NashTech

デジタルトランスフォーメーションデータ分析の役割

DXにおけるデータ分析の役割と重要性

Data-analytics-digital-transformation

DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉は、この10年間で頻繁に飛び交うようになりました。  

テクノロジーの発展によってビジネスの手法が急速に変化する中で、DXはもはや企業の必須事項となっています。実際に現在、70%の企業がデジタルトランスフォーメーション戦略を持っている、もしくは現在進行形で取り組んでいます。 

デジタルの世界ではあらゆるやり取りが「データ」を生み出すため、そのような「データ」はDXにおいてとても重要な柱となります。DXの最も重要な側面の1つは、まずは企業や組織がどのようにデータを活用するべきなのかを理解するということです。より多くの企業や組織がDXの推進を進めていく中で、データ分析というものがどこで、どのように役割を果たすかを理解することが非常に重要になっています。 

変革へのデータドリブンアプローチ

あらゆる「デジタル」での交流活動によって指数関数的にデータは蓄積されていきます。そのような高度につながり合った世界で、当然のことながら企業側におけるデータの消費と利用もここ数年で大きく変化しています。また、それによって新しいビジネスモデルが形成され、より顧客を中心とした手法による変革が推進されています。

トレンドと顧客行動を理解する

この新しいデジタルの世界で企業同士が競争し合い、その中でも勝者になれるかどうかは、データに基づいた意思決定を迅速かつ的確に行う能力があるかどうかが非常に重要な側面です。しかしながら、直感や経験、意見などではなく、定量的な情報に基づいて意思決定している企業は全体の50%以下です。 

意思決定権を持つリーダーは、以前にも増して直感に頼るのではなく、データドリブンな文化を組織内に落とし込む責任があります。データを活用することによって企業は、顧客が誰で、彼らがどのように行動するのかということをより深く理解することができるようになります。その上で、ビジネストレンドを特定したり、作業効率を高めたり、コストを削減するために必要な改善を行ったりすることもできるようになります。Gartner社は、企業戦略の90%がデータを重要なビジネス資産として参照し、分析を重要な能力として参照すると予測しています。

データの根拠を洞察する

DXでとても重要な側面の1つは、組織がデータをどのように活用するべきなのかを理解することです。しかし、残念なことにデータの貴重性がほとんどの企業では無下にされているというのが現状です。 

特に意思決定者は信頼できるデータソースに即座にアクセスする必要がある一方で、実際にはデータを探し、その品質をチェックすることにほとんどの時間を費やしているため、最終的には目的である「データの活用」という部分に不満が残ります。企業が組織全体で取得しているデータの種類や正確性、そしてその出所を把握することは非常に重要なのです。NashTechのUK Delivery 責任者であるJon Last氏は、「データ管理は今後、さらに普及してビジネスのあらゆる意思決定に影響を及ぼしていく課題です。私がこの業界に入った20年前は、既に組織の業務をデジタル化しているかどうかに関わらず、データを手にすることができなければ、意思決定に及ぶプロセスについてすぐに混乱に陥ってしまうような状況にありました。」と述べています。 

デジタル変革が目的になってしまい、ビジネス上の最終的な目標を達成できないことはよくありますが、その理由は多岐にわたります。組織がどのようにデータを活用しているかをしっかりと理解することで、データ活用を最適化し、アナリティクスとインサイトを適用することで、より良いビジネス成果を上げることができるようになるでしょう。

