ニュース

ブロックチェーン技術導入企業が急増する2つの理由|最新導入事例もご紹介!

ブロックチェーンが登場したのは世界がスマートフォンやアプリに馴染み始めた2008年であったにも関わらず、最近のビットコインブームでようやくその技術が注目されるようになりました。 ブロックチェーンの技術ははまだ初期段階である一方で、インターネットやソーシャルメディア同様に私たちの生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。 では、その2つの理由をご紹介したいと思います。 アカウンタビリティ(説明責任)と透明性の保証 ブロックチェーンは会社内の説明責任と透明性の在り方を変えることができます。ブロックチェーンはトランザクション(取引)を記録する、非常に明快で分散された技術です。 今までの中央集権型のトランザクション管理方法とは異なります。わかり易い例で言うと、今までは信用があると言われている銀行という中央集権のもとに発行されていた通貨ですが、全ては銀行が管理していたのです。つまり、銀行次第で発行数であったりを管理できるだけでなく、情報を操作することが可能だったのです。 しかし、ブロックチェーン技術を活用すれば中央集権無しで管理することができ、分散型の通貨として注目を集めたのが暗号通貨なのです。 また、ブロックチェーンは効率的で安価に、セキュリティが確保された公文書を作成することができます。つまり、財政面を気にせずに選挙の投票で透明性を担保したり、文書の作成日時が正しいことを証明できます。 一度記録された情報を改ざんされることもありません。 そのため、議論の余地のない正確な記録は、ヘルスケア業界、自動車業界、金融業界等どの分野においても、説明責任と透明性を保証することができます。 産業界で大変革を起こす ブロックチェーンの能力を活用している主な業界の一つは、人材業界です。これまで、ブロックチェーンは人材業界の2つの大きな問題を解決するために使われてきました。1つは基礎検証、もう1つはトランザクション(取引)のプロセスです。 基礎検証とは、雇用主やエージェントが個人の身元を確認する作業で、トランザクションとは、例えば新しい仕事などの最終的な目標を達成するまでのプロセスです。 Recruitd社のイアン・ホロックス氏は「求人市場は、飾られた履歴書や虚偽の証明書や汚れたデータで溢れかえっています。 86パーセントの雇用主が履歴書の偽りを発見したことがあると言い、残りの14パーセントは発見できなかったということでしょう。しかし、従来の求職者の身元確認方法は高価であり、雇用主にとっては時間がかかりました。 そこで、我々がブロックチェーン技術で構築しているのは、全ての雇用関連の詳細情報を1つのブロックにまとめるプラットフォームです。 このブロックはネットワークによって自動的に検証され、電子署名が添付されます。つまり、求職者、採用者、雇用者はこのスクリーニングの過程で様々な接点が与えられます。 スキル・職種・業界ごとに分散された求職者のランキングを作成することも出来るのです。 ブロックチェーンの影響力は想像されているよりもはるかに大きく、単にビジネスを成功させる新しい方法ではなく、今やビジネスそのものを変えています。そ のため、もし御社がブロックチェーンとはまだ関わって居なくとも興味を持っているのであれば、行動を起こすことが重要です。テクノロジーが急速に進化する現代では、行動を起こした企業のみ生き残っていきます。 次回のコラムでは、ブロックチェーンによって変革する3部門について、詳しく解説してみます。 成功へのステップ NashTechは、オペレーション、技術、構造、そしてリソース面から組織を見直すためにブロックチェーンについて真剣に考えている企業のCIOやいわゆるCXOに、アドバイスを行っています。技術の成功を妨げる可能性のあるハードルを調査、特定することは、御社にとって時間と費用の面で良い結果となるでしょう。 ブロックチェーン技術を御社のビジネスに導入する際、目的のはっきりした計画を立ち上げることと、他のリーダーシップチームの同意が得られていることの確認が必要です。もし経営陣から100パーセントの賛同が得られないなら、実行は難しいでしょう。 仮に彼らの同意が得られたとして、ブロックチェーンの複雑さを理解し、なおかつブロックチェーンが構築される基盤である.NET開発などを経験したチームを結成することが重要です。その過程はテスト、テスト、テストの連続であることが重要だと覚えておいてください。 十分にテストは済んだと思っても、さらにテストをしてください。 ブロックチェーンの未来は明るいです。この技術は今後活躍する場が膨大にあり、これは始まりにすぎません。さらに多くの業界がブロックチェーンのポジティブな意味を理解するに連れて、ビジネス界で変化が現れるでしょう。 NashTechはブロックチェーン革命を受け入れており、弊社のようにこの革命に胸を躍らせている企業から話を聞きたいと思っています。 ブロックチェーンの導入を検討されていましたらぜひご連絡ください!

デジタルトランスフォーメーション(変革)の実現手段とは?|最新事例も紹介

本記事では、近年注目を集めているデジタルトランスフォーメーション(変革)についてご紹介します。デジタルトランスフォーメーションという言葉の意味を誤解なく説明した上で、その実現方法に関してFordやシンガポール政府系投資会社への導入実例を交えつつご紹介します。 デジタルトランスフォーメーション(変革)とは? デジタルトランスフォーメーションという言葉を近年注目を集めていますが、その言葉の意味を明確に理解しているでしょうか?IT専門の調査会社であるIDC Japanはデジタルトランスフォーメーションを次のように定義しています。 「デジタルトランスフォーメーションでは、企業が外部エコシステム(顧客、市場)の破壊的な変化に対応しつつ、内部エコシステム(組織、文化、従業員)の変革を牽引しながら第3のプラットフォーム(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)を利用します。そして、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデルを通して、ネットとリアルの両面での顧客エクスペリエンスの変革を図ることで新たな価値を創出し、競争上の優位性を確立します。」 少し長い定義にはなりますが、ここで注目して頂きたいのは「内部エコシステムの変革を牽引しながら」という部分です。つまり、ただ製品やサービスをテクノロジーを利用してデジタル化するのではなく、組織風土や従業員の考え方まで変革させることがデジタルトランスフォーメーションの意味するところなのです。 デジタルトランスフォーメーションという言葉を正しく理解することが、企業を本当の意味でデジタル変革させる上で非常に重要になることは言うまでもないでしょう。 デジタルトランスフォーメーション(変革)の実現手段とは? では、このデジタルトランスフォーメーションをどのように実現するのでしょうか?結論から言うと、「デジタルに強みを持つ会社にアウトソーシング」することが最も確実な方法と言えるでしょう。なぜなら、組織風土や従業員の考え方までもデジタルへと変革させるとなると付け焼き刃の知識だけでは到底太刀打ち出来ないからです。 以下では、NashTechが御社のデジタルトランスフォーメーションの実績を交えて実際のデジタルフォーメーションの実現方法をご紹介します。 デジタルトランスフォーメーション最新事例の紹介|Ford、Surbana Jurong 米国自動車最大手「Ford」 Fordの案件では、駐車場のデジタル化を行いました。具体的には、運転手が目的地に到着する前に駐車場の空き状況を予測するために、IoT、GPS、ビッグデータ、およびAIを組み合わせた駐車場の開発です。このシステムでは、自動的にユーザーを空き状況の予測された駐車場に案内し、指定された場所に駐車するための費用とタイムスロットの期限が切れる時期をユーザーに知らせることが出来るのです。 シンガポール政府系統司会者「Surbana Jurong」 Surbana Jurongの案件では、ユーザーが仮想世界を見るだけでなく、触れて対話することを可能にするアプリケーションを開発しました。Microsoft Hololensを使用すると、このアプリでは、仮想現実内でユーザーが自分のアパートを表示し、レイアウトを選択し、実際に家具を設置する前に家具を配置することができるのです。 NashTechは御社のデジタルトランスフォーメーションを支援します イギリスの上場会社であるHarvey Nash Group plcの一員であるNashTechは、主にグローバル テクノロジー、コンサルティング 、アウトソーシング事業を行っています。ソフトウェアサービス, アドバイザリー、コンサルティング、ビジネスプロセスのアウトソーシングが当社の専門分野で、それぞれのビジネスニーズをサポートする最適な テクノロジーソリューションを、グローバル企業に提供しています。 現在では、9カ国にて事業を展開しており、世界中の国々のリソースを活用できることが我々の強みでもあります。近年では、CFNのNick Lonsidaleがベトナム最大のITアウトソーシング会議であるVNITO Conference 2017にて、NashTechの実績を世界中の企業の代表と共有しました。 ベトナムは、コンピュータサイエンスの分野で才能を持つアジアの新しい技術の中心地になりつつあり、政府の支援がICT分野への投資への道を開いています。 VNITOは、ITサービスの最先端の目的地としてのベトナムのイメージを宣伝し、バイヤーとベトナムのITアウトソーシングベンダーのためのビジネスマッチングプラットフォームを構築します。 この会議には政府、業界団体、業界の主要な関係者が参加し、業界レポート、ケーススタディ、トレンドと機会、人的資源、インフラストラクチャなどのトピックを取り上げています。 2000年に、成熟の早い発展途上国であるベトナムへと事業を展開して以来、NashTechはトップを維持するために継続的に変革を続けてきました。NashTechは20年近くベトナムに滞在しており、ベトナムで最大の外資系企業であり、2番目に大きいIT企業へと成長したのです。 過去20年間の劇的な技術革新とともに、NashTechは継続的に顧客に技術ソリューションを提供し、成長を支え、市場で競争力を維持するために必要な技術サービスを確実に提供してきたからです。私たちのビジョンは、新しい可能性を開発することに焦点を当てながら、テクノロジーとビジネスの革新者として組織を育成することです。 このビジョンの下、Google、Ford、NSKなど、世界で最も革新的な企業で国際的なプロジェクトに取り組むことで、当社は多くの経験を積んできました。 まとめ テクノロジーの発展に伴い、全ての企業でデジタルトランスフォーメーションは必須事項となりつつあります。また、デジタルトランスフォーメーションにおいてはアウトソーシングが一番の近道です。下記の記事では、なぜ日本ではデジタルトランスフォーメーション(デジタル化)が遅れているのかをご紹介しています。合わせてご覧になってみてください。 合わせて読みたい:デジタル化のメリットとは?欧米では進むデジタル化が日本で遅れている理由 Harvey Nash Group plcおよびベトナムで2番目にランク付けされたテクノロジ企業の一員として、NashTechはグローバルプロジェクトに革新的なITソリューションを提供しています。 NashTechが御社のビジネスを更に成長させる一助となれば幸いです。本記事を読んで、当社にご興味をお持ち頂けたらこちらまでお問い合わせ下さい。当社のIT専門家が迅速に対応致します。

