そもそもマッチングシステムとは何なのでしょうか。実は、インターネットやスマホの普及により、マッチングシステムは私達の生活に既に馴染んでいるものなのです。そして、その開発は日々続けられ、より良いサービスが生み出され続けています。今回は、そんなマッチングシステムとその開発及び、導入事例について紹介していきます。

デジタル普及に伴い急増する「マッチングシステムとは?」

マッチングシステムとは、ユーザー同士をつなげて管理するシステムのことです。身近な例でいうと、求人サイトや婚活のマッチングアプリなどがありますが、こういったサイトやアプリにも、マッチングシステムが使われています。マッチングシステムはユーザー同士の需要と供給をオンラインで結びつける事ができる点において、今注目を集めています。

一方、このようなマッチングシステムの開発には、専門的な知識が必要です。自社で開発するか、システム開発を専門とする企業に依頼する事も可能です。ただし、マッチングシステムの機能や、それ自体が使われている場面も、近年多様化して、専門性が増している事は確かです。

多様な機能を備え、より質の高いマッチングシステム開発を依頼する場合は、過去にマッチングシステムの開発実績があり、知識やノウハウを積み重ねている企業から選ぶ事をおすすめします。

マッチングシステムが使われている場面

マッチングシステムを使ったサービスの中で、求人サイトや婚活のマッチングアプリなどのようなものは、今までに聞いたり、使ったことがある方も多くいらっしゃると思います。近年では、マッチングシステムが使われる場面が多様化し、その需要はが急速に高まりつつあります。では、どういった場面で使われているのでしょうか。主なものを紹介します。

・出会い系(ペアーズ・Omiai・タップル誕生など)

・求人サイト(マイナビ・リクナビなど)

・人材紹介(NashTech Japanなど)

・教育サービス(Learn Ever・Manaboなど)

・就活関連のOB・OG訪問(Matcher・Visit OBなど)

フリーマーケット(メルカリ・ラクマなど)

・ビジネス仲介(Web幹事・発注ナビなど)

出会い系や求人サイトなど、昔からマッチングシステムが使われていて注目されているサービスはありましたが、仕事のリモート化が進んだ現在、特に注目を集めているのは、人材紹介におけるマッチングシステム開発(人材紹介システム開発)だと言われています。

人材紹介システムの開発が注目される3つの理由

1.コロナウィルスによる業務のリモート化

新型コロナウィルスの影響拡大により、多くの企業がリモートワークを導入したり、企業の就職活動をリモートで完結するなどの動きが多く見られました。そして、この動きは、今後も続くと言われています。そこで、直接対面できない代わりに、人材紹介のマッチングシステムを最大限活用し、最適な人材を確保しようと企業がでてきたのです。

2.業務過多

大企業になればなるほど、応募者が増えるため、人材の確保は大変になり、人事部が業務過多になってしまうことも少なくありません。そこで、人材紹介のマッチングシステムを導入すると、自動的に履歴書を採用管理システムに保存したり、それらを解析し、分類することができ、業務を大幅に削減することができます。更に、これはコスト削減にもなるというメリットもあります。

3.AIの技術革新

AIの技術革新は、人事紹介におけるマッチングシステム開発に大きく貢献しています。例えば、人材紹介システムを開発するNashTechが提供するサービスの場合、応募者の大量の履歴書を採用管理システムへと保存するだけではなく、その内容を分析し、カテゴリーごとに分析することができます。更に、チャットボットなども導入し、それ解析することによって、応募者の今後の傾向までをも示してくれるのです。AIの技術革新により、より厳密な候補者選定ができるようになっているのです。

人材紹介システムのNashTechの導入事例 

これまでは、マッチングシステム開発そのものについて解説してきました。ここからは、実際の導入事例について解説していきます。今回は人材紹介システムにおいて、開発実績が豊富なNashTechの事例を紹介していきます。

米国トップシェア人材サービス事業者での求人システムのアップグレード

NashTechへの依頼:

AI、機械学習、チャットボット、データ分析などの最先端テクノロジーを駆使して、新規機能の追加と、既存の求人プラットフォームのアップグレード

NashTechが可能にした新規機能:

1.スマートスクリーン

応募者の履歴書・職務経歴書の自動ダウンロード・解析など、AIの技術を使い、候補者を選別し、スコアを付けて、「ベストフィット」の候補者を特定する。

2.積極的な発見

年中無休の稼働体制で元々のデータベース及び、他の求人サイトで、自動的に検索し、最適な候補者を発見する。

3.候補者分析

候補者傾向の求人への返答、クライアントとの面接などを分析し、雇用可能性や転職可能性を探る。

4.チャットボット

チャットボットを通した、候補者とのやり取りの中で、候補者の傾向を分析し、候補者の情報を自動的に集める。

イギリス大手人材サービス事業者向けの人材管理システムのアップグレード

NashTechへの依頼:

採用管理システムの問題点の改善及び、アップグレード

NashTechが実現したこと:

1.求職者向けのWebサイト及び求人担当者向けのバックシステムの両方ともアップグレード

2.多くの脆弱性のある箇所をアップグレードするなど、品質を大幅に改善

3.旧サービス(及びデータ)から新サービスへの移行に大きく貢献

このように、NashTechはテクノロジーのエキスパートであり、ビジネスの課題を解決して、価値を生み出すスマートソリューションを提供しています。これまでに積み上げた実績による専門知識を駆使して、人材紹介サービスのみならず、ざまざまなITプロジェクトをグローバルに展開しています。

まとめ

今回は、マンチングシステム開発について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。今後マッチングシステムの技術を新規サービスとして立ち上げる場合や、新規機能を追加してアップグレードしたい際は、実績を積んだ企業を選ぶことをおすすめします。各社の、実績、得意な技術などをもとに、最適なマッチングシステムを構築できる会社を選びましょう。