NashTech

アジリティを実現する3つの重要な要素

アジリティを実現する3つの重要な要素

572-the-race-for-agililty-report_website-banner-1024x360

このダイナミックな世界では、世界各地のセクター、地域、企業で変化が激しく、競争に勝ち残るだけでなく、レースをリードするためには、常に最新の情報を入手する能力が不可欠となっている。 変化のペースに対応し続けることは容易ではなく、組織がアジャイルで適応的であることを妨げる要因がある。

ハーヴェイ・ナッシュ・グループが実施した2つの重要な調査(2020年CIOサーベイと2021年技術・人材サーベイ)を基にした最新レポート「アジリティのための競争」では、アジリティが組織にとって現実のものとなるための盲点や要因を紹介している。

5カ年計画の崩壊

アジリティは多くの人にとって容易なものではないが、それが組織にもたらす価値は大きく、最も適応性の高い組織は、適応性の低い組織よりも、将来に対する長期的な展望を正確に持っている可能性が高いという結果が示されている。

agile-and-organisations-650x650

これは、彼らがより良い「望遠鏡」を持っているからではなく、ファインダーに目を向けたときに、より少ないディテールを見ることに抵抗がないからである。 適応力のある組織は、『5カ年計画』の答えを探して目を凝らしているわけではないようだ。 だから、5カ年計画が崩壊した今こそ、アジリティが台頭する絶好のタイミングだと思われる。 でも、どうやって?

組織はどのようにしてアジャイルになるのか?

この質問に答えるために、我々は何千人ものITリーダーに彼らの洞察を共有してもらうよう依頼した:

techandtalent2021-768x475

1.顧客理解

どんなビジネスであれ、会社の規模や業務内容にかかわらず、最終的な目標は顧客を知り、理解することだ。 顧客に寄り添い、顧客の新たなニーズを察知し、それに対応することは非常に重要である。

2.アジャイル・プラットフォーム

テクノロジーは、アジャイルの世界で最も重要な柱のひとつである。 どのような企業にとっても、適応し、変化し、拡張できるテクノロジー・プラットフォームを持つことは不可欠である。 当社の調査によると、組織がアジリティを向上させている主な分野は5つある:

  • 人工知能(AI)
  • ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)
  • ビッグデータ
  • サービスとしてのソフトウェア(SaaS)
  • モノのインターネット(IoT)

3.アジャイルな人々

アジリティはしばしばテクノロジーの「もの」としてとらえられがちだが、同じくらい重要な要素が他にもある。 組織は、変化するニーズに対応できるスキル、文化、適切な人的資源を持つことが不可欠である。

組織全体にわたって小刻みに変化し続けることが、ビジネスの成長と進化につながる最も一般的な道筋のようだ。 これは、何が改善できるかというアイデアの共有や、新しい手法や技術を取り入れるといった簡単なことから始めることができる。 NashTechのようなパートナーと協力することで、「デフォルトでアジャイル」という考え方を現実のものとし、お客様と密接に協力することができるため、お客様の旅を加速させることができるのです。

アジャイルな組織の実態を調査し、アジャイルであることの3つの柱を深く掘り下げた、アジャイルへの競争に関するレポートをお読みください。

アジャイルの旅を始めたいとお考えで、信頼できるパートナーをお探しでしたら、info@nashtechglobal.com までお気軽にお問い合わせください!

おすすめ記事

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

テクノロジー・ジャーニーを理解し、複雑なデータの世界をナビゲートし、ビジネス・プロセスをデジタル化し、シームレスな ユーザー体験を提供するお手伝いをします。

上部へスクロール