NashTech

インテリジェント・オートメーションがいかにしてビジネス・パフォーマンスを新たな高みへと導くか

インテリジェント・オートメーションがいかにしてビジネス・パフォーマンスを新たな高みへと導くか

How intelligent automation drives business performance to new heights

日進月歩の技術進歩の中で、近年話題になっている言葉に “インテリジェント・オートメーション(IA)”がある。 この最先端技術は、組織の運営方法を再構築し、プロセスを合理化し、効率を高めている。 この記事では、インテリジェント・オートメーションの世界を掘り下げ、その定義と組織にとっての深い意味を探ります。 ビジネス・オートメーションの未来を発見する、エキサイティングな旅に出かけましょう!

IAとは何か?

インテリジェント・オートメーションは、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)と人工知能(AI)という2つの画期的なテクノロジーの強力な融合である。 RPAが反復的なルールベースのタスクの自動化に重点を置いているのに対し、AIは自動化プロセスにインテリジェンスのレイヤーを追加し、機械がデータやパターンに基づいて学習、適応、意思決定を行うことを可能にする。 このユニークな組み合わせにより、複雑なタスクを処理し、人間の認知能力を模倣し、前例のない結果を出すことができるダイナミックで俊敏なシステムが生み出される。

マッキンゼーによれば、デジタルのトレンドがこのセクターを破壊し続ければ、現在存続可能なモデルはわずか8%に過ぎないという。

データ入力、処理、文書管理の自動化はや文書管理の自動化は、ヘルスケア分野でも進んでいる、 小売そして
物流
業界にも導入されている。 RPAロボットは、タイピングのような人間の活動を複製することができるインテリジェントなファシリテーターである、 クリックを自動化するのに最適なツールです。

インテリジェント・オートメーションはどのようにビジネスを支援するのか?

インテリジェント・オートメーション・サービスは、企業が生産効率を高め、営業経費を削減し、グループの意思決定を強化することを可能にするため、人気が高まっている。 このセクションでは、企業のインテリジェント・オートメーションの利点について、それが現実の世界で様々な産業にどのような利益をもたらしたかという事例とともに検証する。


マッキンゼー・グローバル・インスティテュートによると


マッキンゼー・グローバル・インスティテュート


人工知能とオートメーションの導入は、2030年までに13兆ドルの経済活動を生み出すだろう。

効率性

効率性の向上は、企業のインテリジェント・オートメーションの最も本質的な利点のひとつである。 企業は、データ入力や請求書処理のようなありふれた業務を自動化することで、時間とコストを節約することができる。 ボットが24時間365日、休憩やエラーなく働くことで、組織はかつてないレベルの効率性と生産性を達成することができる。


マッキンゼーによると


マッキンゼー


マッキンゼーによると、約60%の職業が、日常業務の少なくとも30%を自動化できる。

コスト削減

インテリジェントなビジネス・プロセスの自動化は、組織のコスト削減につながるかもしれない。 ルーチンワークを自動化することで、企業は人件費を節約し、生産性を高めることができる。 A
マッキンゼーの分析
の分析によると、2016年から2030年の間に、世界の労働人口は15%減少すると予測している。

インテリジェント・オートメーションによって、40%から75%のコスト削減が達成されることが多い。 (フォーブス)

新たな機会

インテリジェント・オートメーションは、単に進歩を示す製品ではなく、プロセスがどのように機能するかについての知識を生み出すことで、新たな可能性を開く。 監査証跡は、マネジメント・サマリー・レポートが提示・報告することができるほか、以下のようなメリットもある。

  • 社内のデータの動きを可視化する能力を高める
  • 各タスクと顧客とのやりとりを評価する時間を延長すべきである。
  • 消費者が企業のさまざまな側面にどのように関わるかを学ぶ

によると


世界経済フォーラム


によれば、インテリジェント・オートメーションは雇用の減少をもたらすという予測を覆し、5800万人以上の雇用を創出するという。

カスタマー・エクスペリエンス

テクノロジーを採用する企業は、消費者の要求をよりよく理解し、より効果的にコミュニケーションを図り、より高品質の商品を販売することができる。 顧客は購買体験に満足することが多い。 より優れた、より信頼できる製品をより早く市場に提供したり、顧客の質問に迅速(または即座)に対応したりすることは、より豊かで満足度の高い顧客体験をもたらし、ビジネスに競争力を与える。


によると

MITテクノロジーレビュー

によると、AIを搭載したチャットボットは、調査対象となった組織の90%で苦情の解決に役立っている。

精度の向上

企業は機械学習や人工知能ツールを適用することで、ミスを大幅に減らすことができる。 例えば製造業は、品質管理業務の自動化を通じて製品品質を向上させるため、インテリジェント・プロセス・オートメーションを採用している。 大手飲料メーカーは、瓶詰めや品質管理のプロセスを自動化するために高度なソフトウェアを使用している。 これにより、機械はボトル飲料に含まれる有毒層を検出することができる。