10年連続の快挙!NASHTECHがベトナムでSAO KHUE賞を受賞

[2018年4月27日 ベトナム] ベトナムの大手ソフトウェア開発会社であるNashTechは、10年連続で名誉あるSao Khue賞を、ソフトウェア・アウトソーシング部門とBPO部門で受賞しました。 Sao Khue賞と共に歩んだ10年間、NashTechは常にベトナム最大規模のIT企業の1つであり続けました。人材と技術レベルにおける成長率の点でNashTechは常にベトナムでトップです。 これはベトナムのICTコミュニティの発展に対するNashTechの弛みない努力への最高の評価となっています。 2003年以来、Sao Khue賞はベトナムにおいて最も権威ある賞です。この賞は、ビジネスと社会の双方にとって最善のソリューションであると証明された製品、サービスを提供するICT企業と、経済効率がもっとも高く、ベトナムのICT産業の発展に多大な貢献した企業を表彰するものです。 過去15年以上Sao Khue賞は、ベトナム市場の急速な発展に伴い革新的な姿勢を示しており、IT変革の波とトレンドを押さえる努力を続けています。 ベトナムのAnphabe が行なう年一回の調査によると、2018年3月にNashTech Vietnamは、IT企業部門において職場環境の良さでトップ5に入りました。このような重要な賞を受賞したことで、NashTechが今後数年間、ベトナムのICT産業にサステナブルな価値を生み出すモチベーションとなるでしょう。 Sao Khue賞について Sao Khue賞は、ベトナムのICT産業を代表する非営利団体であるベトナムソフトウェア協会(VINASA)がスポンサーとなり、ベトナムのソフトウェアと情報技術産業の成長に多大な寄与をなした企業、エージェント、団体、個人を表彰します。 NashTechについて NashTechはアドバイザリー、ソフトウェア、ビジネスプロセス及びインフラストラクチャーにまたがるITサービスを通じて、革新的ビジネスとデジタルトランスフォーメーションを可能にします。企業のアウトソーシングとコンサルタントの要件をサポートするために、グローバルに活動しています。 詳細はこちらをご覧くださいhttps://www.nashtechglobal.jp/

ITプロジェクトを成功に導く3つの方法|おすすめプロジェクト管理ツールも紹介

2016年、Harvey Nash とKPMGによる世界のCIOを対象とした「CIO Survey」において、ITプロジェクト成功率が下がっていることが判明しました。本記事ではプロジェクトの成功率を高めるための3つの手法をご紹介致します。 そして、2017年版の「CIO Survey」では、企業のITプロジェクトの概要が詳細に調査され、プロジェクトの失敗に関する原因が明らかとなっています。プロジェクトの失敗の原因は、人材スキルや予算の不足ではなくオーナーシップの欠如であることが判明したのです。 どんなプロジェクトでも、プロジェクト開始時には最も早い段階でオーナーシップに注意が向けられます。だからこそ、オーナーシップの欠如がプロジェクト失敗の主な要因であることは驚くべき結果です。社内で承認されたPID(プロジェクト開始ドキュメント)が無いままプロジェクトを開始する企業はほとんどありません。 PIDは一般的に、資金、任務、責任、ガバナンスについて明記されているものです。つまり、オーナーシップの担保がないままにプロジェクトの承認が降りるはずがないのにも関わらず、オーナーシップの欠如がプロジェクト失敗の主な原因であることが判明しました。 では、なぜプロジェクトの成功率を高めるために、オーナ湿布を備えることも出来るどの様なプロジェクト管理を行っていくことが良いのでしょうか?本記事ではITプロジェクトを成功に導く3つの方法をご紹介いたします。 1.プロジェクトには予期せぬことも起こり得るということを理解する 複数の出資者や技術革新のペース、優れた技術能力を持つ人材へのアクセスというような原因によりプロジェクトが複雑かつ難解になるにつれて、多くは対応する規模の変化に追いつくのに苦労しています。 もしプロジェクトのライフサイクルの中で、ビジネスケースや要件、出資、内部プロジェクトチームが静止している場合、「オーナーシップ」は問題にはなりません。オーナーシップは通常通り明確に規定され、静止したままです。 海が波を立てずに非常に穏やかならば、カヌーで大西洋を渡ることができます。 プロジェクト環境が事前にしっかり確定されていれば、プロジェクトを難なく実行することができます。しかし、どちらの状況も現実的ではありません。 大西洋を安全に航海するには、頑強な船が必要です。あらゆるプロジェクトで変化は起こり得ることであり、プロジェクトにおいて事前に想定できなかったような問題や課題が起こり得ると根本的に認識するプロジェクト管理の手法が必要となります。 ちょっとした変化により生まれる問題や課題に対して、事前に想定できていなかったことが起きてしまったと諦めてしまうオーナーシップではプロジェクトを失敗の方向に向かわせてしまいます。 プロジェクト管理においてあらゆる手法を取り入れる 多くの企業では外部向けの受託開発を二つの方法で処理しています。一つは反復的なアジャイル開発のアプローチで、もう一つは厳格な変更管理を実施する方法です。 アジャイル開発は、納入品が受け入れられる可能性を確実に高めます。プロジェクトの不確定要素は、最後の段階のユーザー受容テストで発見され修正されるのではなく、開発の段階で発見されて処理されます。 そのため、短いスパンでPDCAを回し開発を進めるアジャイル開発の手法を取り入れることは納入品のクオリティーをあげることができます。 厳格な変更管理は、主となるプロジェクトを継続して追跡し、リリースのスケジュールが遅れさせてしまう拡張機能の開発を延期させます。 しかし、このような方法は外部向けの受託開発のみで扱われます。内部プロジェクトにおいてはどうなるのでしょうか。 ほとんどの内部プロジェクト管理プロセスは、資金と概算時間への影響に焦点を当てます。ステークホルダー・マップやコミュニケーション計画、そして元々のビジネスケースとPIDが想定する他の事項に調整が必要なのかどうかには、ほとんど気を配りません。 資金と概算時間への影響に焦点を当てられる続ける結果、プロジェクトが進むにつれてオーナーシップが弱くなるのは不思議なことではなく、これがプロジェクト失敗の1番の原因となるのです! さらに、プロジェクトマネージャーを含むチームの主要メンバーがプロジェクト中のどこかの時点で交代することも予期されます。 しかし、全てのメンバーは全ての人間関係が「重要」とみなされるはずです。チームメンバーの誰一人として重要ではないメンバーは居なく、「ただのテスター」や「ただのユーザー」ではないのです。全員に役割があり、関係者が一人でもプロジェクトから離れた際、その損失を補完する移行計画はあるべきではありません。その様なオーナーシップが全メンバーに必要となるのです。 すなわち、プロジェクト管理のためにはプロジェクトメンバー全員の協力的なアプローチが必要なのです。 共同開発ツールを活用する プロジェクトの状況を最新にするために長丁場の会議に出席し、エクセルシートでリスクと問題点を管理し、要求・更新・リマインダー・苦情などのコミュニケーションをEメールに大きく依存する従来の伝統的なプロジェクト管理方法は、効率的ではありません。 このプロジェクト管理方法では、誰かがプロジェクトを離れる際に次の担当者にスムーズに引き継ぎすることが難しいです。 ツールも一元化されていなく、アナログの会議のみで進むはなしのログが保証されていることもなく、引き継がれる担当者もどういうプロセスでプロジェクトが進んできたか把握するのは簡単ではありません。そして、現存のチームが現況の進捗などを把握することですら難しいかもしれません。 内部プロジェクトの変化を管理する非常に良いアプローチは、共同開発ツールの活用です。 これは、外部プロジェクトにおいてアジャイル開発が必要不可欠であることと同じくらい、プロジェクトの成功には必要不可欠な手法です。 プロジェクト状況の進捗を報告する全ての会議に誰もが出席できるわけではありません。また、進捗やプロセスの変化が報告されるEメールを全て読めるわけでもありません。 しかし、共同開発ツールを導入するとそれらを一元的に管理できるようになり、プロジェクトのコミュニケーションと管理の中心となります。 NashTechはプロジェクト管理をサポートするために、いくつかの共同開発ツールを使用しています。Sharepointとスカイプの一般的なメリットはさておき、弊社のプロジェクトチームはJiraを広範囲に活用しています。 このツールは従来のスプレッドシートへの依存を断ち切り、プロジェクトへの参加者(開発者、テスター、プロジェクトマネージャー等)がプロジェクトの進捗状況を追跡する、共有のデータベース・レポジトリに直接アクセスできるようにします。 弊社はこのツールを、バグ・レポートとして、またプロジェクトの課題に注釈をつけて提示するために、広範囲に利用しています。 特定のプロジェクト変更の通知を受ける要請と組み合わさったワークフローによって、影響を受けるのはどの人なのか、どんな決定が必要なのかを知ることができ、情報の流れを大幅に増やすことができます。 さらに、このツールは意思決定プロセスの速度を上げるのに役立ちます。 プロジェクトマネージャーなら誰でも知っているように、プロジェクトの成否を確定するのは決定のスピードなのです。。NashTechのプロジェクト管理アプローチと、世界中の顧客に向けて展開するソリューションに関しては、こちらにお問い合わせください。  

