今更聞けない、オフショア開発とは?メリット・デメリット・現状・課題を徹底解説

本記事では、国内でエンジニアが不足し人材コストが高騰する中で、多くの日本企業が活用する「オフショア開発とは?」について解説します。「オフショア開発で失敗した」という企業がいるのも事実である中、ベトナム最大手のオフショア開発会社であるNashTechがオフショア開発導入のメリットとデメリット、現状と課題を紹介し、失敗しないオフショア開発導入方法についても解説します。

ソフトウェアやシステム開発だけでなく、AIやブロックチェーンと言った先端技術の開発にも強みを持つ英国資本NashTech Japanの最新事例も交えてご紹介するため、本記事をぜひ御社の「オフショア開発」導入のご検討にお役立てください。

今更聞けない、オフショア開発とは?

オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、スマホアプリ開発、からAIやブロックチェーン、VR/AR/MRといった先端技術の開発などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースする手法のことをいいます。

国内でエンジニアリソースが不足する一方で、コストが高騰する中で国内と比較して安価な価格で、国内品質と遜色ない開発を行うことができます。実際、国内のエンジニア採用には多くの企業が頭を悩ませています。採用コストは安くなく、人件費も高騰しています。国内の開発会社の単価も高騰している中で、多くの日本企業が活用するオフショア開発を導入した経験を持ちます。

さらに、近年AIやブロックチェーン、VR/AR/MRといった先端技術のビジネスのへの導入が世界で進む中で、現地の大学と共同で先端技術の研究を進めるオフショア開発会社の開発技術は国内開発会社と比較しても遜色ないものとなっています。そのため、現代ではオフショア開発を活用することが、日本企業にとってよりポピュラーな手法となっています。

しかし、海外の開発会社を活用するにあたって、「失敗した」という声がなくはないというのも事実です。事実、オフショア開発を初めて導入したものの、コミュニケーション方法や商習慣の違いにより、「納品物に満足行かない」「納期遅れ」などによりオフショア開発導入に失敗したと言う企業もいらっしゃいます。そこで、改めてオフショア開発導入のメリット・デメリットをご紹介した上で、オフショア開発市場の現状と課題、失敗しないオフショア開発導入方法を徹底解説します。

オフショア開発導入の3つのメリット

オフショア開発導入の3つのメリットをご紹介します。

国内のIT人材不足問題を解消

1つ目のメリットとしてあげられるのは国内のIT人材(エンジニアリソース)不足問題を解消できる点にあります。ソフトウェアやシステム開発人材、特にブロックチェーンやAI、VR/AR/MRといった先端技術の開発を行える人材は国内では限られています。国内で人口減少が進む一方でビジネスに於いてIT需要が高まる中、海外の優秀な人材が日本国内の問題解決の糸口となります。

低コスト高品質の開発を実現

オフショア開発の導入は国内のIT人材不足問題を解決するだけでなく、低コスト高品質の開発を実現します。過去には、低コストの一方で低品質の開発によりオフショア開発に満足のいかない日本企業がいたのも事実です。事実、現在でも低コストの一方で低品質のサービスを提供してしまっているオフショア開発企業もいます。

しかし、特にベトナムのオフショア開発では日本企業向けの開発経験が増加していることに加え、ベトナムの国自体が日本向けオフショア開発を主産業に育てるために大学教育でのIT教育の推進、日本語学習の促進を行っているため、優秀な人材を抱えるオフショア開発会社は国内の開発会社と遜色ないパフォーマンスを発揮します。特に、先端技術分野においては国内の開発会社も苦戦する中で独自の研究開発を行うオフショア開発会社の技術は国内以上となっているケースもあります。

NashTechでも、日本だけでなく欧州向けにオフショア開発サービスを提供する中で、ベトナム国内の優秀な人材のみを囲っており、現在では2000名を超える人材が世界中の開発案件を低コスト高品質で行っています。

中小企業から大手企業まで活用可能

オフショア開発は中低コストで開発を行いたい中小企業から、大規模開発のためのリソース確保をしたい大手企業まで活用することが可能です。NashTech Japanでは、お客様に低リスクでの運用導入を行っていただくため、短期間少人数の運用サービスから提供しています。大手企業には、少人数から始めていただき、運用を通して弊社の人材に満足していただき、運用を拡大していただいています。1人〜100人規模の開発案件まで幅広く対応することが可能です。