さまざまな業界におけるIAの使用例

ここでは、IAが有効性と生産性を高める可能性がある数多くのビジネス手順や分野のほんの一握りを紹介する。

  1. 経理・財務:IAは、データ入力、口座照合、請求書処理などの単調な作業を自動化し、スタッフをより付加価値の高い業務に解放することができる。
  2. 人事:IAは、履歴書の選考、新入社員の受け入れ、福利厚生の管理、職場環境の改善などの業務を支援する。
  3. サプライチェーン管理:注文処理、在庫管理、ロジスティクスの最適化などのプロセスを自動化することで、IAは業務をより効果的かつ効率的にすることができる。
  4. カスタマーサービス:IAは、消費者からの質問やサポートリクエストにチャットボットで対応することで、対応時間を短縮し、24時間365日のヘルプを提供することができる。
  5. ヘルスケアIAは、医療コーディング、患者データの管理、予約の手配などの業務を支援し、医療従事者が患者のケアにより集中できるようにする。

インテリジェント・オートメーション導入のステップ

インテリジェント・オートメーションは、業務の自動化、生産性の向上、コストの削減を実現するために、企業の間で支持を集めている。 労働市場要因のため、採用率は国や部門によって異なる。

マッキンゼーは、フランス、日本、アメリカなどの先進国が、2030年までに労働力の20~25%を代替する可能性があると見積もっている。

企業は実行を成功させるために、明確な計画と戦略を持たなければならない。

具体的な目標と目的の設定

組織は、自動化イニシアチブを成功させるために、目標と目的を明確に定義することから始めなければならない。 自動化が必要なアクションや手順の広範な検討、予想される結果の特定、ビジネス上の利点の評価などは、すべてこの段階の一部であるべきだ。 この手法により、オートメーション・プロジェクトが事業計画全体をサポートし、予想される成果を正確にモニター・分析できることが保証される。

現在のプロセスと手順を分析する

自動化の取り組みを成功させるためには、企業は既存のプロセスを徹底的に調査しなければならない。 これは、自動化できる可能性のある活動分野を特定し、現在の技術インフラを評価し、導入段階で発生する可能性のある障害を予測することからなる。 この徹底的な評価により、組織は自動化プロジェクトの範囲と複雑さを包括的に把握し、現実的な導入戦略を立てることができる。

プランの作成と実施

企業は、企業向けインテリジェント・プロセス・オートメーション製品を選択した後、完全な導入戦略を設計する必要がある。 この戦略には、タイムライン、マイルストーン、責任を含めるべきである。 実施戦略は、従業員や利害関係者のトレーニングやサポートの必要性を考慮すべきである。

自動化ソリューションの検証

企業は、自動化ソリューションを使用する前にテストし、確認しなければならない。 このフェーズでは、自動化ソリューションが計画通りに稼働し、予想されるデータ量とトランザクションを処理できるかどうかを判断する。 テストと検証は、自動化ソリューションが企業の目標と期待を満たすことを保証するために不可欠である。

自動化ソリューションの管理

テストと検証の後、企業は自動化システムを導入することができる。 スタッフはこの段階で指導を受け、ソリューションのパフォーマンスをチェックし、問題があれば改善する。 継続的なモニタリングにより、企業が使用するインテリジェント・プロセス・オートメーション・ソリューションが期待通りの成果と利益をもたらすことが保証される。

結果を測定する

成果を測定し、自動化システムを改善することが最後のステップである。 この段階では、自動化ソリューションの有効性を評価し、ROIを定量化し、潜在的な改善点を特定する。 企業の戦略と目標との整合性を維持するため、企業は自動化ソリューションを継続的に改善する必要がある。

結論

インテリジェント オートメーション 革命を起こしている ビジネスに革命をもたらし 組織に 成長のための比類ない機会を提供しています、 効率性 そしてイノベーション。 RPAとAIのパワーを活用することで、企業は生産性とデータ主導の意思決定という新たな領域を切り開くことができる。 そして顧客満足。 抱擁 インテリジェント オートメーション は単なるオプションではなく、目まぐるしく変化するデジタル時代を生き抜き、成功するための鍵なのだ。 というわけで 組織 自動化の波に乗って、より明るく豊かな未来へ。

深い専門知識を通じて、NashTechは、デジタルプラットフォーム、データパイプライン、AIおよびロボットによる自動化ソリューションの作成を加速するために再利用可能なコードライブラリとソリューションテンプレートを積極的に進化させてきました。 詳細はこちら

おすすめ記事

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

テクノロジー・ジャーニーを理解し、複雑なデータの世界をナビゲートし、ビジネス・プロセスをデジタル化し、シームレスな ユーザー体験を提供するお手伝いをします。

上部へスクロール