2018年 投資すべき4つの最新技術|スマホアプリ、IoT、インターフェイス

本記事では、2018年最新版の今日本企業が投資すべき4つの最新技術をご紹介します。常に進化し続けるテクノロジーを自社ビジネスに取り入れることを検討している企業は急増しています。その中で既存のアプリやソフトウェアにどう最新技術を組み込むか、どの分野に投資を拡大するべきか、ルーマニアのIT開発会社であるWayfareのCEOウィム・マーティンに解説してもらいます。 NashTechとWayfareのパートナーシップは、世界でテクノロジーのトレンドが目まぐるしい成長を遂げる中で、お客様のビジネスに最新のITソリューションを提供しています。 Wayfare社のCEO、ウィム・マーティンはこう説明します。 NashTechとルーマニアのニアショア開発会社であるWayfareは、既存の導入技術を無駄にしないITソリューションを提供しています。昨今の機敏なビジネスの変化の要求に応えて、新しい機能で既存のアプリケーションを最新の状態にすることが開発の主要な点です。 一つの契約のもと、お客様はニアショアとオフショアのソリューションの全ての利点を活用することができます。 NashTechとWayfareのパートナーシップによって開発されたProgress技術により、従来のアプリケーションを実行しているお客様に、社内スキルに投資することなしに、ニアショア開発を提供します。WayfareのCEO、ウィム・マーティンは、トレンドとなっている技術が広い分野にわたってお客様の心を捉えている現状と、また企業がそれらに投資するメリットを解説しています。 「既にProgressを利用しているお客さまには非常に大きな好機があります。実際、20年に渡って数々のアプリケーションを利用しているお客さまがいらっしゃいます。しかし、世界はよりアジャイルな方向性に向かっており、10年〜20年前に構築されたアプリケーションは新しい課題に対応するために近代化しなくてはならないのです」とマーティンは言います。 企業はこれまでに、事業の基盤となるアプリケーション開発のために巨額の投資をしてきました。テクノロジーが数年で急速な進化を見せる現代のビジネスに適合するために、既存のアプリケーションを捨ててしまい一から再び開発することは、現実的ではなく費用対効果も良くありません。 そして既存のアプリケーションの大半は現在のビジネスで重要な役割を担っているため、現代化に向けてのアプローチは簡単なものではない、とマーティンは言います。 「そして、これらのアプリケーションのあまりにも多い機能が、顧客にとっての課題でした。モジュールを特定し、それらを一つずつ再構築する場合、構築に40年もの長い時間をかけたアプリケーションを一度に再構築することはもはや不可能に近いことです。」とマーティンは言います。 つまり、ソフトウェア開発の以前のバージョンで行われたあらゆる投資は無駄にするべきではなく、再利用されるべきなのです。 では、近年企業にとってテクノロジーを取り入れた最も需要の高い4つの機能をご紹介致します。 スマートフォンアプリ 移動中でもさまざまな機器からソフトウェアにアクセスすることができるスマートフォンアプリケーションの需要は、非常に大きい潜在的メリットをビジネスに提供しています。近年、スマートフォンアプリの生産性、効率性、顧客との関連性がビジネスにおいて認識され、スマートフォン機能の要件が爆発的に拡大したことには頷けます。 もちろんシステムが侵害されないように、セキュリティ面が最優先の課題であることは言うまでもありません。「これには安全な環境が必要であり、特定の情報を利用しながらできるだけ効果的に実行されなければなりません」とマーティンは言います。 ビジネスプロセス管理 ビジネスプロセスルールを管理できることは取引が行われるビジネスに大きなメリットを与えます。ビジネス・プロセスルールを管理できることは、ビジネスにおいて従来は不可能であったプロセスの自動化を可能にします。 この方法はユーザーが定義したプロセスをルーティング化できるツールを使用し、企業に柔軟性を持たせます。「コーティコン・ビジネスルール・エンジン」は、誰もがプログラミングをせずともアプリケーションの外にあるビジネスルールを管理できるようにします。 このような洗練された自動意思決定プロセスで、開発と変更のサイクルにかかるコストを90%まで減らすことができます。 ビジュアルインターフェイス 10年前のユーザーインターフェイスはデータを表示することが重要でした。しかし現在、ビジュアル機能はアイコン、ボタン、画像の範囲までユーザーエクスペリエンスとして期待されています。アプリケーションのユーザーエクスペリエンスを向上させることは、単にアプリケーションの見た目を良くするだけでなく、効率性と生産性においても優れさせる要素となりました。 「アプリケーションを販売する場合、最近ではインターフェイスも含めた操作の全般的な印象が非常に重要で、完璧に近づけなければなりません。実際お客様が期待しているものは、それなのです」とマーティンは言います。 IoT – モノのインターネット インターネット経由で通信し、デバイスで有益なデータをストリーミングする機能はビジネスの生産性を上げるでしょう。IoT分野は今後市場規模が拡大することが予測されていて、2020年には4,400億ドルがIoT(モノのインターネット)に費やされるとアナリストのガートナーは予測しています。「データをストリーミングし、リアルタイムで分析し、積極的に対応することです」とマーティンは説明します。 これらの市場動向はProgressアプリケーションの既存ユーザーに当てはまるものです。 「行動を起こしたい、またはより競争力を上げたいというユーザーは、以上の動向を検討する必要があるでしょう。それによって目標を達成させることができます」とマーティンは言います。 弊社NashTechとWayfareが貴社のビジネスを変えます。詳細についてはこちらまでお問い合わせ下さい。 ジョージナ・ジル(経営企画責任者) Eメール:georgina.gill@nashtechglobal.com 電話:+44 (0) 7392 086 159

ITイノベーションを成功させるための5つのステップとは?

近年、世界でテクノロジーが急速に進化するとともに、多くの日本企業もITを自社に取り入れる、もしくは自社で新たなテクノロジーを開発して「イノベーション」を起こそうとしています。「イノベーション」はこれまでの顧客体験の常識や企業のあり方を大きく変えうるものです。 しかし、各社がイノベーションを目指す中で失敗する企業がいるのもまた事実です。では、イノベーションを成功させる企業と失敗する企業の違いとは何でしょうか?英国から世界中のイノベーションに携わるNashTechの専門家がITイノベーションを成功させるために必要な5つのステップをご紹介致します。 「何でも知っている」よりも「何でも学んでやる」 マイクロソフトCEO、サティア・ナデラ氏によるこのアドバイスは、元々彼の子供たちに向けられたものですが、ビジネス業界でも彼の哲学から学ぶことは多くあるでしょう。 そしてこの一言以上に、ITビジネスにおけるマネジメント改善のために必要な業務を説明できる言葉はありません。通常、既存のシステムや価値観を新しいものに置き換えるか、新しいシステムを組み足すことこそがビジネスの現場におけるイノベーションであり、それ以上のことはないと考えられてしまいがちです。 しかし実際のところ、イノベーションとは段階を踏んで起きるものです。一見、イノベーションと言われるものは何かが突発的に変わるように見えるかもしれませんが、実は多くの段階を踏んでいるのです。 イノベーションに至るまでの段階においては人力で地道とも言える作業が必要となります。 イノベーションを起こす際には、関わる人間の行動、態度をも変化させることが必要であるのです。人を変化させるということはITプログラムを導入すること以上に難しいことです。 最善のIT実践法を全業界に発信する独立機関であるIVI(イノベーション・バリュー・インスティテュート)によると、ITは他の分野全く異なる分野として切り離されてきたため、そのための苦労が続いてきたと発表しています。 通常、IT部門はそれ自体の価値よりも直近のコストに比重が置かれます。しかし、ビジネスにイノベーションを起こす最新のITだからこそ、段階が必要であり、中長期的な観点での投資が必要なのです。 この10年でテクノロジーは急速な勢いで進化を果たしました。今では当たり前の様に使われているスマートフォンなどは10年前には当たり前ではなかったことを皆さんは覚えてらっしゃいますか? しかし、これは驚くに値することではありません。 なぜなら、現代のITの専門家は常に学び、新しい技術と現代の社会を適応させてきました。テクノロジーは約束された答えなどなく、次から次へと開発され改良され続けるシステムですが、だからこそテクノロジーに対して今まで通用したソリューションや常識などはもう役に立たないのです。 テクノロジーの進化とともに、テクノロジーに対する私たちの新しい価値観や考え方の構築も非常に重要となります。 とはいっても、多くのITこそ企業の社長や役員、従業員たちもITビジネスにおけるマネジメントや、ITを活用したビジネスへの最善のアプローチ法を学んでいる段階です。しかし、既にいくつか効果を確認できた方法があります。 マイクロソフトCEOのサティア氏が言うように、それらの方法は「仮説の検証」いう形で立証されていきます。以下、ITイノベーションを成功させるための5つのステップをご紹介致します。 1.イノベーションには時間がかかることを理解する イノベーションを起こすまでの変化は段階的に現れます。イノベーションを実現させる期間の設定は不可欠でです。また、イノベーション短期ではなく中長期でを実現されることを理解し、プロジェクトの期間を設定することで客観的、現実的な目標設定が可能となります。経営陣にとってこの作業は中長期戦略という位置付けとなります。 イノベーションというと短期的な観点で見てしまい、短期で結果が出なければ中止してしまうこともありますが、簡単ではないからこそイノベーションであることを理解しましょう。 2.イノベーションが現在の業務習慣にも影響することを理解する 自分の提案したイノベーションは現場の人間にどんな影響を及ぼすことが想定されますか?現場の人間のワークフローに対しての効果はどのようなものですか?イノベーションが実現した後にもたらされる変化により誰がどのような動きを再構築しなければならないでしょうか?イノベーションを維持していくために誰と誰がより緊密に動く必要があるでしょうか? 「なぜ?」から始めることの大事さを教えてくれるのはサイモン・シネック(2009年ベストセラー『WHYから始めよ!−インスパイア型リーダーはここが違う』の著者)だけではありません。企業の業務習慣とは組織における心臓と言っても過言ではありません。 そのため、いくら既存の考え方や業務を大幅に改善するイノベーションを提案できたとしても、既存の業務習慣を考慮しないことは周りからの反発を受ける可能性があるだけではなく、ビジネスとしても悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。そのため、イノベーションビジネスだけではなく社員の業務習慣に及ぼす影響を理解することは、イノベーションそのものと同等に重要です。 3,イノベーションにとって「計画」は重要 突発的に起こるイメージの強いイノベーションですが、イノベーションにおいて計画することは非常に大切なことです。まずはイノベーションを実行する上での技術面での改善を計画すること、それから人員や組織、物流面でのイノベーションを計画します。 イノベーションを起こすときには、組織実働部の本質を常に認識していることが大事です。計画は、あたかもそれが呼吸をしている生き物であるかのように扱うべきです。チーム全体が計画の文書化、更新、参照作業に責任を持ち、実効的なプロセスに仕上げなくてはなりません。 もちろん、何が起こるかわからないことも計画する必要性もあり、何が起こるかわからない可能性をできるだけ0に近づけることが計画において重要となります。 4.社内のための研修計画の必要性を理解する 新しいイノベーションを企業に定着させるには、社内での研修は必ず必要となります。スタッフのスキルアップ、またチームが新しく導入されたテクノロジーに順応するためには、どのような手段を取ればよいでしょうか。きっとその人その人に応じて違った手段を取ることになるでしょう。 研修担当者への研修も必要となるかもしれません。研修は内部研修かそれとも外部研修でしょうか。オンライン研修で十分ですか?それともオンライン研修でなくてはならないですか?あるいはもっとインタラクティブに行われるワークショップを開催した方がより効果的でしょうか。 イノベーションを適合させるために、イノベーションを理解し社内で研修を組むことが重要となります。 5.イノベーションの最中に必要となるサポートを事前に準備する イノベーションはスイッチ一つで起きるものではありません。計画が実施される時、現場の社員は様々なサポートを必要とするでしょう。イノベーションを目ざす段階に社員が要する実際的サポートを、先んじて用意しておくことが肝心です。 これには普段から現場で顔、名前、評判を知られている者が主要人物の役割を担うこととなります。イノベーションは(ビジネスの)神様に委ねるしかないと考える者もいるでしょうが、この際に皆から求められるものは、現実的手段を知る者からの指導なのです。 Nashtechは、企業と誠実なパートナーシップを結び、組織変革プログラムを実現させます。アドバイザリーチームはIVIとの提携により、プログラムを迅速かつ効率的に展開するための識見、知見を備えています。 NashTechの提供する「IT導入効果ファクトシート」は、企業変革プログラムを始めるのに最適なツールです。 このツールにより、企業はIT部門の強み、課題をより深く理解し、IT部門をより有益、重要な部門へと育てるための過程、課題を明確化出来るようになります。 ご連絡先: ヴィッキー・チャン, カントリー マネージャー Email: vicky.chan@nashtechglobal.com 電話: +81 3 6863 4448

