検知することで犯罪予知を行うことや、ドライブレコーダーで物や人を認識することなどにも活用されることが期待されています。 最新事例から紐解く、機械が持つ知能レベルとは? 機械学習やディープラーニングに代表されるようにAIによって機械が「知能」のようなものを獲得してきています。しかし、実際に知能と呼べるレベルのものなのでしょうか?以下の記事では実際の事例をご紹介します。 Apple社の音声認識サービス「Siri」の事例 まず、日本でも多くの人が所有するAppleの音声認識サービス「Siri」の事例から紹介します。 「Hey Siri」がどのように反応を引き起こすのかを説明するために、スマートフォンでは毎秒16,000もの音響波形データが絶えずスキャンされています。さらに、 0.2秒ごとに音声が深層のニューラルネットワークに送られ、「Hey Siri」と言った確率を評価しているのです。そして、あなたがSiriを使うほど、あなたのアクセントや声などの特徴を学び、より良く理解されるようになります。 一方で、人間の脳は 毎秒20,000もの音響波形データを絶えずスキャンしています 。さらに、音波が耳に届くと、脳のニューラルネットワークはわずか0.05秒でそれを認識することが出来るのです。 つまり、人間の脳はSiriよりもたった4倍速いだけなのです。人間の脳の処理と同等の処理能力を身に着けた「Siri」が誕生するのもそう遠い未来ではないかもしれません。 囲碁の世界タイトルを保持する「AlphaGo」の事例 さらに印象的なのは、囲碁の世界タイトルを18回もとっており、世界最強棋士と呼ばれていたLee Sedolを2016年に4-1で破ったGoogleも大いに注目しているAlphaGoです。 当初のAlphaGoは人間の手によって、何時間にも渡って囲碁の訓練を必要としました。そのため、AlphaGoの強さは囲碁の熟練者による訓練をベースに機械の計算能力と記憶力が合わさって構成されていました。 しかし、その後に登場したAlphaGo Zeroは囲碁の基本的なルールだけで囲碁のプレイ方法を自分自身に教えることができ、人間による訓練をまったく必要としなくなりました。 さらに、Lee Sedolに勝ったAlphaGoと同じくらい強くなるのに3日、そして2017年にKe Jieに勝つレベルに到達するにはたった21日しかかからなかったのです。 機械学習とディープラーニングの発展から考えるAI技術の展望 上記の事例からもわかるように、AIによって機械が急速なスピードで知能を持つようになって来ています。では、AI技術は今後さらに発展を続けるのでしょうか?また、それによってどのように我々の生活を変えていくのでしょか? AI技術発展の展望 人工知能の急激な進歩に拍車をかけているのは、機械学習アルゴリズムが依存する数学モデルとはあまり関係がありません。これらは数十年であまり進歩していません。 現代のAI偽日の発展の背景には、利用可能なデータセットの急増とグラフィック処理ユニット(GPU)やフィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)などのデータストリームを急増する特殊なコンピュータインフラストラクチャーの出現が要因あります。 機械がデータが処理しているものであることを理解しそのデータに基づいて意思決定を合理化する内省的な能力を持つことができるようになるまで、私たちは人工知能を生み出すのにはまだ長い道のりがあります。 そして、内省的な能力だけが人工知能の成功に必要な基準ではありません。具体的には、人類はまだ万能な人工知能の創出に取り組むことが出来ておらず、代わりに狭義に定義されたデータセットに基づく特定の用途に制限をしています。 見たり、聞いたり、車を運転したり、音楽を作成したり、GDPRの弁護士に異議を唱えたりすることができる万能の人工知能に至るまでは非常に長い道のりです。しかし、多くの企業は新技術の開発に着手しており、それらが実現する未来も遠くないでしょう。 AIは我々の生活をどのように変えるか? 現時点では、機械学習、ディープラーニング、およびAIは、一般的に非常に有益なツールです。それらを実際に「知能」と呼べるかどうかに関わらずです。 事実、人工知能は学術的好奇心から主流の収入源へと変わってきました。市場調査会社のTracticaは、「AIソフトウェアの直接および間接アプリケーションから生み出される収益は、2016年の14億ドルから2025年までに598億ドルに増加する」と述べています。これは4271%の伸長という驚くべき増加です。 さらにGartnerは、2020年までに「一般的な人は配偶者よりもボットとの会話が多くなる」と予測しています。また、AlphaGo Zeroの事例は将来の機械は人間による指導を必要としないことを示しています。十分な規則と利用可能なデータに対する規則の迅速な反復適用を考えれば、それも理解できるようになるでしょう。 将来的に我々の仕事は機械に代替されてしまうかもしれない一方で、人工知能もまたより良い性能を発揮するように機械を訓練する意思がある人などには新しい仕事を紹介するなどと広く議論されています。 もしかしたら、2020年にあなたの配偶者よりもボットと話す時間が長くなっているかもしれません。 まとめ AI技術は様々な分野で無限の可能性を秘めています。一方で、AIに対する理解や倫理観が欠如していると相応のリスクがあることも確かです。本記事が、AI技術やそれに伴う機械学習、ディープラーニングに関する理解の助けになれば幸いです。 また、本記事を読んで少しでも弊社にご興味をお持ちいただけましたら、こちらまでお気軽にお問い合わせください。日本のAIアドバイザーがすぐに対応させていただきます。

人工知能(AI)の発展が人事(HR)の働き方に革命を起こす理由とは?

本記事では、人事の仕事にAIの技術どのようなメリットをもたらすかを具体的な事例も含めご紹介します。一方で、少なからずリスクが存在することも事実です。そのようなリスクを踏まえた上で、どのようなアクションを取れば良いかも合わせてご紹介します。 本記事を御社の人事へのAI導入のご検討にお役立てください。 AIの急速な普及 人工知能(AI)の急速な発展が及ぼす社会への影響は日々大きくなっているようです。実際に英国でAI技術を開発している企業が急成長していることから、ロンドンは「AIの首都」と呼ばれています。一般の人々が利用できるものからビジネスの現場で利用するものまで、幅広い分野でAIは急速に普及しているのです。 実際に、Amazon Echoやそれに付随するAlexaシステムのような家庭用機器の登場によって、AIが一般の人々の生活に浸透して来ています。また、AIはビジネスの現場にも大きな影響を与えています。 PwCの報告によると、AIの発展により世界のGDPは2030年までに14%増加する見込みがあるとされているのです。 そのため、今日の企業はAI技術を積極的に採用し先行優位性を獲得しようと奮闘しています。この傾向は人事の働き方にも大きな影響を与えていて、2018年のHarvey Nash HR調査では、4人に1人以上(26%)の人事が会社の人員配置計画においてAIを利用していることが明らかになりました。この割合は対前年比+9%の急上昇という驚くべき普及速度です。 AIが人事に及ぼすメリット 人事におけるAI導入がもたらす可能性が大きいことは明らかです。 多くの事例が存在する中で、JPモルガンの人事へのAIの活用事例がAIがどれだけ効果的であるかを明確に示しています。 JPモルガンでは、1年分の法的契約を確認する業務に従来は約36万時間必要としていました。ところが、AIはこの業務をわずか2.85秒で処理を可能にしたのです。これによって人事の業務は飛躍的に改善されたことでしょう。以下では、人事の大きな役割である採用活動と人員配置業務に関したAIの活用メリットをご紹介します。 採用業務におけるメリット ForbesとPeople Mattersの両企業は、採用業務においてどのようにAIが活用できるかを探求しています。AIを活用することによって、低価値の管理業務を効果的に処理し、無意識の偏見を減らし、採用プロセスを合理化することで時間を捻出することの可能性を探っているのです。そして、人事担当者がより戦略的かつ創造的な業務に時間を割くことができるようになります。 確かに、CXO Todayを執筆しているShella ConsultantsのCEOであるKapil Guptaは、今日の採用における最大の課題は、顧客のための優れた才能の獲得、ならびに履歴書やその他のリソースの選別という長期にわたる作業であると認識しています。採用プロセスへのAIの導入は、採用業務において明らかに前向きな動きであり、組織にとってより効率的な採用プロセスにつながるでしょう。 人員配置業務におけるメリット AIは面倒な単純作業をこなすことが出来るだけではありません。 Business Standardによって報告されているように、IBMのAIツール「Watson」の研究事例では、新入社員と既存の社員の相性を、個人的なスキルセットと同様にAIが識別し、最適な役割を担うようにする人員配置をする方法について説明しています。 McKinsey Global Instituteが報告しているように、このことは企業の生産性向上につながると大いに期待されているのです。 AIが人間を凌駕する? AIの可能性は明らかに大きいですが、AI技術に関する理解が不足していると相応のリスクが生じます。米国を拠点とするOracleとYoung Enterprise UKの両方が実施した調査では、企業がテクノロジーを効果的に活用できないことによって生じる悪影響について従業員がどのように恐れているかが示されています。 6月のPersonnel Todayは、調査参加者は自分の専門性がAIに代替されることによって、適切なトレーニングを受けることが出来ないことを恐れていると報告しました。さらに、この調査では人々が自ら進んでAIロボットに仕えて、命令を受けるだろうということも発見しました。 このターミネーター風の未来像は、AI技術に対する理解の欠如と、厳密な一連の倫理観を念頭に置いてAIを開発する明白な必要性の欠如から生じてしまっています。AIが人間を凌駕するリスクも考えなければいけないのです。 テクノロジーを如何に活用するかが鍵 近年、日本でもよく耳にする人材確保の課題を考慮すると、人事の採用業務において、採用プロセス内で上記のようなAIテクノロジーを活用することで大きなメリットを得られることは明らかです。さらに、人事のみに限らず、すべての分野でAI技術の活用に関して改善の余地がたくさんあります。 特に、人事においてAIの進歩によって利用できる機会は非常に豊富です。採用業務における生産性の向上からより優れた人材の獲得まで、AIは人事の世界において重要な発展となることが予測されます。 また、今後の会社経営にはAIの活用が必要不可欠になることが予想されます。そのため、人事と企業の経営者はAIテクノロジーの利点および組織の機能を向上させるために、テクノロジーをどのように活用できるかを考慮することが必要となってくるでしょう。 まとめ 人事のAI導入にあたって、メリットだけでなくリスクが存在することは事実です。一方で、人材確保が課題となっている今、採用業務をはじめとする会社経営における重要な業務にはAIの活用が必要不可欠になることが予想されます。本記事を読んでいただき少しでも弊社にご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にご相談ください。日本のAIアドバイザーがすぐに対応させていただきます。

