ブロックチェーンとは?|NashTech JAPAN 最新導入事例

2017年、「暗号通貨(仮想通貨)」が市場を賑わせたと同時に、ブロックチェーンという技術を耳にした方は少なくないと思います。ブロックチェーン技術とは「暗号通貨(仮想通貨)」の基幹技術として開発された概念ですあり、当初は主に「暗号通貨(仮想通貨)」の技術として注目を集めていましたが今後は様々な分野で応用されることが期待されています。

また、ブロックチェーン技術を「暗号通貨(仮想通貨)」と同じものとして認識されている方もいらっしゃると思います。しかし、「暗号通貨(仮想通貨)」を実現した技術が「ブロックチェーン」であり、ブロックチェーンは「非中央型集権の分散技術」なのです。

今回は改めてブロックチェーンとは?を解説し、ブロックチェーン技術の仕組みからブロックチェーン技術のメリット・デメリット、NashTech Japanの開発事例、今後応用が期待される分野をご紹介致します。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンの詳細に入る前に、話をわかりやすくするために、その技術を簡単に説明しましょう。ブロックチェーン技術は、事実上ほぼ暗号であり、元々はテクノロジー世界の底辺に位置するものでした。 ブロックチェーン技術を簡単に説明すると、ブロックチェーン技術では取引のデータ(履歴)を「トランザクション」と呼び、そして、複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」と言います。

このブロックが連なるように保存された状態が「ブロックチェーン」です。生成されるブロックは前のうロックのデータを引き継ぎ生成されるため、たとえ1つのブロックが失われたり改ざんされたとしても、データすべてが失われることがない(=セキュリティー性が高い)ことが大きな特徴です。

また、ブロックチェーンは仲介業者を挟まずに取引やオンラインの送金ができる機能の提供を可能にする「非中央集権型の分散技術」です。取引の履歴を正確かつ安全に保つためにサードパーティの業者を信頼する代わりに、ブロックチェーンはデジタル署名として機能する暗号化キーを利用して取引を保護することができます。

そのような特徴が、通常は「銀行」という中央集権の元発行される通貨の概念とは異なる「暗号通貨(仮想通貨)」を実現させたというのがブロックチェーン技術の仕組みなのです。 それでは、ブロックチェーン技術のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

ブロックチェーン3つのメリット

1.効率性

多くの企業がブロックチェーン技術を採用している理由の一つは効率性です。 ブロックチェーンの特徴の一つとしてセキュリティとプライバシーの基準を高める事が挙げられます。上記で説明したようなシステマチックな機能によって、人々は既存の物理的な通貨を使わずに、実体を持たないオンライン上で発行された共通通貨の効果が可能となりました。

既存の通貨は銀行という第3機関が信用性を担保していたことは事実ではありますが、逆を言えば第3機関が全てを管理できるということです。一方、ブロックチェーン技術が使われた暗号通貨においてはそもそも管理者が存在しない「非中央集権型」の通貨のため、1機関ではなくユーザー全てで通貨を管理しているのです。

そのため、暗号通貨は信用性の高い通貨として市場価値を高めました。 ブロックチェーンの手順では第三者が存在しないために、取引を素早くシンプルに実行できることも大きな特徴です。

2.優れたセキュリティ

また、情報がどのように扱われ格納されているかと言う点でも、ブロックチェーンは高いセキュリティを提供しています。 詐欺が横行し、財務上のプライバシーを暴こうとする試みを銀行が防げないような時代において、ブロックチェーンはより高度に取引の管理ができる方法です。

PKI(公開鍵暗号基盤)を強固にしたり、DDoS攻撃に晒されるのを防いだりすることで、データ管理をしています。特に発展途上国などデータの改ざん等が横行してしまう国ではブロックチェーン技術の導入が着々と進んでいます。

3.サプライチェーンの透明性

3つ目のメリットはサプライチェーンの透明性が挙げられます。グローバルな時代において、世界の顧客やサプライヤーと取引するような企業は、たとえ小規模な企業であったとしてもサプライチェーンの透明性が最優先です。ブロックチェーンは複雑化するサプライチェーン・モデルにおいて分かりやすさの重要性を証明しています。

分散化された帳簿として、ブロックチェーンは製品の開発に含まれる全てのトランザクションを提供する、完璧なソリューションです。さらに、誰かが記録を改ざんしようとすると、いつ、誰が、何を改ざんしたのか誰の目にも明らかになります。

紆余曲折を経て、革新的なブロックチェーン技術を企業は採用し始めています。ブロックチェーンは取引の過程で起こる問題に対応し、洗練された新しい方法でソリューションを提供できるのです。

ブロックチェーンのデメリット

1.市場の未熟性

新しい技術には常につきものですが、ブロックチェーンにとっても現在の大きな課題は市場ができているとは言えない状況での「目新しさ」です。 意欲的な企業は列の最後に並びたくないと考える一方で、実験台になりたいとも思っていません。

日本でも海外でもそれは同じことが言えます。証明されていない技術への投資は、評判も、組織としても、経済的にも、リスクが高いでしょう。最終的には小さなプロジェクトで動向を伺い、状況を見守ることになります。しかし、確かな可能性のある技術への先行投資は大きなビジネスチャンスがあることも確かなのです。

2.市場の断片化

また、ブロックチェーン技術に直面している別の大きな問題は、マーケットが断片化されていることです。 前述したように、ブロックチェーンがビジネスに与える良い影響は計り知れません。何千ではないにしろ、そのソリューションが最善であることを証明しようとしているスタートアップ企業は何百もあります。

非常にこれはポジティブなことです。その一方で、ブロックチェーンは、単一のアプリケーションとして認識することを非常に困難にし、ブロックチェーンの真の価値に混乱が生じます。ジェネラルに応用が効く可能性があるからこそ、不透明な部分もあり、それが投資の集めづらさの理由の1つにもなっています。

3.規制

ブロックチェーン、さらに具体的には、暗号通貨とそれに関連するイニシャル・コインは、まだ適切に規制されていません。将来どのように規制されるのか明らかでない段階で、その技術に大きな投資をすることは、賢明でないと一般的には考えられます。

一方、暗号通貨においては爆発的な成長率から中国では市場の崩壊(租税としての活用)が懸念され、本質的な意味合いを持たない規制が強化されるなど風向きは弱くない風潮となっております。 さらに、EBA(欧州銀行監督局)では欧州全体で仮想通貨の規制を検討し始めています。

また、アメリカでは既にビットライセンス規制があります(ただし、適用はニューヨーク州のみ)。英国ではブロックチェーンの規制は現在のところ特にありませんが、FCA (金融監視機構)が規制の動きを見せています。

ブロックチェーンは歴史が浅く、バラバラに分解されているというその性質がおそらく原因で、現在のところ国際的な認知のある基準にサポートされていません。しかしながら、規制が整うと同時に、多数の大手銀行が参加するR3 CEV イニシアチブのような動きもあるでしょう。

規制とガバナンスが今後数カ月から数年で追いつくにつれて、それはブロックチェーンの技術の長所の一つとなるでしょう。 NashTechは破壊的スタートアップや大手企業のブロックチェーン機能を構築するための豊富な経験を持ちます。

プロフェッショナルなテストで定評ある、開発者とエンジニアによる弊社グローバルチームは、ブロックチェーン開発チームと提携して、そのアプローチにおいて最善を尽くすことを保証します。 貴社のブロックチェーン採掘と開発をサポートします。こちらまでご連絡ください。