NashTech

低コード、高メンテナンスリスク?

ローコード、メンテナンスのリスクは高いですか?

Low-code-application

マイクロソフトのPower PlatformやPower Automateのような「ローコード」アプローチが、ワークフロー・ソリューションによってプロセスまたはプロセスの一部を最適化し、オペレーションが戦術的アクセラレーターのリリースを迅速に支援できることは間違いありません。 

このIT革命の先を見据えて、企業は作成された無数のローコード アプリケーションをどのようにサポートし、保守性、拡張性、セキュリティ、パフォーマンスを確保するかという状況下にいます。 

この記事では、NashTechが新たなリスクを導入することなく、ローコードアプリケーションを維持するために、中央のIT機能をどのように機能させる必要がある考えあす。

ローコードアプローチの約束

ローコード開発では、ビジネスチームやエンドユーザーが自らソリューションを作成できるため、中央の情報システム (IS) 機能の負担が軽減されます。そのため、 データ関連の日常的なアクティビティの多くは、数か月ではなく数日で解決されます。 

また、ローコード開発はたびたびIKEAの家具に例えられます。 熟練した職人を必要とせず、自分で組み立てを行うことで費用を節約し、オンラインコミュニティでサポートを受けることもできるという観点においてです。しかしながら、IKEA家具との相違点は、通常最小限のメンテナンスしか必要としない家具と違い、通信・データ保護が必要になります。 

そのため、採用されるローコードアプローチにもよりますが、ビジネスチームの” 市民”開発者がローコードアプリケーションを作成する場合、彼らはどのようなサポートを受けることができるでしょうか? 実際のところ、サポートとメンテナンスのリスクは、中央のISチームから奪われているため、新たなリスクは生じてしまいます。 

ローコードメンテナンスの課題とリスク

1980 年代の適切に管理されたメインフレームの世界への PC の参入や、2000 年代の数千の SharePoint アプリケーションの無制御開発による混乱と同様に、企業はまずローコード戦略を正しく確立する必要があります。シームレスなソリューションを導入するためのロードマップを作成する際には、我々は何を考慮する必要があるでしょうか。 

基準と文書: アプリケーションの作成は総コストに占める割合は小さく、より大きな部分は何年にもわたってそれを維持しなければならないことです。ソフトウェアが複雑になればなるほど、保守が難しくなり、修正と更新に時間がかかります。プロのソフトウェア開発者は、複雑さを最小限に抑えて保守を容易にすることを目指していますが、一般の開発者は、そのような慣行や、後で他の人がアプリケーションを理解、デバッグ、または拡張するために必要なドキュメントを高く評価しない可能性があります。 

テストと開発: マイクロソフトは年に2回メジャーアップグレードを行いますが、その際にローコードのアプリケーションが壊れる可能性があります。ビジネスにとって重要なものであれば、メジャーアップグレードの前にテストし、その環境を通して本番環境に移行する必要があります。 

ローコード アプリケーション:この仕様は複雑ではありませんが、仮に数百ものアプリケーションが存在する可能性がある場合、そのような単純なコンポーネントを組み合わせることで複雑なソリューションが作成されます。 自動化されたテストと、展開に関する活動は、産業化する際のエンジニアリングの考え方の一部として考慮する必要があります。 

パフォーマンスモニタリング: 優れた IS チームはアプリケーションを積極的に監視し、アプリケーションが正しく動作していない場合には警告を受けます。 IS チームは、ローコード アプリケーションを監視し、パフォーマンスを管理する方法を学ぶ必要があります。 

セキュリティ:ローコード アプリケーションを簡単に作成してデータ ソースに接続できるため、セキュリティ漏洩の可能性が伴います。 Microsoft はコネクタをロックダウンする機能を提供していますが、これは誰かがセキュリティを設定した場合に限ります。

ローコード戦略とはどのようなものか?

ローコードアプローチを採用することは、ローコード開発ツールがコアソフトウェアポートフォリオの一部になることを意味します。 プロの開発者や、場合によっては市民開発者(未経験社内メンバー)のためのトレーニングが必要不可欠です。また、アプリケーションの展開と統合のガバナンスを確立し、管理する必要も重ねて出てきます。 

まとめ

Microsoft Power Apps や OutSystems のようなローコード ソフトウェア開発プラットフォームでは、多くのビジネス上の問題が数か月ではなく数日で解決されます。しかしながら、プロの開発者ではなく「市民開発者」によって作成された何百もの小規模アプリケーションを維持するには戦略やガバナンスを事前に整備する必要があると考えられています。 

大規模なローコード アプリケーションのポートフォリオ管理だけでなく、自動展開、自動回帰テスト、セキュリティ レビューと標準などのソフトウェア エンジニアリングのアプローチも必要になります。 これには、関連するローコード プラットフォーム ツールセットを適切な方法で活用する方法に関する知識が必要です。 

企業には、ローコード アプリケーション向けのセンター オブ エクセレンスを備えたローコード戦略を確立する必要があり、これによりイノベーションと改善を推進し、開発におけるベスト プラクティスと知識を共有し得ることができます。 

さらに、同時に訓練を受けたスタッフを通じて一貫性とガバナンスを提供する必要があります、最終的に、これにより企業は確実に制御を維持しながら、アプリケーション開発の価値提供を加速させることができます。 

 NashTechのアプリケーション・サービスは、将来的なソフトウェアメンテナンスの問題を発生させることなく、ローコードでアプリケーション開発を加速させることができます。

ご不明、ご質問などはお気軽にお問い合わせください。

NashTech伊東 

おすすめ記事

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

テクノロジー・ジャーニーを理解し、複雑なデータの世界をナビゲートし、ビジネス・プロセスをデジタル化し、シームレスな ユーザー体験を提供するお手伝いをします。

上部へスクロール