[2019年版]ベトナムオフショア開発|3つの最新トレンドと課題

本記事ではベトナムオフショア開発の3つの最新トレンドと課題をご紹介します。2019年のベトナムオフショア開発では、AIやブロックチェーンといった最先端技術の開発や高品質低コストのコストパフォーマンスのよりサービス提供がトレンドとなります。合わせて、オフショア開発市場が抱える課題を理解した上で、御社に最適なソリューションのご活用にお役立てください。 ベトナムオフショア開発3つの最新トレンド 1.欧州にも認められる最先端技術の開発力 ベトナムのオフショア開発で現在特に注目を集めているのが「最先端技術分野の開発」です。AI(人工知能)や自動運転、ブロックチェーン技術の活用やAR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)、IoT、といった最先端の技術は世界ではもちろん、日本国内だけでも注目を集めています。 金融や健康、製造等幅広い分野での活躍が期待される一方、国内ではエンジニア人材が不足していることもあり、大手企業だけでなく中小企業も優秀な人材、優秀なアウトソース先を探しています。 実は、ベトナムでは日本と同等、それ以上に最先端技術の開発が進んでいることをご存知でしたでしょうか?現地のオフショア開発企業の中には、すでに欧州向けに最先端の技術開発ソリューションを提供している実績企業がいたり、安価で優秀な人材を排出する現地の教育機関と提携し独自研究開発を進めている企業がいるのです。 NashTechはすでに欧州やシンガポール向けに最先端技術の開発ソリューションを提供しています。ブロックチェーン技術を活用した金融システムやAR/VRを活用した近代的なソリューションです。世界各国に拠点を持ち2000名以上の優秀な人材を抱える弊社では、常に最先端の技術革新を追い求めています。 2.日本向け開発市場として急成長 現在、ベトナムのオフショア開発は日本向け市場として急成長しています。「ネクストチャイナ」として注目を集めたのがベトナムでした。かつては文化的にも近く、低コストな人材での開発が可能であった中国のオフショア開発を活用する企業が多かったですが、同国の経済成長に伴うコストの高騰のため、「ネクストチャイナ」となるオフショア開発国としてベトナムが人気となりました。 当初は、コミュニケーションやクオリティの問題があったのは事実で、すでにオフショア開発産業が盛んであったベトナムですが、日本企業向けの開発に成熟している企業は多くありませんでした。しかし、日本企業の活用が進む中で、日本企業向けの対応実績のある企業は増加しました。また、ベトナム国自体も日本企業向けの開発を拡大させるべく、教育機関では日本語の学習が促進されていて、日本語を学ぶ学生も急増しました。 そのため、ベトナムのオフショア開発企業の多くは日本語対応が可能であり、日本側でお客様とみつにコミュニケーションを取らせていただいた上で低リスクでの開発依頼をお受けすることが可能となっております。 3.コストパフォーマンスの良いベトナムオフショア開発 若年層の増加や急速な経済成長を遂げる東南アジア諸国ですが、ベトナムもやはり例外ではありません。かつての中国と同様に経済成長に伴い人件費などのコストはやはり過去と比較すると上がってきています。しかし、中国ほどの高騰はなく現在も日本国内と比較すると十分にコストメリットをだせるサービスとなっています。 さらに、前述したように、日本市場向けの実績の増加やエンジニアの技術力の向上により、高品質/低コストの技術力を提供することが可能となっています。人件費はわずかに高騰したものの、コストパフォーマンスの良さでは過去とは比べ物にならない物となっています。そのため、弊社も中小企業から大手企業まで多くの企業様に数人〜100人単位での開発リソース活用を行っていただいています。 ベトナムオフショア開発3つの課題 1.企業が増えてきている ベトナムオフショア開発市場の課題としてまず挙げられるのが、現地のオフショア開発企業の増加です。IT産業が活発となるのはベトナムにとっても弊社にとっても良いことなのですが、お客様目線から見ると「どの企業に依頼すればいいのかわからない」といった状態になってしまっているかもしれません。 国内の大規模なIT展示会やウェブ検索結果において、多くのベトナムオフショア開発企業をお目にされた方は少なくないかと思います。ベトナムのオフショア開発企業が急増する中で、もちろんすべての企業が同等のサービス、同等の技術力を兼ね備えるわけではありません。その中で、NashTechは日本向けだけでなく世界中のクライアントからの活用実績、日本側でお客様の課題やご希望に寄り添いなによりもお客様ファーストに提供するサービスを強みとして多くの企業様にご愛顧いただいております。 2.日本企業とのさらなる連携強化 次に挙げられる課題は、日本企業との連携強化です。開発外注において致命的な欠点と言えるコミュニケーションロスの問題において、多くの企業は実績を積み重ねるとともに解決の糸口を探し、成長してきました。 今後、更にお客様にご満足いただけるソリューションを提供するために、よりお客様との連携強化が重要になってくるかと思います。やはり日本とは異なるベトナムでは、商習慣や文化も異なる点があります。ベトナムオフショア開発会社はもちろん、日本企業様にもご協力いただき、双方のビジネス・人材の理解を強めることで、よりよいサービス提供が可能になります。 3.かつての「ベトナムオフショア開発」のイメージ払拭 日本企業にとって、ベトナムオフショア開発のすべてが良いイメージではないと思います。一昔前は前述したような問題から、「オフショア開発に失敗した」企業様も少なくないと思います。ただ、最新トレンドでもご紹介したように、現在のベトナムオフショア開発は急成長しており、お客様の課題やご希望を達成できるものとなっております。 今後は、弊社としてもベトナムのオフショア開発市場のイメージを払拭し、より多くの日本企業様にご活用いただけるよう、ベトナムオフショア開発市場の最前線に立ち、お客様に最適なソリューションをご提供します。  

