NashTech

パートナーシップを通じたEXによる製造業の持続可能な高度支援

EXによる製造業の持続可能な高度支援

産業
技術情報
はじめに

私たちは、テクノロジーの力を活用することで、EXが製造業に価値を提供するお手伝いをしました。

製造業とともに

株式会社イーエックスは1994年に設立。(略称:EX)は、中小企業製造業向け生産管理パッケージの開発・販売・導入を主力事業としています。 同社の主力製品は「Factory-ONE電脳工場」(略して電脳工場)と呼ばれる生産管理システムである。

創業当時、生産管理システムを導入できたのは大手企業だけだった。 しかし、「中小企業に生産管理システムを活用してもらいたい」という思いから、EXが設立された。 過去30年にわたり、中小企業製造業者向けの生産管理パッケージの開発、販売、導入を行ってきた。

今回は商品開発担当の鈴木氏にインタビューした、 商品開発部の鈴木さんと 商品開発部の鈴木さんと商品企画担当の畠山さんに EXの現状、ナッシュテックとのパートナーシップ、そして EXの現状、ナッシュテックとの提携、そして目指す未来について。 そして目指す未来について。

EXが製造業に提供する価値

主力製品である「電脳工場」のほか、中小企業共通のクラウド型EDI(電子データ交換)対応サービス「EDIFAS」、クラウドアプリケーションが主流となりつつある昨今、デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するソリューションライブラリ「EXfeel」を提供している。

EDIFAS」によるリアルタイム・パフォーマンスの向上

「EDIFAS」は、低コスト・短期間でサプライチェーンを構築できるクラウド型EDI(調達・購買)サービスです。 CSVやAPI(オプション)連携により、見積・発注・入荷・出荷などのEDI機能を活用できます。 EXが提供する生産管理システム「Factory-ONE 電脳工場MF」を導入している企業だけでなく、他社の基幹システムを導入している企業や未導入の企業でも利用できる。

「ITの導入でコスト削減をサポート
に依存していた事務作業を最適化する。
現場作業員の直感と勇気。 しかしだ、
われわれのサポートはバックエンドのサポートに限られていた」。

鈴木氏 – EX商品創造本部長

今後、EDIFASはクラウドネイティブの生産管理システムとして、さまざまなデジタル技術を活用し、製造現場を直接支援できる仕組みになっていくだろう。

これによりEXは、リアルタイムで精度の高い情報を得ることで、現場だけでなく経営者や管理職の意思決定を支援することを目指している。 EXは、従来の生産管理システムの概念に加え、プラットフォーム化することで、一企業だけでなくサプライチェーン全体の最適化を目指す。

ナッシュテックとの提携で新たな挑戦、クラウド開発

電脳工場は製造業に関する多くのデータを持っているが、工場内で活用するのが難しいものもあった。 そこで、データをもっと活用し、新しいソリューションを提供するために、「電脳工場拡張ソリューション」という新しいサービスを立ち上げた。 そのシリーズのひとつ「EXQR実機検証」の開発で、ナッシュテックと協力することになった。

“EXQR商品照合 “とは、iPhoneの商品照合アプリをQRコードで照合し、商品の誤出荷を防止する機能です。 今回のナッシュテックとの協業では、2021年12月にリリースしたオフライン版に機能を追加し、新アプリ「EXQR製品検証クラウド版」として提供を開始した。

EX社がナッシュテックを選んだ理由 彼らは何を期待していたのか?

“私が期待していたのは、クラウド開発に関する新しい技術でした。製品検証プロジェクトを開始する前に、実は別のアプリケーションでナッシュテックにアプローチしていました。情報交換をしているうちに、彼らが今後私たちが必要とする技術を持っていることに気づいたのです。”

鈴木氏 – EX商品創造本部長
畠山さん – プロダクトクリエーション本部 商品企画チーム EX 主任

ナッシュテックとEXは以前から協力関係にあり、情報交換も行ってきた. D婚約中, 鈴木氏ナッシュテックを選んだ理由を EXQRの製品検証開発に を選んだ理由を ナシュテックのクラウドやモバイルアプリケーションに関する技術能力という 必要であった 必要とされる 能力である。

“モバイルアプリケーションの構築能力に加えて、AWS上でクラウドアプリケーションを構築するために必要な情報量の多さと高いスキルが決定的な要因の1つである。”

鈴木氏 – EX商品創造本部長

アジャイル開発に関する知識と成果物の質の高さ

「当時はウォーターフォール開発が主流で、アジャイル開発の知識や経験はほとんどありませんでした。しかし、ナッシュテックとのコラボレーションは、アジャイル開発について学び、高いレベルでの進め方を学ぶ良い機会となりました。”

畠山さん – プロダクトクリエーション本部プロダクト
プランニング・チーム チーフ、EX

アジャイル開発の知識を得るのと同時に、 EXで進行中の他のプロジェクトと知識を共有した。 アイルアジャイル開発組織全体のスキル向上につながった。組織全体.

さらに、彼女は短期間での成果物の質の高さにも言及した。 短期間にも言及した。

“品質を保証する能力と、その過程で培われる双方の円滑なコミュニケーションに非常に感銘を受けました。言葉の壁を越えたコミュニケーションの中で、質問に対する回答の質の高さ、対応の速さ、バグの少なさ、テストと検証の質の高さに驚かされました。”

畠山さん – プロダクトクリエーション本部 商品企画チーム EX 主任

EXは、テストケースのパターンがしっかり作られていて、品質が保証されていることが安心感につながったと話していた。 ナッシュテックの強みのひとつは、テスト専任のメンバーを配置し、ひとつのスプリント内でテストを繰り返すことだった。

畠山氏と鈴木氏は、今回のコラボレーションによってナッシュテックの技術力が披露され、今後のコラボレーションの幅が広がったと語った。 また、EXの今後の展望についても語られた。

本当の始まりは序章の後だ。 メーカーへの持続可能な高度支援

今回は ナッシュテックが開発したアプリアプリを開発した。アプリを開発しました。iPhoneで使用できる製品検証アプリを開発し、製造現場をモバイル端末でサポートすることで、多くの反響をいただいています。sから EXからは このアプリのおかげで明るい未来が見えてきた.

「これまでは、現場の人間が収集した情報を、翌日にオフィスの担当者がまとめて入力していた。そのため、リアルタイムでデータが提供されることはありませんでした。それが今回のアプリでは、モバイル端末を使うことで、現場の人が入力した情報を鮮度を保ったまま分析できるようになった。その結果、EXでの棚卸やピッキングにも対応できるようになりました”

鈴木氏 – EX商品創造本部長

導入後に始まるサービスを目指す

“将来的にはシステム導入がゴールではなく、できることを増やし、導入後のサービス開始を目指す”

鈴木氏 – EX商品創造本部長
畠山さん – プロダクトクリエーション本部 商品企画チーム EX 主任

ナッシュテックとの提携によるアイテム検証もそのひとつだ。 これは顧客にとってのビジネス改善の始まりに過ぎない。

さらに、問題の有無を検知して商品番号を割り出す「在庫診断」や、在庫数を操作して在庫の最適化をシミュレーションできる「在庫シミュレーター」にも取り組んでいる。

日本の底力は製造業にあると言われている。 とりわけ、製造業を営む中小企業の数が圧倒的に多い。

これらの企業の地道な研究・開発・生産が日本の産業を支えているといっても過言ではない。 そうした企業をサポートするEXも重要な役割を果たしている。

EXについては、より多くの企業に明るい未来を与えるために開発できることがまだたくさんあると考えられている。

ケーススタディをもっと読む

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

私たちのパートナーシップ

上部へスクロール