ニュース

ブロックチェーン – みんな知っている流行語

去年のクリスマスが近づくにつれて、ホリデーやサンタクロースが見劣りするほど「暗号通貨(仮想通貨)」という言葉が大流行しました。ビットコインの魅惑と何千もの他の「暗号」はメディアがあっという間に食いつき、流星の尾に乗りたい何十万人もの人々に心のざわめきをもたらしました。 1月に多数の主要な暗号がクラッシュした後、過剰な騒ぎは落ち着いたように見えています。そのため現在は、ブロックチェーンの賛否について率直かつ正直に話すことができる、最適な時期となりました。 ブロックチェーンとは? ブロックチェーンの詳細に入る前に、話をわかりやすくするために、その技術を簡単に説明しましょう。 ブロックチェーン技術は、事実上ほぼ暗号であり、元々はテクノロジー世界の底辺に位置するものでした。 財産権の帰属がないパブリックドメインの中において普及力を欠いたその歴史は、現在のその謎めいた性質を物語っています。 また、ブロックチェーンの複雑さが、そのコンセプトを把握するのを難しくしています。 簡潔に言うとブロックチェーンは、仲介業者を挟まずに取引やオンラインの送金ができる機能を提供します。取引の履歴を正確かつ安全に保つためにサードパーティの業者を信頼する代わりに、ブロックチェーンはデジタル署名として機能する暗号化キーを利用して取引を保護することができます。 それでは、核心に迫ってみましょう。 メリット 効率性 多くの企業がブロックチェーン技術を採用している理由の一つは効率性です。 ブロックチェーンは第一にセキュリティとプライバシーの基準を高めるために役立ちます。このシステマチックな機能によって、ユーザーは物理的な通貨(これによりビットコインは悪名を残しました)を使わずに、また高いクオリティを保ったままお金を交換することができます。 ブロックチェーンの手順では第三者が存在しないために、取引を素早くシンプルに実行できます。 優れたセキュリティ また、情報がどのように扱われ格納されているかと言う点でも、ブロックチェーンは高いセキュリティを提供しています。 詐欺が横行し、財務上のプライバシーを暴こうとする試みを銀行が防げないような時代において、ブロックチェーンはより高度に取引の管理ができる方法です。PKI(公開鍵暗号基盤)を強固にしたり、DDoS攻撃に晒されるのを防いだりすることで、データ管理をしています。破壊的技術を持つハイテク企業は、ブロックチェーン技術を利用して大きな成功を手にしています。 サプライチェーンの透明性 グローバルな時代において、世界の顧客やサプライヤーと取引するような企業は、たとえ小規模な企業であったとしてもサプライチェーンの透明性が最優先です。昨年、アムネスティ・インターナショナルは世界の有名テクノロジー企業の材料調達に。 ブロックチェーンは評判の悪さを克服し、複雑化するサプライチェーン・モデルにおいて分かりやすさの重要性を証明しています。分散化された帳簿として、ブロックチェーンは製品の開発に含まれる全てのトランザクションを提供する、完璧なソリューションです。さらに、誰かが記録を改ざんしようとすると、いつ、誰が、何を改ざんしたのか誰の目にも明らかになります。 紆余曲折を経て、革新的なブロックチェーン技術を企業は採用し始めています。ブロックチェーンは取引の過程で起こる問題に対応し、洗練された新しい方法で解決します。 デメリット 時期尚早 新しい技術にはつきものである、ブロックチェーンにとっての大きな課題とは、目新しさです。 意欲的な企業は列の最後に並びたくないと考える一方で、実験台になりたいとも思っていません。これは理解できることです。証明されていない技術への投資は、評判も、組織としても、経済的にも、リスクが高いでしょう。最終的には小さなプロジェクトで動向を伺い、状況を見守ることになります。 断片化 また、ブロックチェーン技術に直面している別の大きな問題は、マーケットが断片化されていることです。 前述のように、ブロックチェーンがビジネスに与える良い影響は計り知れません。何千ではないにしろ、そのソリューションが最善であることを証明しようとしているスタートアップ企業は何百もあります。非常にこれはポジティブです。その一方で、ビジネスにとってブロックチェーンは、単一のアプリケーションとして認識することを非常に困難にし、ブロックチェーンの真の価値に混乱が生じます。何でも屋さんと特定分野のエキスパートを思い浮かべてください。 規制 ブロックチェーン、さらに具体的には、暗号通貨とそれに関連するイニシャル・コインは、まだ適切に規制されていません。将来どのように規制されるのか明らかでない段階で、その技術に大きな投資をすることは、賢明でないと一般的には考えられます。 EBA(欧州銀行監督局)は欧州全体で仮想通貨の規制を検討し始めています アメリカではビットライセンス規制があります(ただし、適用はニューヨーク州のみ) 英国ではブロックチェーンの規制は現在のところ特にありませんが、FCA (金融監視機構)が規制の動きを見せています 歴史が浅く、バラバラに分解されているというその性質がおそらく原因で、ブロックチェーンは現在のところ国際的な認知のある基準にサポートされていません。しかしながら、規制が整うと同時に、多数の大手銀行が参加するR3 CEV イニシアチブのような動きもあるでしょう。 規制とガバナンスが今後数カ月から数年で追いつくにつれて、それはブロックチェーンの技術の長所の一つとなるでしょう。 NashTechは破壊的スタートアップや大手企業のブロックチェーン機能を構築するための豊富な経験を持ちます。プロフェッショナルなテストで定評ある、開発者とエンジニアによる弊社グローバルチームは、ブロックチェーン開発チームと提携して、そのアプローチにおいて最善を尽くすことを保証します。 貴社のブロックチェーン採掘と開発をサポートします。こちらまでご連絡ください。  

