【2017年】スマートフォンアプリ開発最新トレンド|VR/AR、ウェアラブル、位置情報サービス

2017年、ビジネスの最前線におけるモバイルアプリケーションの需要は驚異的な成長を見せました。特に、モノとインターネットを繋げる技術「IoT(Internet of Things)」やウェアラブルアプリケーション等の新しいテクノロジーが導入されたモバイルアプリは、今まででは実現し得なかったアクションを実現し、世界中の企業がビジネスへの導入を加速させています。

本記事では英国開発会社最大手のNashTechがまとめた2017年のモバイルアプリケーションの最新トレンドをご紹介致します。

NashTechでは最新のソフトウェアソリューションを用いて、銀行や不動産、ヘルスケアや保険領域をメインにアプリケーションのソリューションを提供しています。特に今注目されているのはGPSによる位置情報を活用したLBS(Location Based Services)です。

そして、上記の分野ではなく多くの分野の企業で、モバイルアプリを自社ビジネスへ導入することがトレンドとなっており、また必要となっているのです。そして、モバイルアプリケーションはビジネスにおいて大きな可能性を秘めており、1つのプロダクトが大きな投資対効果を生む可能性があります。モバイルアプリケーション開発において大きな投資対効果を得るために重要なことは、最新のテクノロジーをビジネスに適合させることです。そこで、2017年の最新トレンドをご紹介したいと思います。

1.ウェアラブルデバイス×スマホアプリ

スマートウォッチに代表され「着用するコンピューター」と呼ばれるウェアラブルデバイスは年間20.3%という成長率でマーケットを拡大しています。これは、2020年には21億3600万デバイスがマーケットに出る資産予測を意味しています。特に、歩行距離などの日々生活習慣のデータを記録できるウェアラブルデバイスはヘルスケア分野などでの活躍が期待されています。

2.位置情報サービス×スマホアプリ

新規顧客を獲得し新たな価値を提供し続けなければいけない小売業者に対して、位置情報サービスは顧客の位置情報に基づく適切なアプローチを可能にさせました。

この位置情報サービスは顧客に小売店のWi-Fiを通して提供されます。お店のWi-Fiに接続した顧客に対してコミュニケーションが取れるため小売業者は今まで以上に顧客のニーズを把握することができるようになりました。消費者は現在地情報に基づき最新の情報を受け取れます。

3.AR/VR×スマホアプリ

ARとVR技術が導入されたモバイルアプリケーションは市場を圧巻しています。AR技術はポケモンGOを代表とするゲームアプリ業界を大幅に飛躍させました。VRアプリは心理的な医療現場や不動産業界で活用されています。物件内覧はもはや現場に行くのではなく、VRで部屋を内見できるようになっているのです。 本資料は、NashTech Japan株式会社の親会社英国Harvy Nashの調査資料の翻訳になります。英語資料はこちらからPDFをダウンロードしてもっと読む

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.