デジタル化に失敗する理由とは?デジタル導入を成功させるための3つの法則もご紹介

人はすぐに得られる報酬がない限り、一般的には変化を諦めてしまいます。例えば、ジムに通うことを想像してみてください。理想の体型を手に入れるためにジムに通い始めたものの、たった一週間や二週間という短いスパンでは驚くほどの体重は減らないと、ジムに通うお金も時間ももったいないと理由をつけ、突然ジムに通うモチベーションは下がり、変化することを諦めてしまいます。 企業においてデジタル化を導入する際にも同様のことが言えます。 もちろん、そもそもそれが「良いアイディア」なのかどうかさえ分からない場合はまた別の話になりますが、企業がデジタル変革を行う際は、デジタル化により仕事のやり方が変化したり、仕事自体が消えたりするという変化を伴う上に、成功する保証もありません。 既存のやり方を変えてリスクを取ることに対して世界中の企業ですら抵抗感を抱えてしまっています。2017年 Harvey Nash/KPMG CIO 調査 (この分野における世界最大の調査)において「変化への抵抗」がデジタル変革の最大の障壁となってしまっていた事実も不思議ではありません。 本記事では、人々がデジタルイノベーションに抵抗してしまう理由を紐解き、そういった抵抗感への対応策をご紹介したいと思います。前提として一つ挙げたい議題があるのですが、デジタルのことだけではないですが、人々は変化へ抵抗するにもかかわらずなぜイノベーションには大騒ぎするのでしょうか?確かにイノベーションは人類の進化には必要なステップであり、生活や仕事が進化することは良いことですよね?新しいアイディアが生まれたら試してみるのは自然なことではありませんか? しかし、どうもそれは違うようなのです。19世紀の哲学者であり心理学者であるウィリアム・ジェームズは次のように人間の性質を上手くまとめています。 「人々は新しいものに出会った時、『それは本物ではない』と言います。後にその真相が明らかになると、『それは重要なことではない』と言い、そしてその重要性が無視できなくなると『ともかく、それは新しいことではない』と言うのです」。 ウィリアム・ジェームズが言っていることから分かることは、人々は特に新しいアイデアに対して直感的に疑問や抵抗を持ってしまうということです。実際にいくら画期的なアイデアだとしてもそれを実行しようとするのは難しいということも、新しいアイデアに対して人々が疑問や抵抗を抱いてしまう理由の一つとして挙げられます。 また、軍隊の格言に「いかなる戦術も眼前の敵には無力だ」というものもあります。(マイク・タイソンはまた『どんな人も、顔面にパンチを受けるまでは戦術を持っている』と彼なりの言い方で言っています) 上記の格言はスティーヴン・プール(参照:新しいアイディアについての驚くべき歴史)からの引用で、この本ではどうしてイノベーションが「顔面にパンチを受ける」ように感じられるのかを歴史から紐解いています(変化する人だけではなく、変化を起こすイノベーターも同じ様な気持ちを変化に対して抱いているということです)。 実際、よく使われる「硝酸と心を掴んで勝つ」というフレーズは、元はというとスティーヴンの本の中の、1950年代のマラヤの対ゲリラ作戦を率いたイギリスの司令官、サー・ジェラルド・テンプラーの回想記で使われていた言葉でした。 彼はこのように言いました「困難の25%だけが戦場にあり、75%はマラヤの人々のハートとマインドを掴むことだ」。ビジネスにおいても同様のことが言えます。イノベーションを起こすためにも「困難の25%だけが現場にあり、75%は市場(人々)の称賛と心を掴むこと」が大事なのです。 では、デジタル変革の話に戻りますが、なぜ人々はデジタル変革に抵抗するのでしょうか?この質問に答えるために、SaturnF1の創立者であるアラン・ワハにインタビューを行いました。SaturnF1は、デジタルGo-To-Market戦略で特定の業務を行うグローバル企業グループからのスピンオフ企業です(SaturnF1がスピンオフ企業であるという事実は、デジタルイノベーションへの抵抗に打ち勝つ手がかりとなりますが、その話はまた後に)。 なぜ人々がデジタルに抵抗するかに対して、アランは「人々はキャリアのために『失敗のリスクが少ない仕事』をするのです」と答えました。つまり、仕事とは常に成功が基準であり、わざわざ失敗するリスクを取ってまでデジタル変革を導入することを避けています。 しかし、革新的なデジタル環境の中に身を置くアランはこのように言います「どんな組織や個々人においても継続的な改革は必要です。なぜならテクノロジーの進歩は非常に早く常に進化し続けているからです。また、テクノロジーの進化は速く、その方向性は誰もわかっているとは言えませんが、だからこそ改革が必要なのです。」。 そして、彼は話を具体的にするために、部屋の後ろへ40歩下がることを想像してください、と言いました。「もし指数関数的な速度で前進するとしたら、どこまでいけると思いますか?太陽ですよ」。 急速に進化する技術革新は人々に抵抗感を与えるのと同様に、企業や組織にさえも危機感を与えています。 昔から存在する企業は企業は長年の年月をかけサービスや機能を構築し提供してきました。その様な企業は、デジタル化を導入することは築き上げてきたビジネスを「破壊」してしまうのではないかという危機感を覚えてしまっています。 もしスタートアップ事業を0から始めたのなら、失敗は怖いものではありません。成功のために失敗してしまっても改良を重ね、新しいことにチャレンジしたりすることで成功することを彼らは知っています。 スタートアップの経営者は失敗は経験であるというふうに捉え、常に失敗の経験を次に生かしています。むしろスタートアップの間では、早く失敗しそこから早く学ぶことは良いこととされているのです。しかし既に成長した大企業の場合にとって、その様に考えることは難しく、失敗はリスクなのです。 では、デジタル率先力を考えている企業は、収益性よりデジタル化導入のための学習を優先すべきでしょうか?アランの見解では「個人ベースで考えると、そうではないでしょう。しかし、経営陣はポートフォリオの手段を取るべきです。そのためにはベンチャーキャピタリストの思考が必要です。ベンチャーキャピタリストは、ポートフォリオ全体の内部収益率を見て、事業がどこのステージ(例えばシードステージ、スタートアップ、ブリッジ など)にあるかに応じて投資をします。 スプレッドベッティングにより利益も損益もあるでしょうが、おそらく利益が出るでしょう。 デジタルイノベーションを成功させるために、アラン氏は3つの考慮すべき事項があると言います。 御社のITチームは素晴らしいですか? 企業がデジタル業務を実行する方法を考える際、一般的な手段はプロジェクトをノウハウやスキルを持った開発会社にアウトソーシングすることです。しかしアウトソーシングを活用する方法は、実績があり適切なスキルを持ったチームにより業務が進む一方で発注側の企業のためになっていない、とアランは言います。 企業はデジタル文化を構築することを望んでいるのに、プロジェクトをアウトソースしたのでは、社内でのデジタル文化の構築も知識の習得もアウトソースすることになってしまいます。つまり、アウトソーシングするだけではデジタルの成熟度を上げ、デジタル思考を取り入れるという目的を叶えることができないのです。 つまり、重要なことは「一瞬の解決」を求めるのではなく、社内の環境を作り出した上でアウトソーシングを活用することなのです。 現代の企業にとってはニーズを満たすデジタルビジネスを入手することは理にかなっているのでしょうか。と、私はアランに聞いてみました。彼は「どのようにして社内へのノウハウを導入するのですか?もしそれが外部に出せないような画期的なノウハウや技術であるのなら販売されることはないでしょう」と言います。 つまり答えは「ノー 」ということです。たとえ適切なビジネスが手に入ったとしても、そのビジネスに自動的にデジタル文化を導入することには繋がらないのです。人々や企業文化を扱うシステムを構築するには、さらなる努力が必要です。 ビジネス上の大きな問題に注目できていますか? アランは「まずITはなくではなく、ビジネス上の解決すべき問題を考えてください」と言います。つまり、デジタルを構築しビジネスを行うのではなくオムニチャネルマーケティングを構築することを意味していました。 オムニチャネルマーケティングは、顧客管理システムを活用し顧客データを完璧にビジネスに繋ぐことで、販売業者やエンドユーザーに対して直販チャネルをもちます。企業グループにとって技術とアジャイル手法の含まれるソリューションが必要な問題を抱えていることは何代です。しかしビジネスの出発点は「レガシーチームが行わない成功を予期する業務を12ヶ月の間ですること」でした。 競合調査を行いましたか?部分的にでも既にソリューションはありましたか? もし答えがイエスなら、解決するだけの価値がある問題を抱えていることはチャンスであり、失敗のリスクは情報を集めることによって多少軽減されます。 余談ですが、既存のビジネスプロセスをデジタル化するよりも、新しいビジネスモデルを取り入れる方が、デジタルによる問題解決の価値があります。 1990年代から少なくとも20年、重要視していたものは「ビジネスプロセス・リエンジニアリング」で、ビジネスの効率化と成長でした。 現在ではそれは基本ビジネスモデルの「破壊」と言われますが、成功例としてはEasyJet、Uber、Airbnb、アマゾン、等と多くの企業が既存ビジネスモデルの「破壊」により成功を収めており、挙げればきりがありません。 したがって、スタートアップは、従来と根本的に違う方法でビジネスを行うリスクがあるのが明らかな一方で、地位が確立された先駆者(場合によっては市場トップさえも)に追いつくために急激な成長を推し進めます。 スタートアップの「破壊」が意味するものは、現在レガシー企業にとって確固たる基盤が存在するという事実なのです。 適応できない恐竜や、簡単に転回ができないオイルタンカーのようなビジネスはもう要りません。レガシー企業にとって、アプリケーションの新しい世界とAPIをレゴブロックのように組み立てて新しいビジネスモデルを立ち上げる時代が来ています。 デジタル化の成熟と思考を受け入れることが大切 アランが取った行動は、新しいビジネスモデルを取り入れることでした。一つは「大きな問題を解決」し、少なくとも「部分的なソリューションがある」ものです(そして他では既にオムニチャネルマーケティングや販売ソリューションを構築していました)。 このグループこそSaturnF1というスピンオフ企業です。 スピンオフの主な理由は、素晴らしいチームとなるために、デジタルの成功の予兆の3番目に備えるものでした。これは、コアビジネスのメンバーへの敬意と可能性を下げるものではありませんが、デジタルビジネスとタイムフレームには異なったスキルが必要であるという認識は受け入れられませんでした。 さらに、新しいデジタルビジネスを創造する意欲的なタイプの人々は、いつも通りに事が運べば良いとする文化と古い技術環境の中では、やる気を無くす可能性が非常に高いでしょう。 デジタルへの抵抗感の克服 デジタル変化の成功は、人々から「称賛と心」を獲得できるかどうかにかかっています。人々の抵抗感を克服するためには、変化自体が人々にとっての魅力を生み出す必要があります。それはデジタル化においても例外ではありません。 変化が個人にどんな影響を及ぼすか説明し、企業が変化の目標に向かうモチベーションを与えることが大切です。… Read more »

