NashTechは引き続きCMMI(能力成熟度モデル統合)最高水準、レベル 5を達成しました

NashTechはCMMI Instituteによって正式に発行された CMMI(能力成熟度モデル統合)において最高レベルのレベル5を継続認証されたことを誇りに思います。

CMMIとは?また、レベル5達成のメリットは何でしょうか?

能力成熟度モデル統合 (CMMI) は、企業のソフトウェア成長プロセスを開発・改良するために利用される単一改善フレームワーク方法論です。プロセスがどのくらい体系化され、成熟しているかを5段階で表します。

CMMI成熟レベル5は、継続的にプロセスパフォーマンスを向上させることに焦点を当てます。品質・プロセスパフォーマンス目標が設定され、ビジネス目標とパフォーマンスの変化を反映させるために、絶え間なく見直されます。そして、継続的な管理プロセス改善のための判断基準として使われます。

このプロセス向上の効果は統計や他の量的手法を用いて測定され、品質やプロセスパフォーマンス目標と比較します。

Cuong-Nguyen-low-res

ベトナム代表取締役、グエン・フン・クオン氏

NashTechベトナム代表取締役グエン・クオン氏はこのように言います「CMMIによる評価を、弊社は非常に価値の高いものと考えています。プロセスと技術のサポートの基準が明らかになることで、弊社の活動の改善を継続的に測定することができます。改善に焦点を当てることは、顧客の満足度を上げることにつながります」

NashTechでは、ビジネス目標とパフォーマンスニーズの定量的な理解に基づいてプロセスを継続的に向上させています。この方法を用いて、プロセス内の変動と起こりうる結果を弊社は把握しています。