技術動向の活用

NashTechとWayfareのパートナーシップは、いかにして市場での技術動向をお客様のビジネスに活かす手助けとなるでしょうか。 Wayfare社のCEO、ウィム・マーティンはこう説明します。 NashTechとルーマニアのニアショア調達業者であるWayfareは、過去の投資を無駄にしたくないというお客様にとって、新しくエキサイティングな技術分野への扉を開いています。昨今の機敏なビジネスの要求に応えて、新しい機能でアプリケーションを最新の状態にすることが開発の主要な点です。 一つの契約のもと、お客様はニアショアとオフショアのソリューションの全ての利点を活用することができ、シームレスなエンゲージメント体験を提供します。 NashTechとWayfareのパートナーシップにより、Progress技術で開発された従来のアプリケーションを実行しているお客様に、社内スキルに投資することなしに、ニアショア開発を提供します。WayfareのCEO、ウィム・マーティンは、トレンドとなっている技術が広い分野にわたってお客様の心を捉えている現状と、また企業がそれらに投資するメリットを解説しています。 「既にProgressを利用しているお客さまには非常に大きな好機があります。実際、20年に渡って数々のアプリケーションを利用しているお客さまもいらっしゃいます。世界はよりアジャイルな方向性に向かっており、10年〜20年前に構築されたアプリケーションは新しい課題に対応するために近代化しなくてはなりません」とマーティンは言います。 企業はこれまでに、事業の基盤となるアプリケーション開発のために巨額の投資をしてきました。また同時に、従来の開発では適切に文書化されなかったからという理由で既存アプリケーションを捨ててしまい、一から再び開発することは、現実的ではなく費用対効果も良くありません。そしてそのソフトウェアの大半はビジネスで重要な役割を担っているため、現代化に向けての「ビッグバン」アプローチは簡単なものではない、とマーティンは言います。 「これらのアプリケーションのあまりにも多い機能が、顧客にとっての課題でした。構築に40年もの長い時間をかけたものもあり、アプリケーションを一度に再構築することはもはや不可能に近いことです。しかし、モジュールを特定し、それらを一つずつ再構築する場合…」とマーティンは言います。この試行錯誤されたアプローチは、ソフトウェア開発の以前のバージョンで行われたあらゆる投資を無駄にすることなく、再利用されます。 お客様に最も需要の多い新機能は、以下の広い分野にわたります。 スマートフォンアプリ 移動中やさまざまな機器からソフトウェアにアクセスできるアプリの需要は、非常に大きい潜在的メリットをお客様へ提供します。近年、スマートフォンアプリの生産性、効率性、顧客との関連性がビジネスにおいて認識され、スマートフォン機能の要件が爆発的に拡大したことは頷けます。もちろんシステムが侵害されないように、セキュリティ面がトップの課題であることは言うまでもありません。「これには安全な環境が必要であり、特定の情報を利用しながらできるだけ効果的に実行されなければなりません」とマーティンは言います。 ビジネスルール管理 取引が行われるビジネスでは、ビジネスプロセスルールの管理のメリットがあり、ビジネスにおいてプロセスを自動化する段階を定義できます。この方法はユーザーが定義したプロセスのルーティングができる直感的なツールを使用し、企業に柔軟性を持たせます。「コーティコン・ビジネスルール・エンジン」は、ITやビジネスのユーザーがプログラミングをせずともアプリケーションの外にあるビジネスルールを管理できるようにします。このような洗練された自動意思決定プロセスで、開発と変更のサイクルを90%まで減らすことができます。 ビジュアルインターフェイス 10年前のユーザーインターフェイスはデータを表示することが重要でした。しかし現在、ビジュアル機能はアイコン、ボタン、画像の範囲までユーザーエクスペリエンスとして期待されています。アプリケーションのユーザーエクスペリエンスを向上させることは、単にアプリケーションの見た目を良くするだけでなく、効率性と生産性においても優れています。「アプリケーションを販売する場合、最近では操作の全般的な印象が非常に重要で、完璧に近づけなければなりません。実際お客様が期待しているものは、それなのです」とマーティンは言います。 IoT – モノのインターネット インターネット経由で通信し、デバイスで有益なデータをストリーミングする機能はビジネスの生産性を上げるでしょう。この分野は技術動向に乗り巨大になり、2020年には4,400億ドルがIoT(モノのインターネット)に費やされるとアナリストのガートナーは予測しています。「データをストリーミングし、リアルタイムで分析し、積極的に対応することです」とマーティンは説明します。 これらの市場動向はProgressアプリケーションの既存ユーザーに当てはまるものです。「行動を起こしたい、またはより競争力を上げたいというユーザーは、以上の動向を検討する必要があるでしょう。それによって目標を達成させることができます」とマーティンは言います。 弊社NashTechとWayfareが貴社のビジネスを変えます。詳細についてはこちらまでお問い合わせ下さい。 ジョージナ・ジル(経営企画責任者) Eメール:georgina.gill@nashtechglobal.com 電話:+44 (0) 7392 086 159

「5ステップ」で成功させるITマネジメント変革

「何でも知っている」よりも「何でも学んでやる」 マイクロソフトCEO、サティア・ナデラ氏によるこのアドバイスは、元々彼の子供たちに向けられたものですが、ビジネス業界でも彼の哲学から学ぶものは多くあるでしょう。 そしてこの一言以上に、私のマネジメント改善業務の経験を説明できる言葉はありません。通例、革新といえば、今ある決まりを別の決まりに置き換えるか、新しいシステムを組み足すかしたところで業務を終わらせたものと見なしてしまうのが常です。 しかし実際のところ、革新とは段階を踏んで起きるものです。それは非常に人間的、文化的な作業です。革新を起こす際には、関わる人間の行動、態度をも変化させることが必要であり、新しいITプログラムを導入することなど、これに比べれば簡単なものでしょう。 イノベーション・バリュー・インスティテュート(IVI、最善のIT実践法を全業界に発信している独立機関)によると、ITは他と切り離された存在として扱われ、そのための苦労が続いてきたといいます。通例IT部門は業務内容よりもコストに比重が置かれます。業務の文化的側面においてITは疎外されやすいのです。 この十年はものすごい速さでテクノロジーが進化しましたが、これは驚くに値することではありません。ITの専門家は常に学び、適応してきました。約束された答えなどなく、次から次へと開発される最新、改良システムに対して、今まで通用したソリューションなどもう役に立たないのです。 私自身いまだマネジメント革命、ITについて最善のアプローチ法を学んでいる途中ですが、いくつか効果を確認できた方法があります。サティアの言うように、それらの方法は「仮説の検証」いう形で立証されています。以下、私の「何でも学んでやれ」という経験を紹介します。 革新に必要な期限を把握する 変化は段階的に現れます。変化を実現させる期間の設定は不可欠であり、またこれにより客観的、現実的な目標設定が可能となります。経営陣にとってこの作業は長期戦略という位置付けとなります。ここでは慎重な計画を立てる必要があるでしょう。 革新が現在の業務慣習にもたらす影響を考慮する 自分の提案した改善内容は現場の人間にどんな影響を及ぼしますか。ワークフローに対しての効果はどのようなものですか。もたらされる変化により誰がどのような動きを再構築しなければならないでしょうか。誰と誰がより緊密に動く必要があるでしょうか。 「なぜ?」から始めることの大事さを教えてくれるのはサイモン・シネック(2009年ベストセラー『WHYから始めよ!−インスパイア型リーダーはここが違う』の著者)だけではありません。文化慣習とは組織における心臓部です。それを粗末にするのは自分の評判を悪くするだけでは済まされません。変化が社員の文化慣習に及ぼす影響を理解することは、変化そのものと同等に重要です。 計画、計画に次ぐ計画 まずは技術面での改善を計画、それから人員、組織、物流面での変革を計画します。変化を起こすときには、組織実働部の本質を常に認識していることが大事です。計画は、あたかもそれが呼吸をしている生き物であるかのように扱うべきです。チーム全体が計画の文書化、更新、参照作業に責任を持ち、実効的なプロセスに仕上げなくてはなりません。 研修計画を理解する 新しい変化を企業に定着させるには、おそらく絶対と言ってよい程研修が必要となります。スタッフのスキルアップ、またチームが新しく導入されたテクノロジーに順応するためには、どのような手段を取ればよいでしょうか。きっとその人その人に応じて違った手段を取ることになるでしょう。研修担当者への研修も必要となるかもしれません。研修は内部研修かそれとも外部研修ですか。オンライン研修で十分ですか、それともオンライン研修でなくてはならないですか。あるいはもっとインタラクティブに行われるワークショップを開催した方がより効果的でしょうか。 変化の最中に望まれるサポートを事前に準備する 変化はスイッチ一つで起きるものではありません。計画が実施される時、現場の社員は様々なサポートを必要とするでしょう。変革を根ざす段階にて社員が要する実際的サポートを、先んじて用意しておくことが肝心です。これには普段から現場で顔、名前、評判を知られている者が主要人物の役割を担うこととなります。変化は(ビジネスの)神様に委ねるしかないと考える者もいるでしょうが、この際に皆から求められるものは、現実的手段を知る者からの指導なのです。 Nashtechは、企業と誠実なパートナーシップを結び、組織変革プログラムを実現させます。アドバイザリーチームはIVIとの提携により、プログラムを迅速かつ効率的に展開するための識見、知見を備えています。 NashTechの提供する「IT導入効果ファクトシート」は、企業変革プログラムを始めるのに最適なツールです。このツールにより、企業はIT部門の強み、課題をより深く理解し、IT部門をより有益、重要な部門へと育てるための過程、課題を明確化出来るようになります。   ご連絡先: ヴィッキー・チャン, カントリー マネージャー Email: vicky.chan@nashtechglobal.com 電話: +81 3 6863 4448