オフショア開発とは?メリット・デメリット・課題・今後の予測を徹底解説

本記事では、国内でエンジニアが不足し人材コストが高騰する中で、多くの日本企業が活用する「オフショア開発とは?」について解説します。「オフショア開発で失敗した」という企業がいるのも事実である中、ベトナム最大手のオフショア開発会社であるNashTechがオフショア開発導入のメリットとデメリット、課題と今後の予測を紹介し、失敗しないオフショア開発導入方法についても解説します。 ソフトウェアやシステム開発だけでなく、AIやブロックチェーンと言った先端技術の開発にも強みを持つ英国資本NashTech Japanの最新事例も交えてご紹介するため、本記事をぜひ御社の「オフショア開発」導入のご検討にお役立てください。 今更聞けない、オフショア開発とは? オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、からAIやブロックチェーン、VR/AR/MRといった先端技術の開発などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースする手法のことをいいます。 国内でエンジニアリソースが不足する一方で、コストが高騰する中で国内と比較して安価な価格で、国内品質と遜色ない開発を行うことができます。実際、国内のエンジニア採用には多くの企業が頭を悩ませています。採用コストは安くなく、人件費も高騰しています。国内の開発会社の単価も高騰している中で、多くの日本企業が活用するオフショア開発を導入した経験を持ちます。 さらに、近年AIやブロックチェーン、VR/AR/MRといった先端技術のビジネスのへの導入が世界で進む中で、現地の大学と共同で先端技術の研究を進めるオフショア開発会社の開発技術は国内開発会社と比較しても遜色ないものとなっています。そのため、現代ではオフショア開発を活用することが、日本企業にとってよりポピュラーな手法となっています。 しかし、海外の開発会社を活用するにあたって、「失敗した」という声がなくはないというのも事実です。事実、オフショア開発を初めて導入したものの、コミュニケーション方法や商習慣の違いにより、「納品物に満足行かない」「納期遅れ」などによりオフショア開発導入に失敗したと言う企業もいらっしゃいます。そこで、改めてオフショア開発導入のメリット・デメリットをご紹介した上で、オフショア開発市場の現状と課題、失敗しないオフショア開発導入方法を徹底解説します。 オフショア開発導入の3つのメリット オフショア開発導入の3つのメリットをご紹介します。 国内のIT人材不足問題を解消 1つ目のメリットとしてあげられるのは国内のIT人材(エンジニアリソース)不足問題を解消できる点にあります。ソフトウェアやシステム開発人材、特にブロックチェーンやAI、VR/AR/MRといった先端技術の開発を行える人材は国内では限られています。国内で人口減少が進む一方でビジネスに於いてIT需要が高まる中、海外の優秀な人材が日本国内の問題解決の糸口となります。 低コスト高品質の開発を実現 オフショア開発の導入は国内のIT人材不足問題を解決するだけでなく、低コスト高品質の開発を実現します。過去には、低コストの一方で低品質の開発によりオフショア開発に満足のいかない日本企業がいたのも事実です。事実、現在でも低コストの一方で低品質のサービスを提供してしまっているオフショア開発企業もいます。 しかし、特にベトナムのオフショア開発では日本企業向けの開発経験が増加していることに加え、ベトナムの国自体が日本向けオフショア開発を主産業に育てるために大学教育でのIT教育の推進、日本語学習の促進を行っているため、優秀な人材を抱えるオフショア開発会社は国内の開発会社と遜色ないパフォーマンスを発揮します。特に、先端技術分野においては国内の開発会社も苦戦する中で独自の研究開発を行うオフショア開発会社の技術は国内以上となっているケースもあります。 NashTechでも、日本だけでなく欧州向けにオフショア開発サービスを提供する中で、ベトナム国内の優秀な人材のみを囲っており、現在では2000名を超える人材が世界中の開発案件を低コスト高品質で行っています。 中小企業から大手企業まで活用可能 オフショア開発は中低コストで開発を行いたい中小企業から、大規模開発のためのリソース確保をしたい大手企業まで活用することが可能です。NashTech Japanでは、お客様に低リスクでの運用導入を行っていただくため、短期間少人数の運用サービスから提供しています。大手企業には、少人数から始めていただき、運用を通して弊社の人材に満足していただき、運用を拡大していただいています。1人〜100人規模の開発案件まで幅広く対応することが可能です。 オフショア開発導入の3つのデメリット オフショア開発導入の3つのデメリットをご紹介します。 開発会社によってクオリティが異なる 海外のエンジニアリソースに目をつけ、現地でオフショア開発会社を立ち上げる日本企業や、日本向けの開発を行うために、現地資本でオフショア開発会社が立ち上げられるケースが増えてきています。そのため、前述したようなメリットもすべての開発会社に当てはまるわけではありません。そのため、オフショア開発を導入する際は、開発実績や企業の透明性などを十分に調べてから選ぶ必要があります。 商習慣の異なりに適応する必要がある 日本とベトナム現地の商習慣はやはり異なる部分もあります。コミュニケーションや使用ツールなど、日本独自のものが存在するのも事実です。もちろん、ベトナムのオフショア開発会社は日本向けに開発リソースを提供するにあたって、日本市場への理解を深め、適用を心がけています。その中で、開発を最適化するためには、発注する日本企業側のオフショア開発会社や現地の商習慣の異なりへの理解も大事になります。 商習慣などの異なりがあることを理解することで、中長期的な視点で開発をアウトソースする視点を持てます。中長期的にITアウトソーシングの需要が高まる中で、双方の相互理解が開発を最適化させます。 中長期視点が必要となる 前述したとおり、オフショア開発を導入する際は中長期的な視点を持つことが必要となります。双方のコミュニケーションの規則化が進まない中で、導入当初は期待以上の結果が出ないケースもあります。しかし、オフショア開発会社の日本側の担当がお客様と密接にコミュニケーションを取り、改善し、中長期的な運用で100%以上の成果を上げます。 中長期で御社専用の開発チームを提供することができるオフショア開発において、導入当初から中長期な視点を持つことがオフショア開発導入に失敗しないために必要となります。 オフショア開発市場の現状・課題とは? 今後、より多くの日本企業がオフショア開発導入を進めることが予測される現在、ベトナムのオフショア開発市場では日本向けのサービス提供を改善するために、人材の教育レベルから改善が進んでいます。オフショア開発の難しいと言われていた1つの点であるコミュニケーションロスを解消するために、現地の大学では第2カ国語として日本語の選択が促進されていて、意欲的に日本語を学ぶ学生も増加しています。そのため、多くのベトナム人は日本語を話すことが可能です。もちろん、英語会話も可能で、コミュニケーションロスの問題は解決されつつあります。 また、先端技術においては、現地の大学と共同で研究開発を進めるオフショア開発会社が増加しています。実際にNashTechでもAIやブロックチェーン、VR/AR/MRといった分野で常に研究開発を行っており、実際の開発に活かされています。そのため、日本国内開発会社以上のパフォーマンスを発揮することが可能です。事実、NashTech JapanではGoogleやHONDAといった世界でも名だたる企業の開発案件も請け負っています。 現状挙げられる課題としては、高品質サービス提供における市場全体の底上げの必要性です。初めてオフショア開発を導入する企業の中では、期待以下の結果に不満足で終わってしまう企業もいて、低品質なサービス提供を行ってしまっている企業がいるのも事実です。しかし、市場全体の品質改善こそが、今後日本企業によりオフショア開発を導入していただくために必要なことだと思っています。そのために、NashTechでは常に高品質サービス提供、納期の遵守を徹底しており、弊社の成長が市場全体に好影響を与えると信じています。 オフショア開発の今後を予測 今後は先端技術においてオフショア開発を導入する日本企業が増加することを予測しています。事実、NashTech JapanへもブロックチェーンやAIの導入へのご相談は急増しており、欧州向けのブロックチェーン開発導入実績を持つ弊社にすでに開発をアウトソースしていただいている多くいらっしゃします。日本国内でも大規模な先端技術の開発を行うことは容易ではない中で、オフショア開発会社は同分野でより大きなメリットを日本企業に提供できる様になっていくことが予測されます。 失敗しないオフショア開発導入方法 では、オフショア開発導入で失敗する企業がいるのはなぜでしょうか。その原因は、開発会社選びにあります。最先端技術への対応や日本企業の開発実績が増えてきているオフショア開発企業とはいえ、市場全体に同様のことが言えるわけではなく、企業によってその程度も異なってきます。 そのため、「コストも下げれた上に納品にも満足している」という企業もいれば「コストは下げれたけど納品はいまいち出しコミュニケーションが上手く行かなく工数がかなりかかった」「期待以上の技術力を兼ね備えていなかった」等の失敗事例も生まれるのです。 そのような失敗リスクを回避するために、複数のオフショア開発会社を検討し、自社に最適な開発会社へ依頼することが重要となります。弊社では、まずはお客様の課題をヒヤリングさせていただいた上で、お客様の期待に沿った成果を出せるご提案をさせていただきます。ぜひ、検討の1つとしてご活用していただければと思います。 まとめ オフショア開発導入にあたって、メリットだけでなくデメリットも存在することは事実です。一方で、日本国内のIT人材不足が深刻である中、今後多分野でオフショア開発会社導入が進むことが予測されます。失敗しないオフショア開発を実現の鍵はパートナー選びにあります。本記事を読んでいただき少しでも弊社にご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にご相談ください。日本のオフショア開発専門家がすぐに対応させていただきます。  

