ブロックチェーン – みんな知っている流行語

去年のクリスマスが近づくにつれて、ホリデーやサンタクロースが見劣りするほど「暗号通貨(仮想通貨)」という言葉が大流行しました。ビットコインの魅惑と何千もの他の「暗号」はメディアがあっという間に食いつき、流星の尾に乗りたい何十万人もの人々に心のざわめきをもたらしました。

1月に多数の主要な暗号がクラッシュした後、過剰な騒ぎは落ち着いたように見えています。そのため現在は、ブロックチェーンの賛否について率直かつ正直に話すことができる、最適な時期となりました。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンの詳細に入る前に、話をわかりやすくするために、その技術を簡単に説明しましょう。

ブロックチェーン技術は、事実上ほぼ暗号であり、元々はテクノロジー世界の底辺に位置するものでした。

財産権の帰属がないパブリックドメインの中において普及力を欠いたその歴史は、現在のその謎めいた性質を物語っています。

また、ブロックチェーンの複雑さが、そのコンセプトを把握するのを難しくしています。

簡潔に言うとブロックチェーンは、仲介業者を挟まずに取引やオンラインの送金ができる機能を提供します。取引の履歴を正確かつ安全に保つためにサードパーティの業者を信頼する代わりに、ブロックチェーンはデジタル署名として機能する暗号化キーを利用して取引を保護することができます。

それでは、核心に迫ってみましょう。

メリット

効率性

多くの企業がブロックチェーン技術を採用している理由の一つは効率性です。

ブロックチェーンは第一にセキュリティとプライバシーの基準を高めるために役立ちます。このシステマチックな機能によって、ユーザーは物理的な通貨(これによりビットコインは悪名を残しました)を使わずに、また高いクオリティを保ったままお金を交換することができます。

ブロックチェーンの手順では第三者が存在しないために、取引を素早くシンプルに実行できます。

優れたセキュリティ

また、情報がどのように扱われ格納されているかと言う点でも、ブロックチェーンは高いセキュリティを提供しています。

詐欺が横行し、財務上のプライバシーを暴こうとする試みを銀行が防げないような時代において、ブロックチェーンはより高度に取引の管理ができる方法です。PKI(公開鍵暗号基盤)を強固にしたり、DDoS攻撃に晒されるのを防いだりすることで、データ管理をしています。破壊的技術を持つハイテク企業は、ブロックチェーン技術を利用して大きな成功を手にしています。

サプライチェーンの透明性

グローバルな時代において、世界の顧客やサプライヤーと取引するような企業は、たとえ小規模な企業であったとしてもサプライチェーンの透明性が最優先です。昨年、アムネスティ・インターナショナルは世界の有名テクノロジー企業の材料調達に。

ブロックチェーンは評判の悪さを克服し、複雑化するサプライチェーン・モデルにおいて分かりやすさの重要性を証明しています。分散化された帳簿として、ブロックチェーンは製品の開発に含まれる全てのトランザクションを提供する、完璧なソリューションです。さらに、誰かが記録を改ざんしようとすると、いつ、誰が、何を改ざんしたのか誰の目にも明らかになります。

紆余曲折を経て、革新的なブロックチェーン技術を企業は採用し始めています。ブロックチェーンは取引の過程で起こる問題に対応し、洗練された新しい方法で解決します。

デメリット

時期尚早

新しい技術にはつきものである、ブロックチェーンにとっての大きな課題とは、目新しさです。

意欲的な企業は列の最後に並びたくないと考える一方で、実験台になりたいとも思っていません。これは理解できることです。証明されていない技術への投資は、評判も、組織としても、経済的にも、リスクが高いでしょう。最終的には小さなプロジェクトで動向を伺い、状況を見守ることになります。

断片化

また、ブロックチェーン技術に直面している別の大きな問題は、マーケットが断片化されていることです。

前述のように、ブロックチェーンがビジネスに与える良い影響は計り知れません。何千ではないにしろ、そのソリューションが最善であることを証明しようとしているスタートアップ企業は何百もあります。非常にこれはポジティブです。その一方で、ビジネスにとってブロックチェーンは、単一のアプリケーションとして認識することを非常に困難にし、ブロックチェーンの真の価値に混乱が生じます。何でも屋さんと特定分野のエキスパートを思い浮かべてください。

規制

ブロックチェーン、さらに具体的には、暗号通貨とそれに関連するイニシャル・コインは、まだ適切に規制されていません。将来どのように規制されるのか明らかでない段階で、その技術に大きな投資をすることは、賢明でないと一般的には考えられます。

  • EBA(欧州銀行監督局)は欧州全体で仮想通貨の規制を検討し始めています
  • アメリカではビットライセンス規制があります(ただし、適用はニューヨーク州のみ)
  • 英国ではブロックチェーンの規制は現在のところ特にありませんが、FCA (金融監視機構)が規制の動きを見せています

歴史が浅く、バラバラに分解されているというその性質がおそらく原因で、ブロックチェーンは現在のところ国際的な認知のある基準にサポートされていません。しかしながら、規制が整うと同時に、多数の大手銀行が参加するR3 CEV イニシアチブのような動きもあるでしょう。

規制とガバナンスが今後数カ月から数年で追いつくにつれて、それはブロックチェーンの技術の長所の一つとなるでしょう。

NashTechは破壊的スタートアップや大手企業のブロックチェーン機能を構築するための豊富な経験を持ちます。プロフェッショナルなテストで定評ある、開発者とエンジニアによる弊社グローバルチームは、ブロックチェーン開発チームと提携して、そのアプローチにおいて最善を尽くすことを保証します。

貴社のブロックチェーン採掘と開発をサポートします。こちらまでご連絡ください。