【徹底解説】デジタル化企業経営のメリットとは?日本でデジタル化が遅れている理由とその対処法とは?

本記事では、デジタル化を企業経営に導入する3つのメリットをご紹介致します。さらに、テクノロジーが進化し続ける現代で、日本でデジタル化が遅れている理由や、今すぐにデジタル化に対応しなければならない理由、デジタル化の進め方も合わせてご紹介します。

「デジタル化」は企業が成長するためには必要不可欠なものになりつつあることは、近年の各企業の動向から明らかです。ところが、日本企業のデジタル化への対応は、グローバル企業と比較するとかなり遅れていると言えます。その理由は何処にあるのでしょうか?

結論から述べると、デジタル化が遅れている理由は、デジタル化のメリットや必要性を理解している人が少ないことにあるのです。そのため、日本でデジタル化を推し進めるためには、各個人がデジタル化のメリットを理解することが最も重要になります。メリットを理解した上で、デジタル化に対応する必要性や、何を準備し、何から始めるべきなのかという点を考えていくことが正しいプロセスと言えるのです。

今さら聞けないデジタル化とは?

では、そもそもデジタル化とは何でしょうか?簡潔に述べると、デジタル化とは「テクノロジー導入による業務の効率化」のことを意味します。例えば、AIやブロックチェーンの登場は私達のライフスタイルだけでなく、ビジネスの現場においても大きな影響を与えました。

ビジネスにおけるデジタル化は、テクノロジーを導入することで生まれるメリットとデメリットの両方の側面からビジネスに影響を与えます。そのため、テクノロジーが私たちに「もたらす利益」と、テクノロジーが私たちに「与える影響」との間には、大きなギャップがあります。 デジタル化したビジネスの利点は数え切れるものではありません。

実際に、数十年前には想像できなかったテクノロジーが、現代では次々に誕生しています。特に、インターネットの登場から始まりスマートフォンの普及は人々のライフスタイルのあり方を変えるとともに、ビジネスの在り方ですら変えてしまいました。近年だと人工知能(AI)が急激に進化しており、無人コンビニや工場の作業プロセスの自動化などのデジタル化も急速に普及し始めています。

合わせて読みたい:デジタル化とは?|今更聞けないデジタル化と3つの成功要因

では、具体的に企業がデジタル化を導入するメリットとは何でしょうか?

デジタル化の3つのメリットとは?

ビジネスにおけるデジタル化の大きなメリットは以下の3つになります。

1.顧客サービスの向上

2.アクセシビリティの向上

3.企業とユーザー間の情報交換の活発化

以上の代表的なメリットによって、ビジネスプロセスの効率性、一貫性、製品やサービスの質が向上しています。 そして、「デジタル化」が表す範囲は常に変化し続けています。

以前は、デジタル化とは「IT」機能そのものを表していましたが、その後ソーシャルメディアへと広がりました。さらに現在では、ビジネス戦略から文化、カスタマーエクスペリエンスまでに浸透しています。 そこで、本記事では企業が自社のビジネスにデジタル化を導入する前に抱える課題について、私たちの経験に基づいて答えていきます。

デジタル化を推進する前に、なぜデジタル化に対応しなくてはならないのか?何を準備すべきなのか?何から始めればいいのか?という点で悩んでる企業は非常に多いのです。 一方で、企業はデジタル・チャネルを利用して顧客を含めた主要な関係者と連絡を取り合う必要性を既に認識しています。

企業は、デジタル化を通して関係を維持し、会話を促すことが大切であることは認識しているようです。しかし問題は、どれだけ早くデジタル化に対応するべきなのか、具体的にどのような変化が必要かを認識できておらず、行動に移せている企業が少ないということなのです。

日本でデジタル化が遅れている理由とは?

