NashTech

データセンター管理完全ガイド

データセンター管理完全ガイド

Data Centre Management

データセンターは現代のビジネスにおいて不可欠な役割を果たしている。 組織にとって最も価値のある資産はデータであり、データセンター管理がこれまで以上に重要になっているのはそのためだ。

しかし、データセンター管理はどのように行われ、現代のデータセンターにはどのような未来が待っているのだろうか。 データセンター管理の完全ガイドをご覧ください。

データセンターとは何か?

データセンターは、大量のデータを保存、処理、配信するコンピューター・システムとサーバーのネットワークを収容する施設である。 データセンターは、広大な遠隔地のストレージ施設であることもあれば、小規模なオンサイトのサーバールームであることもある。

テクノロジーの進歩に伴い、一部のデータセンターは、仮想化、クラウド・コンピューティング、IoT(モノのインターネット)などの遠隔システムを採用することで、スペースを節約するように進化してきた。

データセンターはビジネス・インフラの重要な構成要素である。 重要な情報を保存し、処理するため、組織のデータの保護とセキュリティを確保するための効果的な管理が必要となる。

データセンター管理とは何か?

データセンター・インフラ管理(DCIM)には、データセンターの機器、サービス、アプリケーションの管理が含まれる。
アプリケーションの管理
. これには、データそのものの安全な収集と保管だけでなく、すべてのシステム・プロセスの監督も含まれる。

DCIMは、チームまたは一人のデータセンター・マネジャーが担当する重要な仕事である。 これらの担当者は、データセンターの日々の運営と、その運用の最適化に責任を負う。

データセンターにおける一般的な管理活動とは?

データセンターにおける一般的な管理活動には、以下のようなものがある:

  • データ保管、フロー、配信管理
  • データセンターのハードウェア管理
    ソフトウェア
    およびオペレーティングシステム
  • データセンター・システムのアップグレードと最適化
  • バックアップシステムおよびプロセスの計画と管理
  • 他チームや他部門への技術サポート
  • 緊急時および危機管理計画

データセンター管理の仕組み

データセンター管理の目的は、データセンターが故障やダウンタイムなしに継続的に機能するように、リスクを軽減することである。

データセンター管理への積極的なアプローチにより、故障を防ぐためのシステムの保守と改善が確実に行われる。 従業員が従うべき厳格な管理プロトコルを定め、データセンター・チームは広範なトレーニングを受けるべきである。

データセンター・インフラ管理ソフトウェアは、IT機器やアプリケーションの測定・監視に使用される。 これにより、データセンター管理者は、インフラの設計と計画を改善しながら、効率的な運用を行うことができる。

DCIMツールには、エネルギー消費、電力、温度、物理的スペースなどのリソースを測定、監視、制御するソフトウェアが含まれる。

また、データセンター資産間の相互関係をレポートすることもできる。 この情報により、管理者は業績と効率を分析し、リスクが生じる前にそれを特定することができる。

データセンター管理はなぜ重要なのか?

によると
アップタイム・インスティテュートの2022年障害分析によると
データセンター停止の85%は人為的ミスである。 これは、効果的なデータセンター管理がいかに重要かを浮き彫りにしている。

適切に管理されたデータセンターは、リスクを最小限に抑え、コストを削減し、企業に競争上の優位性をもたらす。 一方、管理が不十分なデータセンターは、組織を危険にさらす可能性がある。

データセンターで直面する一般的なリスクとは?

機器の故障

おそらく データセンターにおける最も一般的なリスクは、機器の故障や電源の喪失である。 これらのシナリオのいずれにおいても、重要なデータが失われ、生産性の低下と多大な経済的損失につながる可能性がある。 ネットワーク障害が発生した場合、顧客サービスに支障をきたす可能性がある。 その結果、組織の風評被害が大きくなる可能性がある。

セキュリティ侵害

現代社会で最も価値のある資産のひとつはデータであり、データセンターは攻撃者にとって魅力的な標的となっている。 データセンターには、国のインフラやビジネスを支える貴重なデータが保管されている。 データセンター管理者は、攻撃を防止し、データ侵害に迅速に対応できるよう、強固なリスク管理の枠組みを構築する必要がある。

環境ハザード

洪水などの危険 洪水 や火災は、データセンター管理者にとって深刻なリスクとなる。 水、漏水、洪水は機器を損傷する可能性があります。 したがって、建物はこのリスクを最小限に抑えるように設計、建設、改良されなければならない。 煙や火災は、データセンターのインフラに多大な損害を与える可能性がある。 データセンターの管理者は、火災のリスクを軽減するために強固な方針を定め、火災が発生した場合には厳格な緊急プロトコルを実施しなければならない。

データセンター管理のメリットとは?

