NashTech

サイバーセキュリティCMSはビジネスのリスクか?

CMSにおいて考慮しなければいけないセキュリティリスク|課題と解決方法を紹介

cyber security

コンテンツマネジメントシステム(CMS)は、ビジネスの重要な構成要素であり、CMSで構築されるwebサイトは企業のビジネスの顔でもあります。しかしサイバー犯罪者にとって、ソフトウェア・アプリケーションやウェブサイトは重要な侵入口となるのです。CMSのエコシステムをサイバー攻撃から守ることは、ビジネスの安全性を保つために不可欠です。

サイバー犯罪の世界的な年間コストは6兆ドル

14秒に一度、企業がランサムウェア攻撃の犠牲になっていると言われており、サイバー犯罪の世界的な年間コストは6兆ドルにものぼると言われています。2025年には、全世界の年間コストは10.5兆ドルに達する可能性があります。

小規模の企業から最大規模のテクノロジー企業まで、あらゆる規模と種類の企業が侵害を受けています。そして、それは金銭的なコストだけではありません。特に顧客が危険にさらされた場合、ブランドへのダメージと失われた信頼は二度と回復しないかもしれません。

CMSにおいて考慮しなければいけないセキュリティリスク

この数十年の間に、ソフトウェア開発は見違えるほど変化しました。オープンソースソフトウェア(OSS)の台頭、分散システム、ハイブリッドクラウドアーキテクチャの組み合わせにより、あらゆるビジネスの中に複雑で多層的なエコシステムが形成されています。これらのエコシステムをサイバー脅威から保護することは困難なことです。 

セキュリティはあらゆるレベルで構築され、脅威の状況に合わせて常に更新される必要があります。

 

 

OSSのリスク

OSSは、最新のソフトウェアの大部分を占めており、 コスト削減、イノベーション、柔軟性などをもたらしますが、それと同時にリスクももたらします。

OSSの開発者は、無報酬でも熱心に取り組む人からハイテク企業のチームまで、さまざまです。セキュリティにおけるベストプラクティスに従うものもあれば、そうでないものもあります。セキュリティ性の高いOSSの利用が重要となります。

 

 

ソフトウェアやコードのリスク

SolarWinds社のOrion Platformに対する攻撃で実証されたように、サプライチェーンのどの部分でもリスクが生じる可能性があります。

オーダーメイドの開発でも、開発者がベストプラクティスを守らなければ、脆弱性が生じます。ソフトウェアの再利用は一般的ですが、コードがアプリケーションの中に深く埋め込まれることが多く、メンテナンスが困難な場合があります。また、ソフトウェアのドキュメントが不完全であったり、古かったりする場合もあります。ソフトウェアやコードを常に最新の状態に保つことはセキュリティ対策において重要となります。

 

 

CMSのリスク

多くの企業は、Drupal、Joomla、WordPress、UmbracoなどのオープンソースのCMSを使用しています。

また、ほとんどのCMSはプラグインやサードパーティ製品、特注の拡張機能、および他のビジネスクリティカルなシステムとの統合によって強化されており、攻撃対象領域を拡大しています。顧客向けポータルサイトには、ID関連の攻撃に関するさらなるセキュリティ・リスクが存在するため、CMSを使用してポータルサイトを作成する場合は、別の側面から検討する必要があります。

サイバー犯罪者は、既知の脆弱性を持つ部品を使用する Web サイトに力を注いでいます。ゼロデイ攻撃は有名ですが、多くのウェブサイトは、企業がパッチを適用できなかった何年も前の欠陥によって侵入されています。

企業はCMSのエコシステムを最新に保つのに苦労しています。アップデートには、分析、回帰テスト、他システムへの変更が必要です。あいまいなオープンソースライブラリの特定のバージョンを使用しているかどうかということを把握していることが、常に必要となります。

CMSには、コンテンツ制作者、管理者、開発者、ITサポートなど、多くのユーザーが存在することがよくあります。適切なアイデンティティ、認証、アクセス制御がなければ、ハッカーに侵入の機会を与えてしまいます。

CMSの適切なセキュリティ対策とは

すべてのビジネスには、その規模、デジタル変革の道のり、レガシーシステム、保存データなどの要因によって、独自のサイバーセキュリティ要件があります。

サイバーセキュリティプログラムは、ゼロトラストやAIから、ペネトレーションテストやユーザートレーニングまで、さまざまな戦略をカバーすることができます。あなたのプログラムがどのようなものであっても、CMSの防御を強化するために今すぐできる3つのアクションをご紹介します。


エコシステムを理解する

知らないことは、企業のセキュリティ性を傷つける可能性があります。

CMSのエコシステムを分析し、その部品と依存関係のリストを作成します。自動化されたツールは、包括的なソフトウェア部品表(SBOM)を作成するのに役立ちます。

この土台の上で、リスクを分析し、緩和策の優先順位をつけます。信頼できないサプライヤーからの部品、または完全に評価できない部品はありますか? それらを削除または交換できますか?

未解決のセキュリティ更新プログラムを確認し、修正する脆弱性の重大度に応じて実装を計画します

 

バックアップを確認する

ランサムウェア攻撃でシステムが麻痺した場合、バックアップに頼ってビジネスクリティカルなデータを復旧させることができますか?

部品の欠品やバックアップの不具合は、発見が遅れてしまうケースが非常に多いのです。

最新のシステムとハイブリッド クラウド アーキテクチャの複雑化に伴い、データの保存場所、バックアップする必要があるもの、およびその頻度を評価することが重要になってきています。CMSのバックアップをテストして整合性と完全性を確認し、必要なときに必要な場所でデータを復元できるようにします。


ユーザーのレビュー

CMSへのアクセスとID制御の欠如は、ハッカーに侵入の機会を与えてしまう可能性があります。

ゼロトラストアプローチは長期的な目標かもしれませんが、今すぐ実行できる手順があります。

  • 離れた、または不要になったユーザーからアクセス権を削除する
  • ユーザーが自分の役割に必要な権限しか持っていないことを確認する
  • 必要最低限かつ、必要な場合のみ管理者権限を付与する
  • 多要素認証を実装する

NashTechのCMSセキュリティの詳細はこちら

専門家パートナーとの連携は、時間、コスト、ストレスの削減につながります。NashTechは、CMSのエコシステムに関する深い知識だけでなく、アプリケーションセキュリティの方法論と実装に関する豊富な経験も持っています。

アプリケーションサービスセキュリティにおける我々のアプローチの詳細をぜひご覧ください。お電話でのお問い合わせもお待ちしております。 

おすすめ記事

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

テクノロジー・ジャーニーを理解し、複雑なデータの世界をナビゲートし、ビジネス・プロセスをデジタル化し、シームレスな ユーザー体験を提供するお手伝いをします。

上部へスクロール