NashTech

なぜベトナムなのか、外国人投資家にとって今がその時なのか。

virtual talk banner x

総務省とITUが主催するバーチャル・トークに参加したナッシュテックのマネージング・ディレクター、クオン・グエンの見解

インダストリー4.0時代は、その新興技術によってグローバル化を促進し、イノベーションと変革の新たな機会を模索する世界中のデジタル技術企業を育成している。 世界中の国々が、さまざまな活動や配備を実施することで、この速いペースに追いつこうと努力している。 ベトナムも例外ではない。 外国人投資家は、投資機会をつかむためにベトナムとその可能性を探っている。

では、なぜベトナムなのか? デジタル企業は今こそ投資すべき時か? これらは、投資家がよく調べたり尋ねたりする一般的な質問である。 こうした疑問に答えるため、10月21日(水)、ベトナムの情報通信省(MIC)と国連のICT(情報通信技術)専門機関である国際電気通信連合(ITU)が共同で、「なぜベトナムなのか」をテーマにしたバーチャル・トークを開催した。

ナッシュテックは、ベトナムのマネージング・ディレクターであるクオン・グエン氏をパネリストの一人として迎え、ベトナムのデジタル環境とその可能性について議論することができました。 この記事では、バーチャルトークの主なハイライトを振り返ってみよう。

風景

これは白熱した議論となり、パネリストたちはベトナムが外国人投資家にもたらす機会と課題について爽快に語り合った。

世界銀行の調査によると、ベトナムのGDPは2002年から2018年の間に約3倍に成長し、ここ数年で多くの分野が飛躍的に発展している。 また、ベトナムでは近年、現金以外の取引が急増している傾向がある。 からのデータとして ベトナム国家銀行決済部 によると、2019年1~5月のインターネットバンキング電子決済システムを通じた総取引量は、2018年と比較して、取引件数で23.23%、取引金額で17.63%増加した。

nashtech-virtualtalk-cuongnguyen-760x500-1

これらの要素はすべて、特にビッグデータ、AI、機械学習などの新興技術における、ベトナムへの外国投資の有望な機会を示している。

常に変化し、速いペースで進むテクノロジーの世界では、時として政策が業界の多様性と成長についていくのに苦労することがある。 しかし、ベトナム政府は新技術やイノベーションを取り入れるために企業からのフィードバックを非常に歓迎しており、ベトナムのICT産業の成長を促す上で積極的な役割を果たしている。

最近、労働・障害・社会問題省(MOLISA)は、外国組織に対するベトナムでの人材採用・管理規制に関する新しい政令の制定に取り組んでいた。 ナッシュテックを含む外国直接投資(FDI)を含む企業からのフィードバックを求めている。 私たちは意見を提出し、それが次のバージョンの法令草案に反映されるのを見た。 これは、ベトナム政府の “真実を追求する “驚くべきスピードと精神を示している。

今が移籍のタイミングか?

現在、Eコマースは特にベトナムで大きく成長し、台頭してきている。 特にCOVID-19のパンデミックの際には、ベトナムは優れた反応を示した。 在宅勤務(WFH)は、ベトナムの多くの企業にとって新しい常識となっている。 ベトナムのサービス・プロバイダーが提供する発達したデジタル・プラットフォームのおかげで、家庭での安定したインターネット帯域幅、非現金取引のサポート、オンライン・ショッピング、ドア・ツー・ドアの配達など、日常生活を通常通り、簡単に続けることができる。

「他のオフショアセンターにいるチームがCovid-19の影響に対応できないため、最近ナッシュテックに助けを求めてきたグローバルクライアントがたくさんあります。彼らはWFHモデルへの準備が整っていない一方で、ベトナムではビジネスがまだ円滑に進んでいます。ソーシャル・ディスタンシングの間、1,700人以上のナッシュテック・ベトナムのスタッフが、クライアントのプロジェクトに影響を与えることなく在宅勤務を行いました。”

クオン・グエン、ナッシュテック社長
nashtech-virtualtalk-panel-760x500-1

クオンによれば、今はベトナムに投資する良い時期だという:

  • ベトナム経済は急速に成長している。 GDPは2020年にはシンガポールやマレーシアを上回り、ベトナムはコヴィッド-19(IMF予測)にプラス成長を遂げる世界でも数少ない国のひとつとなる。
  • 人口の大部分がゴールデンエイジ期にある。 人口の約70%が35歳以下である。
  • 100万人近いICT人材がおり、年率10%で成長している(ICT白書2019PWCとベトナム商工会議所(VCCI)の報告書)。
  • ベトナムの学生はSTEM科目を好む
  • 急速に発展するインフラシステム、オープンな環境、競争のために開かれた国である。

ICTに予算を使うことを厭わない人口が多く、市場が成熟しつつある今こそ、外国人投資家がベトナムにやってくる絶好のチャンスなのだ。

「以前は、テクノロジーやソフトウェア・ソリューションのプロジェクトに数百万米ドルを費やすのは、国営の大企業か大手銀行だけでした。しかし最近では、デジタル・トランスフォーメーション・プロジェクトに巨額の予算を費やす民間企業がベトナムで増えています。Covid-19の期間中でさえ、ベトナムの不動産セクターのあるクライアントは、新しいB2Cプラットフォームを開発するためにNashTechと協力して100万ドル近くを費やしており、今年後半から来年にかけても、そのプラットフォームをさらに開発するために数百万ドルを投資し続ける予定です。”

改善するために何ができるか?

討論会の最後に、パネリストたちは、外国人投資家の期待に応え、ベトナムの評判を向上させるために、ベトナム政府と企業は何をすべきかについて、提案と意見を述べた。

クオン・グエンは最後にこう言った、 “ナッシュテックでは、毎年、世界中の潜在的なクライアントのエグゼクティブを招き、ベトナムのことをもっと知ってもらい、私たちがどのように事業を行い、どのようなサービスを提供するのか、そしてベトナムの文化を理解するために、物理的にも仮想的にも幅広い活動を行っています。彼らはナッシュテックのクライアントになるだけでなく、ベトナムへの投資家になるのです。ですから、外国人投資家にベトナムと私たちの能力をもっと知ってもらうために、コミュニケーションにもっと力を入れることをお勧めします。”

パネルディスカッションでは、情報を共有し、一般に誤って信じられている神話を払拭するために、より多くのコミュニケーション・チャンネルや活動を組織し、より多くの外国投資を呼び込むべきだと主張した。

おすすめ記事

[post_grid id="1634"]

テクノロジー・ジャーニーを理解し、複雑なデータの世界をナビゲートし、ビジネス・プロセスをデジタル化し、シームレスな ユーザー体験を提供するお手伝いをします。

上部へスクロール
サンプル・タイトル
サンプルショート
サンプル見出し
JA FREE WHITEPAPER
新しいホワイトペーパーで知識の力を解き放つ
「プロダクトオーナーのユーザーエクスペリエンスを向上させる」
無料ホワイトペーパー
新しいホワイトペーパーで知識の力を解き放とう
「プロダクト・オーナーのためのユーザー・エクスペリエンスの向上