今更聞けない、デジタル化とは?デジタル化成功に必要な3つの要素

世界のデジタル変革はテクノロジーの急成長に伴い急拡大しています。しかし、ビジネスデジタル変革が進むとともに、デジタル変革を成功させるために最も大事な「人間」というリソースを企業は見落としかけています。

今回はデジタル変革で成功をおさめるために「人間」リソースこそ最も重要である3つの理由を紹介します。

世界で急拡大する「デジタル化」とは?

世界ではAI(人工知能)の登場により自動化が進んだり、人間に近い活動も行えるロボットも誕生しています。また、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)の登場は現実世界とデジタル世界をリンクさせ、人間に新たな体験や経験を与えています。

上記のような最新テクノロジーが数年の間で普及し現実とデジタルの世界が互いに混じり合うにつれて、我々は現代がデジタル時代の頂点に到達してしまったと思うかもしれません。以前に競争上のアドバンテージとなったのは、ビジネスが「デジタル的である」ことでした。

今ではデジタル的であることはもちろん、クオリティに気を配ることさえ当然のことになっています。 デジタル変革はテクノロジーそのものと同じくらい古いものであるのに、最新技術を取り入れる企業競争として、近年ではバズワードになり大流行しています。

しかしながら、この速いスピードの中でほとんどの企業はデジタル変革に一番大切なもの、人間、を忘れてしまっているのです。 新しい技術を導入する際に、目の前の人間の力を見過ごした企業は、良くてもデジタル導入企業止まりでしょう。最悪の場合、コンピューターのバックアップドライブに追いやられてしまうプロセスとソフトウェアのために巨額を費やすことになるかもしれません。

どうして成功するデジタル変革は人間次第なのでしょうか?3つの理由をご紹介いたします。

卓越したデジタル変革にはリーダーが必要

テクノロジーはそれ自身だけでは何も実行することができません。デジタル変革は人に酔って実行されるものであるのと同時に、慎重に計画や管理をしなければなりません。デジタル改革を実現させるためには、変革を起こすリーダーが必要であり、さらにリーダーはテクノロジー分野において専門的な知識を兼ね備えた上で、決断力を持つ人物であるべきです。

Cレベル(CEOなど)の上級管理者が最適でしょう。 しかし、CEOなどの上級管理者は最新のテクノロジーを理解し、業界へどのように適用すると良いか考える時間が限られているということは問題です。 そのため、デジタル改革の先頭に立つ人として適任であると言えるのはCIO(Chief Information Officer)です。しかしながら、CIOは企業経営のためのシステムを管理するため、日々の業務に常に追われています。

技術についていき、企業が市場ニーズに合わせるための変化に使う時間がCIOには無いのです。そのため、近年はCDO(チーフデジタルオフィサー)が台頭しています。デジタル変革の専門家の役割は、デジタル変革をスタート指せる時に非常に重要です。

しかし、デジタルが仕事でもプライベートでも重要な役割を担うにつれ、CDOがCIOの役割と同化していくでしょう。 最終的には、デジタル変革はCIOによって行うことになります。そして、CIOを筆頭としたチーム全員がデジタル変革における同じゴールに向かって積極的に関与すると成功する可能性は大幅に高くなります。

デジタル変革に対して理解を得られることが重要

市場だけでなく社内や社会で承認されずに実現しなかった素晴らしいアイディアが世界には多くある一方で、テクノロジーは非常に競合の多い市場となっております。そして、新しいテクノロジーやプロセスを導入するということはすぐう承認されるものではなくデジタル変革においても、社内だけではなく社会の規制などにより大きな壁にぶつかることは少なくありません。

そのため、デジタル変革を行う際は理解を得ることが必要となるのです。まずは企業内で理解を得る必要があります。 そのため、デジタル変革を実現させるためには、まずは企業内であらゆるレベルで正しい戦略が練られブラッシュアップされたプランが必要です。

そして、プランを立てる上で一番大切なことは、デジタル変革のための誰が適任者なのかということを認識することです。 しかしながら、同時に重要なのは、テクノロジーが存在している時に他に何が可能かという展望を示すことです。それは、低価値のタスクを自動化させることで、人間によって出来る高価値の業務はこのようなものだ、というメッセージでなければなりません。

正しい選択をするために、デジタル領域の専門家への投資が重要

無数の変数を要因とする戦略を開発するのは複雑な業務であり、安易に考えるべきではありません。御社のデジタル変革をスムーズに遂行できる専門家が必要となります。 アプリケーションの現代化、ファイナンシャルプランニング、実装、クラウドへの移行は、全てデジタル変革における重要な検討事項です。

NashTechは数百社もの企業のデジタル変革を成功に導きました。企業の大きさ、部門、設立場所に関係なく、ほとんどの企業が考慮に入れていない主な事項とは?

企業の変化をマネジメント

大規模の変化は「人間」にとって非常に困難なことです。なぜなら、人間は自分たちが気づきあげてきた文化から変化することに対して恐怖感を抱くからです。そのため、デジタル変革においては企業の変化をマネジメントできる、過去にもデジタル変革の経験を持つ専門家を必要とします。

トレーニングとシステムへの適応

デジタル変革により生まれるすべての変化には、適切なスタイルのトレーニングプログラムが必要です。そして同時に、単に時期や方法だけでなく移行期間全ての詳細なサポート手法を持つシステムへの適応プランも必要です。

ビジネス機能の優先順位付け

ビジネス機能の優先順位付けも見落としがちな事項です。ビジネス機能の優先順位付け(BFP)は企業内の変化がビジネスの優先事項として記録されることです。ビジネスの成功と大きな利益のためには、計画を練り、デジタル変革のリーダーの展開とトレーニングプランに慣れることです。そうして、変化への早期の適応でより高いレベルの利益が提供されるのです。 御社のビジネスがこれからの時代を生き抜くために、テクノロジーに寄り添い、「デジタルネイティブ」となることは必須です。しかし、そのテクノロジーの強さは背後の人間に左右されるのです。働く人間とテクノロジーの相互依存は強くなって行きます。問題の先回りをしておくことを忘れないようにしなければなりません。

ロナン・グレイ氏はNash Techアイルランドのアドバイザリーサービス担当上級副社長であり、アドバイザリー、ソフトウェア開発、BPOの専門家で、グローバル企業がそれぞれのビジネスニーズを満たす正しい技術ソリューションを実行するためのサポートをしています。