業績拡大によるNashTechオフィス移転のお知らせ

[2018年12月25日 – NashTech Japan株式会社(東京)]   Harvey NashグループのNashTech Japanは事業好調のため、2018年 12月25日より、東京スクエアガーデンのWeWorkにオフィスを移転します。 NashTech は2000年よりホーチミン市とハノイの2カ所の開発センターを置き、技術ソリューションを提供しています。 この度日本市場で顧客との取引増により過去数年にない成長を果たして、移転することになりました。新しいオフィスへの移転を機に、さらなる発展を期待し、よりア クティブな事業プランができるよう努めてまいりますので、今後とも変わ らぬご支援を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。 CEOのNick Lonsdale(ニック・ロンズデール)氏は以下のようにコメントしています。 「東京スクエアガーデンへのオフィス移転は、2018年を締めくくる最高の出来事です。NashTech Japanは今後更に視野を広め、日本でのビジネスを継続していきたいと思います。今回の移転はさらなる発展を弊社にもたらすでしょう。」     詳しくはこちらへhttps://www.nashtechglobal.jp/news お問い合わせはこちらへ info@nashtechglobal.com **プレスリリースここまで** NashTechはソフトウェア開発からビジネスプロセスまで、ITサービスを通じてビジネス改革とデジタルトランスフォーメーションを実現させます。アウトソーシングとコンサルティングの双方から、グローバルに企業をサポートします。 ご連絡先 NashTech Japan 株式会社   マーケティング担当:田中 茉里 (Tanaka Mari) 住所:〒104-0031, 東京都中央区京橋3-1-1, 東京スクエアガーデン14階 Address:Tokyo Square Garden 14F WeWork, 3-1-1 Kyobashi, Chuo-ku, Tokyo, 104-0031, Japan 電話(TEL):+81 (0)3 6262 5286

ベトナム最大のIT企業にNashTechが選ばれました *

*ITO、BPO、KPO部門の売上において [2018年11月 ベトナム]Harvey NashグループのNashTechは、ベトナムソフトウェア協会(VINASA)の2018年公式リスト「IT企業トップ50」にて、ITO、BPO、そしてKPO部門の売上でベトナム最大のIT企業と認められました。NashTechはまた、2018年に初めて発表された貴重なリスト「インダストリー4.0テクノロジー・ケイパビリティにおける優良企業トップ10」にも選ばれています。 2014年に「トップIT企業」の表彰が始まって以来、NashTechは5年連続でこの賞を受賞しています。このリストは査定と評価の専門家から成る選考委員会によって作成され、厳格な国際基準で選ばれています。リストに載った企業は力強い成長を遂げ、ベトナムのマーケット成長トレンドやIT分野に影響を与える可能性があります。 ベトナム・マネージングディレクターのグエン・クオン氏は「インダストリアル・レボリューション4.0(インダストリー4.0)という言葉はベトナムで、ICT関連の人々だけでなく一般の人々の間でもバズワードとなっています。インダストリー4.0は、ベトナムの繁栄の夢を現実にするものと期待されています。若く、志があり、信頼できるIT技術者と共に、これらのテクノロジーを効率的に発展、配備、適用させることができれば、ベトナムは確実にこの地域の先進国に追いつくことができるでしょう」と述べています。 NashTechはソフトウェアのプロジェクトを遂行する能力のある、何千ものITエンジニアから成る素晴らしいチームを立ち上げ、世界中のお客様に20年以上ソフトウェア・アウトソーシングを提供しています。弊社のサービスクオリティは、CMMI5やISO27001など、業界の最上級の認証を取得しています。また、弊社は先端技術であるブロックチェーン、AR/VR、マシンラーニング、 RPA、ビッグデータ、IoTの成功事例のソリューション・ポートフォリオを組み上げています。 2018年はNashTechのR&D(研究開発)チームのお客様やビジネスに与えたインパクトが強い年でした。新しいテクノロジーのリサーチや企業ケイパビリティを構築した、この2年間のR&Dチームの努力は花開き始めました。弊社は、多くの企業が自らのビジネスを行う方法を変化させる技術ソリューションを構築しています。弊社が開発したソリューションは、例えばスマートシティソリューションの一部であるスマートパーキングや、マシンラーニングとAIによって学習を容易にさせた教育分野でのデジタル・ディスラプション(創造的破壊)、メディアを利用したキャンペーンで結果がリアルタイムで表示されるクラウドの製品をメディア企業が開発する支援、また日本の金融サービスにおいて弊社の認証済みブロックチェーン・ソリューションをベースとしたICOプラットフォームの創立など、様々です。 「NashTechはベトナムで変化し続けるデジタルの旅に全力を尽くします。弊社では優秀な従業員が技術と専門知識を集結させ、世界中のお客様に提供し、インダストリアル4.0の時代におけるベトナムのIT従事者を育てます」とクオン氏は言います。 — プレスリリースここまで —   NashTechについて Harvey NashグループのHarvey Nash Vietnamは、NashTechとHarvey Nash (ESS)の二部門から構成され、オーダーメイドのソフトウェア、ビジネスプロセスサービス・ソリューションの提供、そして世界のトップ企業や政府、公共機関向けの人材採用サービスを2000年から行なっています。 NashTechの専門分野はアプリケーション開発、クラウドサービス、デジタルプラットフォーム開発、分析、システムインテグレーションです。18年間のベトナムでの経験でNashTechはベトナムソフトウェア協会と政府よりSao Khue賞やICT賞など貴重な賞を数多く受賞しています。2018年にはHarvey Nash VietnamはベトナムのICT業界において、働きがいのある会社トップ5にランクインしました。 詳細はこちらをご覧くださいwww.nashtechglobal.jp     ベトナムソフトウェア・ITサービス協会(VINASA)について VINASAは2002年からベトナムで非政府・非営利ベースで活動している全国的な団体です。VINASAの年次貿易振興プログラムは、ベトナムIT業界のケイパビリティとマーケットを紹介・促進させ、50社の主要企業の競争力、ブランドの評判、製品、マーケット、開発の可能性、そしてベトナムIT業界の先端分野における新しい顧客やビジネスパートナーのマッチングのニーズに基づいた、正確で包括的な最新情報を提供しています。ベトナムIT業界の先端分野とは以下の3分野です。   BPO, IPO, KPO ソフトウェア、ITソリューション、ITサービス デジタルコンテンツ、モバイルアプリケーション、モバイルソリューション   ご連絡先: ビッキー・チャン, カントリー マネージャー Email: vicky.chan@nashtechglobal.com 電話: +81 3 6262 5286  

