Tradetechについて

Tradetech Inc.は、国際物流業界向けのソフトウェアソリューションの作成を専門としています。同組織は、販売、運用、および会計プロセスをリンクさせる世界規模のアプリケーションを作成し、貨物の迅速化においてクライアントをサポートしています。

Tradetechの挑戦

■精度レベル

国際海洋コードおよび商品説明に関連する伝票入力は、合意された貨物基準に従って、99.9%の精度を要しています。すべてのレポートは、米国やカナダの税関に送信される前に、上層スタッフによって内部でクロスチェックされる必要があります。

■厳格な配達スケジュール

米国、カナダ、日本の税関当局によって施行された規制によると、海上貨物のセキュリティファイリングは、原産地で貨物を積み込むことができる24時間前には行う必要があります。結果的に、納期が厳しくなり、定義された精度レベルでの迅速な入力が必要となります。

NashTechのアプローチ

NashTechのAutomationAcceleratorとUIPathテクノロジーを利用した自動化は、プロセス固有のデータ統合と調整をサポートします。

事前に定義された毎日のスケジューリング構造を展開して、サブプロセスのボットの性能を誘発し、ソリューションを社内のクラウドに展開して、高いセキュリティ、簡単なメンテナンス、および拡張性を確保しました。

自動化の採用は、アジャイル手法とスクラムフレームワークに従いました。ポストプロダクションリリースは、持続可能な自動化の実行とサポートを保証するハイパーケア期間に続きました。

ソリューション

我々は、パターン定義の参考レポートと生成を自動化しました。つまり、既存の従業員は、電子メールなどの非構造化ソースからの参考文献の追加に集中し、出力の監査を実行できます。

このソリューションは、チームメンバーと交わる多数のロボットサブプロセスに適用され、ボットによって識別フローが、トリガーおよび処理される優先ルートの原因に関する決定を提供します。

監査人と監督者は、毎日の処理出力にリアルタイムでアクセスすることができます。

結果

ボットが毎日の監査プロセスを強化するのにかかる時間は、レポートあたり87分から37分と57%も短縮され、データの収集、比較中に発生する人的エラーややり直しが削減されました。

最終出力をクライアントに送信する前の品質管理レビューにかかる時間は、レポートごとに1日あたり12分から4分に短縮されました。 これは、シニアスタッフの時間を1日平均1時間節約することになります。

「NashTechは、2005年の貨物セキュリティファイリングのデータ入力をはじめ、いくつかのミッションクリティカルなTradetech Inc.(TTI)プロセスのデータ入力を実行します。NashTechは、速度、精度、柔軟性に対する期待を上回ってきました。 NashTechの品質管理プロセスは、我々がこれまで見た中でも最高のものであり、TTIがNashTechから継続的にサービスを受理するには優れた結果となっています。 NashTechチームには非常に満足しています。」