デジタルへの抵抗感の克服

一般的に人々は、すぐ得られる報酬がない限り、変化を好みません。ジムに通うことは良いアイディアだと思うでしょう、そして実際にそうなのでしょうが、一週間、二週間経った後に全然体重は減らず、引き締まらないとなると…完全に時間とお金の無駄だったと感じるかもしれません。 デジタル化することが「良い」アイディアなのかさえ分からない場合を除き、同じことがデジタルイノベーションにもいえます。デジタル変革は、仕事のやり方が変わったり、仕事自体が消えたりするという痛みを伴うだけでなく、成功の保証もありません。2017年 Harvey Nash/KPMG CIO 調査 (この分野における世界最大の調査)では 「変化への抵抗」がデジタルイノベーションの最大の障壁であったのも不思議ではありません。 この記事の中では、なぜ人々はデジタルイノベーションに抵抗し、それについて対策できることは何か、とあります。しかし、デジタルのことは脇に置いておくとして、人々は変化へ抵抗するとしても、なぜイノベーションにこんなにも大騒ぎするのでしょうか。イノベーションは進歩には必要なステップで、進歩することは良いことですよね?新しいアイディアが生まれたら試してみるのは自然なことではありませんか? しかし、どうも違うようなのです。19世紀に遡ると、哲学者で心理学者のウィリアム・ジェームズはこのように上手くまとめています「人々は新しい見方に出会った時、『それは本物ではない』と言います。後にその真相が明らかになると、『それは重要なことではない』と言い、そしてその重要性が無視できなくなると『ともかく、それは新しいことではない』と言うのです」。 輝かしい新しいアイディアには、人々は直感的に疑問を持つように見えます。実際にそれを実行しようとするのは難しく、軍隊の格言に「いかなる戦術も眼前の敵には無力だ」というものもあります。(マイク・タイソンはまた『どんな人も、顔面にパンチを受けるまでは戦術を持っている』と彼なりの言い方で言っています) 上記の格言はスティーヴン・プール「再考:新しいアイディアについての驚くべき歴史」からの引用で、この本はイノベーションがどうして「顔面にパンチを受ける」ように感じられるのかを歴史から紐解いています(変化を押し付けられた人だけでなく、イノベーターも同じ気持ちなのです!)。実際、よく使われる「心を掴んで勝つ」というフレーズは、元はというとスティーヴンの本の中の、1950年代のマラヤの対ゲリラ作戦を率いたイギリスの司令官、サー・ジェラルド・テンプラーの回想記でした。彼はこのように言いました「困難の25%だけが戦場にあり、75%はマラヤの人々のハートとマインドを掴むことだ」 デジタルの話に戻りますが、なぜ人々はデジタルに抵抗するのでしょうか?この質問に答えるために、SaturnF1の創立者であるアラン・ワハにインタビューを行いました。SaturnF1は、デジタルGo-To-Market戦略で特定の業務を行うグローバル企業グループからのスピンオフ企業です(SaturnF1がスピンオフ企業であるという事実は、デジタルイノベーションへの抵抗に打ち勝つ手がかりとなりますが、その話はまた後に)。なぜ人々がデジタルに抵抗するかに対して、アランは「キャリアのために人々は『旧態依然とした業務』をするのです」と答えました。つまり、仕事とは常に成功が基準なのです。失敗に対する報酬はないのです! 革新的なデジタル環境の中で、アランはこのように言います「継続的なリ・インベンションは必要です。テクノロジーの進歩は非常に速いからです。また、このあまりに速いスピードのために、その方向性は誰にも分からず、それを習得する機会もないからです」。そして、彼は話を具体的にするために、部屋の後ろへ40歩下がることを想像してください、と言いました。「もし指数関数的な速度で前進するとしたら、どこまでいけると思いますか?太陽ですよ」。 技術革新の速度は、人々のやる気をくじくのと同様、企業さえも怯ませてしまいます。レガシー企業は長年、機能を構築し提供してきました。「破壊」の方法を取ることを勧めても、笑うだけでしょう。もしスタートアップ事業を一から始めたのなら、失敗は怖いものではありません。成功を祈りつつ、失敗してしまっても改良を重ねたり、新しいことを試したり、さっと立ち去るでしょう。経営者は良くないアイディアを早く消し、経験を積んだとして喜びます。早く失敗し、そこから早く学ぶことは良いこととされているのです。しかし既に成長した大企業の場合では、失敗はとても馬鹿げているように思われます。 それなら、デジタル率先力を考えているレガシー企業は、収益性より学習を優先すべきでしょうか?アランの見解では「個人ベースで考えると、そうではないでしょう。しかし、経営陣はポートフォリオの手段を取ります。どちらの方法を使うかを決めるには、ベンチャーキャピタリストの思考が必要です。ベンチャーキャピタリストは、ポートフォリオ全体の内部収益率を観察して、事業がどこのステージ(例えばシードステージ、スタートアップ、ブリッジ など)にあるかに応じて投資をします。スプレッドベッティングにより利益も損益もあるでしょうが、おそらく利益が出るでしょう。 デジタルイノベーションを成功させるために、アラン氏は3つの考慮すべき事項があると言います。 チームは素晴らしいですか? グループがデジタル業務を実行する方法を考える際、一般的な手段は、エージェンシーに出向いてプロジェクトをアウトソーシングすることです。実績があり適切なスキルを持ったチームにより業務が進む一方、これは彼らのためになっていない、とアランは言います。グループはデジタル文化を構築することを望んでいるのに、プロジェクトをアウトソースしたのでは、チームビルドアップも知識の習得もアウトソースすることになってしまいます。デジタルの成熟度を上げ、デジタル思考を取り入れるという要求には答えていません。つまり、重要なことは「ポイントソリューション」と呼ばれるものを構築することではなく、社内の環境を作り出し、外部に頼らず変化し続けることなのです。 ニーズを満たすデジタルビジネスを入手することは理にかなっているのでしょうか。「こういったビジネスは可能ですか」と、私はアランに聞いてみました。彼は「社内へのノウハウの導入ですか?もしそれが素晴らしいものなら販売することはないでしょう」と言います。だから答えは多分「ノー 」です。しかし適切なビジネスが手に入ったとしても、自動的にデジタル文化を導入することには繋がらないのです。人々や企業文化を扱うシステムを構築するには、さらなる努力が必要です。 大きな問題に取り組んでいるところですか? アランは「まずIT、ではなく、解決すべきビジネス上の問題を考えてください」と言います。これは彼の場合、オムニチャネルマーケティングを構築することを意味していました。販売員とデータを完全に結びつけ、販売業者やエンドユーザーに直販経路を提供します。企業グループにとってソリューションに技術とアジャイル手法が入っていることは難題です。しかし出発点は「レガシーチームによる成功が期待できない業務をこの12ヶ月ですること」でした。 誰かが問題を解決しようとしましたか?また、部分的にでもソリューションはありましたか? もし答えがイエスなら、解決するだけの価値がある問題を抱えていることはチャンスであり、失敗のリスクは情報を集めることによって多少軽減されます。 余談ですが、既存のビジネスプロセスをデジタル化するよりも、新しいビジネスモデルを取り入れる方が、デジタルによる問題解決の価値があります。1990年代から少なくとも20年、重要視していたものは「ビジネスプロセス・リエンジニアリング」で、効率化と成長でした。現在ではそれは基本ビジネスモデルの「破壊」そのもので、成功例としてはEasyJet、Uber、Airbnb、アマゾン、と挙げればきりがありません。したがって、スタートアップは、従来と根本的に違う方法でビジネスを行うリスクがあるのが明らかな一方で、地位が確立された先駆者(場合によっては市場トップさえも)に追いつくために急激な成長を推し進めます。スタートアップの「破壊」が意味するものは、現在レガシー企業にとって確固たる基盤が存在するという事実なのです。適応できない恐竜や、簡単に転回ができないオイルタンカーのようなビジネスはもう要りません。レガシー企業にとって、アプリケーションの新しい世界とAPIをレゴブロックのように組み立てて新しいビジネスモデルを立ち上げる時代が来ています。 デジタルの成熟と思考の受け入れ アランが取った行動は、新しいビジネスモデルを取り入れることでした。一つは「大きな問題を攻撃し」少なくとも「部分的なソリューションがある」ものです(そして他では既にオムニチャネルマーケティングや販売ソリューションを構築していました)。このグループはSaturnF1というスピンオフ企業です。スピンオフの主な理由は、素晴らしいチームとなるために、デジタルの成功の予兆の3番目に備えるものでした。これは、コアビジネスのメンバーへの敬意と可能性を下げるものではありませんが、デジタルビジネスとタイムフレームには異なったスキルが必要であるという認識は受け入れられませんでした。さらに、新しいデジタルビジネスを創造する意欲的なタイプの人々は、いつも通りに事が運べば良いとする文化と古い技術環境の中では、やる気を無くす可能性が非常に高いでしょう。 デジタルへの抵抗感の克服 変化の成功は人々の「ハートとマインド」に向き合うかにかかっています。デジタル事業も例外ではありません。変化の魅力あるケースを生み出す必要があります。変化が個人にどんな影響を及ぼすか説明し、企業が変化の目標に向かうモチベーションを与えます。これは簡単ではなく、最終的な目標は新しいシステムやプロセスほどシンプルではないということがさらにデジタル変革を難しくさせます。デジタル変革とは全く新しい文化や完全に異なるオペレーティングを企業に持ち込むということなのです。 したがって、デジタル変革の成功には伝統的な変化のリーダーシップスキルと戦略が必要で、デジタルの採用を促すオーバーアーチアプローチと繋がっています。表面上は「オーバーアーチアプローチ」はガバナンスに加わった層のように聞こえるかもしれません。しかし、それ以上のものなのです。実際には、デジタルプロジェクトやプログラムはリスクが高く、多くは失敗しています。関係者の不安はそれにより増幅します。そのため企業はデジタル投資の際、いくつかの同時変化イニシアチブとダーウィン風の「最適者生存」のどちらが上手くいくか試し、ポートフォリオアプローチを取り入れたいと考えるかもしれません。 生物学的な進化において「最適者生存」は、遅いながらも非常に効果的な戦略です。ここでの変化とは、抵抗されるのは生き残りに悪影響がある場合のみで、良い変化は歓迎されます。デジタル世界に向けて効率化した進化に適応することで、大自然の教えを受けることができるでしょう。つまり、人々と企業にイノベーションを促すと、恩恵は非常に大きいのです。恩恵は生き残ることかもしれません! ご連絡先: ヴィッキー・チャン, カントリー マネージャー Email: vicky.chan@nashtechglobal.com 電話: +81 3 6863 4448