ブロックチェーンで本当に必要なのは「現実の直視」

ブロックチェーンはよく「破壊的革命」として、インターネットの取引を劇的に変化させる方法だと持てはやされています。テクノロジー界に興奮状態を引き起こし、金融業界を一変させ、もしかすると世界を変えてしまう技術かもしれない、と主張する人も少なくありません。 しかし、大きな期待にもかかわらず、実際のリスクテイクはそれほど多くなく、また約束されたような改革も見られませんでした。ブロックチェーンの人気は、「もしあなたが持っているものがハンマーだけなら、全てのものが釘に見える」というアブラハム・マズローのハンマーに例えられるかもしれません。この場合、ブロックチェーンは未開拓の領域ですが、徹底的に調査したいという衝動を抑えることは賢明です。その代わりに、重要な人物がブロックチェーンの潜在的な可能性を丁寧に評価し、業務での正しい「ツール」なのか見極める必要があります。 多くの人がブロックチェーンのパイオニアに、そしてアーリーアダプターになりたいがために、ロールアウトモデルは不安感から出発し不可欠なものへと発展しました。イノベーションを妨害するつもりはありませんが、一刻も早くブロックチェーンを実装したいと思っている人は本当にそれが必要かもう一度確認してみましょう。 ブロックチェーンに非常に大きな、物事を変える力を持っていることは否定できません。この技術は現在、ファイナンス業界に大きな衝撃を与えています。ヘルスケア、エネルギー、自動車などの他の業界でも様々なメリットがあります。 ブロックチェーンを上手く生かしている例として、ベルギーのアントワープ港があります。パイロットプロジェクトで最近T-Miningと提携しました。アントワープ港は現在、コンテナを効率的に、安全に扱うためにブロックチェーン技術を利用しています。 ブロックチェーンを導入したことにより仲介者が必要なくなり、取引はターミナル、キャリア、フォワーダー、運送業者、ドライバー間で安全にデジタル化されます。そのおかげで生産システムは合理化されました。 さらに進んで、紙ベースのシステムをブロックチェーンに変更し、ディセントラライズド(非中央集権的)な元帳モデルを使うと、取引は参加者双方の合意のみで進めることができ、過剰なやり取りや文書を減らすことができます。その結果、不正行為も減るでしょう。 ブロックチェーンの現実 ブロックチェーン技術ビジネスの明らかなメリットは、.NETに代わるアプリケーションとなることであり、「全てに適用できる」魔法のソリューションではないことを心に留めてください。 2018年はブロックチェーンの将来、発展性、そして市場での活躍期間が決まる重要な年となるでしょう。現在ブロックチェーンは「ホットな話題」として非常に注目され、関連する支出も多く、IDC calmingによると、世界でこの1年間にブロックチェーン関連で21億ドルが使われる予定です。また、Linkedinはブロックチェーン関連の求人数が3倍に増えていると報告しています。 さらにジュニパー・リサーチ・サーベイによる、400名以上の創業者、マネージャー、役員等の調査で、6割以上の大企業がブロックチェーン技術の導入を検討し、自社アプリケーションの開発を検討している企業もあるという結果が出ました。しかし問題は、ブロックチェーンそのものがまだ発展途上中だということです。不確かなメリットについて議論され、それを評価することも困難です。 ブロックチェーン技術を持つスタートアップ企業であるR3CEVの主任研究員であるティム・スワンソン氏は、ブロックチェーンのさらなる問題を指摘しています。彼は、多くの企業が独自のブロックチェーンを作成しようとしていることを認め、そのためにブロックチェーンの利点である「分散型ネットワーク」の良さが生かされていないと言います。「特定の利用目的のために独自のブロックチェーンを作成しようとしているスタートアップ企業がいくつかありますが、我々の見解では、格納庫を作っているだけではネットワークを持つ目的が覆されてしまいます。」 SAPサーベイにおける200名の実業家、サプライチェーン管理者、イノベーション・戦略担当者、ビジネスアナリストの調査によると、ブロックチェーンの需要が高いことが明らかです。92%はブロックチェーンを大きなチャンスとみなし、96%はブロックチェーンによって企業のコンプライアンスが向上すると確信しています。しかし、実際にブロックチェーンを業務で利用しているのはたった3%であるということも同調査で明らかになっています。ブロックチェーンは信頼あるシステムと認識されながらも、現在のところ多くの注意すべき点やパイオニア精神の欠如が残っています。 ブロックチェーンの可能性は誰も否定できません。しかし、他の技術のように限界もあります。銀行業界以外のブロックチェーンの目的を理解していないと、投資やアイディアを妨げることになります。 ブロックチェーンの落とし穴の一つは、現在のスケーラビリティです。特定のブロックチェーンが長くなるほど、チェーンのデータサイズも大きくなります。その結果、チェーンのコピーを格納するネットワークノード全体の、ストレージインフラストラクチャの必要性が高まります。 さらに、分散化されたピアツーピアネットワークによってブロックチェーンが評価されると共に、この構造における厄介な問題もしばしば発生します。まず、ブロックチェーンネットワークはネットワーク自体の内部のみを認識し、外部の情報は考慮されないため、ネットワークに手動で繋がなければなりません。そのため、ネットワークの一般的なメンテナンスにおいて、どこに責任があるのか分からなくなります。 また別の欠点となり得るのは、ブロックチェーンの実行とそれに続く文化的な意味合いです。ウィリアム・ムーゲイヤー氏の見解では、ブロックチェーンとは80%のビジネスプロセスの変化と、20%のテクノロジーの実行だということです。ほとんどのブロックチェーンのコードはオープンソースであり、低価格のハードウェアとクラウドで実行される一方で、ブロックチェーンを現存する環境に完全に統合するためには豊富なリソースと専門知識が不可欠です。 そのため、ビジネスにおいて以下の質問が重要になります。 私の今後の方向性を示すリーダーは誰ですか? ブロックチェーンの利用はどんな文化的意味を持ちますか? 各層での理解をどのように深めますか? 同時代の人々がしていることは何ですか? ブロックチェーン技術には、ユーザーがシステムとツールを操作しなければいけないのと同様に、ITメンテナンスとサポートが必要です。従って、新しい技術の導入に伴うストレスを緩和するための第三者の支援が勧められます。 ブロックチェーンが大改革をもたらす技術であることは否定できませんが、新技術の興奮に巻き込まれてしまうことも簡単です。デジタル対応の3Wでも強調したように、「技術のための技術」で終わらないことは非常に重要です。 NashTechの技術責任者のロアン・ファム氏はブロックチェーンの「過剰な期待」に関して、このような見解を持っています。「非常に大きな注目を集めたにもかかわらず、実用化はまだかなり限られています。抵抗できないほどのブレークスルーであることと、セキュリティの件などで既存のブロックチェーンベースのプラットフォームに懸念が残っていることです」 彼女は、企業がブロックチェーンの開発に取り組むよう奨励しています。「ブロックチェーン技術は、組み込みの品質、正統性、透明性のおかげで、経済から社会までの広い分野で急激な変化の基盤となることは確実です。ブロックチェーンベースのプラットフォームや実装が強固になるのは時間の問題で、ブロックチェーンのブレークスルーの性質は理解されるでしょう。最終的には多くの人に受け入れられます。ブロックチェーンベースのアプリケーションは1年か2年で花開くと私は信じています」 貴社ではブロックチェーンの採用をご検討中でしょうか?移行のためには調査、テスト、実践が不可欠です。デジタルソリューションやブロックチェーンにご関心をお持ちでしたら、こちらにご連絡ください。

[2019年]ブロックチェーン導入が進む産業3選|ヘルスケア、自動車、エネルギー

本記事では、今後世界でブロックチェーン技術が影響を与えると言われるヘルスケア、自動車、エネルギーの産業に関して、それぞれの産業が抱えている課題をブロックチェーンの導入によってどのように改善することが出来るかをご紹介します。 ブロックチェーンの導入可能性とは? ブロックチェーンの特徴は、「情報の安全性」と「仲介者を必要としない」という2点です。これによって金融以外の多くの産業においても導入可能性があることが注目されています。 2018年まで、ブロックチェーン技術はビットコインを筆頭とした仮想通貨(暗号通貨)の一部として語られ、ブロックチェーン=仮想通貨という認識が主でした。事実、ブロックチェーンはオンライン上でも確かなセキュリティーの確保を必要とする仮想通貨を実現させるための技術として誕生しました。 しかしブロックチェーン技術は、単なる財務取引よりもはるかに大きな可能性を持っています。技術者がブロックチェーンの可能性を探すにつれて、それをどのように適用させるかは無限であるように見えます。ブロックチェーンは分散型技術をで開発されていて、これまでの中央集権型ビジネスの常識を根本から変化させる可能性を秘めています。 そこで今回は、今後世界でブロックチェーン技術が影響を与えると言われる3つの産業をご紹介します。 ブロックチェーン導入が進む「ヘルスケア産業」 ヘルスケア産業の抱える課題とは? ヘルスケアの近代化で直面する大きな課題は、異なる診療科間での患者情報の記録と共有です。現代社会の基盤となるヘルスケアは、非常に重要で改善すべき社会課題の一つです。世界人口の増加の一方で医療費の高騰や医療投資への予算が削減されている中で、ヘルスケアは少ない投資でより多くの新しいことに挑戦し続けなければなりません。大規模な近代化はヘルスケア分野では事実上難しく、その結果として古いデータ管理システムと旧式のインフラが残されたままになっています。 技術の進歩で医療機関はアナログな記録からデジタルの記録へ移行が可能になりました。しかし、それでもなお全ての情報が最新の状態に保たれ、関係者全員がそこにアクセスできるという訳ではありません。 ヘルスケア産業へのブロックチェーンの導入メリット ブロックチェーン技術による情報の安全性を利用して、患者のプライバシーを強化しセキュリティーを向上させた上で、事務作業を大幅に軽減し治療や研究結果の共有を進めることができます。IBMの調査によると、医療従事者の半数以上(56%)が2020年までにブロックチェーンのソリューションを実施する予定です。Patientory(カルテをデータベース化するプラットフォーム)を例に挙げると、患者や医療機関にどのようなメリットがあるか分かります。患者は簡単に以前の情報にアクセスし、プロバイダーに情報を渡すことができます。プロバイダーは患者の健康に関する全ての履歴を持っていなかったとしても、以前のプロバイダーや医療機関から引き継いだ情報を見ることができます。医療機関には、記録の保管方法が安価でセキュリティーが保証され効果的である、というメリットがあります。 ブロックチェーン導入が進む「自動車産業」 自動車産業の抱える課題とは? 自動車の修理とメンテンスには通常、自動車OEMや部品販売業者、ディーラー、整備士、保険業者、そして自動車の部品や機器に関する多くの業者が関わっており非常に複雑なものとなっています。自動運転車や通信機器がお互いに繋がり相互に作用する未来は、そう遠くありません。 通信で繋がるインタラクティブな世界への変革で、効率的な文書化と相互関係やトランザクションに関するデータ収集は必要不可欠です。また同様に、共有可能で安全、アクセス権が厳しいデータベースも欠かせません。 最新のデロイト・レポートによると、自動車業界は過去3年間でブロックチェーン事業に17億USドルを投資しています。 また一方でガートナー氏は「ブロックチェーンの事業価値は、2025年には1,760億USドルに成長する」と予測しています。 自動車産業へのブロックチェーンの導入メリット ブロックチェーンを分散台帳として利用し、車の修理とメンテナンスの全ての履歴を、カーメンテナンス用の1つの場所に記録できます。 それによって、自動車の修理とメンテナンス関する多くの業者が自動車に関するニーズを自主的に感知するために、共有スペースの利用がさらに進みます。 特撮テレビドラマ「ナイト・ライダー」のAI搭載でおしゃべりな車、K.I.T.Tほど機知に富んでいるわけではありませんが、車の修理が必要な時に車自身がそのことを私たちに教えてくれたり、パーツの販売業者への連絡、価格の交渉やサービスの予約、適切な技術者の選定や決済処理時にアドバイスをくれます。 それはお客様にとって非常に有難いことであるばかりでなく、自動車メーカーにとっても、お客様が車を購入した後に関係を長く保つ機会を与えてくれます。 ブロックチェーンは自動車ローンにも利用される可能性があります。 通常、融資には何段階かの審査が必要です。金融サービスで行われたことを応用し、カスタマーバンクの検証、複数回のトランザクションの設定と実行、信用状の発行、数カ所から発行された文書の調査など、ブロックチェーンによって効率を上げることができます。 ブロックチェーン導入が進む「エネルギー産業」 エネルギー産業の抱える課題とは? 現状、エネルギーのやり取りには必ず仲介者を必要としています。この業界には何人かのパイオニアがいたと言われています。太陽光発電のアーリーアダプターは、エネルギーとの関係のバランスをうまく取っています。使わないソーラーエネルギーは電気事業者に売却します。それでもこの関係性は少し古く、効率的ではありません。 医療と同じように、エネルギー供給とエネルギー管理は社会で重要な役割を担っています。伝統的に、人々はエネルギーと一方的な関係を持っています。生活をする家はエネルギーを電気事業者から買い、それに対して人々は代金の支払いをするというサイクルは今もなお続いています。 エネルギー産業へのブロックチェーンの導入メリット ブロックチェーンは分散型の元帳技術です。これをエネルギーの分野に適用すると、人々はエネルギーを彼らの間だけで交換することができます。 これにより、全体的に再生可能エネルギーが促進され、最終的にはCO2を排出する発電の世代から転換していきます。 ブロックチェーンの技術によって、個人がスマートな契約でエネルギーを売買することが可能になり、再生可能エネルギーはトークン化されます。 風力、ソーラー、水力発電の企業は、再生可能エネルギーを消費する権利に前払いする投資家とシームレスにつながることができます。これは流通のシステムといえます。 そのため、エネルギー業界はもはや中間業者による束縛が無くなります。 また、個人が家庭内で利用するエネルギーはマイクログリッドを形成することができ、コミュニティーを停電から回復させたり、環境への排出を減らすことができるでしょう。 ブロックチェーンはAIを利用し、消費者のエネルギー消費パターンを研究して、それに沿ったエネルギーを購入することもできます。 このプラットフォームにはハードウェアユニットが含まれています。AIベースのスマートエネルギーエージェントは複数のエネルギー市場と繋がり、ソーラーパネルから生まれた余分なエネルギーを利用することもできます。 まとめ ブロックチェーン技術は様々な分野で無限の可能性を秘めています。本記事を是非御社のブロックチェーン技術の導入のご検討にお役立て下さい。また、本記事を読んで少しでも弊社にご興味をお持ちいただけましたら、こちらまでお気軽にお問い合わせください。日本のブロックチェーンアドバイザーがすぐに対応させていただきます。  