CMMIとは?世界基準の能力成熟度モデル

2017年、NashTechはCMMI Instituteによって正式に発行された CMMIにおいて最高レベルのレベル5を継続認証されました。本記事では世界基準の能力成熟度モデル と言われる評価基準でレベル5の評価を受けたNashTechがCMMIを解説致します。 CMMIとは?また、レベル5達成の要因は何? CMMI(Capability Maturity Model Integration)とは能力成熟度モデル統合と呼ばれ、組織がプロセスをより適切に管理できるようになることを目的として遵守するべき指針を体系化したものである 。 企業のソフトウェア開発のプロセスを改良し発展させるために使われる評価基準のことを言います。ソフトウェア開発プロセスがどのくらい体系化され、成熟しているかを5段階で表します。 CMMI機関により評価されるCMMIはソフトウェア開発企業が世界で評価される際の1つの重要な水準です。 そして、CMMIでのレベル5の評価は、継続的にソフトウェア開発プロセスに改善・発展が見られた上に業績を向上させることに焦点が当てられています。ソフトウェア開発会社が評価されるに当たって、品質・プロセスパフォーマンス目標が設定されます。 そして、そのような目標数値ははビジネス目標とパフォーマンスの変化を反映させるために常に改定されています。そして、継続的な管理プロセス改善のための評価基準として使われているのです。 このプロセス向上の効果はソフトウェア開発会社のデータ統計や定量的手法を用いて測定され、品質やプロセスパフォーマンス目標と比較します。 ベトナム代表取締役、グエン・フン・クオン氏 NashTechベトナム代表取締役グエン・クオン氏は次のように言います「弊社はCMMIによる評価を、非常に価値の高いものと考えています。ソフトウェア開発プロセスと技術のサポートの基準が明らかになることで、弊社ソフトウェア開発の改善を継続的に測定することができます。 そして、何よりも改善に焦点を当てることは、顧客の満足度を上げることにつながることが重要だと考えています。」 NashTechでは、ビジネス目標とパフォーマンスニーズの定量的な理解に基づいてプロセスを継続的に向上させています。この方法を用いて、プロセス内の変動と起こりうる結果を弊社は把握しています。

【2019年】最新ITトレンドTOP8|AI、ブロックチェーン、AR/VR、IoT

グローバルIT産業界で豊富な実績をもち常に最新ITトレンドの開発を行う、英国に本社を置くソフトウェア開発企業NashTechが、2019年以降に台頭することが期待されるテクノロジー界の最新トレンドTOP8を紹介します。 今後の世界のビジネスの見通しとして、ITはスタンダートになっていて、最新のITを自社のビジネスに取り入れていくことが市場を勝ち取っていくためには必要不可欠となっているのです。英国から見た世界のITトレンドを御社のビジネスの参考にしていただけたら幸いです。 常に進化し続けるテクノロジー 過去数年間、クラウドサービスはテクノロジーの未来と考えられていました。しかし、クラウドは爆発的に成長しているとはいえ、もはや一般的な技術になりつつあります。クラウドを活用してデータ斧共有を社内で行っていない企業は殆どいないのではないでしょうか? テクノロジーの進化と普及の速度はあまりにも早く、トレンドに追いついていかなければビジネスとして生き残ることが難しくなっているのです。それでは2018年以降のITトレンドはどんな物があるのでしょうか?最新トレンドTOP8をご紹介します。 人工知能( AI) 最初に紹介するのは人工知能(AI)です。AIは人間の意思決定能力を模倣するソフトウェアであり、継続学習とそれに続くアルゴリズムの改良に基づき常に進化し続ける人工知能なのです。AIは人間の労働力に取って代わる最新テクノロジーとして世界中のトレンドとなっています。 人間が行っていた仕事の多くは人工知能を備えたロボットが行えるようになり、人間が行う必要がなくなるのです。そのため、AIは人間の活動に近づくように改善させるため、リアルタイムで膨大な量のデータや研究資料にアクセスしています。膨大な量のデータとそれに基づく活動から学習を重ね、人間に近づいていくのが人工知能なのです。 AIはまだ完全ではありませんが、病気の診断に関する質問に答えたり、商品の問い合わせに答えたり、手書き文字や声や顔を認識したりすることが既に出来るようになっています。また、自動運転装置はAIマシーンの完全形として近い将来、私たちに希望を与えてくれるでしょう。 膨大な量のデータ処理と分析が可能「ビッグデータ&分析」 ビッグデータは大きなデータの集合で、一般的には複数のソースからデータを集めます。この方法は、過去の技術では行うことができませんでした。 ビッグデータは他の技術と組み合わせることで、ビジネスと科学に大きな変化を与えます。 道路混雑の予測、人々の外出時刻の統計、個人の好みに合わせたメディアのコンテンツ、おすすめ商品の提案、金融トレンドの予測などは全てビッグデータを活用した統計データによりアップデートされていきます。膨大な量のデータの処理を可能にした近代のテクノロジーはこれまで以上に繊密なデータ処理と分析を可能にしているのです。 産業プロセスのオートメーション化 産業プロセスのオートメーション化とは、簡単に言うと、人間より信頼性高く効率よい情報処理や反復作業をコンピューターに行わせることです。産業プロセスのオートメーション化は生産性を上げるだけでなく、人件費を削減しながら生産のクオリティと柔軟性を高めることができます。 産業プロセスのオートメーション化がビッグデータや人工知能と合わさると、コンピューターは複雑な決定や過程を自動化したり、過去データに関連する提案や予測を与えてくれます。これにより、機械は学習し、自動で人々の行動に影響を与える深い洞察を生み出すことができるのです。 フォード・モーター社が開発したIoT、GPS、ビッグデータ、人工知能を組み合わせた駐車場の技術が非常に良い例となっています。 この技術で、ある決まった範囲で駐車ができるか予測できるようになりました。車を運転する人はリアルタイムで空いているスペースに誘導され、適切な場所で支払いができて、駐車時間が終わりそうな頃に連絡を受け取ることができます。 モノのインターネット(IoT) IoTは独立して動作するデバイスに利用されるだけではなく、外部のデバイスと繋がりデータの交換をすることが可能で、外部からのアクションに反応し行動を起こすことが可能です。マイクロ処理装置とセンサーが搭載されることでデバイスはよりスマートになっていきます。 例として、あるシンガポールの病院では周辺のノイズデータを集積・分析し、患者が助けを必要とする際に緊急の警告を出します。 IoTはビッグデータ、人工知能、産業プロセスのオートメーション化と同じく「インダストリー4.0(第4産業革命)」の一部を形成し、シスコ社によると2050年までに世界で5000億のIoT機器が存在するようになる、とのことです。 活用現場は仮想通貨だけではなくなる「ブロックチェーン」 ブロックチェーンはビットコインの中心的な構成要素として開発されたP2P(ピアツーピア)の技術です。複雑なエンコーディングシステムにより構築されるブロックチェーンのセキュリティ性は非常に高く、全ての取引はタイムスタンプが付され、改ざんされないように設計されています。 具体的に説明すると、ブロックチェーンの情報はチェーン内のすべてのブロックの同意がある場合のみ、変更することが可能なのです。そのため、もしブロックの一部が壊れたとしても、他のブロックが情報を保持しているため、データが完璧に消失することがないのです。そのため、出所と追跡可能性が重要である電子帳簿など、機密扱いのデータの管理に活用されることが最適です。 高い有効性とセキュリティでブロックチェーンは国際金融取引に利用され、企業の効率が上がりました。現在では金融業界にとどまらず、法的な手続き、物流管理、サプライチェーン管理などの分野でもこの技術は使われています。 バーチャルリアリティ(VR)&拡張現実(AR) バーチャルリアリティ(VR)と拡張現実(AR)の登場により、人々は今までと異なる世界を体験することが可能となりました。この2、3年の間、Googleやマイクロソフト、Facebookなどの企業はVRとARにおける活動領域を押し広げ、エンターテインメントから科学研究まで多くの業界で普及している製品を新しく開発しています。 拡張現実(AR)はバーチャルリアリティ(VR)から生まれました。この技術で、ユーザーは仮想空間で見るだけでなく、現実世界で拡張された現実に触れたり相互のコミュニケーションが可能となりました。拡張現実の良い例は、Microsoft Hololensの技術を利用したアジアのあるデベロッパーで、顧客が建設前であってもレイアウトを決めて家具を配置したアパートメントの内装を見ることが可能となったことがあります。   ヘッドレスインターフェイス AR / VR, IoT、センサーデバイスなどを使うヘッドレスインターフェイスは普及しつつあります。マウス、キーボード、タッチスクリーンを使わずに声や手の動きだけでスクリーンと自然なやり取りをすることができます。         モダンソフトウェア・アーキテクチャ モダンソフトウェア・アーキテクチャは、マイクロサービス、サーバレス、リアクティブ・アーキテクチャなど、いくつかの異なるモデルを総称したものです。これらの共通点は、モノリシック・アプリケーションを、クラウド環境で利用しやすく、API を介して通信できて、拡張が容易で再利用可能なサービスに小さく分割することです。 それぞれのサービスは一つのタスクに特化し、独立しているため、結合してすばやく新しいアプリケーションを作ることができます。 ベトナムで最大手のIT外資企業であるNashTechでは、以上のすべての技術を優秀なエンジニアが研究・開発しています。NashTechは現在、フォード、Google、Hearst Corporation、キングス・カレッジ・ロンドン、ネスレなどのグローバル企業に対し、コンサルティング業務や国際プロジェクト業務を行っています。 NashTechはこのようなプロジェクト実行を通じて、スキルを上げ最新の技術トレンドに触れる機会を社員に与えています。 NashTechはプロフェッショナル、国際的でクリエイティブな労働環境で、キャリアを伸ばす素晴らしい場所と認識されています。   Harvey Nash グループの一員として、またベトナムで二番手のIT企業として、NashTechはグローバルプロジェクトに革新的なITソリューションを提供します。 最新の技術で競合他社の先を行く方法を追求し、サポートします。今すぐご連絡ください。

