NASHTECH とは?

NashTech社CEOのポール・スミス氏にベトナムでのNashTechの設立について語っていただきました。

いつビジネスを始めましたか?またそれは今まで、どのような道のりを歩んで来ましたか?

Paul Smith, Chief Executive Officer, NashTech

Paul Smith, Chief Executive Officer, NashTech

NashTechは2000年にベトナムでの営業を開始しました。

アウトソーシングを開始した理由は、重要な顧客が、弊社との契約を解消してスタッフをインドに転勤させる計画があったからです。ビジネスを維持するための解決策としてベトナムにてアウトソーシングを始めました。

夕食を食べながら、ベトナムという国と、この国でのビジネスチャンスについて熱く語る地元の人と話しました。そこで可能性を調べ、ハノイを訪れて、その年のうちに営業を始めたのです。

なぜベトナム?

興味深いことにベトナム西部のイメージは、日没にジャングルから空へ飛び立って行くヘリコプターでした。それは20年も前のことで、もはや正しいとは言えません。ベトナムは9600万人の人口を抱える急成長している国で、アジアの中では最も安定している政治がサポートする教育システムがあります。政治は一党制ですが、非常に起業家精神に溢れ、PwC(プライスウォーターハウスクーパース)によると2050年には経済におけるトップ20に入ると言われています。

低コストという唯一の理由でベトナムを選んだと皆様は思うでしょう。しかしまた一方で、技術革新という面でもベトナムは強力です。

弊社の哲学は、単に安価なサービスを提供するだけではありません。顧客の協力で顧客のビジネスを競争力のあるものに変化させるサポートをしているのです。

ベトナムはビジネスをする上で非常に条件の良い国です。その理由は:

  • 83%の卒業生は科学を専攻
  • この10年間で、数学オリンピックでトップ3に入っている
  • 平均年齢が35歳
  • 経済成長率は年平均7%
  • テクノロジー分野は主要な政府の戦略である
  • 世界で13番目に人口が多い

ベトナムの人々はフレンドリーで、創造的で、素直です。政府は特にテクノロジーの分野でビジネスをすることに好意的です。

NashTechは20年間ベトナムで営業し、この国では最大手テクノロジー企業2社の内の1社となっています。これはベトナムで営業を開始した際の狙いでしたか?

NashTechはベトナムのテクノロジー企業としては2番目に大きく、外資企業の中では最大です。しかし弊社は最大手企業になろうとしている訳ではありませんし、成長のための成長はしません。多くのスタッフが在籍し、企業が速いペースで成長していることは嬉しく思います。

弊社の哲学は、ベストを尽くして成長することです。顧客のニーズを満たし、株主に利益を還元することです。ベトナムで二番手になったことは、この意味で大きなアドバンテージがあります。

英国・ASEAN ビジネス協会 (UKABC) と ベトナム・英国ネットワーク (VN-UK Network)の副議長として、あなたは政府との強力な関係を築いてきました。なぜこういった関係が重要だとお考えですか。

英国・ アセアンビジネス協会( UKABC)とベトナム・英国ネットワーク( VN-UKネットワーク)との深い関係のおかげで、困難を解決できました。一例として、 2007年に LTEと呼ばれる新しい 4Gモバイル技術で弊社は良い結果を残しました。地元でモバイル通信のテストをするために、大きな開発ラボと大量の高額のハードウェアを持つセンターを開く必要がありました。そのためにハードウェアを輸入し、ホーチミン市でネットワークを構築するライセンスの取得で 2年かかりそうでした。

ベトナム政府、UKABC、VN-UKネットワークを通じた私たちの関係で、政府職員と直接お会いし、弊社のプロジェクトの利点を説明することができました。続く話し合いで、ライセンスを取得できたのです。 2年かかるはずの手続きは たった 3ヶ月となりました。

弊社は一企業として、経済にお返しができると信じています。私は UKABC・ VN-UKネットワークの中で、ベトナム政府をサポートすることに長い時間をかけました。企業の社会的責任は重要であり、弊社は数多くのチャリティに参加して特に恵まれない子供たちが教育を受けられるよう援助をしています。

弊社が行なっていることの一つとして、辺境に住む子供たちが学校に行けるように自転車を寄付し、その地域の家族にはお米を寄付しています。子供たちは家族のお米を買うお金を稼ぐために働かなくてはならないことがあります。お米を家族に寄付すれば、子供たちは学校に行くことができ、受けた教育で経済はさらに強くなって行くのです。

ベトナムで輸出業や企業設立を目指す方に向けて、何かヒントを教えていただけますか。

辛抱強さです。

ベトナムが世界でも最大のマーケットの一つになりつつある上で、早期参入は重要です。人々との関係性を築かなければなりません。

一度そこへ滞在し、残りはEメールのやり取りで大丈夫と考える人もいるかもしれません。しかしそれでは上手くいかないでしょう。対面で話し、信頼を築くことが全てです。その上で、ビジネスを始めることができるのです。

ポール・スミス氏のインタビューは、NashTechがどのようにベトナムで事業を始めたかについて興味深い洞察を与えてくれました。現在ではNashTechはベトナムで最大の外資企業に成長しています。

このインタビューは、弊社の主要サービスであるアドバイザリー、コンサルティング、ソフトウェア、BPO、インフラストラクチャーについての視点と2017年の最新テクノロジーとトレンドを紹介するブログシリーズです。

弊社ウェブサイトhttp://bit.ly/2rqTV1wでブログシリーズをご覧ください。