NashTech

テクノロジー導入計画を成功させる9つのステップ

【担当者必見】テクノロジー導入計画を成功させるための9つのステップ

9 Steps to creating a successful technology implementation plan

テクノロジーが急速に成長する中、ビジネスにおいて新たなテクノロジーを導入することは重要となっています。新しいテクノロジーは絶えず登場しており、効率的なテクノロジー導入計画を策定している企業こそが、成果を上げることができます。

私たちNashTechは、テクノロジーのビジョン策定と変革の専門家で、成果をもたらすテクノロジー・ロードマップと戦略の策定を支援しています。この記事ではそんな私たちがみなさんに確認してもらいたい、テクノロジー導入の際に必要な9つのステップを紹介します。新規のテクノロジー導入計画を作成する際はぜひ参考にしてください。

テクノロジー導入とは?

テクノロジー導入とは、新しいテクノロジーを既存のビジネスプロセスに統合するプロセスです。実装は、テスト、トレーニング、モニタリングを含む多段階のプロセスで、経験豊富な人材をアサインしなければなりません。

テクノロジー導入計画 – 成功への9ステップ

1. 課題の発見

優れたテクノロジー導入計画を作成するための最初のステップは、新しいテクノロジーの導入によって解決すべき問題を詳細に特定することです。新しい計画が時間と投資に見合うものであり、ビジネスが直面する重要な問題に対処するものであることを確認しましょう。

職場に新しいシステムを導入することで、何か1つの問題に対処できることもあれば、同時に多くの問題に対処できるかもしれません。いずれにせよ、テクノロジー導入によって解決できる問題を知ることは、利害関係者に時間と投資の価値があることを納得させるための良い手段です。

診断を実行することで、あらゆる問題を特定することができ、そこから、課題がある点やフィードバックがあれば、経営陣と話し合うことができます。これらの議論でしっかりと問題を解決する潜在的なテクノロジーを特定していきましょう。

2. 経験豊富なチームを集める

職場に新しいシステムを導入する次の段階は、経験豊富なチームを結成することです。これらの人材は、プロセスに付加価値を与えるものでなければならず、チームの規模は、ビジネスの規模によって全く異なることでしょう。

中小企業であれば、テクノロジー導入チームを構成するのは2、3人でよいかもしれません。一方、大企業であれば、多数の個人を含む大規模なチームが必要になるかもしれません。

最初の段階で、技術導入チームはプロジェクトのロジスティクスを概説し、必要な材料を調査する必要があります。これは、プロジェクトが最高のスタートを切るための重要なステップです。

3. 主要利害関係者の承認を得る

主要なステークホルダーを早期に技術導入計画に参加させることは重要です。この段階で、彼らにとって魅力的に感じれば感じるほど、プロジェクトの前進を支持してくれる可能性が高くなるでしょう。

この段階では、もちろん社内外からの反発もありますが、1〜2のステップを踏んで根拠や実現可能性をしっかりと明示することで経営陣の支持を得ることができるでしょう。

4. 新しいテクノロジーを調査する

経験豊富なチームを編成し、改善の鍵となる分野をいくつか特定したところで、次はどのテクノロジーがビジョンの実現に役立つかを検討する番です。例えば、手作業のプロセスを使用している企業は、専門的なソフトウェアを使用することで、より自動化を進めたいと考えるかもしれないでしょう。

意思決定を行う前に、あらゆる選択肢を検討する価値があります。ソフトウェアの機能、コスト、拡張性、ストレージ容量、使いやすさなどです。

5. システム・マップの概要

目的に合った、長く使えるシステムを作るためには、カスタマー・ジャーニーや従業員ジャーニーなど、新しいシステムの仕様を最初から最後までマッピングすることが重要です。 

この段階で、テクノロジー導入チームは各システムをユーザーを前提にテストを行い、システムがどのように機能するかを体験する必要があります。これはまた、そのテクノロジーが長期的にどのように実装されるかを視覚化するのにも役立つことでしょう。

このプロセスの目的は、どのような潜在的なソフトウェアでも、ユーザーが最初から最後まで簡単に操作できるようにすることです。

6. テストの実行

ここでは、技術導入チームが新技術のテストパイロットプログラムを作成し、実行します.。初期テストは、このスキームを全社的にテストする前に行うべきでしょう。

このテスト・プログラムの目的は、ビジネスのさまざまな領域でテクノロジーをテストすることで、どのようなバグや非効率性が浮かび上がってくるかを確認することにあります。職場に新しいシステムを導入するのは非常に長期的な視野で計画するべきプロセスであり、小さなサイロ単位でのテストを断続的に進めることが成功への重要なステップでもあります。

例えば、新しいEメールアウトリーチソフトウェアの導入を検討している企業では、社内に展開する前にマーケティング部門でテストを開始することができるでしょう。

7. 従業員へのトレーニングの実施

テクノロジー導入のパイロット・プログラムが成功したら、従業員へのトレーニングを開始しましょう。システムを使用する従業員へのトレーニングだけでなく、全従業員へのトレーニングを実施し、新システム全体に対する認識を高めることも大切です。

新技術の導入には、さまざまなトレーニングセッションが必要になり、しばしばトレーニングの一環として、ウォークスルー・デモンストレーションが実施されたり特定のハンズオン・セッションが実施されることもあります。これにより、従業員はシステムの機能を理解しやすくなります。

トレーニングの好みは人それぞれなので、さまざまなセッションを調査し、自社に合った方法を検討しましょう。そうすることで、視覚的、聴覚的、運動感覚的な学習者が、新しいテクノロジーを自信を持って使えるようになるために必要なトレーニングを受けられるようになります。

トレーニングを展開する際のもう一つの有効な特徴は、参加した従業員にフィードバックを提供することです。従業員が新しいシステムにどの程度慣れているかをモニタリングした後、建設的なフィードバックを提供したり、必要に応じてさらなるサポートを手配したりすることができます。これによって、従業員が新しいテクノロジーを業務で使い始める際に、成功するための準備を整えることができます。

トレーニングのさまざまなスタイルについて詳しく知る 

8. 新システムの立ち上げ

ここでいよいよ新システムを立ち上げます。技術導入チームが立ち会い、従業員がシステムの初期障害や不具合を解決できるようサポートすることをお勧めします。

また、新システムが稼動したら、再教育を確実に実施することも重要です。7までのステップでバグや非効率な点が見つかり、これを修正したと思います。それらも含め社内に共有することは重要です。

何カ月にもわたる計画によってたどり着いたこのプロセスでは、あなたと導入チームがビジネスにポジティブな変化をもたらしていることを認識することができます。

9. モニタリング開始

新システムの立ち上げが成功したら、継続的なメンテナンスを開始しましょう。これにより、何らかの不具合が発生した場合、それを解消することができます。定期的に従業員からフィードバックを得ることをお勧めします。 

技術導入チームはその後、さらなるトレーニングを実施したり、システムの成功に応じて微調整を行ったりすることができます。

NashTechの専門技術ソリューション

NashTechが提供する専門的なテクノロジーソリューションの数々を紹介しています。ぜひご覧ください。

ソフトウェア開発サービスはこちら

ビジネスプロセス・ソリューションはこちら

最新テクノロジー開発サービスはこちら

UXを向上させ、成長を促進するE-to-Eのテクノロジーサービスをご提供します。

こちらから専門家チームにお問い合わせください。

おすすめ記事

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

テクノロジー・ジャーニーを理解し、複雑なデータの世界をナビゲートし、ビジネス・プロセスをデジタル化し、シームレスな ユーザー体験を提供するお手伝いをします。

上部へスクロール