3年連続ベトナムIT企業2位|VINASA「IT企業トップ50」

Harvey Nash グループのNashTechは、VINASA(ベトナムソフトウェア・IT協会)の2017年「IT企業トップ50」の公式リストで昨年度に続きベトナム第2位のIT企業と認定されました。 VINASAがベトナムの主要IT企業を選んで表彰する「IT企業トップ50」は、2014年に始まった取組みです。 「IT企業トップ50」は、IT企業業界における厳格な世界基準と国際スタンダードを適用した名のある委員会であるVINASAによって発表されています。その中で、NashTechは年々着実に順位を上げ続け、ベトナムでの投資、成長、ビジネスの発展が評価され2014年以降は第2位として表彰され続けています。 2017年は、NashTechがベトナムに進出をして17年目を迎えた年です。 NashTechはベトナムで2番目のIT企業であり、ベトナム最大の外資系IT企業で、着実に市場トップに近づいています。NashTechはベトナム進出後から持続可能な技術開発のプラットフォームを構築し、技術とソフトウェア改革によってビジネスを変革するソリューションを世界中に提供してきました。弊社の成長の鍵は、優秀な人材を育成することです。 NashTechのCEOであるポール・スミスは次のように言います。「今後もベトナムからグローバル市場への弊社サービスの輸出を大幅に増やし、ベトナム産業界に新しいスキルと経験をもたらし、雇用を創出します。弊社エンジニアが改革する力を備え、何よりもお客様のためにその力を使い評価され続けてきたことが成長の鍵です」 NashTechとHarvey Nashはベトナムで17年にわたり、2000人以上のプロのエンジニアとビジネスプロセスの専門家によって、テクノロジー、ソフトウェア、BPOを世界の企業に提供してきました。またHarvey Nashはベトナムにおいて、最大規模のエグゼクティブサーチを運営しています。 御社にも改革の力を。今すぐNashTechにご相談ください。  

第11回「ジャパンICTデー」にNASHTECH が参加

Harvey NashグループのNashTech Japanは、ホーチミンシティで行われた第11回「ジャパンICTデー」に参加しました。 2007年に始まった「ジャパンICTデー」は、ベトナム企業と日本企業のビジネスの発展を目的とするEXPOです。2017年の「ジャパンICTデー」では、日本とベトナムから300以上の企業の代表が「デジタル変革:ベトナム・日本のIT企業にとっての新時代」というテーマでディスカッションを行いました。 2017年の「ジャパンICTデー」においての注目点 ・2017年、ベトナムはA.T. カーニー・ランキングでアウトソーシング先の第6位となった ・2017年、リサーチ会社Tholonsによるとベトナムは世界8位のITサービス提供国にとなった ・ベトナムは日本企業の2番目のパートナー国に選ばれている 日本は深刻なICT人材不足の問題を抱えているため、ICTエンジニアの需要は非常に高まっています。2016年の日本の経済産業省によると、日本のITエンジニアは2019年には92万人を越えピークを迎えますが、その後減少すると言われます。 IT人材の中で特に需要が高い分野はIoT(モノのインターネット)、人工知能、ビッグデータ、ロボティクスです。 そして、人材分野のディスカッションの中ででは、ベトナムと日本双方の大学、研修機関、企業のさらなる努力によって人材のスキルを伸ばす必要があることが議題にあげられました。 そのため、ベトナムではITエンジニア専攻の卒業生の質と量を共に伸ばすことが目的にすることがあげられました。 Harvey Nashグループの一員として、ベトナムで第2位のIT企業として、NashTechはグローバルプロジェクトに革新的なITソリューションを提供します。 最新のテクノロジーを追求し、革新し、競合他社の一歩先を進むお手伝いをします。今すぐこちらへご連絡を。

FinTech(フィンテック)

174億ドル市場のFinTech(フィンテック)業界は成熟しきってしまったのか?

本記事では、FinTech業界の成長の背景と今後の展望をご紹介致します。テクノロジーが既存の業界と組み合わさって新しい業界を形成するということが近年頻繁に起こっています。FinTechはその代表例と言っても良いでしょう。これらの業界が成長した背景や今後の展望を理解することが、あなたのビジネスを成功させる助けになれば幸いです。 174億ドルの投資が集まるFinTech(フィンテック)業界 リーマンショック以降の経済回復と共に、近年イノベーションと雇用の拡大を推進している業界が存在しています。その1つがFinTech業界です。拡大を遂げた業界の中でもFinTech業界の成長は非常に顕著でした。 2010年以前はFinTechについて聞いたことがある人はほとんどおらず、消費者向け金融サービスにアプリケーションを使用したことを評価した人はCIOやCTOを除いてほとんどいませんでした。しかし、10年も経たないうちにオンラインおよびアプリケーションベースの金融業務が世界中で一般的になりました。「FinTech革命」があったと言っても過言ではないほどの変化が起こったのです。 現在、イギリス、アイルランド、アメリカの間では、5000社以上のFinTech企業があると推定されています。アジアも加えると、その数は8,000社を超えます。さらに、世界のVC投資は堅調に推移し2016年には11%増の174億ドルとなりました。なぜFinTech業界はそれほどまでの成長を遂げたのでしょうか? FinTech(フィンテック)業界の成長の背景 FinTech業界の劇的な成功の背景を理解するためには、2008年のリーマンショックと景気後退を振り返る必要があります。金融機関の信用危機後、金融業界は非常に不安定な流動的状態にありました。ローンの帳簿のバランスを取り、新しい金融サービス規制と大規模なPRの反発を積み重ねることで、金融サービスの革新がほぼ完全に停止するまでの最悪な状況に陥ってしまったのです。 一方、金融業界が危機にさらされる中でも、テクノロジーは進歩を続けました。デバイスはよりスマートになり、高速ブロードバンドはより広く普及し、そしてモバイル技術の採用はより広く受け入れられるようになりました。危機にさらされていた金融業界は最先端のテクノロジーと掛けあわせられたことで、劣悪な状況下から抜け出しFinTech(Finance×Technology)という新しい業界が誕生したのです。FinTechのスタートアップ企業は、規制緩和策や旧来のソフトウェア、金融サービスの官僚制にとらわれない柔軟なビジネスモデルを構築し、より効率的でユーザーフレンドリーな体験を顧客に提供しています。 FinTech(フィンテック)業界は成熟しきってしまったのか? 近年、技術専門家やベンチャーキャピタリストが尋ねている質問は「FinTech業界は成熟しきっているのか?」ということです。答えはもちろん「いいえ」です。FinTechの範囲は非常に広く、支払いや貸付、通貨両替、株式市場などに渡り、さらにサブセクターが出現し始めています。 WealthTech、RegTech(規制技術)、およびInsurTech(保険技術)はFinTech業界に含まれていますが、各セクターがそれぞれ高い評価を得ているのです。 確かに、FinTech業界にも課題は存在しています。投資資本を争う新興企業の集まり、PSD2や4MLDなどの金融サービス規制へのプレッシャー、金融商品という限られた資源は、FinTech業界の競争を激化させる可能性があります。しかし、FinTech業界の競争が激化することは必ずしも悪いことではないのです。規制を厳しくすることは、FinTechを正当化すると共に、顧客に対するより大きな保護を意味します。また、競争の激化は、これまで以上に革新的な製品やサービスにつながるはずです。 FinTech(フィンテック)2.0とは? FinTech 2.0とは、既存の金融の仕組みを破壊し新しい概念によって金融を再構成することです。テクノロジーがFinTechのスタートアップが既存の金融機関との競争を可能にし、銀行などの金融機関にとってFinTech企業は深刻な競争相手となりつつあります。近いうちに、FinTech企業が伝統的な銀行に完全に取って代わり、FinTech2.0により金融が新しく再構成されるでしょう。 実際に、FinTech企業が既存の金融機関にリプレイスされた例は多く存在します。 CurrencyFairとTransferWiseは為替相場に革命をもたらし、市場価格に近い価格を提供しました。MonzoやRevolutは、当初は金融サービスのうちの1つの要素だけを提供していましたが、現在では、実店舗型の小売銀行よりもはるかに競争力があり、ユーザーフレンドリーな製品やサービスを提供しています。 FinTech 2.0のための他の大きなドライバーは仮想通貨です。ブロックチェーン技術は、物理的なお金を完全に廃止し、マネーロンダリングを一掃する可能性を秘めています。 まとめ FinTech2.0がどのように信頼を築いていくのか、テクノロジーがどのように既存の金融と連携してくのかを標準化することに関してはまだいくつかの方法があります。今後10年で、FinTech2.0が信頼を築くことができ、価値があるという証明することができるならば、消費者は自ずとますます新しい金融サービスツールを試みて採用するでしょう。FinTech業界が成熟しきるまでには、まだまだ長い道のりがあるのです。 本記事を読んでいただき少しでも弊社にご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にご相談ください。日本のFinTech専門家がすぐに対応させていただきます。