NashTechは引き続きCMMI(能力成熟度モデル統合)最高水準、レベル 5を達成しました

NashTechはCMMI Instituteによって正式に発行された CMMI(能力成熟度モデル統合)において最高レベルのレベル5を継続認証されたことを誇りに思います。 CMMIとは?また、レベル5達成のメリットは何でしょうか? 能力成熟度モデル統合 (CMMI) は、企業のソフトウェア成長プロセスを開発・改良するために利用される単一改善フレームワーク方法論です。プロセスがどのくらい体系化され、成熟しているかを5段階で表します。 CMMI成熟レベル5は、継続的にプロセスパフォーマンスを向上させることに焦点を当てます。品質・プロセスパフォーマンス目標が設定され、ビジネス目標とパフォーマンスの変化を反映させるために、絶え間なく見直されます。そして、継続的な管理プロセス改善のための判断基準として使われます。 このプロセス向上の効果は統計や他の量的手法を用いて測定され、品質やプロセスパフォーマンス目標と比較します。 NashTechベトナム代表取締役グエン・クオン氏はこのように言います「CMMIによる評価を、弊社は非常に価値の高いものと考えています。プロセスと技術のサポートの基準が明らかになることで、弊社の活動の改善を継続的に測定することができます。改善に焦点を当てることは、顧客の満足度を上げることにつながります」 NashTechでは、ビジネス目標とパフォーマンスニーズの定量的な理解に基づいてプロセスを継続的に向上させています。この方法を用いて、プロセス内の変動と起こりうる結果を弊社は把握しています。

2018年に有力なITトレンドトップ8

グローバルIT産業界で経験と洞察力を持つ、ソフトウェア開発に特化したIT企業のNashTechが、2018年に優位になるテクノロジー界のトレンドを予測します。 過去数年間、クラウドはテクノロジーの未来と考えられていました。しかし、クラウドは爆発的に成長しているとはいえ、もはや一般的な技術になりつつあります。それでは何が今後12ヶ月のITトレンドになるのでしょうか? 人工知能( AI) AIは人間の意思決定能力を真似るソフトウェアで、継続学習とそれに続くアルゴリズムの改良に基づいています。人間の活動に近づくように改善させるため、一般的にAIはリアルタイムで膨大な量の事実に基づく情報や研究資料にアクセスすることができます。 AIマシーンはまだ完全ではありませんが、病気の診断に関する質問に答えたり、商品の問い合わせに答えたり、手書き文字や声や顔を認識したりすることができます。また、自動運転装置はAIマシーンの完全形として近い将来、私たちに希望を与えてくれるでしょう。 ビッグデータ&分析 ビッグデータは大きなデータの集合で、一般的には複数のソースからデータを集めます。この方法は、過去の技術では行うことができませんでした。 ビッグデータは他の技術と組み合わせることで、ビジネスと科学に大きな変化を与えます。道路混雑の予測、特定の時刻の外出、個人の好みに合わせたメディアのコンテンツ、おすすめ商品の提案、金融トレンドの予測などには全てビッグデータが使われています。 工業オートメーション 工業オートメーションは、簡単に言うとコンピューターが情報を処理したり反復作業を人間より信頼性高く効率よくさせるものです。工業オートメーションは生産性を上げるだけでなく、人件費を削減しながら生産のクオリティと柔軟性を高めます。 オートメーションがビッグデータや人工知能と合わさると、コンピューターは複雑な決定や過程を自動化したり、関連する提案や予測を与えてくれます。これにより、機会は自動で人々の行動に影響を与える深い洞察を生み出します。 フォード・モーター社が開発したIoT、GPS、ビッグデータ、人工知能を組み合わせた駐車場の技術が非常に良い例です。この技術で、ある決まった範囲で駐車ができるか予測できるようになりました。車を運転する人はリアルタイムで空いているスペースに誘導され、適切な場所で支払いができて、駐車時間が終わりそうな頃に連絡を受け取ることができます。 モノのインターネット(IoT) IoTは独立して動作するデバイスに利用されるだけでなく、外部と繋がりデータの交換をし、外部影響へ反応することが可能です。マイクロ処理装置とセンサーがこのようなデバイスに乗ると、デバイスはよりスマートになっていきます。例として、あるシンガポールの病院では周辺のノイズデータを集積・分析し、患者が助けを必要とする際に緊急の警告を出します。 IoTはビッグデータ、人工知能、工業オートメーションと同じく「インダストリー4.0(第4産業革命)」の一部を形成し、シスコ社によると2050年までに世界で5000億のIoT機器が存在するようになる、とのことです。 ブロックチェーン ブロックチェーンはビットコインの中心的な構成要素として開発されたP2P(ピアツーピア)の技術です。複雑なエンコーディングシステムによりセキュリティ性は高く、全ての取引はタイムスタンプが付され、改ざんされないように設計されています。 ブロックチェーンの情報はチェーン内のすべてのブロックの同意がある場合のみ、変更することが可能です。もしブロックの一部が壊れたとしても、他のブロックが情報を保護するでしょう。このため、出所と追跡可能性が重要である電子帳簿など、機密扱いのデータに最適です。 高い有効性とセキュリティでブロックチェーンは国際金融取引に利用され、企業の効率が上がりました。現在では金融業界にとどまらず、法曹、物流管理、サプライチェーン管理などの分野でもこの技術は使われています。 バーチャルリアリティ(VR)&拡張現実(AR) バーチャルリアリティと拡張現実により、人々は異なる世界を体験することが可能です。この2、3年、Google、マイクロソフト、Facebookなどの企業は境界線を押し広げ、エンターテインメントから科学研究まで多くの業界で普及している製品を新しく開発しています。   拡張現実(AR)はバーチャルリアリティから生まれました。この技術で、ユーザーは仮想空間で見るだけでなく、触れたり相互のコミュニケーションができるようになります。拡張現実の良い例は、Microsoft Hololensの技術を利用したアジアのあるデベロッパーで、顧客が建設前であってもレイアウトを決めて家具を配置したアパートメントの内装を見ることができます。   ヘッドレスインターフェイス AR / VR, IoT、センサーデバイスなどを使うヘッドレスインターフェイスは普及しつつあります。マウス、キーボード、タッチスクリーンを使わずに声や手の動きだけでスクリーンと自然なやり取りをすることができます。         モダンソフトウェア・アーキテクチャ モダンソフトウェア・アーキテクチャは、マイクロサービス、サーバレス、リアクティブ・アーキテクチャなど、いくつかの異なるモデルを総称したものです。これらの共通点は、モノリシック・アプリケーションを、クラウド環境で利用しやすく、API を介して通信できて、拡張が容易で再利用可能なサービスに小さく分割することです。 それぞれのサービスは一つのタスクに特化し、独立しているため、結合してすばやく新しいアプリケーションを作ることができます。 ベトナムで最大手のIT外資企業であるNashTechでは、以上のすべての技術を優秀なエンジニアが研究・開発しています。NashTechは現在、フォード、Google、Hearst Corporation、キングス・カレッジ・ロンドン、ネスレなどのグローバル企業に対し、コンサルティング業務や国際プロジェクト業務を行っています。 NashTechはこのようなプロジェクト実行を通じて、スキルを上げ最新の技術トレンドに触れる機会を社員に与えています。 NashTechはプロフェッショナル、国際的でクリエイティブな労働環境で、キャリアを伸ばす素晴らしい場所と認識されています。 — 記事ここまで — Harvey Nash グループの一員として、またベトナムで二番手のIT企業として、NashTechはグローバルプロジェクトに革新的なITソリューションを提供します。 最新の技術で競合他社の先を行く方法を追求し、サポートします。今すぐご連絡ください。

