デジタル変革トレンド ファイナンシャルサービスに注目するべき理由

モバイル端末は、「フィンテック」と呼ばれる金融サービス業界を変え続けています。顧客は決済時にスマートフォンを利用する便利さを選んでいます。フィンテックは顧客が支払いやお金の管理をするのに、PayPalからApple Payまで、さらなる方法を作り出しています。デジタルバンキングは金融業界の現在の姿なのです。Apple Payによると、一週間に100万人の新規ユーザーが増えているとのことです。

変化は早いです。銀行で顧客が財政を整理するために長い列を作って待ったのはそう昔のことではありませんでした。また、その頃は身分証明のためにあらゆる”KYC(Know Your Customer、新規口座を開く際に必要な書類)”を銀行に提出しなければなりませんでした。そういった日々はもう過去のことです。

フィンテックは特に顧客が財政を強力に管理できるという意味で、社会のあらゆる分野に大きな影響を与えています。以下は現在、フィンテックで影響力のあるトレンドです。

ブロックチェーン技術が物理的な通貨を無くす

ブロックチェーン技術により、取引管理に今まで必要だった仲介者が必要なくなります。ビットコインのようなデジタル通貨は、全ての政府通貨を超えるブロックチェーン技術を利用し、例えば旅行中など、現金を両替する必要が無くなります。

しかし、それは単にデジタル通貨であるというだけではありません。この技術で、ロイヤルティー、アイディア、お金、著作権、投資や不動産などの取引を、安全な環境で行うことができます。ブロックチェーン技術を使うということは、家や快適な場所のどこにいても、全てのことができるということなのです。スマートフォンを持てば現金を持つ必要は全くありません。

ビットコインが存在し続けるという事実は、政府の通貨とは違う通貨が生き残ることができるということです。フィンテックは金融サービス市場を変革し続けています。

銀行が消滅する

報道によるとデジタル変革の影響は大きく、40パーセントのアメリカ人は過去6ヶ月以上金融機関を訪れていません。最近では銀行の支店を見つけることは難しく、1995年から2015年の間に50%以上の銀行の支店は閉店しました。銀行の支店がオンラインバンキングとデジタルバンキングに移行している一方で、デジタル変革により市場に新しい企業が登場しました。銀行はもはや財務管理市場を支配する存在ではなく、顧客が投資、貯蓄、融資するのを銀行よりも早く、手軽に安く行うサポートができる企業が数多く現れています。

フィンテックは金融機関でなく、ユーザーに権限を持たせる

フィンテックは金融市場で、新しいルールや体験を消費者に提供しています。ポータブルのデジタル端末から、手軽にバンキングや金融取引ができます。フィンテック企業は従来の銀行組織のように連邦法に従う必要がありません。制限がなければ、企業は自由により良い顧客満足体験を生み出すことができます。

最近では、スマートフォンを使って小切手に入金し、借り換えやローンの申請をすることが可能です。フィンテック企業は財務をコントロールし意思決定をする機会を顧客に提供しています。

生体認証

消費者がモバイル端末を金融取引に使うことが増えるにつれ、セキュリティは改善されるでしょう。ハッカーが個人や企業のシステムに侵入しようとすればするほど、不正を防ぐための生体認証は進化します。生体認証には金融アカウントにログインする指紋認証だけでなく、顔認証、虹彩認証もあります。政府はすでにこのようなタイプの技術を利用しており、今後まもなくデジタル支払をする場合の本人確認方法となるでしょう。

財布が消える

消費者が支払いの方法を変えるにつれ、スマートフォンが財布の代わりになるでしょう。グローバルバンキング・アンド・ファイナンスによると、非接触型取引は2021年までに世界で2倍になるとされており、スマートフォンを利用した物やサービスの購入は、ワンクリックで容易にできるようになるでしょう。直接取引やオンライン銀行に代わり、スマートフォンで支払いをすることがまもなく新しいスタンダードになります。財布を間違えないようにしてください。どこに行く時もスマートフォンを持つのを忘れずに。

御社のビジネスが生き残るためには、技術とデジタルトランスフォーメーションが必要です。しかし技術よりも強力なのは、その背後にいる人々です。

NashTechの専門家に、変化し続けるデジタル環境の中で他社より一歩先に出る方法を相談しませんか