なぜ欧米企業と比較して、日本ではデジタル化が遅れているのでしょうか。特に、大手企業の基幹システムは旧時代的なシステムから脱却できておらず、クラウドシステムが普及する今でも社内の古びれたシステムに依存しているのです。

その答えは、「デジタル化がなぜ必要なのか?」への理解の不足にあります。以前は、デジタル化に頼らなくてもビジネスを持続することは出来ていたかもしれません。人口が減少に向かう中で、より「生産性」や「業務効率化」が必要性を企業が感じ始めたのは最近のことです。まずは、なぜデジタル化が必要なのかということを理解した上で、実際にどう進めれば良いのか理解し、実行することが重要です。では、まずはなぜデジタル化が必要なのか?ということから解説します。

デジタル化の必要性とは?

では、まずはそもそもなぜデジタル化が必要なのか?という疑問から紐解いていきたいと思います。以下では、デジタル化が必要な3つの理由をご紹介します。

1.デジタル化は顧客と企業の関わり方を変化させる

デジタル化によりテクノロジーをビジネスに導入することは、顧客と企業の関係の関わり方を大きく変化させています。企業は顧客とのコラボレーションとクロスチャネル・エンゲージメントの両方を成功させようとしています。しかし、このニーズはサプライヤと従業員の双方にも当てはまるとは認識していません。

ソーシャルメディアの台頭で、顧客と従業員、サプライヤーだけでなく経営者の間ですらも立ちはだかる壁が消えつつあります。ソーシャルメディアの登場により従来よりも顧客、サプライヤー、従業員、経営者の距離は縮まっています。顧客は直接売り手側に注文をつけることがオンラインでもオフラインでもできます。

また、顧客の意図しないニーズを売り手側が探ることもテクノロジーは実現させます。 つまり、顧客データの管理、分析、ソーシャルリスニングの技術は、企業にとって関連性の高い個人的な経験を生み出すのに役立ちます。これらの技術に投資し、コア・カスタマー・エクスペリエンスと統合させると、素晴らしいパフォーマンス測定の方法になります。

2.デジタル化しなければ競争力を得られない

ビジネスには常に人材が必要であるということに異論はありません。しかしデジタル化は着々と進んでいて従来の人間のビジネスに取って代わる存在となりつつあることも否定できません。しかし、逆を言えばデジタル化を正しくコントロールし従来のビジネスに組み込むことができれば、ポジティブな変革がもたらされます。

私たちの仕事を機械が「奪った」と表現するのは今に始まった事ではありません。実際に、グローバルな視点で見れば、カリフォルニア大学ロサンゼルス校のファイナンスの教授であるバグワン・チョドリ氏は「自動化は以前から行われていたことです」と述べています。

チョドリ氏の発言は、産業革命によって工場内で自動織機などが織物職人に取って代わった変化を指摘しています。自動化は今に始まったことではないのです。 しかし、旧来と現在でのデジタル化の違いは、デジタル化が現場作業だけでなく、ホワイトカラーにも影響を与えているということです。

しかし、デジタル化の広がりは決して否定的なものではありません。 なぜなら、デジタル化は、企業が価値を生み出し収益を上げて守る方法を根本から変え、企業に競争力をもたらすからです。企業が成長することで、より高い給料が支払われ、人間にしか出来ない仕事により注力出来るようになるでしょう。

言い換えると、企業が最新の技術をうまく活用し、時代の変化に適応しない限り、他の企業に遅れをとってしまいます。そういった現代のデジタル技術の成長とトレンドの事情もあり、もはやデジタル化を導入しない企業は生き残れなくなっているのです。

3.ビジネスがイノベーションを起こす

企業は、経済のすべての分野でデジタル技術を効率的に利用するために、より一層の努力が必要となっています。デジタル化によりビジネスの生産性が高まり、最終的には生活水準が向上するからです。 テクノロジーの進歩は急激すぎて、テクノロジーが一般市民に与える影響を政府と政策立案者がコントロールすることが難しくなっています。

そのため、ビジネスがデジタルの変化の最前線で改革を続けなければなりません。デジタル変革と技術革新を顧客が信頼できるものにすることが、ビジネスの責任となっているのです。 マーク・ザッカーバーグ氏への最近の公開尋問では、政策立案者の知識と技術進歩との溝が明るみに出ました。政治家が技術の専門家である必要はありませんが、少なくとも今すぐ規制を始めるべき製品に対してはよく知っておく必要があります。

つまり、法規制が始まるまで顧客を不安から守ることが出来るかどうかは、企業とそのビジネスにかかっているということです。以上の理由からビジネスにおいてデジタル化は必要不可欠なこととなっているのです。

デジタル化のために、何をしなければならない?