人工知能(AI)導入を成功させる3ステップ|ビッグデータ、機械学習、ディープラーニング

本記事では、近年ますます注目を集めている人工知能(AI)の導入を成功させるために重要な3つのステップをご紹介します。ビッグデータ、機械学習、ディープラーニングの3つの要素を理解し、正しいステップを踏むことがAI技術の導入を成功させる鍵となっています。 本記事をぜひ御社のAI技術の導入にお役立ていただければ幸いです。 人工知能(AI)導入を成功させる3ステップとは? 人工知能(AI)は我々の仕事や暮らしさえも変える力を持っています。特にビジネスの領域でAIは注目を集めており、今後5年のうちに全企業の70%のCIO(最高情報責任者)がAIを導入すると言われているほどです。しかし、新しいテクノロジーを導入するためには何が必要か?ということを理解しなければ、すぐに新しいテクノロジーを導入することは叶いません。 そこで、NashTechではAI技術の導入を成功させるために必要なステップを3つに分けました。 ・ビッグデータを管理する ・機械学習を実践する ・ディープラーニングで未来を予測する 以下では、AIを成功させるためのこれらの重要な3つのステップについて1つずつ説明していきます。 ステップ1:ビッグデータを管理する ビッグデータを管理することは、AI技術の導入プロセスの中で最初にして最も重要なステップです。AIの導入に際して、ビジネスリーダーはデータ管理がプロセスにとってどれほど重要かを認識していないことがよくあります。ところが、AIの全ての基本はデータであり、データを管理することが最終的な導入の成功につながるステップなのです。 企業はまず、データを統合、整理し、分析するためにデータサイエンティストとエンジニアの専門知識を活用する必要があります。そうすることで、有用で関連性のある情報が適切に分類され、維持および整理されます。また、null値、重複、異なるソースから得られたデータなどは、今後のAI導入にとって大きな障害となる可能性があるため削除する必要があります。 このようにして、精度高くビッグデータを管理することが次のステップである機械学習の精度に大きく影響してくるのです。 ステップ2:機械学習を実践する 次に、ステップ1で正しく管理されたビッグデータを活用して機械学習を実践します。このステップを通して、ビッグデータを基に機械が学習をし、人間の意志決定プロセスを再現するためのアルゴリズムが形成されます。 定義上ではAIマシンとは、かしこい方法でタスクを実行するものです。つまり、人の手を介さず、マシンそのものが様々な状況を把握し、適応しなければなりません。さらに具体的には、機械学習とは与えられたデータを処理し、そこから学び、より良い判断を下すマシンの構築です。AIのサブセットとして考えるのがベストです。 具体例として、マーケターによる、購入者の行動の予想や影響を知るデータ利用方法を考えるとしましょう。様々な学問体系によって、マーケターは消費者を価値観や考え方、性別、収入などによってセグメントしています。機械も同様に、購入者の行動予測や影響を知るデータを分析することで、誰に、何を、どこで、どのように製品を販売するべきかという結論を導くことが出来るのです。 機械学習実践の最終事例の紹介(ECサイト) ここまでの2ステップだけでも、企業にかなりの利益をもたらすことになるでしょう。実例として、エンドユーザーの要望、ベンダーマッチングのデータを持つECサイトを運営する顧客についてご紹介します。 彼らはAI技術の導入を希望していましたが、何から始めるべきなのかさっぱり分かっていませんでした。しかし、最初にデータを整理して分析し有用なデータを承認してもらうことで、機械学習のモデルを確立することができたのです。 以降、データがKPI(重要業績評価指標)を導き出す可能性があると結論を出し、新規の問い合わせと売上があった段階でAIが最適なベンダーをマッチングさせ、エンドユーザーに提案できるようになりました。その結果、売上が急増しています。 ステップ3:ディープラーニングで未来を予想する 完璧と思える機械学習にも、まだ発展の余地が残されています。機械学習の致命的な弱点は、未来を予測する能力はが入手できるデータに左右されてしまうということです。 機械学習では、情報が欠落するとシナリオの予測ができませんし、エラーが発生した場合には依然としてエンジニアが調整を行わなければなりません。つまり、完全に自律的とは言えないという事です。ここで、現在のAIの頂点であるディープラーニングの登場です。ディープランニングの特徴は、データに基づく予測が正確か否かをアルゴリズム自身が判断できるということです。 ディープラーニングは機械自身の意思決定を反映し、過去の経験に基づいて改善する能力を持っているのです。簡単に言えば、機械学習がアルゴリズムを使用してデータを解析し、そのデータから学習し、学習した内容に基づいて十分な情報に基づいて意思決定を行うということです。 実例として、有力なデジタル評価および学習プロバイダであるJanisonとの共同研究についてご紹介します。元々Janisonでは、機械学習を適用してデジタル評価を行い、スコアリングしていました。現在では、ディープラーニングアルゴリズムを適用しており、スコアリングの精度が上がり、ユーザーの信頼も高まっています。   まとめ 技術の進歩によって手軽なソリューションが生まれるかもしれません。しかし現在のところ弊社の知る限り、ビジネスではAIの導入を成功させるための適切なステップを踏まなければなりません。 2019年以降、さらなる成長が期待される人工知能(AI)技術の展望について欧米の最新トレンドをまとめた記事も紹介しています。 合わせて読みたい:【2019年予測】機械学習とディープラーニングの発展から考える人工知能(AI)技術の展望 NashTechでは、開発するだけでなく、クライアントの相談も承っています。本記事を読んで、弊社にご興味をいただけましたら、こちらまでお問い合わせ下さい。弊社のAI専門チームが、御社のAI技術を最大限サポートしビジネスを成功へと導きます。