【2018年】「FinTech(フィンテック)」が世界の金融業界にもたらす5つの最新トレンドとは

本記事では「FinTech(フィンテック)」の登場が金融業界にもたらす5つの最新トレンドをご紹介致します。英国最大手の開発企業であるNashTechグループ監修のデータをもとに今後の世界の金融業界の同行を探っていきます。 今話題の、FinTech(フィンテック)とは? モバイル端末は金融サービス業界に大きな変革をもたらし続けています。その代表格が「FinTech(フィンテック)」です。「FinTech(フィンテック)」を活用したスマートフォンで決済できるシステムの登場は、人々のライフスタイルは衝撃と利便性を与えました。 PayPalやApple Pay、楽天ペイなどを使ってビジネスの現場だけでなく日常生活レベルでも決済を行ったことがない人はもはや少ないと思います。Apple Payによると、一週間に100万人の新規ユーザーが増えているとのことです。今までの人々のライフスタイルを超越する利便性を提供する「FinTech(フィンテック)」業界は短期間で大きな成長を見せています。 「FinTech(フィンテック)」業界の変化は世界中で急速に進んでいます。自分の財政状況を管理するために、銀行の前で長い列を作って自分の順番を待っていたのはそう昔のことではありません。また、その頃は身分証明のためにあらゆる”KYC(Know Your Customer、新規口座を開く際に必要な書類)”を銀行に提出しなければなりませんでした。 しかしそそのような日々はもう過去のことです。現在では銀行の前で長い列を作り自分の順番を待つ必要がなければ、手続きのために毎回大量の書類(身分証明書など)を提出する必要がなくなったのです。「FinTech(フィンテック)」ではいつでもどこでも財政状況を管理することを実現し、身分証明書などの書類もオンラインで一元的に管理する術をユーザーに獲得させました。 FinTech(フィンテック)が金融業界にもたらす5つの最新トレンド 特に、「FinTech(フィンテック)」は顧客が財政を安全性を保ちながら自身で管理できるという意味で、世界のビジネスや社会のあらゆる分野に大きな影響を与えています。以下は現在、フィンテックで影響力のあるトレンドです。 では、FinTech(フィンテック)が金融業界にもたらす5つの最新トレンドをご紹介します。 1.ブロックチェーン技術が物理的な通貨を無くす ブロックチェーン技術の登場により、取引管理に今まで必要だった仲介者が必要なくなりました。今までの通貨は、信用性が高いと言われる「銀行という中央集権」が通貨の発行や取引を管理していました。 しかし、ブロックチェーン技術で生成されるビットコインのようなデジタル通貨は、銀行のような中央集権機関を持たずして通貨を管理しており(非中央集権型)、通貨の一元化(世界共通の通貨誕生の可能性)を生み、全ての政府通貨を超える可能性を生み出しています。 例えば、暗号通貨が世界共通の通貨となれば、旅行中などでも現金を両替する必要が無くなります。 また、ブロックチェーン技術が活用された暗号通貨は単にオンライン上で管理できるデジタル通貨であるというだけではありません。 この技術で、ロイヤルティー、アイディア、お金、著作権、投資や不動産などの取引を、安全な環境で行うことができます。ブロックチェーン技術を使うということは、家や快適な場所のどこにいても、全てのことができるということなのです。 スマートフォンを持てば現金を持つ必要がなくなる世界もそう遠くはなさそうです。 ビットコインが存在し続けるという事実は、政府の通貨とは違う通貨が生き残ることができるということです。フィンテックは金融サービス市場を変革し続けています。 2.銀行が消滅する 金融業界においてデジタル化の影響は大きく、40パーセントのアメリカ人は過去6ヶ月以上銀行などの金融機関を訪れていないという調査結果があります。むしろ、最近では銀行の支店を見つけることは難しく、1995年から2015年の間に50%以上の銀行の支店は閉店しました。 オンラインバンクの登場は銀行が店舗を持つ必要性をなくしまし銀行の支店がオンラインバンキングとデジタルバンキングに移行している一方で、デジタル変革により市場に新しい企業が登場しました。銀行はもはや財務管理市場を支配する存在ではなく、顧客が投資、貯蓄、融資するのを銀行よりも早く、手軽に安く行うサポートができる企業が数多く現れています。 3.フィンテックは金融機関でなく、ユーザーに権限を持たせる フィンテックは金融市場で、新しいルールや体験を消費者に提供しています。フィンテックの登場でポータブルのデジタル端末から、手軽にバンキングや金融取引ができるようになりました。フィンテック企業は従来の銀行組織のように連邦法に従う必要がありません。 制限がなければ、企業は自由により良い顧客満足体験を生み出すことができます。 最近では、スマートフォンを使って小切手に入金し、借り換えやローンの申請をすることも可能です。フィンテック企業は財務をコントロールし意思決定をする機会を顧客に提供しています。 4.生体認証 消費者がモバイル端末を金融取引に使うことが増えるにつれ、セキュリティの改善にも注目が集まっており、セキュリティーは日々強化されていってます。ハッカーが個人や企業のシステムに侵入しようとすればするほど、不正を防ぐための生体認証は進化します。 生体認証には金融アカウントにログインする指紋認証だけでなく、顔認証、虹彩認証もあります。政府はすでにこのようなタイプの技術を利用しており、今後まもなくデジタル支払をする場合の本人確認方法となるでしょう。 5.日々の生活から、財布が消える? フィンテックの普及はスマートフォンが財布の代わりになることを予期しています。グローバルバンキング・アンド・ファイナンスによると、非接触型取引は2021年までに世界で2倍になるとされており、スマートフォンを利用した物やサービスの購入は、ワンクリックで容易にできるようになるでしょう。 直接取引やオンライン銀行に代わり、スマートフォンで支払いをすることがまもなく新しいスタンダードになります。財布を間違えないようにしてください。どこに行く時もスマートフォンを持つのを忘れずに。 技術革命が進む現代の世界でビジネスを生き残していくためには、最新テクノロジーとデジタルトランスフォーメーションは必要不可欠となります。 NashTechの専門家に、変化し続けるデジタル環境の中で他社より一歩先に出る方法を相談しませんか。 消費者が支払いの方法を変えるにつれ、スマートフォンが財布の代わりになるでしょう。グローバルバンキング・アンド・ファイナンスによると、非接触型取引は2021年までに世界で2倍になるとされており、スマートフォンを利用した物やサービスの購入は、ワンクリックで容易にできるようになるでしょう。 直接取引やオンライン銀行に代わり、スマートフォンで支払いをすることがまもなく新しいスタンダードになります。財布を間違えないようにしてください。どこに行く時もスマートフォンを持つのを忘れずに。 御社のビジネスが生き残るためには、技術とデジタルトランスフォーメーションが必要です。しかし技術よりも強力なのは、その背後にいる人々です。 NashTechの専門家に、変化し続けるデジタル環境の中で他社より一歩先に出る方法を相談しませんか。  

テクノロジーの成長が金融業界にもたらす危機と可能性とは?

テクノロジーが急激に成長を見せる現代で、テクノロジーを駆使した新興企業が各業界の大手企業に取って代わるサービスを生み出し始めています。例えば、銀行は金融業界に参入してくる手強い新規参入企業の上を行くためには、単に銀行を運営するだけではいけなくなりました。 今回は、銀行を筆頭とした金融業界が見据えるべき未来、新しいテクノロジーを導入し改革すべき理由をご紹介致します。 過去10年間の世界的金融危機とそれに伴い世界各国で新規制が誕生する中、銀行の既存システムへテクノロジーを駆使して参入しようとする競合が続々と立ち上がっています。 そのような新規参入企業は新しいテクノロジーに対して柔軟であり、既存のシステムのリプレイスを常々伺っています。一方、銀行は今まで気づきあげてきたシステムから新しいテクノロジーを導入する方向へシフトすることへ躊躇しています。新規参入企業の台頭が目立つ中、大手の銀行は今すぐに時代遅れのテクノロジーから変革を起こさなければ、金融機関としての存続を脅かされるでしょう。 銀行と金融サービスの巨大な力が、新しい競合が市場に参入するのを一度は怖気させましたが、二度目はないでしょう。新規参入企業は、最新のテクノロジーを自社ブランドの金融サービスへ導入し、既存の銀行システムのリプレイスを図る方法を知っています。新規参入企業は機敏性があり、主に低コストでより良くより速い顧客体験を提供できることが大手企業にない強みです。 またテクノロジーに非常に詳しく、そのためあらゆる種類の金融サービスを提供できる可能性を秘めているのです。 そして、新規参入企業は、銀行サービスの最も収益性の高い分野から決済、個人金融管理の分野まで挑戦しています。 世界的なテクノロジーの大手企業であるGoogleとAppleは、GoogleウォレットやApplePayなどのサービスで金融市場へ進出しています。銀行や金融機関が業務をこれからも存続させるためには、今すぐに既存システムを見直し、新しいテクノロジーを導入することで顧客体験を最適化する可能性を見出していかなければいけません。さもなければ、どれだけ顧客情報を保持していたとしても利便性や時代のトレンドで敵わない新規参入企業に全て取って代わられることになるでしょう。 2018年はPSD2(改訂版決済サービス指令)の導入により、各銀行店舗にとっては大きな変化がもたらされる年となります。PSD2が導入されることにより、顧客の口座情報と決済サービスに関する銀行の独占が消え、消費者と企業の双方が第三者の企業を利用して財務を管理し、財務を一元化できるのです。つまり、PSD2の導入は新規参入企業にとって追い風となります。 一方、伝統的な銀行はこういった活動的な新規参入企業との競争で、莫大な圧力を受けることになるでしょう。 PSD2では、お金を現在の銀行口座に安全に置いたまま、新規参入企業とテクノロジーを使い、決済、P2P転送、またあらゆる財務の分析ができます。PSD2は市場を開放し、おそらく想像より早く新規参入企業はビジネスに入り込むでしょう。 今日の決定が明日の成長に影響する 上記のような現在の世の中で、銀行のリーダーが正しい判断を下すことが銀行の命運を左右すると言っても過言ではありません。彼らは老朽化したITシステムでのビジネスの限界を認め、新しいテクノロジーの導入に前向きになっていかない以外に既存の銀行が生き残る術はないでしょう。 銀行は長いITの歴史を持っています。過去を振り返ると、金融業界はITが有用であることに初めに気づき、ビジネスに取り込んだ業界です。しかし、現状はどうでしょうか。いち早くITを取り入れた業界にもかかわらず、現在は多くの銀行は老朽化したITシステムを使い、古いテクノロジーへの巨額の投資を続けてしまっているのです。 長年の合併によるレガシーシステム同士の統合では、敏捷なライバル相手の参入を防ぐことはもってのほか、競争することすらできなくなってしまうでしょう。 そういった背景もあるため、ビジネスを成長させて利益を生み、将来も生き延びていくために、やはり銀行各社はIT技術でレガシーシステムを改革し競争力を高めていかなければならないのです。 多角的なレガシーシステムの改革が必要 銀行各社に求められる具体的な変革とは、高い運用コストのレガシーシステムを、変化していく顧客ニーズに対応できる柔軟性があり再構成可能なシステムに改革することです。アプリケーションの多くは、それぞれのビジネス目的に合わせた環境で、目的に適合するカスタム化されたソリューションで異なる操作方法、異なるネットワークで動くレガシーシステムの中で動かされるのです。 ビジネスにおけるユーザーのニーズに合わせたシステムの再編が重要なのです。 また、全てのビジネスの成功にとって、ITインフラの近代化を計画し実行されることが求められています。つまり、銀行のビジョン、プロセス、手順に沿って、継続的なシステム構築の実行に移すことができます。 そして、組織内のITインフラを近代化させる方法は多様化しています。しかし最も必要なことは、どの顧客にも柔軟なオプションを提供し、顧客のニーズを満たすように調整するために多角的に改革を起こしていくことです。 ITインフラを更新する時に考える第一段階は、オープンアーキテクチャのフレームワークであると言われています。では、オープンアーキテクチャのフレームワークとはどういうことなのでしょうか? オープンアーキテクチャのフレームワークを検討する 銀行のレガシーシステムを更新する際の最初のステップは、オープンアーキテクチャのフレームワークの作成を行うことです。これにより、銀行で新商品やサービスを提供する新たなチャンスを生みやすくすることができます。 オープンアーキテクチャは基盤となるシステム要素が動作している一方で、システムを再構成することができます。銀行に柔軟性を与えるために、レガシーシステムはサービス指向アーキテクチャに統合されます。 サービス指向アーキテクチャの中には、企業の業務の集積が入っています。 この集積が要素基本の柔軟なフレームワークを作り、異なるサービスが必要なときに相互にリンクすることができます。このような変革を図ることによって既存のシステムはより優れた運用ができることとなるでしょう。 そして、データ統合とは、データ操作と管理を容易にする柔軟なプラットフォームです。 これらの方法を組み合わせることで、銀行はデータを統合し単一の情報源からのリアルタイム情報としてアクセスできます。そのためウェブ対応の新商品を早く生み出せます。 金融業界、今こそ変革の時 金融機関が新規参入業者よりも先を行くために、以下の優先事項で競争力を上げましょう。 ・将来に備えてレガシーシステムの変革を検討する ・レガシーシステムの統合と標準化でコストを削減する ・ITアーキテクチャがシステム内のどこにでも接続できるようにする ・サイバーセキュリティ侵害は拡大していく、というセキュリティ意識を持つ ・システム統合のために必要な人材とスキルを確保する 敏捷な競争相手に追いつくことが、銀行や金融機関の最終目的です。貴社のビジネスが競争に負ける前に、未来を考えなければならない時は今です。 NashTechは企業にとって適切なツール、方法論、およびシステムを構築するサポートをいたします。NashTechの専門家は、貴社が柔軟性を上げ、コストを削減し、競争で優位に立つために、ビジネス全体のシステムインテグレーションを提供します。 貴社のレガシーシステムの変革をNashTechがサポートします。ご相談ください。 NashTechは企業にとって適切なツール、方法論、およびシステムを構築するサポートをいたします。NashTechの専門家は、貴社が柔軟性を上げ、コストを削減し、競争で優位に立つために、ビジネス全体のシステムインテグレーションを提供します。 貴社のレガシーシステムの変革をNashTechがサポートします。ご相談ください。  

