テクノロジーの成長が金融業界にもたらす危機と可能性とは?

テクノロジーが急激に成長を見せる現代で、テクノロジーを駆使した新興企業が各業界の大手企業に取って代わるサービスを生み出し始めています。例えば、銀行は金融業界に参入してくる手強い新規参入企業の上を行くためには、単に銀行を運営するだけではいけなくなりました。

今回は、銀行を筆頭とした金融業界が見据えるべき未来、新しいテクノロジーを導入し改革すべき理由をご紹介致します。 過去10年間の世界的金融危機とそれに伴い世界各国で新規制が誕生する中、銀行の既存システムへテクノロジーを駆使して参入しようとする競合が続々と立ち上がっています。

そのような新規参入企業は新しいテクノロジーに対して柔軟であり、既存のシステムのリプレイスを常々伺っています。一方、銀行は今まで気づきあげてきたシステムから新しいテクノロジーを導入する方向へシフトすることへ躊躇しています。新規参入企業の台頭が目立つ中、大手の銀行は今すぐに時代遅れのテクノロジーから変革を起こさなければ、金融機関としての存続を脅かされるでしょう。

銀行と金融サービスの巨大な力が、新しい競合が市場に参入するのを一度は怖気させましたが、二度目はないでしょう。新規参入企業は、最新のテクノロジーを自社ブランドの金融サービスへ導入し、既存の銀行システムのリプレイスを図る方法を知っています。新規参入企業は機敏性があり、主に低コストでより良くより速い顧客体験を提供できることが大手企業にない強みです。

またテクノロジーに非常に詳しく、そのためあらゆる種類の金融サービスを提供できる可能性を秘めているのです。 そして、新規参入企業は、銀行サービスの最も収益性の高い分野から決済、個人金融管理の分野まで挑戦しています。

世界的なテクノロジーの大手企業であるGoogleとAppleは、GoogleウォレットやApplePayなどのサービスで金融市場へ進出しています。銀行や金融機関が業務をこれからも存続させるためには、今すぐに既存システムを見直し、新しいテクノロジーを導入することで顧客体験を最適化する可能性を見出していかなければいけません。さもなければ、どれだけ顧客情報を保持していたとしても利便性や時代のトレンドで敵わない新規参入企業に全て取って代わられることになるでしょう。

2018年はPSD2(改訂版決済サービス指令)の導入により、各銀行店舗にとっては大きな変化がもたらされる年となります。PSD2が導入されることにより、顧客の口座情報と決済サービスに関する銀行の独占が消え、消費者と企業の双方が第三者の企業を利用して財務を管理し、財務を一元化できるのです。つまり、PSD2の導入は新規参入企業にとって追い風となります。

一方、伝統的な銀行はこういった活動的な新規参入企業との競争で、莫大な圧力を受けることになるでしょう。 PSD2では、お金を現在の銀行口座に安全に置いたまま、新規参入企業とテクノロジーを使い、決済、P2P転送、またあらゆる財務の分析ができます。PSD2は市場を開放し、おそらく想像より早く新規参入企業はビジネスに入り込むでしょう。

今日の決定が明日の成長に影響する

上記のような現在の世の中で、銀行のリーダーが正しい判断を下すことが銀行の命運を左右すると言っても過言ではありません。彼らは老朽化したITシステムでのビジネスの限界を認め、新しいテクノロジーの導入に前向きになっていかない以外に既存の銀行が生き残る術はないでしょう。

銀行は長いITの歴史を持っています。過去を振り返ると、金融業界はITが有用であることに初めに気づき、ビジネスに取り込んだ業界です。しかし、現状はどうでしょうか。いち早くITを取り入れた業界にもかかわらず、現在は多くの銀行は老朽化したITシステムを使い、古いテクノロジーへの巨額の投資を続けてしまっているのです。

長年の合併によるレガシーシステム同士の統合では、敏捷なライバル相手の参入を防ぐことはもってのほか、競争することすらできなくなってしまうでしょう。 そういった背景もあるため、ビジネスを成長させて利益を生み、将来も生き延びていくために、やはり銀行各社はIT技術でレガシーシステムを改革し競争力を高めていかなければならないのです。

多角的なレガシーシステムの改革が必要

銀行各社に求められる具体的な変革とは、高い運用コストのレガシーシステムを、変化していく顧客ニーズに対応できる柔軟性があり再構成可能なシステムに改革することです。アプリケーションの多くは、それぞれのビジネス目的に合わせた環境で、目的に適合するカスタム化されたソリューションで異なる操作方法、異なるネットワークで動くレガシーシステムの中で動かされるのです。

ビジネスにおけるユーザーのニーズに合わせたシステムの再編が重要なのです。 また、全てのビジネスの成功にとって、ITインフラの近代化を計画し実行されることが求められています。つまり、銀行のビジョン、プロセス、手順に沿って、継続的なシステム構築の実行に移すことができます。

そして、組織内のITインフラを近代化させる方法は多様化しています。しかし最も必要なことは、どの顧客にも柔軟なオプションを提供し、顧客のニーズを満たすように調整するために多角的に改革を起こしていくことです。

ITインフラを更新する時に考える第一段階は、オープンアーキテクチャのフレームワークであると言われています。では、オープンアーキテクチャのフレームワークとはどういうことなのでしょうか?

オープンアーキテクチャのフレームワークを検討する

銀行のレガシーシステムを更新する際の最初のステップは、オープンアーキテクチャのフレームワークの作成を行うことです。これにより、銀行で新商品やサービスを提供する新たなチャンスを生みやすくすることができます。

オープンアーキテクチャは基盤となるシステム要素が動作している一方で、システムを再構成することができます。銀行に柔軟性を与えるために、レガシーシステムはサービス指向アーキテクチャに統合されます。 サービス指向アーキテクチャの中には、企業の業務の集積が入っています。

この集積が要素基本の柔軟なフレームワークを作り、異なるサービスが必要なときに相互にリンクすることができます。このような変革を図ることによって既存のシステムはより優れた運用ができることとなるでしょう。

そして、データ統合とは、データ操作と管理を容易にする柔軟なプラットフォームです。 これらの方法を組み合わせることで、銀行はデータを統合し単一の情報源からのリアルタイム情報としてアクセスできます。そのためウェブ対応の新商品を早く生み出せます。

金融業界、今こそ変革の時

金融機関が新規参入業者よりも先を行くために、以下の優先事項で競争力を上げましょう。

  • ・将来に備えてレガシーシステムの変革を検討する
  • ・レガシーシステムの統合と標準化でコストを削減する
  • ・ITアーキテクチャがシステム内のどこにでも接続できるようにする
  • ・サイバーセキュリティ侵害は拡大していく、というセキュリティ意識を持つ
  • ・システム統合のために必要な人材とスキルを確保する

敏捷な競争相手に追いつくことが、銀行や金融機関の最終目的です。貴社のビジネスが競争に負ける前に、未来を考えなければならない時は今です。 NashTechは企業にとって適切なツール、方法論、およびシステムを構築するサポートをいたします。NashTechの専門家は、貴社が柔軟性を上げ、コストを削減し、競争で優位に立つために、ビジネス全体のシステムインテグレーションを提供します。 貴社のレガシーシステムの変革をNashTechがサポートします。ご相談ください。

NashTechは企業にとって適切なツール、方法論、およびシステムを構築するサポートをいたします。NashTechの専門家は、貴社が柔軟性を上げ、コストを削減し、競争で優位に立つために、ビジネス全体のシステムインテグレーションを提供します。

貴社のレガシーシステムの変革をNashTechがサポートします。ご相談ください。