NashTechはベトナム第2位のIT企業と認定されました

Harvey Nash グループのNashTechは、VINASA(ベトナムソフトウェア・IT協会)の2017年「IT企業トップ50」の公式リストで引き続き第2位と認定されました。 この「トップIT企業」リストは、主要IT企業を選んで表彰する、2014年に始まったVINASAの取組みです。リストは、厳格な基準と国際スタンダードを適用した名のある委員会によって作成されます。NashTechは着実に順位を上げ続け、2014年以降は第2位としてベトナムでの投資、成長、ビジネスの発展が証明されています。 2017年は、NashTechがベトナムで途方もない旅を始めてから17年目を迎えた年です。NashTechはベトナムで2番目のIT企業であり、ベトナム最大の外資系IT企業で、着実に市場トップに近づいています。NashTechは持続可能な技術開発のプラットフォームを構築し、技術とソフトウェア改革によってビジネスを変革する具体的な方法を提供してきました。弊社の成長の鍵は、優秀な人材を育成することです。 NashTechのCEOであるポール・スミスはこのように言います。「ベトナムからグローバル市場へ弊社のサービスの輸出を大幅に増やし、ベトナムの産業界に新しいスキルと経験をもたらし、雇用を創出することを期待しています。弊社エンジニアが改革する力を備え、お客様のためにクリエイティブにその力を使ったことが成長の鍵です」 NashTechとHarvey Nashはベトナムで17年にわたり、2000人以上のプロのエンジニアとビジネスプロセスの専門家によって、テクノロジー、ソフトウェア、BPOを世界の企業に提供してきました。またHarvey Nashはベトナムにおいて、最大規模のエグゼクティブサーチを運営しています。 御社にも改革の力を。今すぐNashTechにご相談ください。  

NashTech は第11回「ジャパンICTデー」に参加しました

Harvey NashグループのNashTechは、ホーチミンシティで行われた第11回「ジャパンICTデー」に参加しました。 2007年に始まったこのカンファレンスは、ベトナム企業と日本企業がビジネスパートナーシップを探し求めるプラットフォームです。2017年のカンファレンスでは、日本とベトナムから300以上の組織の代表が「デジタル変革:ベトナム・日本のIT企業にとっての新時代」というテーマでディスカッションを行いました。 今回のカンファレンスにおいての注目点 2017年、ベトナムはA.T. カーニー・ランキングでアウトソーシング先の第6位に 2017年、リサーチ会社Tholonsによるとベトナムは世界8位のITサービス提供国に 引き続きベトナムは日本の2番目のパートナー国に 日本のICTエンジニアの需要は常に高く、また日本は深刻な人材不足の問題を抱えています。2016年の日本の経済産業省によると、日本のITエンジニアは2019年には92万人を越え、ピークを迎え、その後減少します。需要が高い分野はIoT(モノのインターネット)、人工知能、ビッグデータ、ロボティクスです 人材分野のディスカッションでは、ベトナムと日本双方の大学、研修機関、企業のさらなる努力によって人材のスキルを伸ばす必要がある、と提言しました。ITエンジニア専攻の卒業生の質と量を共に伸ばすことが目的です Harvey Nashグループの一員として、ベトナムで第2位のIT企業として、NashTechはグローバルプロジェクトに革新的なITソリューションを提供します。 最新のテクノロジーを追求し、革新し、競合他社の一歩先を進むお手伝いをします。今すぐこちらへご連絡を。

デジタル変革トレンド ファイナンシャルサービスに注目するべき理由

モバイル端末は、「フィンテック」と呼ばれる金融サービス業界を変え続けています。顧客は決済時にスマートフォンを利用する便利さを選んでいます。フィンテックは顧客が支払いやお金の管理をするのに、PayPalからApple Payまで、さらなる方法を作り出しています。デジタルバンキングは金融業界の現在の姿なのです。Apple Payによると、一週間に100万人の新規ユーザーが増えているとのことです。 変化は早いです。銀行で顧客が財政を整理するために長い列を作って待ったのはそう昔のことではありませんでした。また、その頃は身分証明のためにあらゆる”KYC(Know Your Customer、新規口座を開く際に必要な書類)”を銀行に提出しなければなりませんでした。そういった日々はもう過去のことです。 フィンテックは特に顧客が財政を強力に管理できるという意味で、社会のあらゆる分野に大きな影響を与えています。以下は現在、フィンテックで影響力のあるトレンドです。 ブロックチェーン技術が物理的な通貨を無くす ブロックチェーン技術により、取引管理に今まで必要だった仲介者が必要なくなります。ビットコインのようなデジタル通貨は、全ての政府通貨を超えるブロックチェーン技術を利用し、例えば旅行中など、現金を両替する必要が無くなります。 しかし、それは単にデジタル通貨であるというだけではありません。この技術で、ロイヤルティー、アイディア、お金、著作権、投資や不動産などの取引を、安全な環境で行うことができます。ブロックチェーン技術を使うということは、家や快適な場所のどこにいても、全てのことができるということなのです。スマートフォンを持てば現金を持つ必要は全くありません。 ビットコインが存在し続けるという事実は、政府の通貨とは違う通貨が生き残ることができるということです。フィンテックは金融サービス市場を変革し続けています。 銀行が消滅する 報道によるとデジタル変革の影響は大きく、40パーセントのアメリカ人は過去6ヶ月以上金融機関を訪れていません。最近では銀行の支店を見つけることは難しく、1995年から2015年の間に50%以上の銀行の支店は閉店しました。銀行の支店がオンラインバンキングとデジタルバンキングに移行している一方で、デジタル変革により市場に新しい企業が登場しました。銀行はもはや財務管理市場を支配する存在ではなく、顧客が投資、貯蓄、融資するのを銀行よりも早く、手軽に安く行うサポートができる企業が数多く現れています。 フィンテックは金融機関でなく、ユーザーに権限を持たせる フィンテックは金融市場で、新しいルールや体験を消費者に提供しています。ポータブルのデジタル端末から、手軽にバンキングや金融取引ができます。フィンテック企業は従来の銀行組織のように連邦法に従う必要がありません。制限がなければ、企業は自由により良い顧客満足体験を生み出すことができます。 最近では、スマートフォンを使って小切手に入金し、借り換えやローンの申請をすることが可能です。フィンテック企業は財務をコントロールし意思決定をする機会を顧客に提供しています。 生体認証 消費者がモバイル端末を金融取引に使うことが増えるにつれ、セキュリティは改善されるでしょう。ハッカーが個人や企業のシステムに侵入しようとすればするほど、不正を防ぐための生体認証は進化します。生体認証には金融アカウントにログインする指紋認証だけでなく、顔認証、虹彩認証もあります。政府はすでにこのようなタイプの技術を利用しており、今後まもなくデジタル支払をする場合の本人確認方法となるでしょう。 財布が消える 消費者が支払いの方法を変えるにつれ、スマートフォンが財布の代わりになるでしょう。グローバルバンキング・アンド・ファイナンスによると、非接触型取引は2021年までに世界で2倍になるとされており、スマートフォンを利用した物やサービスの購入は、ワンクリックで容易にできるようになるでしょう。直接取引やオンライン銀行に代わり、スマートフォンで支払いをすることがまもなく新しいスタンダードになります。財布を間違えないようにしてください。どこに行く時もスマートフォンを持つのを忘れずに。 御社のビジネスが生き残るためには、技術とデジタルトランスフォーメーションが必要です。しかし技術よりも強力なのは、その背後にいる人々です。 NashTechの専門家に、変化し続けるデジタル環境の中で他社より一歩先に出る方法を相談しませんか。