消費者金融に革命を起こす「FinTech(フィンテック)」とは?最新トレンドも紹介

近年、テクノロジーの急速な進化とともに消費者金融市場にも浸透し始めている「FinTech(フィンテック)」という言葉を聞いたことがない人はもはや多くないと思います。 一方で、FinTech(フィンテック)とは具体的にどのようなサービスを表すのか、そもそもなぜFinTech(フィンテック)が日本だけではなく世界のビジネスの間でトレンドとなっているのか、わかりそうでわからない人は少なくないと思います。そこで、本記事でそれらを解説した上で、世界の中でも特にフィンテックがトレンドとなってる英国の開発実績もご紹介致します。 消費者金融に革命を起こす、「FinTech(フィンテック)」とは? FinTech(フィンテック)とは、テクノロジーを利用して、企業や消費者に新しい金融サービスのことです。また、FinTech(フィンテック)は金融サービス、保険、支払い、個人財務管理などのサービスを提供する新興企業、IT企業、さらには既存のサービス提供者をも指しています。 旧来は金融市場は大手の銀行などが独占していました。 大量の顧客データをもつ大手銀行に新興企業が立ち向かうチャンスはなかったと言えます。しかし、テクノロジーが普及した現代、テクノロジーを金融業界に取り入れ今までにない利便性を提供できるフィンテックをもった多くの新興企業が金融市場に参入しております。 その中で、大手銀行のような従来の金融サービス企業は、まさに金融市場の混乱だけではなく自社の生き残りの心配をしています。フィンテックは既存の銀行や金融機関と直接競争しているのです。フィンテックは世界のどこでも可動することが可能であり、電子決済などは顧客の瞬時の要求を満たすことができ、消費者が金融機関と取引する方法を大きく変えています。 フィンテックの新興企業に対して大手銀行は大きな危機感を覚えるとともに、新興企業にとっては大きなチャンスをフィンテックはもたらしているのです。 近年、フィンテックはかつては大手銀行などの金融機関を通じてのみ利用可能だった金融サービスを顧客に提供しています。 例えば、個人向けローン、商業金融・エクイティファイナンス、商業投資、個人向けバンキングを銀行という金融機関を通さず顧客に提供することを実現しています。こういったフィンテックの分野は、従来の機関との直接競争で常に成長しており、かつては銀行などの期間と直接取引をしなかればいけなかった行為を、オンライン上でいつでもどこでもできる取引を実現したのです。 コストパフォーマンスで銀行を圧倒するFinTech(フィンテック) 既存の銀行等の機関が提供している金融サービスも含め、金融サービスでは個人向け証券口座や日常で活用できる決済サービスからより利率の高い投資管理などのソリューションを提供しています。その中で、急成長するデジタル技術は、金融市場で新しいビジネスを行う企業に、現代まで銀行によって支配されていた金融市場を解放するためのチャンスを提供しています。 そして、事実としてフィンテックは金融サービス環境を変えつつあるのです。 フィンテック新興企業はIT技術を使い、低コストで金融ソリューションを提供します。既存の銀行と金融サービスが同じレベルで戦うためにはフィンテックを取り入れたソリューションを開発しなければなりません。 もはやコストパフォーマンスという点で既存の銀行機関などはフィンテック新興企業に敵わず、利用者もよりコストパフォーマンスの良いフィンテック企業のサービス利用を選んでいます。新興企業だけではなく既存の銀行機関なども新しいテクノロジーを取り入れ、フィンテックを提供しなければ市場で生き残っていけないのです。 従来の銀行に衝撃を与えるFinTech(フィンテック) 前述している通り、フィンテック新興企業は従来の金融サービス市場に続々と入り込み、従来の企業にとっては将来の成長リスクとなっています。Apple Pay 、楽天PayやPayPalなどは厳禁の所有はもちろんクレジットカードなどの既存の決済サービスに衝撃を与えています。スマートフォンなどのインターネットが使えるタブレットを一つ持つだけで個人間の取引、企業間の取引でさえ実現させてしまっているのです。 そして、フィンテック企業は、例えば官庁の記録や企業のオンライン上での実態やトラックデータなど、従来とは異なるデータを利用して金融サービスを行います。そういった真新しい観点から金融サービスを構築するフィンテックで金融市場に参入する企業のにとって、投資家からの資金調達は今まで以上に容易となっております。 実は、元々はフィンテックという言葉は銀行や金融機関でのテクノロジーを指す言葉でした。しかし、最近では法人・個人向け金融サービスにおける広い範囲の技術進歩という意味で使われています。その背景にはやはりフィンテック新興企業の躍進があります。 特に、取引スピードの速さとアプリケーション処理の容易さという利便性により、フィンテック企業は利用者から人気を集めています。銀行は信用や担保に対して要求が厳格で、処理に長い時間がかかります。 しかし、フィンテック企業は金融の適性をビジネス全体で見ており、ビジネスである以上顧客の利便性が重要視されているのです。従来の資金調達には適さない納税記録、貸借対照表、銀行の記録をフィンテックは利用し、企業に投資する資金を確保しています。 消費者金融市場の未来はFinTech(フィンテック)にある フィンテック企業は低コストで金融ソリューションを提供し、顧客ニーズを満たし続けます。銀行のような従来の金融サービスはフィンテック企業が金融市場を圧巻する状況に向き合わなくてはなりません。新興企業だけではなく大手銀行などの金融機関が金融市場で競争力を高めるには、根本的な変化が必要でしょう。 そのため、大手、中有小関係なく、金融サービスの新しい「トレンド」に向き合っていかなければいけません。従来のフレームワークの中で営業している銀行や企業は以下の3点において特に変革が必要となります。 フィンテックを取り入れる「柔軟性」 銀行のような既存の金融ビジネスは一貫して同じパターンの業務を行う傾向があります。つまり、新しい技術やトレンドを取り入れることに消極的ということです。なぜなら長い年月をかけ培ってきた自社のノウハウややり方に大きな地震を抱いているからです。 しかし、それって合理的ではないですよね?何より大事なのは顧客です。顧客が求めるニーズやトレンドに合わせて、新しいテクノロジーを使うフィンテック企業とと競合もしくはパートナー隣併合できる高い柔軟性が求められます。 逆に、フィンテックを気にしすぎないことも大事 逆にフィンテックに気を取られすぎるのを避けましょう。先ほどと言っていることが違うと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、フィンテックが何をしているか心配するだけではなく、そもそも自社の業務に集中しお客様のことを第一に考え、最新技術を使ったソリューションを開発することが必要なのです。あくまでも、その中のソリューションの一つが「フィンテック」である可能性が高いのです。 多角的な考え方が必要 繰り返しになりますが、伝統的なビジネスは変化に苦戦しています。しかし、フィンテックをよく観察し、そのアプローチから自社への活用としてなにか学べることはないか多角的に考えましょう。 フィンテックは旧来の金融業界のイメージから、より生活の身近に即するものであり、顧客ニーズを叶えるサービスというイメージへ変わりつつあります。 まとめ 日本では、キャッシュレス社会の実現に向けて各社がモバイル決済利用促進のキャンペーンを強めています。2018年末に話題を読んだPayPayの100億円キャッシュバックキャンペーンは第2回目が開始されています。金融業者だけでなく、金融サービスを活用する側もフィンテックへの自社ビジネスの適応を勧めていかなければいけません。ビジネスへのフィンテック導入を検討していましたら弊社のフィンテック相談窓口までお気軽にご相談ください。