NashTech

デジタル・リーダーシップ・レポート25周年を発表

Nash Squaredによるデジタル・リーダーシップ・レポート第25版を発表

Digital-Leadership-Report-1
  • 88%がAIへの規制強化が不可欠と考えるが、61%がすべてのリスクを解決することはできないと回答
  • AIポリシーを導入している組織は10社に2社に過ぎない
  • AIを大規模に導入していると回答したのは10人に1人
  • 世界最大かつ最も長い歴史を持つテクノロジー・リーダーシップの年次調査から、AI、オフィス内での義務化、ROIの向上が最大の関心事となっている。

AIが企業、政府、規制当局の最重要課題となっている中、技術系リーダー(CIO、CTOなど)を対象とした世界的な調査によると、ジェネレーティブAIの需要に対応できているのはわずか15%であることがわかった。 圧倒的多数(88%)はAI規制強化が不可欠と考えているが、課題の規模は明らかで、61%は規制強化ではこの急速に発展するテクノロジーに伴うすべての問題やリスクを解決できないとみている。

この調査結果は、世界最大かつ最も長い歴史を持つ、テクノロジー・リーダーシップに関する年次調査「ナッシュ・スクェアード・デジタル・リーダーシップ・レポート」(第25回)で本日明らかになった[1]。 過去25年間にわたり、5万人以上のテクノロジー・リーダーの意見を取り入れてきた。

今週、世界初のAI安全サミットが英国のブレッチリー・パークで開催される、 その他、世界的に重要なAIの発見がある:

  • AIは世界的にまだ実験段階-AIの爆発的な市場成長が予測されているにもかかわらず、AIを大規模に導入していると報告するテクノロジー・リーダーは世界で10人に1人しかおらず、この数字は5年間変わっていない
  • しかし、AIの波紋は広がり始めて いる。世界の組織の半数(49%)が、AIの試験的導入か小規模導入を実施している。 ジェネレーティブAIに関しては、この数字は現在のところ3分の1程度である
  • AIポリシーを 導入している企業は少ない – グローバル企業の10社に2社(21%)しかAIポリシーを導入しておらず、3分の1以上(36%)は現時点でそのようなポリシーを導入する予定はない。
  • データ・プライバシー – ジェネレーティブAIの導入における重要な懸念事項– 世界のテクノロジー・リーダーの3分の1以上(36%)が、ジェネレーティブAIの導入における問題としてデータ・プライバシーを懸念している
  • AIによるサイバー攻撃の津波が間近に迫っている? – サイバー攻撃は前年比で減少しているが、報告書は、生成的AIは、新しい攻撃形態が出現するにつれて、サイバー犯罪をまったく新しい、非常にダークなレベルに引き上げる可能性があると警告している
  • AIの恩恵はリスクを上回る– しかし、規制のないワイルド・ウェストであろうとなかろうと、世界のテクノロジー・リーダーの10人に7人以上が、AIの恩恵はリスクを上回ると考えている
  • 失われる雇用 – テクノロジー・リーダーが自動化によって失われると感じている雇用の割合は平均17%である。

「長年にわたり、AIの可能性について誇大宣伝が行われてきたが、今年の我々の調査は、転換点に達した可能性を示唆している。 AIは人とテクノロジーの交差点に位置し、最近ではジェネレーティブAIが大量に採用されているため、組織にとっての機会と課題は膨大なものになる可能性がある。 過去10年間におけるクラウドの大量導入と同様、AIへの投資が雪崩を打つきっかけになるかもしれない。 このことは、AIの規制とガバナンスをこれまで以上に重要なものにしている。

その熱心さとは裏腹に、多くの技術系リーダーは、進むべき道について明確なイメージを持っておらず、今後の課題に対する準備不足を感じていることを認めている。 AIを取り巻く明確なガードレール、ガイドライン、倫理的セーフティネットの確立は、まさに不可欠である。 そうでなければ、現代を真に変革するイネーブラーのひとつになり得るものが、かえって現代を不安定にする最大のリスクのひとつになりかねない。
.

ベヴ・ホワイト、Nash SquaredCEO

テック業界のリーダーたちは慎重な投資を計画している

  • テクノロジー支出– パンデミック中およびパンデミックからの脱却後の急成長の後、テクノロジー支出および人材への投資に対する期待は、より「通常」のレベルに戻っており、ハイテク業界のリーダーたちは、2024年の成長について依然として楽観的である。 半数近く(45%)が、今後1年間にIT/テクノロジー予算全体が増加すると予想しており、これはパンデミック前とほぼ同じ数字である
  • 従業員数の増加 – 世界のテクノロジー・リーダーの同数(50%)が、従業員数の増加を見込んでいる。 この数字は、パンデミックのピークを除けば、過去10年間で2番目に高い数値であるが、昨年よりは大幅に減少している
  • 革新的技術への投資が大幅に停滞– パンデミックの犠牲者の1人はまだ残っているようだが、AI、量子、メタバースへのパイロットを除いて、新興技術への投資が抑制されている。

インクルージョンとハイブリッド・ワーキング

  • 完全週休2日制が技術職の女性採用数に悪影響 – 報告書によると、過去2年間において、完全週休2日制が技術職の女性新入社員の割合に悪影響を及ぼしているようだ。 社内勤務が義務付けられていない企業では、最近採用された技術者チームの28%が女性である。 この数字は、5日間の出勤が義務付けられている企業では22%にまで低下する
  • オフィス内マンデートは、小規模組織ほど効果的である – 世界の小規模組織の大多数(84%)が、オフィス内ポリシーがうまく機能していると報告しているのに対し、大規模組織では66%であった。 大組織(34%)と小組織(16%)の2倍が、自社の政策がうまく機能していないと報告している
  • 女性技術リーダーの数に動きはない- 今年、世界の技術リーダーの14%が女性であると認識しているが、これは昨年と同じである。 これは、ここ数年、痛々しいほど緩慢で浅い上昇トレンドが続いていただけに、残念な停滞である。
  • 技術チームの女性メンバー– 技術チームにおける女性比率は、世界全体では前年比23%にとどまった。

