今日からデジタル化を始める企業へ|デジタル化のすすめ〜3つのメリットと導入方法

近年、「デジタル」という用語が内包する意味が多様化し、複雑になりつつあります。これまでは、主にいわゆる「IT技術」のみを指す言葉でしたが、今ではソーシャルなメディアやSNSでさえも「デジタル」という言葉に内包されるように拡張してきました。現在では、デジタルをビジネスの中核に据える企業が増えてきており、「デジタル化」は以前よりはるかに普及しているのです。

こうした変化の中で、企業のデジタル化への取り組みは必須事項と言っても過言ではありません。一方で、どれだけ早くデジタル化を推し進める必要があるのか​​、あるいはどれ程デジタル化が企業にとって必要なものであるのかということを実感している人はほとんどいないように見受けられます。

本記事では、デジタル化によって得られるメリットやデジタル化を推進することの必要性をご紹介します。また、実際にどのように導入を進めて行けば良いのか、ということも合わせてご紹介します。

合わせて読みたい:今更聞けない、デジタル化とは?デジタル化成功に必要な3つの要素

デジタル化によって得られる3つのメリットとは?

デジタル技術の発展は、私たちの私生活に対してプラスとマイナスの両方の影響を与えています。そのため、テクノロジーが人々に与える影響について楽観的に考える人と悲観的に考える人との間には大きなギャップがあります。一方で、「ビジネスをデジタル化」することのメリットは無数にあります。デジタル化をすることによって、企業は以下の3つのメリットを享受することが出来ます。

1. 顧客サービスを向上させることが出来る

2. 高度なアクセシビリティを提供することが出来る

3. スタッフとユーザーのための情報交換を促進することが出来る

これらのメリットによって、ビジネスプロセスの効率性、一貫性、および製品/サービスの品質を向上させることが出来るのです。

なぜデジタル化が必要なのか?

しかしながら、デジタル化を企業が推進することによって、当然リスクがあることも事実です。多くの企業がこのリスクを心配しすぎることによってデジタル化に対して足踏みをしています。以下では、企業がリスクを取ってでもデジタル化を推進することの必要性を3つの観点からご紹介します。

1. デジタル化によって顧客ロイヤリティをを向上させる必要性

企業は顧客とのコラボレーションおよびクロスチャネルエンゲージメントを達成する必要性を認識する傾向がありますが、このニーズがサプライヤーと従業員の両方にも当てはまることをあまり意識していません。しかし現代では、ソーシャルメディアの台頭によって、顧客、サプライヤー、および従業員と個別に対面して話すのではなく、複数の人々と同時に話すことが可能になっています。

この相互作用は、会社が予想していなかった方向に情報が流れる可能性があることを意味します。企業はビジネスの周りの対話を制御することができないので、ビジネスにとって不利に働く場合があるのです。そうは言っても、顧客データ管理、分析、およびソーシャルリスニングテクノロジーは、企業が関連性のあるパーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供するのに役立ちます。

これらのテクノロジーに投資し、それらをコアカスタマーエクスペリエンス機能と統合することは、パフォーマンスを測定するための優れた方法なのです。

2. デジタル化をしなければ競争力を得れない時代

企業が常に人間を必要とすることは否定できません。しかし、デジタル革命が人間の仕事を奪ってしまう恐れがあることも否定できません。機械が私たちの仕事を「盗んでいる」ことを示唆すること自体は、特に新しいことではありません。

「オートメーションは過去にも起こりました」と、カリフォルニア大学ロサンゼルス校のファイナンス教授Bhagwan Chowdhryは言います。 Chowdhryは、産業革命の間にファクトリーオートメーションによって機械が人間仕事を引き継いだときに工場で起こった変化を指摘してこのように述べているのです。

今日の違いは、デジタル変革がブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの仕事にも影響を与えるということです。ただし、デジタルの台頭は否定的な意味合いとして見なされるべきではありません。なぜなら、デジタル変革は企業が価値を創造し、金銭化し、そして守る方法を根本的に変え、企業に競争力を与えます。したがって、企業が最新のテクノロジーを採用して適応しないと、競争に取り残されることになってしまうのです。

