フィンテックとは何ですか?なぜ注目されているのでしょうか?

フィンテック(Financial Technology)とは、テクノロジーを利用して、企業や消費者に新しい金融サービスを提供する企業のことです。金融サービス、保険、支払い、個人財務管理などのサービスを提供する新興企業、IT企業、さらには既存のサービス提供者をも指しています。

従来の金融サービス企業は、まさに金融市場の混乱を心配しています。フィンテックは既存の銀行や金融機関と直接競争しているのです。フィンテックは世界のどこでも業務を行い、顧客による瞬時の要求を満たすことができ、消費者や企業が金融機関と取引する方法を変えています

近年フィンテックは、かつては旧来の金融機関を通じてのみ利用可能だった金融商品を提供しています。個人向けローン、商業金融・エクイティファイナンス、商業投資、個人向けバンキングといった金融商品の分野は、従来の機関との直接競争で常に成長しています。

フィンテックのソリューションはよりいいコストパフォーマンスを。

この金融サービス市場は、個人向け証券口座から注目度の高い投資管理までのソリューションを提供します。急成長するデジタル技術は、新しいビジネスを行う企業にチャンスを与えるために市場解放する金融サービス環境を変えつつあります。

フィンテック新興企業はIT技術を使い、低コストで金融ソリューションを提供します。既存の銀行と金融サービスが同じレベルで戦うためにはソリューションを開発しなければなりません。

従来の銀行に衝撃

フィンテックは従来の金融サービス市場に入り込み、従来の企業にとっては将来の成長リスクです。フィンテック企業は、例えば官庁の記録や企業のウェブ上の存在感など、従来とは違うデータを利用して金融サービスを行います。それにより投資のための資金調達がしやすくなります。

元々フィンテックという言葉は銀行や金融機関でのテクノロジーを指す言葉でした。最近では法人・個人向け金融サービスにおける広い範囲の技術進歩という意味で使われています。

スピードの速さとアプリケーション処理の容易さでフィンテック企業は人気です。銀行は信用や担保に対して要求が厳格で、処理に長い時間がかかります。フィンテック企業は金融の適性をビジネス全体で見ています。従来の資金調達には適さない納税記録、貸借対照表、銀行の記録をフィンテックは利用し、企業に投資する資金を確保しています。

これからはFinTech

FinTech企業は低コストで金融ソリューションを提供し、顧客ニーズを満たします。従来の金融サービスはFinTech企業がビジネスを破壊する状況に向き合わなくてはなりません。競争力を高めるには、根本的な変化が必要でしょう。

金融サービスの新しい「普通の環境」を認めなければなりません。従来のフレームワークの中で営業している銀行や企業は:

  • もっと柔軟性を – 既存の金融ビジネスは同じパターンの業務を行う傾向があります。新しいテクノロジーを使うFinTechと競合したりパートナーになったりするには高い柔軟性が必要です。
  • フィンテックを気にしすぎない – フィンテックに気を取られすぎるのを避けましょう。フィンテックが何をしているか心配する代わりに、自社の業務に集中しお客様のことを第一に考え、最新技術を使ったソリューションを開発することが必要です。
  • 違う考え方をしましょう – 伝統的なビジネスは変化に苦戦しています。フィンテックをよく観察し、そのアプローチから学べることはないか考えましょう。

FinTechは旧来の金融業界のイメージを、フットワークが軽く顧客ニーズに即したものに変えつつあります。グローバル企業のNashTechでは、金融ソリューション開発のプロが対応し、個人や法人と協力して革新的なツールやソフトウェアソリューションを開発します。各種業界での長年の経験から、金融システムと金融ソリューションには以下の項目が入ります:

  • コアプロセス管理
  • ポートフォリオ管理
  • 消費者金融ソリューション
  • 住宅ローンプロセス管理
  • 金融商品・サービス販売ソリューション
  • ローン仲介ソリューション
  • 顧客口座処理
  • スマートフォン用アプリとオーダー機能
  • アプリケーション開発と移管
  • オフショア開発センター

貴社のビジネスの成長に関してどんなことでも、ソリューションを提案します。NashTechにご相談ください。