【2018年】「FinTech(フィンテック)」が世界の金融業界にもたらす5つの最新トレンドとは

本記事では「FinTech(フィンテック)」の登場が金融業界にもたらす5つの最新トレンドをご紹介致します。英国最大手の開発企業であるNashTechグループ監修のデータをもとに今後の世界の金融業界の同行を探っていきます。

今話題の、FinTech(フィンテック)とは?

モバイル端末は金融サービス業界に大きな変革をもたらし続けています。その代表格が「FinTech(フィンテック)」です。「FinTech(フィンテック)」を活用したスマートフォンで決済できるシステムの登場は、人々のライフスタイルは衝撃と利便性を与えました。

PayPalやApple Pay、楽天ペイなどを使ってビジネスの現場だけでなく日常生活レベルでも決済を行ったことがない人はもはや少ないと思います。Apple Payによると、一週間に100万人の新規ユーザーが増えているとのことです。今までの人々のライフスタイルを超越する利便性を提供する「FinTech(フィンテック)」業界は短期間で大きな成長を見せています。

「FinTech(フィンテック)」業界の変化は世界中で急速に進んでいます。自分の財政状況を管理するために、銀行の前で長い列を作って自分の順番を待っていたのはそう昔のことではありません。また、その頃は身分証明のためにあらゆる”KYC(Know Your Customer、新規口座を開く際に必要な書類)”を銀行に提出しなければなりませんでした。

しかしそそのような日々はもう過去のことです。現在では銀行の前で長い列を作り自分の順番を待つ必要がなければ、手続きのために毎回大量の書類(身分証明書など)を提出する必要がなくなったのです。「FinTech(フィンテック)」ではいつでもどこでも財政状況を管理することを実現し、身分証明書などの書類もオンラインで一元的に管理する術をユーザーに獲得させました。

FinTech(フィンテック)が金融業界にもたらす5つの最新トレンド

特に、「FinTech(フィンテック)」は顧客が財政を安全性を保ちながら自身で管理できるという意味で、世界のビジネスや社会のあらゆる分野に大きな影響を与えています。以下は現在、フィンテックで影響力のあるトレンドです。

では、FinTech(フィンテック)が金融業界にもたらす5つの最新トレンドをご紹介します。

1.ブロックチェーン技術が物理的な通貨を無くす

ブロックチェーン技術の登場により、取引管理に今まで必要だった仲介者が必要なくなりました。今までの通貨は、信用性が高いと言われる「銀行という中央集権」が通貨の発行や取引を管理していました。

しかし、ブロックチェーン技術で生成されるビットコインのようなデジタル通貨は、銀行のような中央集権機関を持たずして通貨を管理しており(非中央集権型)、通貨の一元化(世界共通の通貨誕生の可能性)を生み、全ての政府通貨を超える可能性を生み出しています。

例えば、暗号通貨が世界共通の通貨となれば、旅行中などでも現金を両替する必要が無くなります。 また、ブロックチェーン技術が活用された暗号通貨は単にオンライン上で管理できるデジタル通貨であるというだけではありません。

この技術で、ロイヤルティー、アイディア、お金、著作権、投資や不動産などの取引を、安全な環境で行うことができます。ブロックチェーン技術を使うということは、家や快適な場所のどこにいても、全てのことができるということなのです。

スマートフォンを持てば現金を持つ必要がなくなる世界もそう遠くはなさそうです。 ビットコインが存在し続けるという事実は、政府の通貨とは違う通貨が生き残ることができるということです。フィンテックは金融サービス市場を変革し続けています。

2.銀行が消滅する

金融業界においてデジタル化の影響は大きく、40パーセントのアメリカ人は過去6ヶ月以上銀行などの金融機関を訪れていないという調査結果があります。むしろ、最近では銀行の支店を見つけることは難しく、1995年から2015年の間に50%以上の銀行の支店は閉店しました。

オンラインバンクの登場は銀行が店舗を持つ必要性をなくしまし銀行の支店がオンラインバンキングとデジタルバンキングに移行している一方で、デジタル変革により市場に新しい企業が登場しました。銀行はもはや財務管理市場を支配する存在ではなく、顧客が投資、貯蓄、融資するのを銀行よりも早く、手軽に安く行うサポートができる企業が数多く現れています。

3.フィンテックは金融機関でなく、ユーザーに権限を持たせる

フィンテックは金融市場で、新しいルールや体験を消費者に提供しています。フィンテックの登場でポータブルのデジタル端末から、手軽にバンキングや金融取引ができるようになりました。フィンテック企業は従来の銀行組織のように連邦法に従う必要がありません。

制限がなければ、企業は自由により良い顧客満足体験を生み出すことができます。 最近では、スマートフォンを使って小切手に入金し、借り換えやローンの申請をすることも可能です。フィンテック企業は財務をコントロールし意思決定をする機会を顧客に提供しています。

4.生体認証

消費者がモバイル端末を金融取引に使うことが増えるにつれ、セキュリティの改善にも注目が集まっており、セキュリティーは日々強化されていってます。ハッカーが個人や企業のシステムに侵入しようとすればするほど、不正を防ぐための生体認証は進化します。

生体認証には金融アカウントにログインする指紋認証だけでなく、顔認証、虹彩認証もあります。政府はすでにこのようなタイプの技術を利用しており、今後まもなくデジタル支払をする場合の本人確認方法となるでしょう。

5.日々の生活から、財布が消える?

フィンテックの普及はスマートフォンが財布の代わりになることを予期しています。グローバルバンキング・アンド・ファイナンスによると、非接触型取引は2021年までに世界で2倍になるとされており、スマートフォンを利用した物やサービスの購入は、ワンクリックで容易にできるようになるでしょう。

直接取引やオンライン銀行に代わり、スマートフォンで支払いをすることがまもなく新しいスタンダードになります。財布を間違えないようにしてください。どこに行く時もスマートフォンを持つのを忘れずに。

技術革命が進む現代の世界でビジネスを生き残していくためには、最新テクノロジーとデジタルトランスフォーメーションは必要不可欠となります。 NashTechの専門家に、変化し続けるデジタル環境の中で他社より一歩先に出る方法を相談しませんか。

消費者が支払いの方法を変えるにつれ、スマートフォンが財布の代わりになるでしょう。グローバルバンキング・アンド・ファイナンスによると、非接触型取引は2021年までに世界で2倍になるとされており、スマートフォンを利用した物やサービスの購入は、ワンクリックで容易にできるようになるでしょう。

直接取引やオンライン銀行に代わり、スマートフォンで支払いをすることがまもなく新しいスタンダードになります。財布を間違えないようにしてください。どこに行く時もスマートフォンを持つのを忘れずに。

御社のビジネスが生き残るためには、技術とデジタルトランスフォーメーションが必要です。しかし技術よりも強力なのは、その背後にいる人々です。

NashTechの専門家に、変化し続けるデジタル環境の中で他社より一歩先に出る方法を相談しませんか