NashTech

データがビジネスの生命線となるには

【データ活用最新トレンド】データがビジネスの生存戦略になり得る方法とは

How can data be the lifeblood of your business?

データをどのように扱うべきか?

現代のデジタル経済において、「データ」があらゆるビジネスの成功基盤であることは言うまでもありませんが、データの管理・活用は容易なことではありません。NashTechの親会社である Nash Squaredのデジタルリーダーシップレポートによると、組織がデータを活用して利益をうみだしていると感じているのは、約24%の従業員だけでした。では、何がうまくいっていないのでしょうか?また、データをビジネスの生存戦略にするにはどうすれば良いのでしょうか?

ビジネスを行う上で、何を行うにしてもデータは蓄積されます。現在、全世界で収集および生成されているデータの量は、かつてないほどの量になっているのです。一方で、データ収集をしているものの、効果的に活用できていない企業も多いのが現状です。未だに多くの人が、ビジネスにおける最良の意思決定は、リスクと直感に基づくものであるという認識を持っている可能性は捨てきれません。 

しかし、実際はそうではありません。信憑性があり、定量的なデータに基づく意思決定こそが、組織の潜在能力を最大限に引き出すことができます。こちらの記事で説明されているとおり、ビジネスにおいて、データは急速に変化するテクノロジーに遅れを取らないための重要な差別化要因です。データを活用することで、組織は現在の状況を的確に評価し、形式を特定したり、傾向を予測し、適切なアプローチを概説することができるようになります。

しかし、データ活用についての、多くの議論が行われているにも関わらず、それらを実行するための知識が浸透しきっているとは言えません。 多くの場合、データはサイロ化され、不正確な状態で収集されており、有効活用できない状態です。 

IDCのレポートによると、組織は本来的に収集・利用可能なデータの56%しか収集しておらず、さらにその内43%は活用されていませんでした。では、データが管理不能になったり、重要な機会を逃してしまう前に、データ活用における課題を解決するにはどうすれば良いのでしょうか?

NashTechがデータ活用をサポート

理想的なデータ活用を行うための鍵は、常に最新のトレンドを押さえながらデータの収集を行い、データを活かすためのワークフローを回し続けることです。NashTechには、それらをサポートする力と幅広いリソースがあります。貴社のために、より優れたデータ収集基盤の構築と、データからより包括的なインサイトを読み解くための基盤を構築することが可能です。

まず、データを用いる目的は可能な限り最善の意思決定を行い、組織全体としての利益を得ることです。そのためには、目的に沿った正しい情報収集を行い、データに基づいた信憑性のあるインサイトを得ることが重要です。データ戦略に関する知識を深めるだけでなく、データの管理や統合、ビジネスインテリジェンス、高度な分析を実現することで最終的な目的が達成されます。

私たちNashTechは、データというものはさまざまなビジネスの形態に合わせてそれぞれ特有の形で活用されるべきであると思っています。 しかし、自社に最適なデータ活用を行うためには、高度な知識と経験、技術が必要となります。それらに対応するリソースが見つからず、データ活用の推進をできていない企業様も多数いらっしゃるのが現状です。そこで、NashTechはコンサルティングとテクノロジー両軸における豊富な経験と専門知識を通じて、組織に最大の価値をもたらすソリューションを提案しています。貴社がもし現状ではデータ活用を思うように推進できていなくても、これからデータ活用を進めるためのリソースを提供することが可能です。前提となる戦略の策定や実装へのガイドとなるロードマップの作成など、データをより有意義なインサイトへ変換するための支援を検討してみませんか。 

NashTechが企業様に提供するソリューションの詳細や、貴社のデータ活用に関するご相談などはNashTech Japanへお気軽にご連絡ください。 

Eメール sales.japan@nashtechglobal.com 

おすすめ記事

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

テクノロジー・ジャーニーを理解し、複雑なデータの世界をナビゲートし、ビジネス・プロセスをデジタル化し、シームレスな ユーザー体験を提供するお手伝いをします。

上部へスクロール