銀行は「銀行を運営する」以上のことをしなければなりません

銀行が手強い新規参入企業の上を行くためには、単に銀行を運営するだけではいけません。過去10年間、世界的金融危機と新規制の誕生の後、活発な新しいライバルが立ち上がり銀行の伝統に挑戦しました。今すぐ古いシステムの変革を考えないと、時代遅れのテクノロジーは金融機関の存続を脅かすでしょう。 銀行と金融サービスの巨大な力が、新しいライバルが市場に参入するのを一度は怖気させましたが、二度目はないでしょう。新規参入企業は、自社ブランドの金融サービスをテクノロジー中心の市場に持っていくという新しい方法を既に見つけました。新規参入企業は機敏性があり、主に低コストでより良くより速い顧客体験を提供しています。またテクノロジーに非常に詳しく、そのためあらゆる種類の金融サービスを提供できます。 新規参入企業は、銀行サービスの最も収益性の高い分野から決済や個人金融管理の分野まで挑戦しています。テクノロジーの大手企業のGoogleとAppleは、GoogleウォレットやApplePayなどのサービスで金融市場へ進出しています。銀行や金融機関が業務をこれからも存続させるためには、今すぐ戦わなければなりません。 2018年は、PSD2(改訂版決済サービス指令)の導入により、リテールバンキングの大きな変化がある年になります。つまり、PSD2では顧客の口座情報と決済サービスに関する銀行の独占が消え、消費者と企業の双方が第三者の企業を利用して財務を管理し、財務を一元化できるのです。伝統的な銀行はこういった活動的な新規参入企業との競争で、莫大な圧力を受けることになるでしょう。 PSD2では、お金を現在の銀行口座に安全に置いたまま、新規参入企業とテクノロジーを使い、決済、P2P転送、またあらゆる財務の分析ができます。 PSD2は市場を開放し、おそらく想像より早く新規参入企業はビジネスに入り込むでしょう。 今日の決定が明日の成長に影響する 現在、銀行のリーダーが正しい判断を下すことが命運を左右します。彼らは老朽化したITシステムでのビジネスの限界を認めなければなりません。銀行は長いITの歴史を持っています。金融業界はITが有用であることに初めに気づき、ビジネスに取り込んだ業界です。この業界では多くは老朽化したITシステムを使い、銀行は古いテクノロジーに巨額の投資をしています。長年の合併によるレガシーシステム同士の統合では、敏捷なライバル相手に競争できません。 ビジネスを成長させ、利益を生み、将来も生き延びていくためには、IT技術でレガシーシステムを改革し競争力を高めなければなりません。 レガシーシステムの改革は様々です 高い運用コストのレガシーシステムを、変化していく要求に対応できる柔軟性があり再構成可能なシステムに改革します。アプリケーションの多くは、オーダーメイドのソリューションで成り立つ異機種混在環境で動作します。それは異なるオペレーティングシステムで実行されるレガシーシステム、異なる種類のネットワークなどが混在する環境です。 ITインフラの近代化はビジネス全体にわたって計画し実行しなければなりません。そのシステムによって継続的に銀行のビジョン、プロセス、プロシージャのバランスをコントロールできます。 組織内のITインフラを近代化させる方法は様々です。しかし最も必要なことは、どの顧客にも柔軟なオプションを提供し、顧客のニーズを満たすように調整することです。ITインフラを更新する時に考える第一段階は、オープンアーキテクチャのフレームワークです。 オープンアーキテクチャのフレームワークを検討する レガシーシステムを更新する基本的な段階が、オープンアーキテクチャのフレームワークの作成です。これにより、銀行で新商品やサービスを提供する新たなチャンスが生まれます。オープンアーキテクチャは基盤となるシステム要素が動作している一方で、システムを再構成することができます。銀行に柔軟性を与えるために、レガシーシステムはサービス指向アーキテクチャに統合されます。 サービス指向アーキテクチャの中には、企業の業務の集積が入っています。この集積が要素基本の柔軟なフレームワークを作り、異なるサービスが必要なときに相互にリンクすることができます。変革によって既存のシステムはより優れた運用ができるでしょう。 データ統合とは、データ操作と管理を容易にする柔軟なプラットフォームです。 これらの方法を組み合わせることで、銀行はデータを統合し単一の情報源からのリアルタイム情報としてアクセスできます。そのためウェブ対応の新商品を早く生み出せます。 変革は今でしょ! 金融機関が新規参入業者よりも先を行くために、以下の優先事項で競争力を上げましょう: 将来に備えてレガシーシステムの変革を検討する レガシーシステムの統合と標準化でコストを削減する ITアーキテクチャがシステム内のどこにでも接続できるようにする サイバーセキュリティ侵害は拡大していく、というセキュリティ意識を持つ システムインテグレーションのために必要な人材とスキルを確保する 敏捷な競争相手に追いつくことが、銀行や金融機関の最終目的です。貴社のビジネスが競争に負ける前に、未来を考えなければならない時は今です。 NashTechは企業にとって適切なツール、方法論、およびシステムを構築するサポートをいたします。NashTechの専門家は、貴社が柔軟性を上げ、コストを削減し、競争で優位に立つために、ビジネス全体のシステムインテグレーションを提供します。 貴社のレガシーシステムの変革をNashTechがサポートします。ご相談ください。  

フィンテックとは何ですか?なぜ注目されているのでしょうか?

