今更聞けない、FinTech(フィンテック)とは?最新のトレンドも紹介

近年、テクノロジーの急速な進化とともに市場に浸透し始めている「FinTech(フィンテック)」という言葉を聞いたことがない人はもはや多くないと思います。

とはいえ、フィンテックとは具体的にどのようなサービスを表すのか、そもそもなぜフィンテックが日本だけではなく世界のビジネスの間でトレンドとなっているのか、本記事では解説します。世界の中でも特にフィンテックがトレンドとなってる英国の開発実績もご紹介致します。

世界中で急成長する、「FinTech(フィンテック)」とは?

FinTech(フィンテック)とは、テクノロジーを利用して、企業や消費者に新しい金融サービスのことです。また、FinTech(フィンテック)は金融サービス、保険、支払い、個人財務管理などのサービスを提供する新興企業、IT企業、さらには既存のサービス提供者をも指しています。 旧来は金融市場は大手の銀行などが独占していました。

大量の顧客データをもつ大手銀行に新興企業が立ち向かうチャンスはなかったと言えます。しかし、テクノロジーが普及した現代、テクノロジーを金融業界に取り入れ今までにない利便性を提供できるフィンテックをもった多くの新興企業が金融市場に参入しております。

その中で、大手銀行のような従来の金融サービス企業は、まさに金融市場の混乱だけではなく自社の生き残りの心配をしています。フィンテックは既存の銀行や金融機関と直接競争しているのです。フィンテックは世界のどこでも可動することが可能であり、電子決済などは顧客の瞬時の要求を満たすことができ、消費者が金融機関と取引する方法を大きく変えています。

フィンテックの新興企業に対して大手銀行は大きな危機感を覚えるとともに、新興企業にとっては大きなチャンスをフィンテックはもたらしているのです。 近年、フィンテックはかつては大手銀行などの金融機関を通じてのみ利用可能だった金融サービスを顧客に提供しています。

例えば、個人向けローン、商業金融・エクイティファイナンス、商業投資、個人向けバンキングを銀行という金融機関を通さず顧客に提供することを実現しています。こういったフィンテックの分野は、従来の機関との直接競争で常に成長しており、かつては銀行などの期間と直接取引をしなかればいけなかった行為を、オンライン上でいつでもどこでもできる取引を実現したのです。

コストパフォーマンスで銀行を圧倒するフィンテック

既存の銀行等の機関が提供している金融サービスも含め、金融サービスでは個人向け証券口座や日常で活用できる決済サービスからより利率の高い投資管理などのソリューションを提供しています。その中で、急成長するデジタル技術は、金融市場で新しいビジネスを行う企業に、現代まで銀行によって支配されていた金融市場を解放するためのチャンスを提供しています。

そして、事実としてフィンテックは金融サービス環境を変えつつあるのです。 フィンテック新興企業はIT技術を使い、低コストで金融ソリューションを提供します。既存の銀行と金融サービスが同じレベルで戦うためにはフィンテックを取り入れたソリューションを開発しなければなりません。

もはやコストパフォーマンスという点で既存の銀行機関などはフィンテック新興企業に敵わず、利用者もよりコストパフォーマンスの良いフィンテック企業のサービス利用を選んでいます。新興企業だけではなく既存の銀行機関なども新しいテクノロジーを取り入れ、フィンテックを提供しなければ市場で生き残っていけないのです。

従来の銀行に衝撃を与えるフィンテック

前述している通り、フィンテック新興企業は従来の金融サービス市場に続々と入り込み、従来の企業にとっては将来の成長リスクとなっています。Apple Pay 、楽天PayやPayPalなどは厳禁の所有はもちろんクレジットカードなどの既存の決済サービスに衝撃を与えています。スマートフォンなどのインターネットが使えるタブレットを一つ持つだけで個人間の取引、企業間の取引でさえ実現させてしまっているのです。

そして、フィンテック企業は、例えば官庁の記録や企業のオンライン上での実態やトラックデータなど、従来とは異なるデータを利用して金融サービスを行います。そういった真新しい観点から金融サービスを構築するフィンテックで金融市場に参入する企業のにとって、投資家からの資金調達は今まで以上に容易となっております。

実は、元々はフィンテックという言葉は銀行や金融機関でのテクノロジーを指す言葉でした。しかし、最近では法人・個人向け金融サービスにおける広い範囲の技術進歩という意味で使われています。その背景にはやはりフィンテック新興企業の躍進があります。 特に、取引スピードの速さとアプリケーション処理の容易さという利便性により、フィンテック企業は利用者から人気を集めています。銀行は信用や担保に対して要求が厳格で、処理に長い時間がかかります。

しかし、フィンテック企業は金融の適性をビジネス全体で見ており、ビジネスである以上顧客の利便性が重要視されているのです。従来の資金調達には適さない納税記録、貸借対照表、銀行の記録をフィンテックは利用し、企業に投資する資金を確保しています。

金融市場の未来はフィンテックにある

フィンテック企業は低コストで金融ソリューションを提供し、顧客ニーズを満たし続けます。銀行のような従来の金融サービスはフィンテック企業が金融市場を圧巻する状況に向き合わなくてはなりません。新興企業だけではなく大手銀行などの金融機関が金融市場で競争力を高めるには、根本的な変化が必要でしょう。

そのため、大手、中有小関係なく、金融サービスの新しい「トレンド」に向き合っていかなければいけません。従来のフレームワークの中で営業している銀行や企業は以下の3点において特に変革が必要となります。

フィンテックを取り入れる「柔軟性」

銀行のような既存の金融ビジネスは一貫して同じパターンの業務を行う傾向があります。つまり、新しい技術やトレンドを取り入れることに消極的ということです。なぜなら長い年月をかけ培ってきた自社のノウハウややり方に大きな地震を抱いているからです。

しかし、それって合理的ではないですよね?何より大事なのは顧客です。顧客が求めるニーズやトレンドに合わせて、新しいテクノロジーを使うフィンテック企業とと競合もしくはパートナー隣併合できる高い柔軟性が求められます。

逆に、フィンテックを気にしすぎないことも大事

逆にフィンテックに気を取られすぎるのを避けましょう。先ほどと言っていることが違うと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、フィンテックが何をしているか心配するだけではなく、そもそも自社の業務に集中しお客様のことを第一に考え、最新技術を使ったソリューションを開発することが必要なのです。あくまでも、その中のソリューションの一つが「フィンテック」である可能性が高いのです。

多角的な考え方が必要

繰り返しになりますが、伝統的なビジネスは変化に苦戦しています。しかし、フィンテックをよく観察し、そのアプローチから自社への活用としてなにか学べることはないか考えましょう。 フィンテックは旧来の金融業界のイメージから、より生活の身近に即するものであり、顧客ニーズを叶えるサービスと言うイメージへ変えつつあります。

英国に本社を構えるグローバル企業のNashTechでは、金融ソリューション開発のプロが対応し、個人や法人と協力して革新的なツールやソフトウェアソリューションを開発します。各種業界での長年の経験から、金融システムと金融ソリューションには以下の項目が入ります。

  • コアプロセス管理 ポートフォリオ管理
  • 消費者金融ソリューション
  • 住宅ローンプロセス管理
  • 金融商品・サービス販売ソリューション
  • ローン仲介ソリューション
  • 顧客口座処理
  • スマートフォン用アプリとオーダー機能
  • アプリケーション開発と移管
  • オフショア開発センター

貴社のビジネスの成長に関してどんなことでも、ソリューションを提案します。NashTechにご相談ください。