データマネジメントの共通課題と対処法

データ・トランスフォーメーションを実装するにあたって、一般的に対処しなければならないデータ障害をいくつか紹介します。

  • データのサイロ化:データがサイロ化( IT領域でシステムが部署ごとに分断されてしまいデータが連携されていない状態のこと)され、データ管理が異なるビジネスユニットやツール、プラットフォームで分割されてしまうと、企業がデータを統合し、一貫した活用をすることが難しくなります。現在、ITリーダーの89%が、データのサイロ化をデジタルトランスフォーメーションにおける最大の障害の1つと見なしています。データへの適切なアクセスは、部分的な管理によって他部署ではブロックされてしまう状態は避けて、組織全体に自由に行き渡るようにするべきものです。 
  • データの品質:組織にとってデータの利用価値を最大限にすることは、ビジネスの最終的な目的を達成するのに大切なことです。しかしながら、データの品質を確保するための適切な手順が講じられていないともよく見受けられ、余分なコストの発生や機会損失につながってしまっています。Experianの調査によると、68%の企業がデータ品質の低下がデータと変革におけるイニシアチブに影響を与えると回答しています。ほとんどの企業において、データへのアプローチが間違っていたと気づく時は、たいていはDXの取り組みを停止して振り返りをした時に初めて表面化します。なぜなら企業がデータの品質に対応できていないためです。 
  • レガシーシステム:過去の技術や仕組みで動いている、いわゆる「レガシーシステム」やアプリケーションは、DXにおいて大きな障害になることがよくあります。数十年前に構築されたような古いシステムは、現代における「デジタルでのやり取りを強化してユーザー体験を向上させる」という点では、既に時代遅れになっていることがよくあります。加えて、レガシーシステムは維持やアップデートにコストがかかることが多く、場合によっては企業が採用する最新システムとの統合がうまくできない可能性もあります。そのため、企業が現在使用しているレガシーシステムについて、データアクセスがどこまでできて、それはどのように取得しているのか、またその限界点を理解することがとても重要です。例えばデータをタイムリーにアクセスできない場合もあったり、あるタームを終えた後にまとめて提供される場合もあったりすることもあります

DX課題を克服するするためのデータ戦略構築

DXが、その目的を達成できない理由は複雑かつ様々ですが、企業がどのようにデータを活用しているかをしっかりと理解することで、データ活用の最適化や、分析力、洞察力を適用できるようになります。その結果として、ビジネスにおいてより良い成果を上げることができるようになるのです。 

データ戦略のロードマップから始めることで、プログラムを推進し、現在および将来への投資を実現することができます。データ戦略のロードマップを構築するためには下記が必要になります。 

  • 明確なデータ戦略:データ戦略がなければ、企業が変革への取り組みを行う際に、データを適切に活用するのに苦労することになります。Jon Last氏は「そもそもデータを管理できていなければ、DXは失敗する危険性があります」と言っています。戦略がなければ、データがどこから来ているか、所有しているデータの種類は何なのか、そしてそれを使って何ができるか等といったことを知ることは困難です。また、データ戦略は、データだけにとどまりません。明確な戦略があれば、データの活用や、ビジネスの目標を達成するために必要な人材、プロセスやテクノロジーが何なのかを示してくれるでしょう。 
  • データマネジメント:戦略が決まったら、データをどのように管理するかを策定する必要があります。Jon Last氏は「もし企業が、持っているデータを把握できていなければ、そのデータを使って何か役に立つこと(例えば、使いやすいワークフローを作ること)を実現することは難しいと思います。」と続けて指摘しています。効果的なデータ管理計画は、DXをサポートするだけでなく、データを管理、保護、使用する方法を定義し、ビジネスの目標を前進させるための有意義なデータにアクセスすることを可能にします。 
  • チェンジマネジメント:DXの取り組みを成功させるためには、それまでの組織体制を変革する必要もあります。あくまで、データは組織全体の戦略の一部であることを忘れてはなりません。それはつまり、組織全体で目標を達成するための一つの手段としてデータを推進する必要があり、それを受け入れる文化を作るということの必要性があることを意味します。真にデータドリブンな文化とは、適切な人材に投資し、企業全体のデータリテラシーを向上させ、企業文化を繁栄させるために必要なツールやフレームワークを提供することを指します。データ戦略を効果的に伝える計画を立て、早い段階で頻繁に賛同を得て、なぜデータが重要なのかをチームメンバーに伝えることが重要です。

データは、企業がDXに取り組む際の出発点になるだけで無く、その取り組みを通して企業を正しい道へと運ぶ道標にもなります。デジタル技術だけを積極的に導入したとしても、そこにデータ中心の戦略と強固な管理体制の裏打ちがなされていなければ、ビジネス全体としての進展にはつながりません。もちろん、完璧なDXはありません。

しかしながら、優れたデータマネジメントと管理体制を構築することによって、ビジネスにおいて一定の良い結果をもたらす可能性は十分にあります。問題はいかにデータドリブンなDXを最大化させることができるのか、ということなのです。デジタル変革に乗り出すことは、社内教育含め、どんな企業にとっても大きな変化となるでしょう。重要なデータマネジメントへのアプローチについて詳しく知りたいという方はこちらをご覧ください。お電話でのお問い合わせもお待ちしております。

おすすめ記事

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

テクノロジー・ジャーニーを理解し、複雑なデータの世界をナビゲートし、ビジネス・プロセスをデジタル化し、シームレスな ユーザー体験を提供するお手伝いをします。

上部へスクロール