では、なぜビジネスのデジタル化が必要なのかご理解いただけた後に、実際にデジタル化のために何をしないといけないのか?ということをご紹介します。 デジタル化には新しいプロセスやスキルが必要なのはもちろんのこと、企業文化の全体的な見直しが求められます。 経済活動において製品などのプロダクトの商流はデジタル化の影響を受け変化しています。

その中で、コアビジネス戦略を再評価し、製品の販売からサービスの提供に変化した企業もあります。例えば、輸送サービスを提供することになった元自動車会社、またコンテンツの購読を提供する元ソフトウェア販売会社などが挙げられます。

その結果、直販からデジタル化の家事に切ったビジネスの収益の流れは拡大し、継続的なカスタマーエンゲージメントのチャネルが開かれています。 デジタル化による文化のシフトはそれぞれの企業の存在意義が試されているのかもしれません。

経営陣は、会社のミッションや産業界での位置付けのみならず、持続可能なビジネスモデルに関するすべての前提をデジタル化の導入の際に見直す必要があるのです。 株主、取締役、幹部、そして「最前線にいる」従業員の協力と最適を目指す会話はデジタル化を成功させるために欠かせません。デジタルへの理解と戦略は会社全体で必要であり、社内文化によってサポートされなければなりません。

そのため、どの企業のリーダーシップチームもデジタル化に対して肯定的になりデジタル化から生まれた新しい社内文化に彼ら自身もどっぷり浸かるべきです。それが会社全体に浸透していくのです。 デジタル化は時間を要し、費用もかかるため、社内だけで行うのは難しいかもしれません。しかし、コンサルタントや第三者からの指導を受けて、困難を和らげることはできます。

必要によっては社内のデジタル化を最適化するために外部業者に依頼することも重要となってきます。

デジタル化を始めるには何から始める?

デジタル化は現代に存在する企業にとって至上命題となっており、すぐに導入しなければ取り残されてしまうでしょう。 デジタル化においてすべての企業がはじめに考えなければならないことは以下の3つになります。

1. 自社にとってのデジタル化の意義を明確化させましょう

デジタル化とは、実験と変化への扉を開くということです。効果的なデジタル戦略を採用するために、企業は失敗の可能性を受け入れなくてはなりません。デジタル化の導入を図る意義を明確化した上で、それを達成するために失敗を乗り越える覚悟が必要となります。

2. デジタル化に対して企業上層部を積極化させましょう

デジタル化には会社のあらゆるレベル、特に経営陣の献身的な努力が必要です。デジタルへのスムーズな移行には当然時間がひつようです。さらには、クリエイティビティと革新性が求められます。

3. デジタル化に対する社内全体の意見に傾けましょう

デジタル化に対するフィードバックを受け入れ、適応し、前進することから始めましょう。チームのデジタル知識を過小評価しないでください。テクノロジーがどのようにビジネスの改善に役立つかチームで話し合う時間を持つことが重要です。そして、デジタル化に対する改善やフィードバックにはオープンであってください。それによって従業員はテクノロジーの知識を共有することに前向きに考えるようになるでしょう。

合わせて読みたい:今日からデジタル化を始める企業へ|デジタル化のすすめ〜3つのメリットと導入方法

まとめ

デジタル化は今までにないスピードで進化しています。デジタル化によってビジネスモデルや企業経営理論、経営デザインの在り方は見直されつつあるのです。

デジタル化による戦略的パートナーシップを形成することが、企業の成長を決定すると言っても過言では無いのです。 デジタルは世界を変え続け、現在までの変化は直線で表すことはできない程、急激なものです。

スマートフォンはもはや単なるデバイスではありません。スマートフォンが革命の可能性を秘めている今、デジタル技術の進歩がビジネスにとって何を意味するのか改めて考えることが重要です。

本記事を読んで、弊社にご興味をお持ち頂けたらこちらまでご連絡ください。御社のデジタル時代への船出を最大限サポート致します。