【46%の日本企業が導入】海外アウトソーシング導入 5つのメリットとは

急成長するテクノロジーによって、日常生活でもビジネスの現場いおいて日本にいながらでも海外とコンタクトをとることが容易となった近年、企業の規模に関わらず海外アウトソーシングの導入は合理的な手段となりました。

主要業務以外の、バックエンド業務やIT開発等のビジネスプロセスをベトナムのような国にアウトソースする日本企業は急増しています。特に、IT開発業務を海外にアウトソースする「オフショア開発」は日本企業の46%に導入されていると言われています。

今回は、リソース不足やコスト削減を目的として、今後海外あすとソーシングを検討されている方のために、海外アウトソーシングを導入する5つのメリットをご紹介致します。

アウトソーシング導入のメリットとは?

アウトソーシングは、フルタイムやアルバイト等の社員を雇用するのではなく、外部組織をを利用して作業を行う形態です。人件費や主要業務以外の業務への時間コストなどを削減することによって企業の成長を促すアウトソーシングは、日本企業の戦略に導入される重要な手法の1つとなっております。

アウトソーシングはコストパフォーマンスの高い価格で最善の結果を得るという戦略的な動きです。 従業員を解雇せずに企業の組織の再編やダウンサイジングを考える場合、企業はサービスまたは部門の全体を従業員ごとアウトソーシング提供者に移すことができます。

これはビジネスにおいて混乱を最小限にするウィンウィンの関係です。 企業のニーズを満たすために存在するサービスであるゆえに、常にお客様の要望を第一に最高品質のサービスを提供することがアウトソーシング企業のミッションとなります。

常勤スタッフを雇わなくても、アウトソーシングを利用することで業務を円滑に進める時代はもう来ています。アウトソーシングはビジネスソリューションを最高の品質とともに届けることが命題となっています。

海外アウトソーシング導入5つのメリット

では、今回は特に海外のアウトソーシングにフォーカスし、海外アウトソーシング導入の具体的なメリットについてでご紹介致します。

1.コア業務に集中し、事業の拡大に集中できる

全ての業務には”限界”があります 。 業務のためのリソースはもちろん、時間や資金には限界があります。世界のビジネスやテクノロジーが急速に成長する中、ビジネスやテクノロジーの成長と同時にそれをサポートする機関やサービスも急速に拡大/成長しています。

会計、人事、ITなどのオペレーション業務をアウトソーシングすることによって、限られた資源をコア業務に集中することが可能になります。そして、この10年間で海外企業へアウトソーシングをおこなる企業が拡大するとともに、アジアを中心に日本のアウトソーシングを請け負うための企業が急増しているのです。

文化や言語的にも日本と近い中国企業へアウトソーシングする企業はもともと少なくありませんでした。しかし、近年中国経済の急成長に伴って中国でも人件費は高騰しています。また、中国企業との取引はリスクがないとは言い切れません。トラブルに直面した日本企業はコストメリットも薄くなってきた中国ではないアウトソーシング先を探していました。

そして、ネクストチャイナとして日本企業のアウトソーシングの請負先として急成長をしているのが「ベトナム」なのです。コストメリットだけではなく、親日の文化であり、宗教観もにているベトナムは日本企業にとって「仕事がしやすい」のです。

同時に、ベトナムに進出し現地のリソースを活用して日本企業のアウトソーシングを請け負う企業も急増しています。 更には、国自体が日本のアウトソーシング先としての成長を図っており、大学の教育では第2カ国語で日本語を学習することを推奨していて、日本語を喋れる若い人材がベトナムでは驚くくらい増えています。

また、ベトナムの若者のテクノロジーへの関心は非常に強く、AIやブロックチェーンなどの最新テクノロジーの研究開発拠点としてベトナムへ進出し、現地の大学などと共同して技術の研究開発を進める日本の大手企業も急増しています。事業拡大のために海外アウトソーシングを活用する日本企業は今後も増えていくことが予測されます。

 

2.スキルのためのコストの削減

海外アウトソーシングをすることによって、大幅な人件費削減を実現することができます。日本国内では少子高齢化が進み労働力が減る一方の中、特にIT人材において日本企業にとっては適切なスキルを持った人材を確保することが難しい現代となっています。

しかし、だからこそ経験豊富な海外アウトソーシング企業を利用することがソリューションの1つとなっているのです。 そもそも雇える可能性の人が少ないということに加えて、従業員を雇う場合、採用とトレニンーグにかかる費用と時間のコストは多くの企業にとって大変な負担になっています。

採用コストも安くはない上に高度なスキルを求めればそれだけ人件費も高くなります。一方、海外のアウトソーシング企業を活用すれば採用コストもかからない上に、必要な時に迅速に必要な人材を低コストで活用することができます。

また、明日とソーシング企業はスタッフの能力に関わる責任を全て引き受けています。日本企業の期待に沿うよう海外のアウトソーシング企業は教育に力を注ぎ、実績を積み重ねてきております。また、海外アウトソーシングはコストを抑えられますが、仕事の品質が損なわれるわけではありません。

コストが低いということは、低品質とイコールではないのです。特に、先端分野の技術では日本や欧米と遜色ないレベルで開発を行える人材が増えてきています。

 


3.業務の効率化/最適化

特定の目的の業務のための適切な人材を確保できないことで、プロジェクト全体に遅れが出てしまうなどの影響をもたらすことは少なくありません。また、そのような問題を社内で新しい人材を採用して対処しようとすると中長期的にコストがかかります。

そして、そのコストは最終的に企業のサービスの提供価格に反映されてしまい、同業種内での価格競争力が下がる結果となります。業務の効率化と最適化を図り市場内での競争力を高めるためにはコア業務以外をアウトソースするのは合理的な手法と言えます。

 

4.柔軟性がありスキルの高い人材にアクセスできる

予測のつかないグローバル市場において、いかに素早く変化に対応できるかは企業にとって重要なことです。プロジェクトに取り組む際に、人員の配置は結果を左右する重要な要素の一つであります。

プロジェクトを始動するたびに従業員を雇用したり、解雇したりするのは現実的に難しいことであって、その上、従業員の採用とトレーニングに大変な時間とコストがかかります。

アウトソーシングサービスはこのような状況を柔軟に対応することができて、適切な人材を提供することができます。 また、規模感関係なく日本企業にとってもグローバルマーケットを見据えることが命題となりつつある現代、海外アウトソーシング企業を活用することはグローバルマーケット進出の第1歩ともなり得ます。

5.企業リスクの軽減

企業がビジネスを展開するには、色々なリスクに対処していかなければいけません。変化し続ける市場状況、政府の規則、競合の増加や自社財務の状況、そして進化し続けるテクノロジーなど、ビジネスを成長させるために経営陣が考えなければならないことは多くあり、常に考え続けなければなりません。

全ての問題に対してノウハウが社内で築き上げることが現実的に難しい中、自社のみで問題を対処しようとすることは大きなリスクを伴います。その中で、日本企業との取引を拡大させノウハウを蓄積している海外アウトソーシングサービスを導入することによって、貴社の代わりにその分野のプロがリスク管理をいたすることで企業側のリスクを軽減させることができます。

NashTechは2000年創立以来、アウトソーシングサービスを専門にやってきました。アウトソーシングの仕組み、プロセスの詳細やアウトソーシングサービスの導入にご興味のある方、お気軽にお問い合わせください。NashTechは貴社のビジネスの成長をサポートいたします。

NashTechはビジネスソリューションと、最高の品質の仕事を提供します。