NashTech

概念実証のフェーズについて

POCとMVP:その違いは?

Proof of Concept Phases banner

技術開発に携わっていますか、あるいは概念実証(PoC)の作成過程にありますか? もしそうなら、この専門家の記事は、あなたのPoCを成功させるために、様々な概念実証の段階を案内します。

しかしその前に、概念実証とは何かを再確認する必要がある場合は、私たちのガイドをご覧ください:
概念実証とは何か?
.

概念実証段階とは何か?

プロには5種類ある新しい製品やサービスの概念実証(PoC)を作成する際に従うべき概念段階。 これらには以下が含まれる。 デモンストレーション製品の必要性、ソリューションのアイデア、評価、 デザインそして概念実証のプレゼンテーション。

5つの概念実証 コンセプトの段階

私たちは技術開発の旅に出る際に従うべき5つの概念実証の段階について説明します。 技術開発の旅に出るとき.

ステップ1 実証する製品の必要性

最初に考えるべき概念実証の段階は、開発しようとしている製品やサービスの必要性を示すことである。 これには、ターゲット市場を調査し、製品に対する十分な需要があるかどうかを確認することが含まれる。

この段階で実施するのに有効な活動は、見込みのある顧客やユーザーのサンプルに話を聞くことである。 あなたがデザインしているような製品やサービスに、彼らが何を期待しているのかを知りたいはずだ。 この初期段階でのアイデアは、潜在顧客と話さなければ考えもしなかったような貴重な洞察を得ることである。

製品やサービスの必要性を示すことで、関係者は、残りの概念実証フェーズを進める価値があることを確信する。 技術開発の旅に進むには、ステークホルダーから早い段階で支持を得ることが重要である。

ステップ2 – ソリューションのアイデア

5つの概念実証段階の第2段階は、ソリューションのアイデア化である。 これは、潜在的な顧客と話すことを勧めた第一段階に続くものである。 最初の面談の後、そうでなければ考えもしなかったような、いくつかの痛点が明らかになったことだろう。

あなたの製品やサービスが、発見されたペインポイントに対応していることを確認したい。 この段階で、概念実証のいくつかの側面を微調整しなければならないかもしれない。 こうすることで、開発プロセスがさらに進んだときに、時間と費用を節約することができる。

ステップ3 – アイデアの評価

さて、前の段階で特定した各アイデアを評価する番だ。 各アイデアを以下の基準で個別に見ることをお勧めする:

  • 総費用
  • タイムラインの長さ
  • 必要な技術
  • 運営能力
  • コンペティション
  • 必要なリソース

それぞれの解決策を分析したら、どのアイデアが実現可能か、優先順位をつけることができる。 これらのソリューションが、あなたの概念実証製品提案書を構成する。

ステップ4 – 概念実証の設計

5つの概念実証段階の4つ目のステップは、PoCを設計することである。 このあたりから、展開が少し現実味を帯びてくる。 先に特定したペインポイントに対処するデザインを作成することになる。

これまでの努力の積み重ねがコンセプトの実証を作り上げる助けとなり、当初思い描いていたものとは大きく異なるものになる可能性がある。

このデザインをテストユーザーに展開するのも有効だ。 そうすれば、あなたの概念実証が彼らの痛みにうまく対処できているかどうかを知ることができる。 同様に、概念実証をテストするために新しいユーザーサンプルを選ぶこともできる。 あなたの製品に対する先入観がなければ、彼らは異なる視点をテーブルにもたらすことができる。

ステップ5 – PoCのプレゼンテーション

概念実証開発の最終段階は、関係するステークホルダーや投資家に対するPoCのプレゼンテーションである。 を明確にすることが重要だ。
製品が解決する問題
その
特徴
そして
使用されている技術
その製品を作るために使われた技術

PoCのプレゼンテーションには、以下を含めること:

  • 生産スケジュール
  • 製品開発の総費用
  • 成功の基準
  • 必要なすべてのリソース
  • ユーザー・トレーニング・プロセス

プルーフ・オブ・コンセプトがステークホルダーや潜在的な投資家から承認されれば、プロトタイプの段階に進み、技術開発の旅を続けることができる。




プルーフ・オブ・コンセプトとプロトタイプの違いはこちら



.

専門技術
ソリューション

ナッシュテックの専門的なテクノロジーソリューションの数々をご覧ください。 より
テクノロジーアドバイザリー
,
ビジネスプロセス・ソリューション
および
アプリケーションサービス
データ分析
データ分析
その他多数。

ユーザーエクスペリエンスを向上させ、成長を促進するエンドツーエンドのテクノロジーサービスを提供します。


専門家チームへのお問い合わせ
.

おすすめ記事

THE OUTがプレミアムレンタカー業界をどのように破壊するか

ベトナムのナッシュテック開発チームと緊密に協力し合うことで、高品質でデジタルファーストの高級レンタカーサービスを構築することができた。 将来を見据えて、THE OUTは製品ロードマップに注力し、旅行代理店やコンシェルジュ・パートナーを含むB2B顧客へのサービスを拡大し、そのための新しいポータルを構築している。

特注のデスク予約システムでハイブリッド勤務を実現:内部の視点

ナッシュテックの社内デスク予約ソフトウェアがどのように職場の効率化を促進し、高い精度で稼働率を測定したかをご覧ください。

オーストラリアで設立された広告・メディア費ビジネスは、ナッシュテックの支援により、いかにして駆け出しのビジネスから世界的な大企業へと成長したのか?

オーストラリアで設立された広告・メディア支出企業は、現在世界的な事業展開をしており、ナッシュテックがその成長を支えていることを知っている。

テクノロジー・ジャーニーを理解し、複雑なデータの世界をナビゲートし、ビジネス・プロセスをデジタル化し、シームレスな ユーザー体験を提供するお手伝いをします。

上部へスクロール