オフショア開発導入の3つのデメリット

オフショア開発導入の3つのデメリットをご紹介します。

開発会社によってクオリティが異なる

海外のエンジニアリソースに目をつけ、現地でオフショア開発会社を立ち上げる日本企業や、日本向けの開発を行うために、現地資本でオフショア開発会社が立ち上げられるケースが増えてきています。そのため、前述したようなメリットもすべての開発会社に当てはまるわけではありません。そのため、オフショア開発を導入する際は、開発実績や企業の透明性などを十分に調べてから選ぶ必要があります。

商習慣の異なりに適応する必要がある

日本とベトナム現地の商習慣はやはり異なる部分もあります。コミュニケーションや使用ツールなど、日本独自のものが存在するのも事実です。もちろん、ベトナムのオフショア開発会社は日本向けに開発リソースを提供するにあたって、日本市場への理解を深め、適用を心がけています。その中で、開発を最適化するためには、発注する日本企業側のオフショア開発会社や現地の商習慣の異なりへの理解も大事になります。

商習慣などの異なりがあることを理解することで、中長期的な視点で開発をアウトソースする視点を持てます。中長期的にITアウトソーシングの需要が高まる中で、双方の相互理解が開発を最適化させます。

中長期視点が必要となる

前述したとおり、オフショア開発を導入する際は中長期的な視点を持つことが必要となります。双方のコミュニケーションの規則化が進まない中で、導入当初は期待以上の結果が出ないケースもあります。しかし、オフショア開発会社の日本側の担当がお客様と密接にコミュニケーションを取り、改善し、中長期的な運用で100%以上の成果を上げます。

中長期で御社専用の開発チームを提供することができるオフショア開発において、導入当初から中長期な視点を持つことがオフショア開発導入に失敗しないために必要となります。

オフショア開発市場の現状・課題とは?

今後、より多くの日本企業がオフショア開発導入を進めることが予測される現在、ベトナムのオフショア開発市場では日本向けのサービス提供を改善するために、人材の教育レベルから改善が進んでいます。オフショア開発の難しいと言われていた1つの点であるコミュニケーションロスを解消するために、現地の大学では第2カ国語として日本語の選択が促進されていて、意欲的に日本語を学ぶ学生も増加しています。そのため、多くのベトナム人は日本語を話すことが可能です。もちろん、英語会話も可能で、コミュニケーションロスの問題は解決されつつあります。

また、先端技術においては、現地の大学と共同で研究開発を進めるオフショア開発会社が増加しています。実際にNashTechでもAIやブロックチェーン、VR/AR/MRといった分野で常に研究開発を行っており、実際の開発に活かされています。そのため、日本国内開発会社以上のパフォーマンスを発揮することが可能です。事実、NashTech JapanではGoogleやHONDAといった世界でも名だたる企業の開発案件も請け負っています。

現状挙げられる課題としては、高品質サービス提供における市場全体の底上げの必要性です。初めてオフショア開発を導入する企業の中では、期待以下の結果に不満足で終わってしまう企業もいて、低品質なサービス提供を行ってしまっている企業がいるのも事実です。しかし、市場全体の品質改善こそが、今後日本企業によりオフショア開発を導入していただくために必要なことだと思っています。そのために、NashTechでは常に高品質サービス提供、納期の遵守を徹底しており、弊社の成長が市場全体に好影響を与えると信じています。

オフショア開発の今後を予測

今後は先端技術においてオフショア開発を導入する日本企業が増加することを予測しています。事実、NashTech JapanへもブロックチェーンやAIの導入へのご相談は急増しており、欧州向けのブロックチェーン開発導入実績を持つ弊社にすでに開発をアウトソースしていただいている多くいらっしゃします。日本国内でも大規模な先端技術の開発を行うことは容易ではない中で、オフショア開発会社は同分野でより大きなメリットを日本企業に提供できる様になっていくことが予測されます。

まとめ

オフショア開発導入にあたって、メリットだけでなくデメリットも存在することは事実です。一方で、日本国内のIT人材不足が深刻である中、今後多分野でオフショア開発会社導入が進むことが予測されます。失敗しないオフショア開発を実現の鍵はパートナー選びにあります。本記事を読んでいただき少しでも弊社にご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にご相談ください。日本のオフショア開発専門家がすぐに対応させていただきます。