今日からデジタル化を始める企業は必ず抑えたい3つのメリットと導入方法

近年、「デジタル」という用語が内包する意味が変わりつつあります。これまでは、主にいわゆる「IT技術」を指していましたが、その後ソーシャルメディアもデジタルに内包されるように拡張されました。現在では、戦略、文化、そしてカスタマーエクスペリエンスに触れながら、以前よりはるかに普及しているのです。 こうした変化の中で、企業のデジタル化への取り組みは必須事項と言っても過言ではありません。本記事では、デジタル化を企業が推進する前に、企業が抱くであろう疑問について答えていきます。 具体的には、デジタル化する必要があるのはなぜですか?デジタル化によって何が期待されますか?そして、デジタル化をどこから着手していけばいいですか?という疑問に答えます。企業はすでに、主要な利害関係者と関わるためにデジタルチャネルを使用する必要があることを認識しています。 そして、企業はデジタル化に関与し続け、会話を促進することの重要性も認識しています。しかしながら、どれだけ早くデジタルへの変化を起こす必要があるのか​​、あるいはどれだけデジタルへの変革が必要であるのかを実感している人はほとんどいないのです。 合わせて読みたい:今更聞けない、デジタル化とは?デジタル化成功に必要な3つの要素 ビジネスをデジタル化する3つのメリットとは? デジタル化は、技術発展に対してプラスとマイナスの両方の影響を与えています。結果として、テクノロジーが私たちの私生活に与える影響について楽観的に考える人と悲観的に考える人との間には大きなギャップがあります。一方で、ビジネスをデジタル化することの利点は無数にあります。デジタル化をすることによって、企業は以下のメリットを享受することが出来るでしょう。 ・顧客サービスを向上させることが出来る ・高度なアクセシビリティを提供することが出来る ・スタッフとユーザーのための情報交換を促進することが出来る これらのメリットによって、ビジネスプロセスの効率性、一貫性、および製品/サービスの品質を向上させることが出来るのです。 なぜデジタル化が必要なのか? 以下では、3つの観点から企業のデジタル化の必要性をご紹介します。 デジタル化により顧客満足度を向上させる 企業は顧客とのコラボレーションおよびクロスチャネルエンゲージメントを達成する必要性を認識する傾向がありますが、このニーズがサプライヤーと従業員の両方にも当てはまることをあまり意識していません。しかし現代では、ソーシャルメディアの台頭によって、顧客、サプライヤー、および従業員と個別に対面して話すのではなく、複数の人々と同時に話すことが可能になっています。 この相互作用は、会社が予想していなかった方向に情報が流れる可能性があることを意味します。企業はビジネスの周りの対話を制御することができないので、ビジネスにとって不利に働く場合があるのです。そうは言っても、顧客データ管理、分析、およびソーシャルリスニングテクノロジーは、企業が関連性のあるパーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供するのに役立ちます。 これらのテクノロジーに投資し、それらをコアカスタマーエクスペリエンス機能と統合することは、パフォーマンスを測定するための優れた方法なのです。 デジタル化をしなければ競争力を得れない時代 企業が常に人間を必要とすることは否定できません。しかし、デジタル革命が人間の仕事を奪ってしまう恐れがあることも否定できません。機械が私たちの仕事を「盗んでいる」ことを示唆すること自体は、特に新しいことではありません。 「オートメーションは過去にも起こりました」と、カリフォルニア大学ロサンゼルス校のファイナンス教授Bhagwan Chowdhryは言います。 Chowdhryは、産業革命の間にファクトリーオートメーションによって機械が人間仕事を引き継いだときに工場で起こった変化を指摘してこのように述べているのです。 今日の違いは、デジタル変革がブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの仕事にも影響を与えるということです。ただし、デジタルの台頭は否定的な意味合いとして見なされるべきではありません。なぜなら、デジタル変革は企業が価値を創造し、金銭化し、そして守る方法を根本的に変え、企業に競争力を与えます。したがって、企業が最新のテクノロジーを採用して適応しないと、競争に取り残されることになってしますのです。 デジタル化によって企業が革新を起こす 企業は、経済のあらゆる分野でデジタルテクノロジーを効果的に実装するために、より懸命に取り組む必要があります。その理由は生産性の向上にあり、それが最終的に国の生活水準を向上させるからです。飛躍的な技術の進歩のために、政府および政策立案者は、その進歩が一般市民にどのように影響を与えるかについての情報を得ることが出来ていません。 そのため、政府に頼らず各企業が変革の最前線に立って革新を続ける必要があるのです。デジタルの変革と技術の進歩に対する顧客の信頼を築くことは、企業の責任です。最近のMark Zuckerbergの質問は、政策決定者の知識と比較した技術の進歩の間の不一致を証明しました。政治家は技術の専門家である必要はありませんが、少なくとも規制を開始する必要があるかもしれない製品には少なくとも精通しているべきです。しかし、顧客の懸念を保護し対処するのは企業の責任なのです。 デジタル化によって起こりうることとは? デジタル化には、新しいプロセスとスキル、そして企業文化の見直しが必要です。ビジネスが製品を提供する方法は、デジタル化の影響によって変わります。かつて製品を販売していた企業は、自身のコアビジネス戦略を再評価し、コアビジネスをサービス提供に変えました。 この例としては、自動車会社が輸送サービスプロバイダーに変身したり、以前にソフトウェアパッケージを販売して現在サブスクリプションを提供している会社があります。結果として、企業の収益の流れを拡大し、継続的な顧客エンゲージメントのチャネルを開いているのです。 デジタル化によって引き起こされる企業文化の変化は、個々の企業の存在そのものを評価する可能性があります。取締役会や経営幹部は、会社の使命や産業上の位置付け、およびそのビジネスモデルの持続可能性に関する既存の仮定すべてに再度疑問を投げかける必要があります。 継続的なコラボレーションと、株主、取締役会、役員、そして「現場の」従業員との間の継続的な会話が、デジタル化の成功には不可欠です。デジタルの理解と能力は会社全体で必要とされ、会社の企業文化によって支えられなければなりません。したがって、どの企業のチームにおいても、変革を推進し、その変化から生まれた新しい企業文化に身を置く必要があります。 デジタル化は時間がかかり、高価であり、社内で達成するのは困難です。ただし、第三者からコンサルタントまたはガイダンスを受けることで、この負担を軽減できます。 今日からデジタル化を始めには? デジタル革命は、急速に各企業で引き起こされています。迅速にデジタル化に対応しない企業は、必然的に取り残されるでしょう。すべての企業が行うべき3つのことをご紹介いたします。 1.あなたの会社にとってデジタルが何を意味するのかを定義すること デジタル化するということは、実験や変化に企業の身を置くということです。つまり、効果的なデジタル戦略をうまく採用するためには、企業は失敗の可能性を受け入れなければなりません。 2.まずは企業のリーダーから変化すること デジタル化を進めるには、企業のあらゆるレベル、特に主要な取締役からの献身的な取り組みが必要です。もちろん、それ以外にもデジタルへのスムーズな移行を確実にするために時間、創造性そして革新を必要とします。 3.デジタルの専門家の話を聞くこと 専門家のフィードバックに耳を傾けることが、デジタル化に適応し進化するためには必要です。また、その際はチーム全員で話を聞くようにしましょう。前述のように、デジタルは開放性に匹敵します。そのため、デジタルの改善やフィードバックについての提案を受け入れることも重要です。 まとめ デジタル化はかつてない速度で行われています。ビジネスモデル、経営理論、デザインはすべて新しい技術によって再定義されているのです。戦略的パートナーシップを通じた企業レベルでの学習は、この変化の時代に企業がどのように成長しているかということに結びついてきます。さらに、デジタル化はグローバルで大きな変化を与えており、デジタル技術は指数関数的に発展しているのです。そのため、デジタル技術の進歩があなたのビジネスにどのような影響を及ぼすのかを調査することが組織には求められています。 本記事を読んで弊社にご興味をお持ち頂けた場合は、こちらまでご連絡ください。私たちNashTechがあなたの会社のデジタル時代に向けたビジネスの準備をサポート致します。