データセンター管理は、現代のデータセンターが直面する最も困難な課題の多くに取り組むために不可欠である。

DCIMソフトウェアは、システムの健全性とステータスに対する洞察と可視性を提供することができます。 データセンター管理の一般的なメリットには、以下のようなものがある:

生産性の向上

DCIMソフトウェアを使用することで、データセンターを複数の場所にまたがって遠隔管理することができる。 自動化されたアラートや通知は、メトリクスが設定されたしきい値を下回った場合に、問題やコンポーネントの不具合を追跡して警告するのに役立ちます。

エネルギー管理

データセンターは大量のエネルギーを使用する。 DCIMソフトウェアは、エネルギー消費を監視・制御し、効率を向上させ、停電のリスクを最小限に抑え、コストを削減する。

資産管理

リアルタイム管理ソフトウェアにより、データセンター管理者は資産の状態を把握することができる。 資産の変更をモデル化し、変更要求の監査証跡を残すことで、より迅速な実装が可能になる。

将来への備えと キャパシティマネジメント

電力、スペース、資産などの利用可能なリソースを正確に特定し、新しいシステムや機器を確実に導入する方法を計画する。 組織は、将来の成長のために、新しいハードウェアや機器のためのスペースをモデル化して割り当てることができる。

生産量の増加

データセンターの管理者は、効果的なモニタリングを通じてIT機器の健全性を判断し、最大限の効率を確保するために交換が必要な機器があるかどうかを判断することができる。

データセンター管理の未来とは?

新しいテクノロジーが登場し、収集されるデータ量が増加するにつれ、企業はハイブリッド・クラウドのアプローチを採用することで、データ管理を改善・拡大する方法を模索している。

ロボット工学とオートメーション

AIによる業務の自動化
AI
ロボティクス、プロセス自動化(RPA)ソリューションを活用することで、データセンターは必要なオンサイトスタッフを削減することができる。

以前は物理的な介入が必要だった作業も、現在では温度監視やセキュリティなど、ロボットに任されている。 その結果、企業は人件費を削減し、データセンター業務の一部または全部を専門業者に委託することができる。

ハイパースケール

ハイパースケール・データセンターは、アマゾン、フェイスブック、マイクロソフト、IBMなどの企業が運営する大規模なクラウドサーバー施設である。

ハイパースケールのデータセンターは、大規模なサーバーの運用に必要なストレージ、電力、冷却技術に加え、中小企業では自社では導入できないような高度なセキュリティシステムも提供している。

エッジコンピューティング

エッジコンピューティングは、データをソースにより近い場所で処理することを可能にし、より高速で大量の処理を可能にする。

エッジコンピューティングは、ハイパースケールモデルでの長距離データ伝送がレイテンシーの問題を引き起こし、財政的に実行可能でない可能性がある中小企業にとって理想的である。

持続可能性

データの送信と保存は、かなりの量の電力とエネルギーを消費する。 環境への説明責任が重視される中、多くのデータセンターがより環境に優しく持続可能なソリューションを求めている。

これには、エネルギー効率の高い貯蔵ソリューションの採用や、新しい液体冷却技術や海底冷却技術などが含まれる。 将来のデータセンターは、サーバー冷却に必要なリソースがより少なくて済むように、より涼しい気候に合わせて設計されている。

エキスパート・テクノロジー・ソリューション

NashTechの専門的なテクノロジーソリューションの数々をご覧ください。 より
テクノロジーアドバイザリー
,
ビジネスプロセス・ソリューション
および
アプリケーションサービス
データ分析
データ分析
その他多数。

ユーザーエクスペリエンスを向上させ、成長を促進するエンドツーエンドのテクノロジーサービスをご提供します。
エキスパートチームへのお問い合わせ
.

おすすめ記事

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

テクノロジー・ジャーニーを理解し、複雑なデータの世界をナビゲートし、ビジネス・プロセスをデジタル化し、シームレスな ユーザー体験を提供するお手伝いをします。

上部へスクロール