ブロックチェーンで本当に必要なのは「現実の直視」

ブロックチェーンはよく「破壊的革命」として、インターネットの取引を劇的に変化させる方法だと持てはやされています。テクノロジー界に興奮状態を引き起こし、金融業界を一変させ、もしかすると世界を変えてしまう技術かもしれない、と主張する人も少なくありません。

しかし、大きな期待にもかかわらず、実際のリスクテイクはそれほど多くなく、また約束されたような改革も見られませんでした。ブロックチェーンの人気は、「もしあなたが持っているものがハンマーだけなら、全てのものが釘に見える」というアブラハム・マズローのハンマーに例えられるかもしれません。この場合、ブロックチェーンは未開拓の領域ですが、徹底的に調査したいという衝動を抑えることは賢明です。その代わりに、重要な人物がブロックチェーンの潜在的な可能性を丁寧に評価し、業務での正しい「ツール」なのか見極める必要があります。

多くの人がブロックチェーンのパイオニアに、そしてアーリーアダプターになりたいがために、ロールアウトモデルは不安感から出発し不可欠なものへと発展しました。イノベーションを妨害するつもりはありませんが、一刻も早くブロックチェーンを実装したいと思っている人は本当にそれが必要かもう一度確認してみましょう。

ブロックチェーンに非常に大きな、物事を変える力を持っていることは否定できません。この技術は現在、ファイナンス業界に大きな衝撃を与えています。ヘルスケア、エネルギー、自動車などの他の業界でも様々なメリットがあります。

ブロックチェーンを上手く生かしている例として、ベルギーのアントワープ港があります。パイロットプロジェクトで最近T-Miningと提携しました。アントワープ港は現在、コンテナを効率的に、安全に扱うためにブロックチェーン技術を利用しています。

ブロックチェーンを導入したことにより仲介者が必要なくなり、取引はターミナル、キャリア、フォワーダー、運送業者、ドライバー間で安全にデジタル化されます。そのおかげで生産システムは合理化されました。

さらに進んで、紙ベースのシステムをブロックチェーンに変更し、ディセントラライズド(非中央集権的)な元帳モデルを使うと、取引は参加者双方の合意のみで進めることができ、過剰なやり取りや文書を減らすことができます。その結果、不正行為も減るでしょう。

ブロックチェーンの現実

ブロックチェーン技術ビジネスの明らかなメリットは、.NETに代わるアプリケーションとなることであり、「全てに適用できる」魔法のソリューションではないことを心に留めてください。

2018年はブロックチェーンの将来、発展性、そして市場での活躍期間が決まる重要な年となるでしょう。現在ブロックチェーンは「ホットな話題」として非常に注目され、関連する支出も多く、IDC calmingによると、世界でこの1年間にブロックチェーン関連で21億ドルが使われる予定です。また、Linkedinはブロックチェーン関連の求人数が3倍に増えていると報告しています。

さらにジュニパー・リサーチ・サーベイによる、400名以上の創業者、マネージャー、役員等の調査で、6割以上の大企業がブロックチェーン技術の導入を検討し、自社アプリケーションの開発を検討している企業もあるという結果が出ました。しかし問題は、ブロックチェーンそのものがまだ発展途上中だということです。不確かなメリットについて議論され、それを評価することも困難です。

ブロックチェーン技術を持つスタートアップ企業であるR3CEVの主任研究員であるティム・スワンソン氏は、ブロックチェーンのさらなる問題を指摘しています。彼は、多くの企業が独自のブロックチェーンを作成しようとしていることを認め、そのためにブロックチェーンの利点である「分散型ネットワーク」の良さが生かされていないと言います。「特定の利用目的のために独自のブロックチェーンを作成しようとしているスタートアップ企業がいくつかありますが、我々の見解では、格納庫を作っているだけではネットワークを持つ目的が覆されてしまいます。」

SAPサーベイにおける200名の実業家、サプライチェーン管理者、イノベーション・戦略担当者、ビジネスアナリストの調査によると、ブロックチェーンの需要が高いことが明らかです。92%はブロックチェーンを大きなチャンスとみなし、96%はブロックチェーンによって企業のコンプライアンスが向上すると確信しています。しかし、実際にブロックチェーンを業務で利用しているのはたった3%であるということも同調査で明らかになっています。ブロックチェーンは信頼あるシステムと認識されながらも、現在のところ多くの注意すべき点やパイオニア精神の欠如が残っています。

ブロックチェーンの可能性は誰も否定できません。しかし、他の技術のように限界もあります。銀行業界以外のブロックチェーンの目的を理解していないと、投資やアイディアを妨げることになります。

ブロックチェーンの落とし穴の一つは、現在のスケーラビリティです。特定のブロックチェーンが長くなるほど、チェーンのデータサイズも大きくなります。その結果、チェーンのコピーを格納するネットワークノード全体の、ストレージインフラストラクチャの必要性が高まります。

さらに、分散化されたピアツーピアネットワークによってブロックチェーンが評価されると共に、この構造における厄介な問題もしばしば発生します。まず、ブロックチェーンネットワークはネットワーク自体の内部のみを認識し、外部の情報は考慮されないため、ネットワークに手動で繋がなければなりません。そのため、ネットワークの一般的なメンテナンスにおいて、どこに責任があるのか分からなくなります。

また別の欠点となり得るのは、ブロックチェーンの実行とそれに続く文化的な意味合いです。ウィリアム・ムーゲイヤー氏の見解では、ブロックチェーンとは80%のビジネスプロセスの変化と、20%のテクノロジーの実行だということです。ほとんどのブロックチェーンのコードはオープンソースであり、低価格のハードウェアとクラウドで実行される一方で、ブロックチェーンを現存する環境に完全に統合するためには豊富なリソースと専門知識が不可欠です。

そのため、ビジネスにおいて以下の質問が重要になります。

  • 私の今後の方向性を示すリーダーは誰ですか?
    ブロックチェーンの利用はどんな文化的意味を持ちますか?
    各層での理解をどのように深めますか?
    同時代の人々がしていることは何ですか?

ブロックチェーン技術には、ユーザーがシステムとツールを操作しなければいけないのと同様に、ITメンテナンスとサポートが必要です。従って、新しい技術の導入に伴うストレスを緩和するための第三者の支援が勧められます。

ブロックチェーンが大改革をもたらす技術であることは否定できませんが、新技術の興奮に巻き込まれてしまうことも簡単です。デジタル対応の3Wでも強調したように、「技術のための技術」で終わらないことは非常に重要です。

NashTechの技術責任者のロアン・ファム氏はブロックチェーンの「過剰な期待」に関して、このような見解を持っています。「非常に大きな注目を集めたにもかかわらず、実用化はまだかなり限られています。抵抗できないほどのブレークスルーであることと、セキュリティの件などで既存のブロックチェーンベースのプラットフォームに懸念が残っていることです」

彼女は、企業がブロックチェーンの開発に取り組むよう奨励しています。「ブロックチェーン技術は、組み込みの品質、正統性、透明性のおかげで、経済から社会までの広い分野で急激な変化の基盤となることは確実です。ブロックチェーンベースのプラットフォームや実装が強固になるのは時間の問題で、ブロックチェーンのブレークスルーの性質は理解されるでしょう。最終的には多くの人に受け入れられます。ブロックチェーンベースのアプリケーションは1年か2年で花開くと私は信じています」

貴社ではブロックチェーンの採用をご検討中でしょうか?移行のためには調査、テスト、実践が不可欠です。デジタルソリューションやブロックチェーンにご関心をお持ちでしたら、こちらにご連絡ください