デジタル化のメリットとは?欧米では進むデジタル化が日本で遅れている理由

本記事ではデジタル化をビジネスに導入させる3つのメリットをご紹介致します。欧米諸国と比較して日本企業はデジタル化が遅れています。その理由は何でしょうか?そもそもなぜデジタル化に対応しなくてはならないのか、何を準備すべきなのか、何から始めればいいのかという点から考えていくことが重要です。クラウドシステムなどの活用や業務の自動化により、ビジネスは大幅に効率化されます。 テクノロジーが進化し続ける現代で、日本企業が今すぐにデジタル化を進める理由を紹介した上で、デジタル化進め方をご紹介します。   今さら聞けない、デジタル化とは? では、そもそもデジタル化とは何でしょうか?テクノロジー導入による業務の効率化のことを言います。例えば、AIやブロックチェーンの登場は私達のライフスタイルだけでなく、ビジネスの現場においても大きな影響を与えました。 ビジネスのデジタル化は、テクノロジーを導入することで生まれるメリットとデメリットの両方の側面からビジネスに影響を与えます。そのため、テクノロジーが私たちにもたらす利益と、テクノロジーが私たちに与える影響との間には、大きなギャップがあります。 デジタル化したビジネスの利点は数え切れるものではありません。 実際に、数十年前には想像できなかったテクノロジーが、現代では次々に誕生しています。特に、インターネットの登場から始まりスマートフォンの普及は人々のライフスタイルのあり方を変えるとともに、ビジネスの在り方ですら変えてしまいました。近年だと人工知能(AI)が急激に進化しており、無人コンビニや工場の作業プロセスの自動化などのデジタル化も急速に普及し始めています。 では、具体的に企業がデジタル化を導入するメリットとは何でしょうか? デジタル化の3つのメリットとは ビジネスにおけるデジタル化の大きなメリットは以下の3つになります。 1.顧客サービスの向上 2.アクセシビリティの向上 3.企業側とユーザーの情報交換が活発に 以上によって、ビジネスプロセスの効率性、一貫性、製品やサービスの質が向上しています。 そして、「デジタル化」が表す範囲は常に変化し続けています。 以前は、デジタル化とは「IT」機能そのものを表していましたが、その後ソーシャルメディアへと広がりました。さらに現在では、ビジネス戦略から文化、カスタマーエクスペリエンスまでに浸透しています。 そこで、今回のコラムでは企業が自社のビジネスにデジタル化を導入する前に抱える質問について答えていきたいと思います。 実は、そもそもなぜデジタル化に対応しなくてはならないのか、何を準備すべきなのか、何から始めればいいのかという点で悩んでる企業は少なくないと思います。 そして、企業はデジタル・チャネルを利用して顧客を含めた主要な関係者と連絡を取り合わなければならないと既に認識しています。 デジタルを通して関係を維持して、会話を促すことが大切であると認識しています。しかし問題は、どれだけ早くデジタル化に対応するべきなのか、具体的にどのような変化が必要かを認識できて行動に移せている企業が少ないということなのです。 デジタル化が日本で遅れている理由 では、欧米企業と比較してなぜ日本ではデジタル化が遅れているのでしょうか。特に、大手企業の基幹システムはレガシーシステムから脱却できておらず、クラウドシステムが普及する今も社内のレガシーシステムに依存している実態もあります。 その答えは、「デジタル化がなぜ必要なのか?」への理解の不足にあります。デジタル化に頼らなくてもビジネスを持続することはできました。しかし、国内では人口が減少に向かう中でより「生産性」や「業務効率化」が必要性を企業が感じ始めたのは最近です。まずは、なぜデジタル化が必要なのかということを理解した上で、実際にどう進めれば良いのか理解し、実行することが重要です。では、まずはなぜデジタル化が必要なのか?ということから解説します。 そもそも、デジタル化はなぜ必要なのか? では、まずはそもそもなぜデジタル化が必要なのか?という疑問から紐解いていきたいと思います。以下では、デジタル化が必要な2つの理由をご紹介します。 1.デジタル化は顧客と企業の関わり方を変化させる デジタル化によりテクノロジーをビジネスに導入することは、顧客と企業の関係の関わり方を大きく変化させています。企業は顧客とのコラボレーションとクロスチャネル・エンゲージメントの両方を成功させようとしています。しかし、このニーズはサプライヤと従業員の双方にも当てはまるとは認識していません。 しかし、ソーシャルメディアの台頭で、顧客と従業員、サプライヤーだけでなく経営者の間ですらも立ちはだかる壁が消えつつあります。ソーシャルメディアの登場により従来よりも顧客、サプライヤー、従業員、経営者の距離は縮まっています。顧客は直接売り手側に注文をつけることがオンラインでもオフラインでもできます。 また、顧客の意図しないニーズを売り手側が探ることもテクノロジーは実現させます。 つまり、顧客データの管理、分析、ソーシャルリスニングの技術は、企業にとって関連性の高い個人的な経験を生み出すのに役立ちます。これらの技術に投資し、コア・カスタマー・エクスペリエンスと統合させると、素晴らしいパフォーマンス測定の方法になります。 2.デジタル化を導入しなければ競争できない ビジネスには常に人材が必要であるということに異論はありません。しかしデジタル化は着々と進んでいて従来の人間のビジネスに取って代わる存在となりつつあることも否定できません。しかし、逆を言えばデジタル化を正しくコントロールし従来のビジネスに組み込むことができれば、ポジティブな変革がもたらされます。 私たちの仕事を機械が「奪った」と表現するのは今に始まった事ではありません。カリフォルニア大学ロサンゼルス校のファイナンスの教授であるバグワン・チョドリ氏は「自動化は以前から行われていたことです」と話します。 それは、産業革命によって工場内で自動織機などが織物職人に取って代わった変化を指摘しています。自動化は今に始まったことではないのです。 しかし、旧来と現在でのデジタル化の違いは、デジタル化が現場作業だけでなくなってきているということです。 しかしデジタル化の広がりは否定的な意味合いを見せていません。 言い換えると、デジタル化は、企業が価値を生み出し収益を上げて守る方法を根本から変え、それは企業の競争力となります。そのため、企業が最新の技術をうまく使いそれに適応しない場合、遅れをとってしまいます。そういった現代の成長とトレンドの事情もあり、もはやデジタル化を導入しない企業は生き残れなくなっているのです。 3.ビジネスがイノベーションを起こす 企業は、経済のすべての分野でデジタル技術を効率的に利用するために、より一層の努力が必要となっています。デジタル化によりビジネスの生産性が上がり、最終的には生活水準が向上するからです。 テクノロジーの進歩は急激すぎて、テクノロジーが一般市民に与える影響を政府と政策立案者がコントロールすることが難しくなっています。 そのため、ビジネスがデジタルの変化の最前線で改革を続けなければなりません。デジタル変革と技術革新を顧客が信頼できるものにすることが、ビジネスの責任となっているのです。 マーク・ザッカーバーグ氏への最近の公開尋問では、政策立案者の知識と技術進歩との溝が明るみに出ました。政治家が技術の専門家である必要はありませんが、少なくとも今すぐ規制を始めるべき製品に対してはよく知っておく必要があります。 しかし、法規制が始まるまで顧客を不安から守るセーフガードができるかどうかは、ビジネスにかかっています。以上の理由からビジネスにおいてデジタル化は必要不可欠なこととなっているのです。 デジタル化のために、何をしなければならない? では、なぜビジネスのデジタル化が必要なのかご理解いただけた後に、実際にデジタル化のために何をしないといけないのか?ということをご紹介します。 デジタル化には新しいプロセスやスキルが必要なのはもちろんのこと、企業文化の全体的な見直しが求められます。 経済活動において製品などのプロダクトの商流はデジタル化の影響を受け変化しています。 その中で、コアビジネス戦略を再評価し、製品の販売からサービスの提供に変化した企業もあります。例えば、輸送サービスを提供することになった元自動車会社、またコンテンツの購読を提供する元ソフトウェア販売会社などが挙げられます。 その結果、直販からデジタル化の家事に切ったビジネスの収益の流れは拡大し、継続的なカスタマーエンゲージメントのチャネルが開かれています。 デジタル化による文化のシフトはそれぞれの企業の存在意義が試されているのかもしれません。 経営陣は、会社のミッションや産業界での位置付けのみならず、持続可能なビジネスモデルに関するすべての前提をデジタル化の導入の際に見直す必要があるのです。 株主、取締役、幹部、そして「最前線にいる」従業員の協力と最適を目指す会話はデジタル化を成功させるために欠かせません。デジタルへの理解と戦略は会社全体で必要であり、社内文化によってサポートされなければなりません。 そのため、どの企業のリーダーシップチームもデジタル化に対して肯定的になりデジタル化から生まれた新しい社内文化に彼ら自身もどっぷり浸かるべきです。それが会社全体に浸透していくのです。 デジタル化は時間を要し、費用もかかるため、社内だけで行うのは難しいかもしれません。しかし、コンサルタントや第三者からの指導を受けて、困難を和らげることはできます。… Read more »