3. デジタル化によって企業が革新を起こす

企業は、経済のあらゆる分野でデジタルテクノロジーを効果的に実装するために、より懸命に取り組む必要があります。その理由は生産性の向上にあり、それが最終的に国の生活水準を向上させるからです。飛躍的な技術の進歩のために、政府および政策立案者は、その進歩が一般市民にどのように影響を与えるかについての情報を得ることが出来ていません。

そのため、政府に頼らず各企業が変革の最前線に立って革新を続ける必要があるのです。デジタルの変革と技術の進歩に対する顧客の信頼を築くことは、企業の責任です。最近のMark Zuckerbergの質問は、政策決定者の知識と比較した技術の進歩の間の不一致を証明しました。政治家は技術の専門家である必要はありませんが、少なくとも規制を開始する必要があるかもしれない製品には少なくとも精通しているべきです。しかし、顧客の懸念を保護し対処するのは企業の責任なのです。

デジタル化によって起こり得ることとは?

デジタル化には、新しいプロセスとスキル、そして企業文化の見直しが必要です。ビジネスが製品を提供する方法は、デジタル化の影響によって変わります。かつて製品を販売していた企業は、自身のコアビジネス戦略を再評価し、コアビジネスをサービス提供に変えました。

この例としては、自動車会社が輸送サービスプロバイダーに変身したり、以前にソフトウェアパッケージを販売して現在サブスクリプションを提供している会社があります。結果として、企業の収益の流れを拡大し、継続的な顧客エンゲージメントのチャネルを開いているのです。

デジタル化によって引き起こされる企業文化の変化は、個々の企業の存在そのものを評価する可能性があります。取締役会や経営幹部は、会社の使命や産業上の位置付け、およびそのビジネスモデルの持続可能性に関する既存の仮定すべてに再度疑問を投げかける必要があります。

継続的なコラボレーションと、株主、取締役会、役員、そして「現場の」従業員との間の継続的な会話が、デジタル化の成功には不可欠です。デジタルの理解と能力は会社全体で必要とされ、会社の企業文化によって支えられなければなりません。したがって、どの企業のチームにおいても、変革を推進し、その変化から生まれた新しい企業文化に身を置く必要があります。

デジタル化には時間とコストが掛かり、社内だけで達成するのは困難です。そのため、多くの企業では第三者からコンサルタントまたはガイダンスを受けることで、この負担を軽減することでデジタル化に成功しています。

今日からデジタル化を始めには?

デジタル革命は、急速に各企業で引き起こされています。迅速にデジタル化に対応しない企業は、必然的に取り残されるでしょう。すべての企業が行うべき3つのことをご紹介いたします。

1.あなたの会社にとってデジタルが何を意味するのかを定義すること

デジタル化するということは、実験や変化に企業の身を置くということです。つまり、効果的なデジタル戦略をうまく採用するためには、企業は失敗の可能性を受け入れなければなりません。

2.まずは企業のリーダーから変化すること

デジタル化を進めるには、企業のあらゆるレベル、特に主要な取締役からの献身的な取り組みが必要です。もちろん、それ以外にもデジタルへのスムーズな移行を確実にするために時間、創造性そして革新を必要とします。

3.デジタルの専門家の話を聞くこと

専門家のフィードバックに耳を傾けることが、デジタル化に適応し進化するためには必要です。また、その際はチーム全員で話を聞くようにしましょう。前述のように、デジタルは開放性に匹敵します。そのため、デジタルの改善やフィードバックについての提案を受け入れることも重要です。

まとめ

デジタル化はかつてない速度で行われています。ビジネスモデル、経営理論、デザインはすべて新しい技術によって再定義されているのです。戦略的パートナーシップを通じた企業レベルでの学習は、この変化の時代に企業がどのように成長しているかということに結びついてきます。さらに、デジタル化はグローバルで大きな変化を与えており、デジタル技術は指数関数的に発展しているのです。そのため、デジタル技術の進歩があなたのビジネスにどのような影響を及ぼすのかを調査することが組織には求められています。

本記事を読んで弊社にご興味をお持ち頂けた場合は、こちらまでご連絡ください。私たちNashTechがあなたの会社のデジタル時代に向けたビジネスの準備をサポート致します。