フィンテック(Financial Technology)とは、テクノロジーを利用して、企業や消費者に新しい金融サービスを提供する企業のことです。金融サービス、保険、支払い、個人財務管理などのサービスを提供する新興企業、IT企業、さらには既存のサービス提供者をも指しています。 従来の金融サービス企業は、まさに金融市場の混乱を心配しています。フィンテックは既存の銀行や金融機関と直接競争しているのです。フィンテックは世界のどこでも業務を行い、顧客による瞬時の要求を満たすことができ、消費者や企業が金融機関と取引する方法を変えています 近年フィンテックは、かつては旧来の金融機関を通じてのみ利用可能だった金融商品を提供しています。個人向けローン、商業金融・エクイティファイナンス、商業投資、個人向けバンキングといった金融商品の分野は、従来の機関との直接競争で常に成長しています。 フィンテックのソリューションはよりいいコストパフォーマンスを。 この金融サービス市場は、個人向け証券口座から注目度の高い投資管理までのソリューションを提供します。急成長するデジタル技術は、新しいビジネスを行う企業にチャンスを与えるために市場解放する金融サービス環境を変えつつあります。 フィンテック新興企業はIT技術を使い、低コストで金融ソリューションを提供します。既存の銀行と金融サービスが同じレベルで戦うためにはソリューションを開発しなければなりません。 従来の銀行に衝撃 フィンテックは従来の金融サービス市場に入り込み、従来の企業にとっては将来の成長リスクです。フィンテック企業は、例えば官庁の記録や企業のウェブ上の存在感など、従来とは違うデータを利用して金融サービスを行います。それにより投資のための資金調達がしやすくなります。 元々フィンテックという言葉は銀行や金融機関でのテクノロジーを指す言葉でした。最近では法人・個人向け金融サービスにおける広い範囲の技術進歩という意味で使われています。 スピードの速さとアプリケーション処理の容易さでフィンテック企業は人気です。銀行は信用や担保に対して要求が厳格で、処理に長い時間がかかります。フィンテック企業は金融の適性をビジネス全体で見ています。従来の資金調達には適さない納税記録、貸借対照表、銀行の記録をフィンテックは利用し、企業に投資する資金を確保しています。 これからはFinTech FinTech企業は低コストで金融ソリューションを提供し、顧客ニーズを満たします。従来の金融サービスはFinTech企業がビジネスを破壊する状況に向き合わなくてはなりません。競争力を高めるには、根本的な変化が必要でしょう。 金融サービスの新しい「普通の環境」を認めなければなりません。従来のフレームワークの中で営業している銀行や企業は: もっと柔軟性を – 既存の金融ビジネスは同じパターンの業務を行う傾向があります。新しいテクノロジーを使うFinTechと競合したりパートナーになったりするには高い柔軟性が必要です。 フィンテックを気にしすぎない – フィンテックに気を取られすぎるのを避けましょう。フィンテックが何をしているか心配する代わりに、自社の業務に集中しお客様のことを第一に考え、最新技術を使ったソリューションを開発することが必要です。 違う考え方をしましょう – 伝統的なビジネスは変化に苦戦しています。フィンテックをよく観察し、そのアプローチから学べることはないか考えましょう。 FinTechは旧来の金融業界のイメージを、フットワークが軽く顧客ニーズに即したものに変えつつあります。グローバル企業のNashTechでは、金融ソリューション開発のプロが対応し、個人や法人と協力して革新的なツールやソフトウェアソリューションを開発します。各種業界での長年の経験から、金融システムと金融ソリューションには以下の項目が入ります: コアプロセス管理 ポートフォリオ管理 消費者金融ソリューション 住宅ローンプロセス管理 金融商品・サービス販売ソリューション ローン仲介ソリューション 顧客口座処理 スマートフォン用アプリとオーダー機能 アプリケーション開発と移管 オフショア開発センター 貴社のビジネスの成長に関してどんなことでも、ソリューションを提案します。NashTechにご相談ください。

オフショア開発パートナーを探すなら、ベトナム。

ベトナムは単なる安い労働力の国、と思い浮かべるのは過去の話です。ベトナムはオフショア開発先として非常に魅力のある国になりつつあります。世界で最も経済成長率が高い国の一つであり、人口は9,000万人を超えています。また、人口の65パーセントは35歳以下です。 ベトナム政府は IT産業の成長に非常に強い関心を持っています。一党制と政治的安定、これはつまり社会が安定しているということです。そのような安定した環境で、ベトナムはIT分野での外国投資と成長を促す政策を打ち出しています。IT企業への税制優遇と助成金はベトナムでビジネスを行う上で一貫性と信頼性があります。政治・社会が安定していないインドと中国は、ビジネス上のリスクがより高いでしょう。 クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの「世界のどの場所で?ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)とシェアードサービス・インデックス 2016」によると、ベトナムは成熟したITアウトソーシング シング先の国々を凌駕してトップに立ちました。2016年には2年連続してパイオニア部門で世界のトップとなっています。より成熟したカテゴリーであるBPO提供の分野では6位の中国、11位のインドを追い抜き、差を付けています。ベトナムはコスト効率の高い国として総合1位です。クオリティの高い仕事にかかるコストは、中国やインドと比べると最大で50%も低くなります。 ベトナムでのオフショア開発アウトソーシングのメリット: ベトナムの急成長 この10年、ベトナムのBPO業界は年20〜35%ずつ成長しています。ベトナムソフトウェア・ITサービス協会(VINASA)によると、この業界の収益の70パーセント、20億USドルは日本からもたらされているということです。 ベトナムには10万人以上の開発者と7万5千人以上のコンテンツスペシャリストがいます。また、年4万人以上のIT専攻の卒業生がいるため、この業界は速く成長しています。学生はコンピューターサイエンスに強い関心を持ち、西洋諸国の人々より早い年齢からコンピューターの世界に入っています。国際社会で必要とされる有能な人材が揃っているのです。   便利な地理的位置 オーストラリア・日本、またヨーロッパや英国などの主要経済大国にとって、東南アジアにあるベトナムは時差の面で便利です。営業時間内に連絡を取るのは難しくありませんし、いくつかの大都市から短時間のフライトでベトナムに行くことができます。アメリカやカナダのような国でも、ITアウトソーシングにベトナムを利用できます。タイムゾーンが完全に違うために、アメリカやカナダの人々が寝ている時間に業務は完了するのです。     オフショア開発提供企業の設立 ベトナムには ITアウトソーシングを提供する多くの企業があります。プロジェクトの規模に関わらず、ベトナムは多岐に渡るITのスキルがあります。オフショア開発企業はスマートフォンアプリやゲーム、また組み込みソフトウェア開発も行うことができます。 こういった多様性で、グローバル企業は以下のようなサービス提供者を利用できます: 優れた製品設計 新しいプログラミング言語 新製品への独創的な研究開発 ベトナムの ITアウトソーシング能力は、オーストラリア銀行、シスコ、東芝、ソニー、パナソニック、HPなどの大企業から注目を浴びています。 教育への大きな投資 ベトナムのIT企業は、職業スキルを開発する組織と提携し、ベトナム人の能力開発に巨額の投資をしています。このような組織で最新のスキルを身につけさせ、外資企業が求める価値ある人材を輩出しています。 また、外国企業が投資しているのは高等教育だけではありません。社会的良心と先見の明を持つ企業は、ベトナムの子供こそが未来であり、子供の教育への投資が重要だということを知っています。若い世代へサポートすることで、ベトナムの強い経済・社会的未来が築かれています。 ベトナムの人々は強い職業倫理感を持っています。スキルや生活の向上のため、技術と語学の習得に余念がありません。ベトナムの優秀な人材は増え続け、ベストの人材を確保するためにグローバル企業は競争することになるでしょう。特に IT業務のアウトソーシング先として、ベトナムは人気が高まっています。

世界的に先の見えない政治・経済の中で、全く新しいタイプのデジタル改革者が生まれる(HARVEY NASH/KPMG CIO 調査)