技術者不足

  • 大量のスキル不足がやや緩和– 今年、世界のテクノロジー・リーダーの54%が、スキル不足が変化のペースに追いつくことを妨げていると回答。
  • 需要のあるスキル– しかし、あらゆるタイプの技術専門職のトップスキルの希少性は前年比で低下しているものの、データエンジニア、エンタープライズアーキテクト、ソフトウェアエンジニア、テクニカルアーキテクトが最も不足しており、依然として不足している。
  • サイバー・スキルの需要、最大の落ち込み – 近年、サイバーセキュリティのスキルは、最も不足しているスキルの上位3つを占めていたが、今年は、テクノロジー・リーダーが限られた予算を、セキュリティの強化よりも、変革や収益創出の野望の完遂に集中させたため、世界的に需要が最も大きく落ち込んでいる(37%減)。
  • AIによるサイバー攻撃がスキルに与える潜在的影響– この低下にもかかわらず、テクノロジーリーダーの4分の1は 世界的に見ても、適切なサイバーセキュリティ・スキルを見つけるのに苦労している。 また、AIが新たなレベルのサイバー・リスクを生み出し始めた場合、サイバー・スペシャリストが再び需要の高いスキルのトップに返り咲く可能性も示唆している。

取締役会のテクノロジー/デジタル・リーダー

  • 新技術が、テクノロジー/デジタル・リーダーのトップ・テーブルへの必要性を高める –世界のテクノロジー・リーダーの3分の2以上(68%)が、業務執行取締役会/経営管理チームのメンバーであり、2017年(71%)以来の高水準。 過去5年間、経営委員会のメンバーには減少の兆しがあったが、報告書によれば、ジェネレーティブAIのような新技術の普及により、テクノロジー・リーダーがトップ・テーブルにユニークで貴重な視点を提供できるようになったため、現在は増加傾向にあるという。
  • 経営委員会の席は、競合他社を凌駕するのにも役立つ。テクノロジー・リーダーにトップ・テーブルの席が与えられると、新技術の採用率が20%向上し、人材の獲得と維持に24%の優位性があるなど、競合他社を凌駕する優位性がもたらされる。

「パンデミック(世界的大流行)の影響でテクノロジーへの投資が一世を風靡した後、現在は通常通りに落ち着いている。 しかし、デジタル・テクノロジーは現代のビジネスの中心的存在であるため、この「普通」は実質的かつ重要なものであることに変わりはない。 だからこそ、我々のレポートが示すように、CIOのようなテクノロジーの専門家を経営委員会に置くことは、測定可能な利益をもたらすのである。

しかし、あらゆるビジネスが最高のパフォーマンスを発揮するためには、作業モデルが適切である必要がある。 現在、企業がどのようなオフィス内マンデートを採用すべきかについて、魅力的で非常に活発な議論が行われている。 もちろん、答えはひとつではない。 しかし、私たちの調査によれば、バック・トゥ・オフィスを推し進めすぎることは、ダイバーシティのアジェンダにとって明らかなリスクがある。 テクノロジーが優秀な女性のレベルを確実に向上させたいのであれば、これは非常に注意深く監視・管理される必要がある。

ベヴ・ホワイト、Nash SquaredCEO

NashTechについて

NashTechはテクノロジーのエキスパートであり、ビジネスの課題を解決し、価値を生み出すスマートなソリューションを提供しています。 受賞歴のある当社のチームは、深い専門知識と情熱をもって、複雑なITプロジェクトをグローバルに展開しています。 このアプローチは、柔軟性、信頼性、そして加速する製品イノベーションを統合し、お客様の幅広い目標や野心を満たし、それを補完する成果を提案し、提供するものです。 テクノロジー・アドバイザリーからロボティック・プロセス・オートメーションまで、アプリケーション開発からデータ駆動型インサイトまで、カスタマー・エクスペリエンスからアプリケーション・メンテナンスまで、私たちはカスタマー・ビジョンを実現するソリューションを提供しています。

レポートについて

2023年版ナッシュ・スクェアード・デジタル・リーダーシップ・レポートは、今年で25年目を迎える世界最大かつ最長の調査である。 1998年に開始され、以前はCIOサーベイと呼ばれていたこのサーベイは、20年以上にわたってテクノロジーとデジタルの主要トレンドの指標として影響力と尊敬を集めてきた。 今年は、2023年6月22日から2023年9月18日にかけて、世界86カ国のテクノロジー/デジタル分野のリーダー2,104人を対象に調査が行われた。

結果の全文をご希望の方は、https://www.nashsquared.com/dlr

ナッシュ・スクェアードについて

Nash Squared社は、人材とテクノロジー・ソリューションの世界的リーディング・プロバイダーです。

私たちは、人とテクノロジーが出会う可能性を実現する独自のネットワークを備えています。 私たちは30年以上にわたり、クライアントの広範かつ複雑な問題の解決を支援し、テクノロジーとデジタル能力を構築し、変革してきました。

www.nashsquared.com

おすすめ記事

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

テクノロジー・ジャーニーを理解し、複雑なデータの世界をナビゲートし、ビジネス・プロセスをデジタル化し、シームレスな ユーザー体験を提供するお手伝いをします。

上部へスクロール