NashTech

オープンアクセス・オンボーディングの旅

オープンアクセス・オンボーディングの旅

はじめに

私たちは、ユーザー自身が登録し、完全なオンボーディングを行うことができるサービスを開発し、アカウントを集約するための直接的な招待を不要にしました。

概要

TIDE-IAMは、ユーザーがすべての銀行口座と銀行以外の口座を単一のダッシュボードに集約できる機能を提供する。 これらのユーザーは基本的にディレクター、スタッフメンバー、チームメンバーと呼ばれ、ディレクターはアカウントを直接集約できるメインユーザーであり、他のユーザーがアカウントを集約したい場合は、ディレクターが招待状を送ります。

この完全なサービスには、ユーザー管理サービス、KYC、Graviteeアクセス管理およびGravitee API Gatewayのようなコンポーネントのような様々なサービスが含まれます。

課題

ここでの主な課題は、ユーザーがアカウントを集約するために直接招待する必要があることだった。 タイドIAMは、ユーザー登録サービスと呼ばれる新しいサービスを考え出し、この登録の完全な旅は、オープンアクセス・ジャーニーと呼ばれている。

ソリューション

私たちは、ユーザー自身が登録し、オンボーディングを完了できるサービスを開発しました。 オンボーディングが完了すると、ユーザーはアカウントを集約できるようになる。

ここで、ユーザーは「申請者」と呼ばれ、オンボーディングが完了した後、ユーザーは「OPEN ACCESS OWNER」と呼ばれる。

これらのロールと関連するパーミッションはMongoDBに保存され、旅の流れに基づいて変更される。

オープンアクセス・サービスの目的は何ですか?

サービスは、オープンアクセス(別名トライアルスイッチング)機能に電力を供給するもので、非タイドアカウント(外部)と非タイドメンバーがタイドを使用できるようにサポートするものです。

オンボーディング・ジャーニーのプロセス:

このオンボーディング・ジャーニーには、ユーザーにとって以下のステップが含まれる:

オープンアクセス・オンボーディングのためのアーキテクチャ :

open-access-onboarding-knoldus-1

結果

  • この機能により、ユーザーは自分で登録することができ、誰かが招待リンクを送る必要はない。
  • この機能により、主にスタッフ・ユーザーに関連し、新しい管轄区域で招待リンクを送信するために使用されるいくつかのエンドポイントが不要になる。

ケーススタディをもっと読む

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

私たちのパートナーシップ

上部へスクロール