ロンドン – 2017年5月23日 – 前例がない世界的な政治・経済の見通しの悪さによって、テクノロジー戦略を採用した企業のは3分の2(64%)であるもかかわらず、89%がIT人材を含む改革への投資を継続したり拡大したりしています。半数以上(52%)は企業改革をサポートするために、より軽く使いやすいプラットフォームに投資しています。 これは、2017年のHarvey Nash / KPMG CIO調査(世界最大のITエグゼクティブ調査)によるものです。先の見えない経済は多くの企業にとってビジネス計画を難航させていますが、全く新しいレベルで世界中の企業にデジタル戦略が浸透していることは明らかです。企業全体のデジタル戦略を持つ企業の割合はわずか2年で52%増加し、チーフデジタルオフィサー(CDO)を抱える企業は昨年より39%増加しました。これらの複雑なデジタル戦略を実現するために、エンタープライズアーキテクト(EA)に非常に大きな需要があると企業は報告しています。これは今年最も成長している技術で、2016年に比べて26%増加しました。 サイバーセキュリティの脆弱性は急激に高まり、ITエグゼクティブの3分の1(32%)が過去24カ月間に大きなサイバー攻撃を受けていると報告し、2013年からは45%増加しています。これらのサイバー攻撃に対応する準備が整っていると答えたのは5分の1(21%)のみで、2014年の29%から割合は下がっています。最近のWannaCryランサムウェア攻撃のようなメディアを賑わす攻撃は目につきますが、最も急激に増えた脅威は、昨年の40%から47%に増加したインサイダー攻撃によるものです。 テクノロジー分野の成功は常に困難でした。今年の調査によると、さらに難しくなっています」 と、Harvey Nash グループCEOのアルバート・エリス氏は言います。「テクノロジーの驚異的な進歩と、ダイナミックに早く、時には驚くべき方法で変化する政治経済状況が重なっています。しかしながら、多くのテクノロジーエグゼクティブが不透明な未来をチャンスと捉え、企業をより敏捷でデジタル的にしていくことは明らかです。CIOはCEOのように影響力が高まりつつあり、企業の取締役会はCIOにデジタル世界がもたらす複雑さ、脅威、チャンスの中を先導する役割を与えています」 デジタルに関して話題に上げたり戦略を立てたりする世界から、実現している世界へと企業は移行し、現在ではデジタルは広くアクティブに導入されています」と、マネージメントコンサルティング、KPMGのグローバル技術長であるリサ・ヘネガン氏は言います。「デジタルリーダーとして見るビジネスは実用的なアプローチを取り、より幅広い変革のためのプラットフォームを構築するために、バックオフィス機能を含むビジネス全体にテクノロジーと自動化を採用しています」 創業から19年、Harvey Nash / KPMG CIO 調査は、世界最大のITエグゼクティブ調査です。この調査でさらに分かったことは: デジタルリーダーシップが変化している CIOのほぼ5分の1(18%)は、彼らの会社が「非常に効果的な」デジタル戦略を持っていると報告しています。 これらのデジタル対応企業のCIOは、非CIOに比べて、イノベーションを先導する割合がほぼ2倍であり(41%対23%)、コグニティブオートメーションに4倍もの投資をしています(25%対7%)。 全体的に見るとこの調査では、大企業のCIOの約3分の2(61%)がすでにデジタル人材に投資しているか、または計画していることがわかりました。 CIOは仕事が好きで、経営に関与している可能性が高い 非常に充実した」役割を果たしているCIOは2015年には33%でしたが、今年は39%に上がり、過去3年で最高値となりました。 この10年間では初めて、7割以上のCIO(71%)が、CIOの役割がより戦略的になっていると考えています。 CIOの92%は過去12ヶ月間に取締役会に参加しました。 しかしながら、CIOのライフスパンはほんの5年またはそれ以下(59%)です。それでも多くのCIOは長く続けたいと考えています。 ビッグデータ/アナリティクスは依然として最も需要の高いスキル 今年、急激に増加したテクノロジースキルの需要はエンタープライズアーキテクチャーでしたが、ビッグデータ/アナリティクスは、昨年から8%増の42%で最も需要あるスキルを維持しました。 複雑なITプロジェクト – 巨大障害の増加リスク CIOの3分の2(61%)は、ITプロジェクトが5年前よりも複雑になってきていると回答しています。また、ITプロジェクトの失敗の主な原因は、当事者意識が弱い(46%)、過度に楽観的(40%)、目的が明確でない(40%)です。 CIOの4分の1(27%)はプロジェクトにおける優秀な人材の不足がプロジェクト失敗の原因と言いますが、2017年に必要とされるCIOの技術スキルのリストの上位からプロジェクトマネジメントは漏れ、1年間で19%の驚異的な減少を示しています。 調査について 2017 Harvey Nash / KPMG CIO調査は、回答者数では世界最大のITエグゼクティブ調査です。4,498人のCIOと技術リーダーの調査は、2016年12月19日から2017年4月3日の間に86カ国で行われました。 Harvey Nashについて Harvey Nashは、競争が激化するグローバルでテクノロジーを駆使した世界で成功するために必要な、高スキル人材を採用・調達・管理する、世界の有名企業の半数以上をサポートしてきました。欧州、アジア、米国の40ヶ所以上のオフィスに7,000人以上の専門家がおり、グローバル企業の経営資源を持っています。Harvey Nashの革新的でフットワークの軽い文化は、日々変化する顧客ニーズに対応する社員に力を与えます。Harvey Nashは大手企業、中小企業両方のクライアントと協力し、ヘッドハンティング、プロフェッショナル採用、ITアウトソーシングなど、サービスのポートフォリオを提供しています。 詳細は www.harveynash.comをご覧ください 。 Twitterでフォロー www.twitter.com/harveynashgroup KPMGインターナショナルについて… Read more »

アウトソーシングの6つの利点

急成長するテクノロジーによって小さくなりつつある世界では、企業の規模に関わらずアウトソーシングは合理的な手段です。主要業務以外の、サービス、プロセスをベトナムのような国にアウトソースする企業は増えつつあります。 アウトソーシングの利点 アウトソーシングは、フルタイムやアルバイト等の社員を雇用するのではなく、外部組織をを利用して作業を行う形態です。人件費などを削減することによって、企業の成長を促し、企業戦略の重要な一部になっております。コストパフォーマンスの高い価格で最善の結果を得るという戦略的な動きです。 従業員を解雇せずに企業のダウンサイジングを考える場合、企業はサービスまたは部門の全体を従業員ごとアウトソーシング提供者に移すことができます。これはビジネスにおいて混乱を最小限にするウィンウィンの関係です。 企業のニーズを満たすために存在するサービスであるゆえに、常にお客様の要望を第一に最高品質のサービスを提供しております。常勤スタッフを雇わなくても、アウトソーシングを利用することで業務を円滑に進める時代はもう来ています。NashTechはビジネスソリューションと、最高の品質の仕事を提供します。 以下はアウトソーシングの6つの利点です: コア事業に集中できる 全ての業務には限りがあります – 限られたリソース、時間、資金、人員高速成長の今、オペレーション業務への需要も急速に高まっています。会計、人事、ITなどのオペレーション業務をアウトソーシングすることによって、限られた資源をコア業務に集中することが可能になります。   スキルのためのコストの削減 アウトソーシングをすることによって、大幅な人件費削減につながります。企業にとって適切なスキルを持った人材を確保することが難しい場合、経験豊富なアウトソーシング企業を利用することも選択肢の一つであります。なお、臨時または短期間従業員を雇う場合、採用とトレニンーグにかかるコストは多くの企業にとって大変な負担になっています。そこでアウトソーシング企業は素早く、必要な人材をとり低コストで提供することができます。また、スタッフの能力に関わるリスクを全て引き受けます。アウトソーシングはコストを抑えられますが、仕事の品質が損なわれるわけではありません。コストが低いということは、低品質とイコールではないのです。   Incr業務の効率化 特定の目的の業務のための適切な人材を確保できないことで、プロジェクト全体に影響をもたらすことを多く見られます。それを社内で対処しようとすると長期的に見るとコストが上がり、そのコストは最終的に値段に反映されてしまい、価格競争力が下がる結果になります。競争力を高めるためにはコア業務以外をアウトソースするのは合理的です。   柔軟性がありスキルの高い人材にアクセスできる 予測のつかないグローバル市場において、いかに素早く変化に対応できるかは企業にとって重要なことである。プロジェクトに取り組む際に、人員の配置は結果を左右する重要な要素の一つであります。プロジェクトを始動するたびに従業員を雇用したり、解雇したりするのは現実的に難しいことであって、その上、従業員の採用とトレーニングに大変な時間とコストがかかります。アウトソーシングサービスはこのような状況を柔軟に対応することができて、適切な人材を提供することができます。   時差を利用してビジネスを優位にします 自国とアウトソーシング先の国の時差をうまく利用し、営業時間外でも業務を進めることが可能になります。アウトソーシングサービスを導入することで24時間体制のオペレーションシステムを実現することができます。     企業リスクを減らします 企業がビジネスを展開するには、色々なリスクに直面しなければなりません。変化し続ける市場状況、政府の規則、競争と財務の状況、そして進化し続けるテクノロジー。アウトソーシングサービスを導入することによって、企業側のリスクが軽減し貴社の代わりにその分野のプロがリスク管理をいたします。   NashTechは2000年創立以来、アウトソーシングサービスを専門にやってきました。アウトソーシングの仕組み、プロセスの詳細やアウトソーシングサービスの導入にご興味のある方、お気軽にお問い合わせください。NashTechは貴社のビジネスの成長をサポートいたします。 NashTechはビジネスソリューションと、最高の品質の仕事を提供します。